人理を修復する双子の話。   作:お月見桜
<< 前の話 次の話 >>

12 / 13
エレチャンヒクエレチャンヒクエレチャンヒクエレチャンヒクエレチャンヒクエレチャンヒクエレチャンヒクエレチャンヒクエレチャンヒクエレチャンヒクエレチャンヒクエレチャンヒクエレチャンヒクエレチャンヒクエレチャンヒクエレチャンヒクエレチャンヒクエレチャンヒク


その女、復讐につき。

見えない。追えない。近づけない。

一体自分には何ができるのだろうか。人間離れした力を持つサーヴァントに。

 

「チッ、その剣技厄介な。それに貴様、その力...」

 

「ハッ、君らに情報を渡すつもりはないね!」

 

きっと何もできやしないだろう。やれる事があるとするならただ祈るだけ。

 

膨大な魔力を信頼できそうな者に。今一番頼らなければならない者に。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

龍との戦闘もある程度終わりを迎えつつある。中の方ではみかんが何とかしてくれてるので、とりあえずは集中する。

 

しかし、

 

「あれは...竜の上に人だ!人が乗ってる!」

 

「ロマン、あの右に見えるのはカーミラに見えるのだが!?」

 

「そうね。私ね。...こっちの方でも召喚されたのかしら。」

 

「ありえ...るのか。そうか。そうだもんな。宝具レ「それ以上はダメです、ドクター。」」

 

「そしてあの真中の...あれは?所謂ボスか!」

 

「先輩、断定するのは不味いかと。」

 

「...?カーミラ、あのメイデンは?」

 

「あれは...ん?おかしいわね、あのメイデン、針がない...あれじゃ、ただの捕縛にしかならない愚物だわ」

 

「いや、しかしあれは...あの中と外で()()()()()()()()()()()

 

「まて!あれは...聖杯反応が出て来たぞぅ!」

 

 

 

 

 

 

 

「ジャンヌ。今こそです。」

 

「えぇ...よく聞けフランスの民よ!我が名はジャンヌ!ジャンヌ・ダルク!貴様らが処刑した魔女だ!今から我々はフランスに復讐する!この竜の存在を持ってして、フランスを焼き尽くさん!」

 

「そして今暴れてるバーサーク=セイバーよ!今すぐ戻りたまえ!」

 

「...今ここに!ですが、一つ申し上げる事が。」

 

「何かしら?」

 

「カルデア、つまりここを修復しにきた魔術師連中と戦ってきましたが...殺せませんでした。」

 

「...ふーん。あっそ。まぁいいわ。...バーサーク=バーサーカー!」

 

「...」

 

「...あの盾女がいるところね。あそこからフランスを壊してしまいなさい。いいわね?」

 

「...」

 

ワイバーンから飛び降りるバーサーカー。

 

「さて...選ばれし者ども。城に戻るわよ?あとはゆっくりやっていきましょう。バーサーク=アサシン。()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()

 

「えぇ。貴女の言うように、見える者には見えるようにわざとバラしたわ。」

 

「えぇ、それでいいわ。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワイバーンの群れが去ると同時にバーサーク=バーサーカーが地に降り立つ。

 

「!先輩、このサーヴァント...」

 

「わかってる!カーミラ!力を貸せ!」

 

「...はぁ。いいわよ。」

 

「...バカ兄貴!今のは一体...!?」

 

「ん?...ほう。これはこれは。おいそこの。これは?」

 

「セイバーさん!今目の前にいるのは敵です!手を貸して下さい!」

 

「ほう...敵とな。成る程な。」




ジャンヌは囚われてます(え)
そりゃ世界観変わりますね




感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。