魔法科高校の劣等生グリス&ウィザード&第四神祖   作:四葉一海

2 / 2
原作前
黄金の戦士との出会い


目か覚めるとそこは何かしらの研究所の前だった。

 

一海「ここは一体何処だ?」

 

すると、目の前に男達が現れて銃弾を打ってくるので、

 

一海「テメェら、いきなり何しやがる!!」

 

と言うと男達は、

 

魔法師「ここの魔法師だ。貴様みたいな侵入者は殺さなければならない」

 

と言ってくるので俺は

 

一海「そうか、なら手加減はしなくて良いのか」

 

と言ってロボットスクラッシュゼリーを取り出して、腰に巻いていたスクラッシュドライバーにセットする。

 

『ロボットゼリー』

 

「心の火…………心火を燃やしてぶっ潰す‼変身‼」

《潰れる‼流れる‼溢れ出る‼》

 

《ロボットイングリス‼ブラァ‼》

 

俺はレンチを下げ、仮面ライダーグリスへと変身した。

すると、魔法師達は

 

魔法師「何なんだ貴様ー!?」

 

と言って魔法を繰り出すが俺はそれを避けて

 

一海「オイオイ、期待はずれかよ。これでもくらっとけ!!」

 

《スクラップフィニッシュ‼》

 

一海「ラァアアアアアア!!」

 

俺は足にエネルギーを溜め込み、両肩に装備してある、【マシンパックショルダー】を変型させ、黒煙のようにヴァリアブルゼリーを噴射して、飛び蹴りを叩き込むとそのまま、研究所に入って行くこと10分。

一つの扉があるのでその扉を蹴って破壊するとそこには一人の少女が両手両足が繋がれている周りには2人の魔法師がいたのを見て俺は

 

一海「お前ら一体何やってんだゴラ!!」

 

と叫ぶと一人の魔法師が

 

魔法師「人体実験ですよ?この子供を使ってね」

 

と言った瞬間、俺の中で何かが切れた。

 

一海「魔法師供、お前らは俺の逆鱗に触れた!!」

 

俺はノースブリザードフルボトルを取り出して振ってグリスブリザードナックルにセットしてスクラッシュドライバーをビルドドライバーと付け替えてそして

グリスブリザードナックルをビルドドライバーにセットする。

 

『グリスブリザード!』

 

すると、冷気が一面に漂い俺の足を膝上まで凍結させる。

 

『Are you ready ?』 

一海「できてるよ。」

 

ナックルに似た「アイスライドビルダー」が出現、大量の液体窒素のような液体をぶちまけ、俺を氷塊状態に、そして

 

『激凍心火!』

 

『グリスブリザード!』

 

『ガキガキガキガキ! ガキーン!』

 

後ろから氷塊をアイスライドビルダーが押し割り、変身が完了する。

そして、

 

一海「進化を燃やしてぶっ飛ばす!!」

 

と言って魔法師に殴りかかる。

 

魔法師「グハァ」

 

するともう一人の魔法師は

 

魔法師「ひぃぃぃぃぃぃぃ」

 

と言って逃げ出すので

 

一海「逃すかよ!!」

 

レバーを1回転させると、

 

『グレイシャルアタック』

 

 

巨大化した左腕のアームで捕まえた敵を壁に叩きつける。

 

魔法師「がはぁ」

 

そして、魔法師が倒れたのを見て俺は少女の繋がれてる鎖をツインブレイカーで切り裂き変身を解いて少女向かって

 

一海「嬢ちゃん、大丈夫か?」

 

と聞くと、少女は

 

???「助けてくれてありがとう。あなたは一体?」

 

と聞いて来るので、俺は

 

一海「一海だ、暁真 一海とある理由で此処に辿り着いた。通りすがりの仮面ライダーだ」

 

と言うと、少女は

 

真夜「私は、四葉 真夜。本当に助けてくれてありがとう。あのままだったら確実に私は死んでいたから」

 

と言って、頭を下げるので俺は

 

一海「どういたしまして」

 

と言って、真夜と共に研究所の外に出て、

 

一海「じゃあ、あの研究所をぶっ壊しますか!」

 

と言うと、真夜は

 

真夜「どうやって壊すの?」

 

と聞いて来るので、俺は

 

一海「まぁ、見てりゃ分かるよ……」

 

と言って、そして、高々と掲げられた一海の右腕から鮮血が噴き出した

 

「焔光の夜伯

カレイドブラッド

の血脈を継ぎし者、暁真 一海が、汝の枷を解き放つ!」

 

一海がそう言うと、溢れ出していた鮮血が濃密な雷光へと変わった

これまでとは比較にならない膨大な光と熱量、そして衝撃波

そう、第四真祖の眷獣である

その雷光が凝縮されて巨大な獣の姿へと変わったのだ

 

それが本来の眷獣の形

 

一海が初めて完全に掌握した、第四真祖の眷獣の真の姿である

 

「疾く在れ!こい、五番目の眷獣……獅子の黄金

レグルス・アウルム!」

 

そして今ここに、災厄の化身がその姿を現して研究所をぶち壊す。

それを見ていた、真夜は

 

真夜「凄い」

 

と呟いていた。

そして、俺は

 

一海「家まで送って行ってやるよ」

 

と言って、真夜と歩き出す。

 

 後に、大漢の研究所を跡形もなく消した魔法は戦略級魔法として認められこう名付けられた。

 

『雷光の怒り』




次回も原作ブレイクします!!

深夜との別れと沖縄編です。

次回も是非読んで下さい!!

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。