転生駄肉は触手に愛される   作:飛翔するシカバネ

5 / 22
失敗

アサシン殺害という名の茶番からはや数日。

 

俺はコンテナの中で隠れながら外の状況を見ていた。

 

うわー

やってるわー

怖いわー

関わりたくないわー

 

けど、やらないとなー

 

数日…いや、数十年まったのだから…

 

 

というか俺は年取ってない気がする。

 

 

俺死んでんのかな?

ネクロノミコンが俺の身体を死体にして生かしてるとか……止めよう。

きっと、魔力炉ともいえる膨大な魔力により、肉体が若いままなんだな、きっと。

 

うん、大丈夫大丈夫。

いけるいける。

ほら、行けた気がしてきた。

 

ランサーとセイバーの戦いだ。

強いんだろうなー

 

攻撃が速すぎて見えない。

戦闘したらマッハで死ぬやつや。

 

 

 

 

そしてライダーの登場。

 

「双方!剣を収めよ、王の前であるぞ!」

 

かっこいいな、ライダー。

ああいうのに憧れるな。

俺にはああいうサーヴァントがいないんだけどな。

 

そして両手を広げて名を名乗った。

 

「我が名は征服王イスカンダル!此度はライダーのクラスにて限界した!」

 

本来名が、真名がバレるということはそれに対しての弱点が分かるということ。

ジャンケンでも相手が出すのが分かれば簡単に勝てるだろう。

……なんか違う気がするが、まあいいか。

 

 

あ、隠れてるもん出てこいやーって言ってる。

(意訳)

 

金ピカ王が出たし、俺も出るかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ほう、2人もいたか」

 

 

英霊の気配はひとつだった。

隠れ潜む人の気配はあったがどうせ、隠れ潜む臆病者だけだろう。

魔術師なんぞ、いつの時代もそうなのだろう。

 

 

1人は金ピカの鎧と覇気を纏った男。

それは王の覇気。

名のある英霊と見た。

 

もう1人は白と金の服を身にまとった長髪の男。

英霊としての力を殆ど感じない。

しかし、内側から滲み出る不快さがある。

 

「貴様もしや、キャスターか?」

 

 

「「「ッ!?」」」

 

「キャスター!?なんでキャスターがこんな表に出てくるわけ無いだろ!」

 

その通り。

キャスターがここまで前線に出る意味が無い。

 

「いえ、私はキャスターではございません」

 

寧ろ、その台詞に安心した。

戦闘するキャスターなど意味が分からないからだ。

 

しかし、事実は小説よりも奇なり。

もっと意味が分からないことだった。

 

「私はキャスターのマスターのダーニック・プレストーンというものです」

 

サーヴァントどころの話ではない。

サーヴァントを連れずにマスターが出てきたというのだ。

 

頭おかしいとしか言えない。

 

ライダーのマスターはライダーに連れられ強制的に来ている為に例外だ。

さらに言えばライダーの近くなら他のどんな場所よりも安全といえるだろう。

 

しかし、この男は違う。

自ら死地へとなんの護衛も持たずやってきたのだ。

 

そんな事をするのは余程の阿呆か、絶対に死なないという自信が存在するからだ。

 

「……後者であろうな」

 

此度の遠征はなかなか楽しめそうと思った征服王。

 

 

 

 

 

 

そして、その時の駄肉の心境はというと…

 

 

今更出てきたけど、俺ここでバッドエンドちゃう?

 

皆さん、覇気やばすぎへん?

小市民の俺場違い半端ないで。

 

あまりものプレッシャーから関西弁になっていた。

 

 

しかし、ここで挫いてはダメだ。

 

「隠れていた訳ではございません。征服王貴方の登場をお待ちしていただけでおります」

 

「ほう!余をか。その意図はいかに?」

 

「私、キャスター陣営を貴方の配下へ加えて頂きたい!」

 

「何だってー!?」

 

そんな声を上げたのはウェイバー・ベルベット。

 

「断る!」

 

そして瞬時にライダーは断った。

 

「はぁーーっ!!!?お前何考えて、ブヘッ!」

 

断ったライダーに詰め寄ったウェイバーはデコピンをされる。

 

「はぁ…いきなり傘下になりたいという言葉に少しは疑いを持たんかい」

 

「イテテ、でも傘下を求めたのはお前じゃないか!」

 

「余が求めたのはアソコの剣士2名であってあの男では無い。それに余はあの男は信用できん」

 

もっともだった。

 

 

 

しかし、駄肉は動じない。

外面は…

 

え、なんでライダー?ナンデ?

 

 

なんとか飲み込み、駄肉は喋りだす。

 

「それは残念です……ここでの役目は既に終わりました。私は去りましょう」

 

これ以上ここで失敗をする訳にはいかない。

そんな思いが駄肉にはあった。

背を向け、港から離れようとした。

 

しかしそれは余計なことだった。

 

「我ではなく、そこの雑種に仕えるために姿を現した?断られたから帰る?この我を前に能書きを垂れるな、雑種……その不敬、万死に値する!今ここで死ね!」

 

その行為は英雄王の逆鱗に触れた。

 

空中に波紋が出来、そこから煌びやかな剣や槍などの武器が出てくる。

そしてそれは射出され、ダーニックの元へ身体を貫からんと飛来する。

 

そして当たった瞬間に爆発し、ダーニックごと周辺を爆発させるものもあった。

 

アレでは生きてはいない、そうウェイバーは思った。

 

しかし、サーヴァント達は違った。

 

征服王は感嘆を、英雄王は忌々しげに舌打ちをする。

 

爆煙が晴れるとそこには無傷のダーニックが立っていた。

 

ダーニックには傷どころか、服にも汚れは一切無い。

ダーニックを中心に円状に無傷でそれを超えるとコンクリートの地面は見事に破壊されている。

 

素人目線でも分かるだろう。

ダーニックを中心としてそこに何かがあると。

 

攻撃を受けて、ダーニックは振り返る。

 

「そうですね、このまま去るのも不敬ですね。他の陣営にも言っておきます。私は同盟を歓迎しています。アーチャー陣営とアサシン陣営以外」

 

「アサシン?アサシンは既に敗退して……」

 

「……そうと思うならそうなんでしょう。貴方の中では」

 

まるで、アサシンは敗退していないかのような口ぶりにアイリスフィールは反応するが適当に返される。

 

「アサシンは同盟を切れば、アーチャーはマスターが隠していることをサーヴァントに話せば一応は同盟を結べます、とだけ言っておきましょう」

 

「……時臣…貴様ごときが我に諫言か…いいだろう。我にも聞くことができたからな」

 

「あとはアーチャーが頭を下げたらでしょうか?では、私はこれで…」

 

そういって、小走りにコンテナの中に入っていく。

 

「……雑種がぁっ!!!」

 

先程の武器よりも上等であり、全てを破壊するかのような武器が出てくる。

それはダーニックの入ったコンテナに向けて放たれる。

 

そして当たった瞬間にコンテナは木っ端微塵になる。

 

「……チッ。我は帰る。さらばだ、雑種共。少しは数を減らしておけ。我が戦うのは真の英雄だけでいい」

 

「マスターっ!?……分かりました。ここは一度引こう!だが、今度は騎士道に乗っ取り正々堂々と勝負しよう!」

 

アーチャーは苛立ちと共に帰宅。

 

ランサーもマスターからの命令なのか霊体化し、姿を消した。

 

「ふぅむ、興が覚めたの。セイバーよ、今宵は余も帰ろう。配下に入るのは何時でも歓迎しておるぞ!行くぞ、小僧!」

 

ライダーはマスターを連れて、去る。

 

 

「ここは私達も帰りましょう、セイバー」

 

「はい、マスター」

 

 

 

 

 

 

 

「はあー死ぬかと思った。喧嘩なんて売るもんじゃ無いね!でも証拠隠滅するには必要だし!なんとか同盟組んで倒せばいける!慢心王なら行けるさ!」

 

心配をノリと言霊でなんとかしようとする駄肉がいた。

 

場所は冬木市に存在する学校。

 

そこでダーニックは化学教師として働いていた。

化学を教えるくせにオカルトやら魔術が好きというところが何故か生徒に好かれている。

 

そんな彼は学校を勝手に改造し、要塞と化している。

そして自分の陣地ともいえる化学準備室はダーニックの工房になっていた。

 

壁に書かれた紋様を隠すかのように化学式表を貼り付ける。

 

周囲にはアルコールの匂いが立ち込めていた。

 

 

「門の創造は便利だなぁ。障壁の創造も間に合ってよかった……」

 

ダーニックを守っていたナーク=ティトの障壁も今は消えていた。

ダーニックはヘラクレスの命のストックを増やす程の魔力を障壁の創造に使っていた。

それが無ければ既に死んでいたことだろう。

 

「それにしても一番便利なのはこの宝具だよな」

 

そういって左手に本を出現させる。

 

宝具【いと冒涜的な神の魔力炉】

 

効果は2つ。

膨大な魔力炉をマスターに押し付ける。

キャスターでも魔術的要因の無いジル・ド・レェの魔力炉となった本の原本だ。

マスターである俺は既に魔力は英霊を超えて神霊並とも言えるだろう。

 

この宝具は同じ名前で2つある。

 

…まあ、魔導書2つだからね。

 

そしてもうひとつが魔術書に載っている呪文の対価を魔力だけにする、というもの。

 

精神を捧げなくとも発動できる。

 

これが外宇宙の魔術書に付属でついている宝具だ。

 

 

プルルルルルルッ!

 

部屋に置いてある電話が鳴る。

 

手に取り、出ると

 

 

「お電話お待ちしてましたよ。さっそく本題へ。どこでお会いしましょうか?」

 

 

 

 





書いてる時にイスカンダルの一人称を分かんないってなった。
あってるかも分からん。

次は他陣営ピックアップ。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。