萌え声クソザコ装者の話   作:青川トーン

5 / 147
血を吐くホトトギス

 シンフォギアには「絶唱」という決戦機能が搭載されている、これは増幅したエネルギーをぶつける代わりに自分にも大きな負荷がかかる諸刃の剣、それを翼さんが使ってしまったという。

 

 そもそも何故、翼さんがその絶唱を使うに至ったかといえば完全聖遺物「ネフシュタンの鎧」、シンフォギアより強いらしい装備を着た少女によって「特別な装者」である立花さんが拉致されそうになり、彼女を救う為に使う事となったらしい。

 

 翼さんが重傷を負った事はショックだったが、同時に命を懸けて立花さんを守ろうとするくらいには翼さんは彼女の事を認められる様になっていたって事だ。最初の頃は「戦ってわからせたい」なんて物騒な事を言っていたぐらいだった、私の気苦労は無駄ではなかった様だ。

 

 ただこれは問題だ、装者を狙ってきた相手が居る、おまけに翼さんが重傷でしばらく戦えない。

 

 

 今居る装者は二人。

 

 つまりこれは……

 

「加賀美くん」

 

 おっちょうどいいところに司令がきたぞ~……赤紙(徴兵)かな?

 

「な、な、なんでしょうか」

 

「昨日の件はもう聞いているな」

 

「は……はい」

 

 これはまさか~?

 

「立花くんを狙った謎の少女が君を狙わないと限らない」

 

 その可能性は聞きとうなかったよ。

 

「だからしばらくの間、授業とデータ取りの代わりに自衛の為の力をつける為に特訓を受けてもらう。ちなみに立花くんも参加するぞ」

 

 ぐえーっ!!!立花さんまでいるのかよ!陽キャ二人に挟まれては死んでしまう!

 

「きゅ……給料はでますか……」

 

「ああ、そうだなそれはキチンと出るぞ」

 

「し……しかたありませんね、では……よろしくおねがいします……」

 

 

 その日から私の地獄の日々が始まった。

 

 

 何時もの様に学校に登校する、午前は授業、午後からは特訓。

 教師は風鳴司令、まずは走り込みから始まり、私は瀕死。

 次に体操、格闘戦の訓練、そして組み手に始まる実践編。

 立花さんに15回、司令に25回の計40回放り投げられて全身が悲鳴をあげる。

 そして再び走り込みで一日が終わる。

 

 満身創痍の私は這いずりながら帰宅し、家事をこなすとなんとかパソコンの前まで移動して配信を始める。

 

『本日からは予告通り「お歌」配信をお送りします』

 

 それでもリスナーを心配させたくない、というか吐き出さないと私が持たねぇ!ので30分だけ配信をする。

 

 そしてそれを終えると布団に倒れ泥の様に眠る。

 

 夢を見る事すら忘れ、日が昇ると共に目覚め、家事をする。

 

 

 これは、死ぬな?と一日目で確信した。

 

 二日目も同じように走り込みから始まり、走り込みに終わる、間に挟まるは地獄の様な訓練、私は一体何をしているのだろうか、私は誰だ、私とは何だ、自我が持たない。

 

 

 三日目、私は休んだ。

 

 

 四日目、死にそう。

 

 

 五日目、立花さんから悩みを相談された、親友に装者である事を隠していて、色々な誘いを断って特訓をしているせいかギクシャクし始めたそうだ。

 

 

 知るか!こちとら、生まれてこの方!友達がいないんだぞ!

 

「なら休んでそっちへいけばいいでしょう」

 

 リア充はなぁー!!!リア充らしく生きてればいいのだ!!!

 

 

 

 司令とマンツーマンで特訓を受ける事になった。

 

 私は後悔した、立花さんの無駄な耐久力の高さにこれまで救われていたとは……。

 

 その日は配信を休んだ。

 

 六日目、今日は特訓はない。

 なにやら「デュランダル」という聖遺物を移送するのに立花さんが護衛につくらしい、司令も仕事だ。

 

 私は即座に家に帰り、侘び配信をした。

 

 七日目、移送が失敗して中止になったらしい、詳しくは知らない。

 そして再び特訓再開、地獄だ。

 

 特訓後、立花さんは翼さんの見舞いに行ったらしい、私は普通に帰った。

 

 八日目、特訓前に立花さんから翼さんと仲直りした事を聞かされた、それはよかった。

 

 

 九日目、また立花さんが特訓を休んだ、と思いきやまた襲撃されたらしい、特訓は中止、司令が仕事に戻り、私は家に戻って配信をした。

 

 

 

 

 そして十日目、翼さんが復帰し、特訓は終わった、だがまた立花さんに相談された。

 襲撃者である少女とわかりあいたい、親友とまた険悪な関係になった。

 

 知らんがな!!こちとら人間関係弱者やぞ!!!!!

 

「私に聞かないでください!それはあなたの出す答えです!」

 

 ついに我慢の限界を超え、突き放した応えをぶつけてしまったが、私は悪くねえ!

 私は悪くねえ!!

 

 

『はぁーい……おりんでーす、ようやく地獄の研修が終わったので久しぶりの雑談配信です……』

 「おりんに覇気がない」「おつおりん」「おりんが死んでおられるぞ!」もはや自分がそこまで疲れやつれ果ててるという自覚すらなかった。そんなにか。

 

『もうですね、体力が限界ですよ。上司は3日続ければ慣れるっていってましたけどねぇ!!そんなパワーがあれば私は今頃コミュ強陽キャのリアリアリア充ですよ!ナメクジをいくら鍛えたってナメクジに変わりは無いんです!』

 「ついにダンゴムシからナメクジに退化したのか……」「おっ待てい生物学的ツリー的に関係はないから変化だゾ」「どちらにしろ石の下の生き物には変わりないんだな」「おりんは一体どんなブラックな所で働かされてるんだ」言われて見れば最初こそホワイト職場に思えたが今ではとんだブラック職場である、命の危険もあるし。

 

『おまけに先輩が入院して不在だったせいで後輩がどんどん私に相談してきてですねぇ!それは上司に聞けや!って事まで聞いてくるんですよ!もう先輩退院しまして復帰しましたけど、おまけに私抜きで勝手に仲良くなってやがって!もう涙溢れ出ますよ!』

 「なかないで」「なくな」「はなをすするな」「遠慮をしろ」うるせぇ!この畜生どもめ!

 

 『ひでぇ!私には泣く権利もないのかい!しかもなんですか!「おりんが十日研修で御(お)臨終(りんじゅう)」誰が上手い事言えといったこのクソダンゴムシ!お前なんかクソダンゴムシで十分だよ!』

 「草」「草草の草」等コメントに笑いが満ちる、私の闇を笑え貴様ら。

 

 しかしこれでようやく特訓期間が終わり、翼さんも復帰、立花さんも襲撃者を撃退できるぐらいのパワーを得た……で、私は何を得た?

 

 ……………

 

 

 

 もしかして、くたびれただけでは?

 

 

 その日は一晩中愚痴った。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。