ひねくれ魔法少女と英雄学校   作:安達武
<< 前の話 次の話 >>

8 / 44
YEAH!ギリギリ連日投稿できたー!
明日はどうなるかわからんけどな!


先生の"自由"

「今から、個性把握テストを行う」

「個性把握…テストォ!?」

 

いくつもの白線が引かれたグラウンドで相澤の言葉に驚く面々。

体操服に着替えさせられた辺りで察していたが…入学式に出ないでテスト。しかもどう考えても体力テストっぽい。

そんな相澤の言葉に麗日が驚きながらも疑問をぶつける。

 

「入学式は!?ガイダンスは!?」

「ヒーローになるなら、そんな悠長な行事出る時間ないよ」

「……!?」

「雄英は"自由"な校風が売り文句。そしてそれは"先生側"もまた然り」

「……?」

 

相澤の話の流れが読めないのか、首をかしげている生徒たち。

千雨はその中で1人、ひしひしと強くなる嫌な予感に息をのむ。

 

「ソフトボール投げ、たち幅跳び、50メートル走、持久走、握力、反復横とび、上体起こし、長座体前屈。

中学の頃からやってるだろ?"個性"禁止の体力テスト。

国は未だ画一的な記録をとって、平均を作り続けている。合理的じゃない。まぁ、文部科学省の怠慢だよ。

爆豪。中学の時ソフトボール投げ何メートルだった」

「67メートル」

 

溜め息まじりに体力テストの意義に対する愚痴をこぼしながら、爆豪と呼ばれた金髪の男子に相澤はボールを投げ渡す。

 

「じゃあ個性を使ってやってみろ、円から出なきゃ何してもいい。早よ。

思いっきりな」

 

爆豪は相澤の言葉を聞きながら軽く腕を伸ばし、腕を振りかぶる。

 

「んじゃ、まぁ…死ねェ!!!」

 

爆音と共に高く遠くへ飛んでいくボール。"個性"の影響による爆風が見ていた生徒たちに吹き付ける。

というか今、ソフトボール投げで聞くはずの無い言葉が聞こえた。ヒーロー志望なのにその掛け声は良いのか。

 

「まず、自分の『最大限』を知る。

それが、ヒーローの素地を形成する合理的手段」

 

相澤の手にある機械に表示されたのは"個性"禁止の体力テストではおよそ見ることの無い数値―――705.2メートル。

たとえ個性ありでもスゴすぎる大記録だ。

 

「なんだこれ!!すげー"面白そう"!」

「705メートルってマジかよ」

「"個性"思いっきり使えるんだ!!さすがヒーロー科!!」

 

「……面白そう…か。

ヒーローになるための3年間、そんな腹づもりで過ごす気でいるのかい?

―――よし。トータル成績最下位のものは見込みなしと判断し、除籍処分としよう」

「はああああああ!!?」

 

思い付いたと言わんばかりの相澤の発言。その突然過ぎる発言に全員驚かされる。千雨は嫌な予感が的中したことに頭を痛める。

初日に入学式に出ないで体力テストもとい個性把握テストをする教師だ。

やりかねない。

 

「生徒の如何は先生の"自由"。

ようこそ、これが―――雄英高校ヒーロー科だ」

 

髪をかきあげながら嗤って言う相澤。

とはいえそんな理不尽を到底受け入れられる筈もなく、生徒から反論が飛び出た。

 

「最下位除籍って…!入学初日ですよ!?

いや初日じゃなくても…理不尽すぎる!!」

 

麗日がもっともな意見で反論するが、相澤には撤回する意志は見られない。

 

「自然災害…大事故…身勝手な敵達…。

いつどこから来るかわからない厄災。日本は理不尽に塗れてる。

そういう理不尽を、覆していくのがヒーロー。

放課後マックで談笑したかったならお生憎。これから3年間、雄英は全力で君たちに苦難を与え続ける。

幸い、ウチのクラスは"特別枠入学者"がいて21名。1人切り捨てれば例年の人数になるからな。

"Plus Ultra"さ、全力で乗り越えてこい」

 

千雨は相澤と目があった。どうやら千雨でも除籍にする覚悟でいるのだと目で訴えてくる。

なるべく能力を出し惜しみしたい千雨だが、ここではそうはいかないらしい。

 

「さて、デモンストレーションは終わり。

こっからが本番だ。

まずは50メートル走。2人1組ずつ走れ」

 

 

 

 

 

第1種目の50メートル走。2人ずつ走っていき、最後の1人。

 

「最後、長谷川」

 

相澤の声と共にスタートラインに向かう千雨。奇数のため1人で走ることとなる。

 

「最後なのに名字が長谷川ってことは…」

「アイツが特別枠ってやつ?」

「本人が特別枠って言ってたよ」

「マジ?」

「見た目は普通の文系女子って感じだな」

「どんな個性なのかしら?」

 

女子は本人から聞いていた特別枠入学。そんな千雨に全員が注目する。

一方で千雨は走る構えを見せず、スタートラインで普通にポケットに両手を入れて立っている。ただ立っているように見えるが、既に魔力で身体強化済みだ。

スタートの合図と同時に瞬動術を行う。10メートル置きに一瞬で接地して再び移動する。

 

「1秒87!」

 

軽く音を立ててゴールラインの上に着地。ほぼ2秒で50メートルを移動した。時速にして約90キロ。瞬動術で移動している時はそれ以上の速さだろう。

人によっては瞬間移動にも見える超速移動。だが、これでも"遅い"。

身体強化せずに自動車を追い抜く生徒は麻帆良のクラスでは何人もいた。

身体強化して自動車で出せる速度など、まだ"一般的"だ。

 

「い、1秒台!?」

「早っ!何、今の!?」

「あいつどんな個性だ!?」

「僕以上の記録とは…これが最高峰か…!」

 

注目していたクラスメイトたちの声を無視して、常闇のそばに向かう。

 

「スゴい記録だな」

「……」

「…どうかしたのか?」

「…別に…何でもない」

 

千雨は自身の記録にまだまだだと思いながら相澤を見た。

身体強化は実技試験で見ていたのだろうが、瞬動術は初披露だ。さぞ驚いていることだろう。

 

体力テストである以上、アーティファクトに頼るつもりはない。というか種目の関係上、頼れそうなものがない。

頼れたとして春日のアーティファクト、足が速くなるスニーカー位だが…こいつは身体強化と瞬動術でなんとかなってしまうため、出番はない。持ち主のように。

 

つまり、身体強化のみで頑張るしかないのだ。

 

 

相澤は千雨の記録に驚いた。

初めて会った時は見せなかった動き。そして実技試験で見せた動きを上回るスピード。

実技試験での超パワーは8月からこの2月までの半年で身に付けたのだろうと察していた。しかし、千雨はそれを2か月で更に上回った。

もちん何らかの"能力"は使っているだろうし、相澤の"抹消"が効く可能性も高い。

しかし…あれが"今出せる本気"だとして、まだ"成長の余地"があるのが恐ろしい。

千雨の底が見えない能力に対し、委員会が警戒する理由も分からなくもない。そう思わずにはいられなかった。

 

 

 

第2種目、握力

 

「握力、219キロ」

「女子の出す数値じゃねぇ…」

「あの細腕の何処にそんなパワーあるんだよ…」

 

力を込めようと意識すれば魔力による強化がされるだけで、本来なら女子平均記録である。

魔力による身体強化で、腕力だけで岩を砕き、踏み込むだけでコンクリートの地面を割るほどの力を発揮出来るのだ。

勿論握力も力を込めれば凄まじいことになる。

 

 

第3種目、立ち幅跳び

踏み込んで魔力で跳び、記録は30メートル。

虚空瞬動が出来れば記録は伸びただろうが、まだ千雨には習得出来ていない。それでも他よりはかなり好成績である。

 

 

第4種目、反復横跳び

特に目立って無い。記録は51。見ていた生徒たちは普通の記録に逆に驚いていたが。

 

 

第5種目、ハンドボール投げ

千雨が順番を待っていると、緑がかった黒髪癖毛の男子が円に向かう。

周囲の様子からして、彼が現状最下位らしい。

 

「緑谷くんはこのままだとマズいぞ…?」

「ったりめーだ、無個性のザコだぞ!」

「無個性!?彼が入試時に何を成したか知らんのか!?」

「は?」

 

爆豪と飯田の会話をよそに、緑谷と呼ばれた男子は青ざめたような顔でボールを思いっきり投げた。

 

「46メートル」

「な…今確かに使おうって…」

「"個性"を消した。

つくづくあの入試は…合理性に欠くよ。

お前のような奴も入学出来てしまう」

 

個性を発動させて髪が逆立っている相澤の言葉に、千雨はそういうことかと理解した。

このテストは相澤からしてヒーローとして見込み無い者―――あの緑谷を試すための試験。恐らくは実技入試の時から目をつけられていたのだろう。別会場だったから彼が何をしたのかも、どんな個性なのかもわからないが。

 

「消した…!!あのゴーグル…そうか…!視ただけで人の個性を抹消する"個性"!!

抹消ヒーロー、イレイザーヘッド!!!」

 

緑谷はメディア嫌いのアングラ系ヒーローである相澤を知っているらしい。ヒーローオタクなのだろうか。

千雨には相澤は一切ヒーローに見えない。360度どこから見ても、不審者のくたびれた小汚ないおっさんである。

 

「イレイザー?俺…知らない」

「名前だけは見た事ある!アングラー系ヒーローだよ!」

 

意外と有名なのだろうか。

千雨は常闇を横目で見たが、常闇も知らなかったのか首を小さく横にふる。

相澤は緑谷に近付いて何か話しているが、よく聞こえない。

 

「個性は戻した…ボール投げは2回だ。とっとと済ませな」

 

緑谷の2球目。SMASHという掛け声とともにボールは遠くへと飛んでいく。

そのパワーの反動なのか、右人差し指が腫れ上がっている。自身の身体が壊れるほどの超パワーなのだろう。

 

「どーいう事だコラ、ワケを言え、デクてめぇ!!」

「うわああ!!!」

 

大記録を出せた緑谷にキレ気味で向かっていく爆豪。

しかしその右腕が緑谷に届く前に細長い布が爆豪の身体を捕らえた。

 

「ぐっ…んだ、この布、固っ…!!」

 

「炭素繊維に特殊合金の鋼線を編み込んだ『捕縛武器』だ。

…ったく、何度も個性使わすなよ。

俺はドライアイなんだ」

 

爆豪の動きが止まったからか、個性と捕縛布を解除して次の生徒を呼ぶ相澤。

 

「指大丈夫?」

「あ、うん」

 

痛む右手を左手で押さえながら円から離れる緑谷とそれを心配する麗日。爆豪はなにも言えずにいた。

 

 

 

 

 

全8種目を終えて、相澤が空中ディスプレイでテスト順位を投影する。

 

千雨の順位は21人中2位。

長座体前屈、反復横跳びでは目覚ましい記録を出せなかったものの、他の6種目で好成績を出した。

道具を使って1位になった八百万と異なり、道具無しで超人的な記録をマークした千雨。

まぁ、魔力による身体強化があればこれくらいは普通だろう。

 

「ちなみに除籍は嘘な。

君らの最大限を引き出す、合理的虚偽」

 

相澤の言葉に声をあげて驚くクラスメイトたち。千雨はうるさいと思いながらも相澤を見た。

合理主義の権化のような男が、そんな嘘をつくだろうか。

 

「あんなの嘘に決まってるじゃない、ちょっと考えればわかりますわ」

「そういうこと。これにて終わりだ。

教室にカリキュラム等の書類あるから目笑通しとけ

緑谷、リカバリーガールのとこ行って治してもらえ。明日からもっと過酷な試練の目白押しだ。

長谷川、お前は俺に着いてこい」

 

言うことを言ったらさっさとグラウンドを去っていく相澤。

千雨が相澤のあとを追おうとした瞬間、飯田に話しかけられた。

 

「待ってくれ、1秒女子!」

「……長谷川です。…何ですか?」

「長谷川くんのあの速さに感動したんだ!普段どんなトレーニングをしているのか知りたくてね!」

「特になにも」

 

瞬動術はただトレーニングして身に付くものではないため、嘘は言っていない。

話は終わりだと言わんばかりに千雨は飯田に背を向けて離れていく。

 

「そ、そうか…しかし、トレーニングせずにあの速さであれば一体どんな"個性"を―――っていないっ!?」

「長谷川さんなら相澤先生のあとを追いましたわ。呼ばれていましたし」

「む、そうか…」

 

ワイワイと騒ぎながら更衣室へ帰っていく面々。

千雨は体育館の裏へ向かった相澤を追っていくと、誰かと話している声が聞こえた。

 

「―――君は去年の1年生…"1クラス全員除籍処分"にしている」

「!」

「『見込みゼロ』と判断すれば迷わず切り捨てる。そんな男が前言撤回っ!

それってさ!君も緑谷君に、可能性を感じたからだろう!?」

「………君も?

ずいぶん肩入れしてるんですね…?

先生としてどうなんですか、それは…」

 

スーツ姿でも特徴的すぎるNo.1ヒーローのオールマイトが相澤と話していた。話の内容に思わず体育館の影に隠れて盗み聞きしてしまう千雨。

…やはり、あの緑谷という男子を本気で除籍するつもりだったのだろう。

 

「"ゼロ"ではなかった、それだけです。

見込みがない者はいつでも切り捨てます。

半端に夢を追わせる事ほど残酷なものはない」

 

相澤はUターンして、オールマイトのいる体育館の裏からグラウンドの方向…千雨の隠れている方へ向かってきた。千雨は体育館から瞬動術で離れる。

千雨が盗み聞きしていたことは気付いていないらしい。グラウンドにいた生徒たちが更衣室に戻り、周囲に人がいないのを確認した上で話し出した。

 

「長谷川、実技試験とテストで使った力について話せるか?」

「……」

 

すでに分かってはいたことだが、やはり追及された。それもそうだろう、なにせ8月に見せなかった能力なのだから。

しかし千雨には手札を見せる趣味などないため、黙りこんだ。

 

黙秘する千雨に、相澤は予想していた通りだと言わんばかりに小さなため息をつく。

 

「…せめて消せるのか確認だけさせろ」

 

近くで見ていた相澤には、千雨の体がうっすらと光の膜のようなものに包まれたのが分かった。

"抹消"すると光は消えて、個性を解除しても戻る様子がない。緑谷の超パワーと同じ発動型の身体強化かと相澤は考える。

 

「…能力について話したくないのは分かるが、俺は万が一のストッパーであって、委員会の手先じゃない。

担任として"お前を大人の身勝手から守るために"止めることが出来るか知っておく必要があるから呼んだだけだ。

委員会に危険性を報告するためじゃない」

「!」

「お前の警戒する気持ちも分かるが、それだけは知っておけ。

…以上だ。着替えて教室戻れ」

「…はい」

 

担任である相澤には生徒を守る責任がある。そのことを、ただ信じろと感情ではなく、淡々と事実を説明する。

極めて合理的。だからこそ、千雨はその言葉を信じられるものだと感じた。

 

 

 





感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。