夕焼けに写る影の道   作:1- kkyu
<< 前の話

3 / 3
作者は最新話投稿への期間が開くにつれて、やる気が無くなっていく怠惰な人間です。

最近はそうならないように、毎日少しずつ書き足しています。その時に何時もコーヒーを飲んでいるのですが……

はい、そうです。ここ最近のカフェイン摂取量がおかしいです。身体に悪いですね。


ということで、3話です。




学園

 

 ──── NEO ZECT 総本部

 

 

 

 

 

「おはよう、加賀美君。」

 

 

 

「おはようございます、八重樫さん!今日もデータ解析、よろしく頼みます!」

 

 

 

 

  警視庁地下8階。メディアにも公にされていない秘匿されたフロア。NEO ZECT総本部のあるそのフロアから、更に一階地下に下りたフロア、NEO ZECT研究開発部に、加賀美は訪れていた。

 

 

 

 

「…で、どうですか。ブラックボックスの解明の方は?」

 

 

「ダメだな。完全にシャットアウトされている。ハッキングも矢張り全部突っぱねられた。」

 

 

「そう、ですか…全く、どうなってるんですかこのゼクターは…。」

 

 

 

 

 大量のモニターに囲まれた部屋、更にその中央の強化ガラスのケースの中に存在する、一つのゼクター。

 新道開人を資格者として選んだ、ダークカブトゼクターである。

 

 ダークカブトゼクターは、11年前、天道に擬態したネイティブが装着していた試作品のゼクターである。しかしそれは、装着者本人と全人類ネイティブ化計画の黒幕である根岸と共に、()()()()()()()()()()()筈であった。実際に、焼け跡を調べて、復元不可能なまでに壊れたダークカブトゼクターとベルトが見つかっている。

 

  しかし、目の前のゼクターは、4年前の8月23日…あの事件の日。当時中学一年生の開人の目の前に()()()()()。試作品から完成品へと変わり、膨大なデータを詰め込んだブラックボックスを内包して。

 

 加賀美をはじめとする研究開発部は、このゼクターの研究とブラックボックスの解明に、実に4年もの時間を費やしてきた。

 しかし、研究は思う様に進まず、ブラックボックスのデータは解明されないまま、今に至っている。

 

 

「我々が知るプロトタイプのダークカブトゼクターと違い、今現在存在するどのゼクターよりも高性能であり、更に謎のブラックボックスを内包している…研究者の私からすれば、未来から来たオーパーツとしか思えないよ、これは。」

 

 

  研究開発部の主任である八重樫は、苦虫を噛み潰したような表情で、そう語る。自分達が血の滲む思いで作ったモノを易々と越えられたのだ、無理も無い。

 

 

「あーくそっ!打つ手無しかぁ!」

 

 

 加賀美は加賀美で、頭を掻きながら苦悩の声を漏らしている。しかし、八重樫は長い間ゼクターの研究開発を担ってきた人間。転んでもタダでは起きない。

 

 

 

「……そうでも無いんだな、これが。かなり断片的ではあるが、ブラックボックスから幾つかのワードを拾う事ができた。」

 

 

「ほ、本当ですか!?」

 

 

「あぁ、コレを見てくれ。」

 

 

 

  八重樫はニヤリと笑みを浮かばせながら、手にあるノート型端末を操作し、一つのページを見せる。それは、強固なブラックボックスからやっとの思いで抜き取った、僅かなデータであった。

 

 

 

「……拾えたワードは、『カブティックゼクター』『type:NEXT』『OVER BOOST SYSTEM』…この三つのみだ。コレが何を意味するのかは、未だ分かっていない。」

 

 

「十分ですよ八重樫さん!大きな一歩です!」

 

 

 

 

  4年の間、まるで進歩の無かったブラックボックスの解明。僅かではあれど、立派な一歩。加賀美はまるで自分の事のように喜んだ。

 

 

 

 

「まだまだ大量の未解領域が残っている。我々はこの研究を進めるから、ワームへの対応は君たちに任せるよ、加賀美君。」

 

 

「任せてください!身体を使うのは、自分達の仕事ですから!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ……後に、このデータが地球の運命を左右するという事を、彼等はまだ知らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ──────────────────────

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新道開人が羽丘学園に転入する理由は二つある。

 

 

 

  一つは、最近起こっているワームによる連続失踪事件である。11人目の犠牲者がこの羽丘学園で出たが、未だに他の犠牲者が見つかっていない。

  この状況を見兼ねた参謀本部が、ここ周辺でワームが出現する可能性が高いという結論を出し、ワーム出現に即座に対応出来るように、開人を転入生という形で常駐させるようNEO ZECT総司令から命令が下った。

 

  しかし、それなら普通に花咲川で生活させるだけで良いのではないか、という意見も出た。これをゴリ押したのが、作戦指揮官の加賀美新と総司令の田所修一である。

 

  開人は、中学一年の時に資格者に選ばれ、中学の三年間を戦闘訓練に費やし、15歳…本来ならば高校に通っている筈の時間を、NEO ZECTの戦闘員として過ごした。

 二人は、まだ若い開人をNEO ZECTに入れた事を、仕方ない事とはいえ後悔していた。まともな青春を送らせずに、戦いの世界へ駆り立てた事を。

 

 故に、今回のこの参謀本部が出した結論を機会に、開人の生まれ育った町で高校生活を送らせようと、二人で結託して計画し、無理矢理意見を通したのだ。

 …最も、全てを捨てる覚悟を決めて町を出た開人にとって、迷惑な話であったが。

 

  これが二つ目の理由。身内の完璧な私情とお節介。見事に振り回されている開人であった。

 

 

 

 

 

 

 

  真新しい制服を身に纏い学校へと入った開人は、現在非常に困った状況に出くわしていた。

 転入生に良くある、職員室が分からないとか、そういうものではない。それは来客用出入口から入校したので、事務員の人に場所を聞いた。

 

 

 

  では、何に開人が苦しんでいるのか。

 

 

 そう、道行く生徒に注目されているのである。

 

 

 

 

「ねぇ、あの人誰だろう…」

 

「うわ、何あの格好良い人…いや、格好良いというより、綺麗?」

 

「え、ていうかアイツ…男?女?…でも、制服は男子だから、男だよな…いや、男装という可能性も……」

 

 

 

 

  勘弁してくれ。俺は客寄せパンダになる為に学校に来たワケじゃない。あと、最後の男子、キミはマンガとアニメの見過ぎだ。

 

 

  廊下を行く生徒が、男子女子関係無くこちらを見ながらヒソヒソ声で話している。正直、ツラい。

 

 

 

 開人の容姿は優れている。それも、メイクアップアーティストの風間が認める程に。

 

  季節に逆らった白い肌に、前髪を右に流した群青色の髪。長い睫毛に切れ長の目。男性と言われても女性と言われても通用する、美人であった。

  以前風間に初めて会った時、いきなり手を両手で掴まれて、メイクさせてほしいと頼まれた事があった。男性がメイクの必要など、と思っている開人にとって要らない話であったので無論断ったが、アプローチは未だに続いている。

 

  転入生というだけで注目されるというのに、容姿が重なれば謂わば当然の事と言えるだろう。しかし、余り注目される機会が無かった開人にとって、この状況は地獄であった。

 

 

 

  ヤバい、この場に留まるのは不味い。

 

  歩くスピードを更に速めて、職員室へと向かうのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ──── 職員室

 

 

 

  二度ノックし、中へと入る。

 

  いたって普通の職員室。しかし、職員会議の後なのか、座っている教師は、皆書類と睨めっこしている。とりあえず、一番近くに居る教師に声を掛ける事に。

 

 

「…失礼します。本日付で転入する新道ですが、理事長先生はいらっしゃいますか?上の者から、挨拶する様に言われているのですが。」

 

「ッ!?は、はい!少々お待ち下さい!」

 

 

 焦った様な、驚いた様な反応を見せれば、職員室の奥の部屋…理事長室であろう部屋へと足早に駆けていった。

 

 その瞬間、職員室に居る教師達が、一斉に開人に視線を向ける。

  コイツが例の…、とでも言いたげな視線。どうやら、あまり歓迎されてはいないようだ。

 

  しかし、これは開人の予想通りであった。

 

  今回の転入は、政府からの直接的な()()()

 いや、お願いはあくまで建前。学校側からすれば、()()に等しい。

 勿論、NEO ZECTやワーム、マスクドライダーの様な機密事項は全て伏せてある。しかし、誰も事情を知らないというのは納得がいかないだろうと、事前に加賀美から、理事長と校長、更に自分のクラスの担任にだけは事情を把握して貰っている。勿論、口外禁止で。

 

 しかし、その他の教師については別である。それに関しては、政府からこう伝える様に命令されている。

  内容は、簡単に言えば『彼は政府の勅令で重要な仕事を請け負っているので、極力彼に協力するように』だ。

 事情を知らない教師からすれば、いきなり爆弾を渡された様なものである。いい顔をされないのは寧ろ当然と言っても良い。

 

 あぁ、だからあの反応か、と内心で納得すれば、先程の教師が理事長室から出てきて、再び足早に駆け戻って来た。

 

 

 

「理事長が此方でお待ちですので、ど、どうぞお入りください!」

 

「分かりました、ありがとうございます。」

 

 

 

 その教師に連れられて、理事長室に通される。中で待っていたのは、理事長らしい恰幅の良い男性が一人、その両隣に、教師らしい初老の男性と、二十代であろう若い女性が立っていた。

 

 

 

 

「お待ちしておりました。羽丘学園理事長、秋山憲仁です。」

 

「新道開人です。本日からお世話になります。あと、私は今日から指導される立場ですので。敬語等使わず、普通に接して頂いて結構です。私としても其方の方がありがたいので。」

 

「…そ、そうかね?…コホン、では、お言葉に甘えて、そうさせてもらおうかな。」

 

 

 

 理事長 秋山と握手を交わす。重要人物という事に緊張しているのか、表情には出ていないが掌が若干湿っている。手汗でもかいていたのだろう。

 開人としても、緊張されたままでは話にならないと思い、生徒として接して貰うようにお願いをする。

 その言葉に若干安心を見せたのか、敬語が取れる。

 

 

 

「政府の方から、事情は聞いているよ。学校側も、最大限協力するから、キミは安心して勉学に励んでおくれ。……おっと、紹介が遅れたね。右の先生が、青井先生。この学校の校長先生だ。」

 

「校長の青井です。これから宜しく。」

 

「左の先生が、佐々木先生。キミが転入するクラス、2-A組の担任の先生だ。困った事があれば、何でも彼女に言ってくれ。」

 

「担任の佐々木です。出来る限り新道君の力になるから、何でも言ってね?」

 

「…はい、宜しくお願いします。」

 

 

 

  二人とも握手を交わす。どうやら、根回しはしっかりとなされている様だ。

 

 

 

「それじゃあ、もうすぐ朝のホームルームが始まる。後は佐々木先生に任せてあるから、以降は彼女に。それじゃあ先生、よろしく頼むね。」

 

 

 

  理事長がそう話を締めくくれば、佐々木先生と一緒に理事長室を出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それじゃあ、私が呼んだら中に入って来て。」

 

「分かりました。」

 

 

  ──── 2-A組 教室前

 

 騒がしい教室の中へ、佐々木が入っていく。

 開人は呼ばれるまでの間、廊下の壁に寄り掛かり、加賀美から渡された腕時計型端末を眺めながら、今朝の加賀美の言葉を思い返していた。

 もしかしたら、この学校に蘭たちが居るのかもしれない。

 有り得ない話では無い。昨日この町で起こったワームとの戦闘で、彼女達の姿をこの目で見たのだから。

 

 それにしても、大きくなっていた。自分の知る小学生の頃とは、まるで別人だった。

 ちゃんと五人とも一緒だった。きっと、今もみんな仲が良いままなんだろうな…良かった。

 

 様々な思いが、開人の心を巡っていく。

しかし、それ故に開人の心を苦しめる。

 蘭たちに会えば、自分の手で突き放さなければならない。

 もしそうなってしまった時、本当に自分に出来るのか。ずっと一緒にいたみんなを突き放すなど。

 

 ……出来る出来ないの問題じゃない、やらないといけないんだ。蘭が、巴が、モカが、ひまりが、つぐみが、みんなが大切だからこそ。

 

 

「それじゃあ新道君、入って来て。」

 

「……はい。」

 

 

「じゃあ、自己紹介、宜しくね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ……俺が影で、守らないといけないんだ。

 

 

 

「今日からこのクラスに転入する、新道開人です。中途半端な時期の転入になりましたが、宜しくお願いします。」

 

 

 

 

 





主人公の容姿が出てきましたが、分かりにくいと思うので簡単に説明しますと、
「宝石の国」のアンタークチサイトの髪色を、ラピスラズリにした感じです。

あと、ちょっとずつオリジナルのキャラクターが入ってきますので、今度から後書きに大まかな説明を載せていこうかと思います。

細々とした設定は、別の機会にしっかり記載しますので、少々お待ちを。


……あ、宝石の国、面白い作品なので良かったら是非。






感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。