Build Divers ASTRAY   作:バレルソン

3 / 25
STAGE03 仮面と素顔と仮面

 マスダイバーなるものは前々から存在し、問題視されているらしい。

 あの事件から1週間後、再びログインしたシュウゴ改めゴーシュは、GBN内のカフェでマギーからそんな説明を受けていた。元々今回狩られた黒いグシオンの乗り手は初心者狩りで有名な悪質プレイヤーだったらしい。

 それをソードマンが始末してくれたということだ。

 

「ソードマンって男はアタシも知っているわ。確かにPK紛いのことまでしているって噂もあるけれど……」

 

「けれど……なんです?」

 

 マギーはあまり納得がいかないのか、下唇に指を当てて少し考え込んでから続けた。

 

「アタシ自身、彼とはそこそこ面識はあるのよ。彼が何もない人に襲い掛かる真似はしない。案内人のアタシが保証するわ。ちなみにそんな噂が出始めたのは最近、それもマスダイバーが問題視されて少ししてからそんな噂が出ていたのよ」

 

 となると逆恨みか。

 もしも本物のPKなら満身創痍のZなど恰好の獲物だったはずだ。それを露骨にスルーし厄介な赤グシオンだけを始末したとなるとマギーの言っていることは嘘ではないようだ。

 

「散々なデビューになったわね……」

 

 心底申し訳なさそうにマギーの瞳に陰が差す。しかしマギーの責任では決してない。そもそもそんなチートに手を染め挙句仕様外のチュートリアル中の妨害をかましてきた奴の責任だ。

 別にマギーが謝ることではないだろう。

 

「それにしても運営は何をやってるんです?」

 

「それはアタシにも分からないわね……一応通報自体はしているのだけれどもどう対応してるのかは発表していないし」

 

「…………」

 

 運営の対処能力に難があるのか。それともこのチート問題の根が深いのか。まぁなんであれ、マスダイバー自体倒せない相手では無いので今度は負けないようにするだけだ。

 

「現状自己防衛必須という訳ですか。ただアレを放置しておくのは個人的に許しがたいものもありますし、折角面白いものをやる機会を得られたんだ。このまま居なくなるのは勿体ない、ああ実に勿体ないですとも。自己防衛能力、培ってみせますよ。……でもまずは」

 

「まずは?」

 

「自分のガンプラを組まないと。前に乗ってたやつは借り物でしたから」

 

「アーラ。ってことはこれからガンプラデビューってとこね!」

 

 マギーは嬉しそうに言う。ガイドとして碌にガンプラに触れた事の無い人間が新しく門戸を叩くという行為そのものが嬉しく思えたのだろうか。これまで以上のテンションでガンプラについて話し始めるマギーにゴーシュは圧倒されながら真剣に耳を傾けた。

 

 ◆◆◆

 

「あの子、意外とダメージが小さくて安心したわ。ね? ソードマンさん?」

 

「止してくれ。そんなかっこいい渾名の響きだけは嫌いじゃないが基本的に何処ぞの赤い通り魔と一緒の扱いじゃねェか。マギーの姐御」

 

 既に盗み聞きされていることに気付いていたマギーは物陰から黒髪の紺色の作務衣姿で頭にバンダナを、そして口元には無精髭を蓄えた青年が現れる。一見くたびれた職人のように見えるそれは、癖っ毛の頭を掻きながら苦笑いでそう言った。

 

「……多分あのグシオン使いはまた現れる可能性があるわよ。あの子、以前から迷惑行為で何度かアカウント停止されてたらしいけどその度にアカウントを作り直しててそれも分からないように細工をしてるらしいのよ。多分アタシでも見分けられる自信は無いわ」

 

 そこそこ長い期間ガイドをやっているマギーも別に運営ほどの権限も監視能力も持っていない。あちらもマヌケではない、ありとあらゆる化け方でマギーの目を躱しにくるはずだ。

 

「……いたちごっこか」

 

 ソードマンは「はァ」とため息をついた。この先延々と相手が飽きるまで殴り続けなければならないのか。

 気の遠くなるような話に鳩尾が痛んだ。

 

「ゲームの性質上、こういうのはついて回るものとは言え、少しばかりやり切れないわね……でも、貴方が割り込んできて助かったわ。通信がバグで切れちゃってて……」

 

「やっぱりバグが起こっていたのか。そういうバグが起こるからマスダイバーは放置できねェんだよなぁ。単純に強くなるだけなら別にいい。でもゲームシステムを破壊し、最悪GBNがイかれる可能性があるなら見過ごせない。こちとら居場所を奪われるのは腹の立つ話だっての」

 

「その逆恨みでおかしな噂を流されるなんてそれは……」

 

 理不尽だし本末転倒じゃないか。と言いたいのだろう。大方ソードマンが斬ったマスダイバーを通じてそんな噂がまかり通ったのだろう。GBNを守る行為が逆に後ろ指さされるのは間違っている。それがマギーの本心だった。

 しかし残念ながらブレイクデカールの使用率は上がっており、初心者の間ではあまり抵抗なく乱用されているのだ。

 

「平気だ。別に気にしちゃァいないよ姐御」

 

 ソードマンは笑ってカフェから出ていく。それをマギーはただただ見送る事しか出来ずにいた。

 

 ◆◆◆

 

 東京都縁尾(へりお)町。

 都内としてはこじんまりとした街は土地代が比較的安く、バス、電車の本数が充実した交通機関の存在や(無駄に)歴史ある商店街もあって住みやすい街と専らの評判である。

 

 縁尾駅から徒歩10分ほどの住宅街の中に古びた万屋が存在する。現地の住人曰く『万屋というよりがらくた屋』と呼ばれるそれは開店から40年近く経っているという。店名は古鉄《こがね》や。

 

 全国に展開しているリサイクルショップが跳梁跋扈するこのご時世40年も続けられる事自体が奇跡とも言えよう。しかしながらその知名度の低さもあって意外なものが眠っている。例えば1980年当時に生産された再販前の1/144ガンダムとか、BB戦士スターウイニングガンダムPPクリア版とか。

 

 それを近隣住民のフジサワ・アヤは知っていた。

 

 半ドンの学校帰り、今時珍しい横開きの戸を開くと、微かな(かび)の匂いが鼻をつく。

 

 アヤは慣れたように暖簾を潜り、戸を占めると奥のレジカウンターで机に体重を預け頬杖付いて死んだ目で座っている少年が居た。アヤの入店に気付くや否や死んだ目に生気が戻り「よう」とやる気なく会釈した。

 

「イズミ君、今日は一人なんだ」

 

「おう。ここの主のばーさんは友達とカラオケに行って俺は一人暇そうに店番だ。バイトくらい雇えっての」

 

「ふふっ。真面目にしないとまた怒られるよ」

 

「それは困る。正座して十数分ガミガミ言われるなんて真っ平だ。冗談じゃァない」

 

 アヤの指摘にカナタは慌てて、姿勢を正して「いらっしゃいませお客様」と妙にかしこまった態度を見せ、アヤはたまらず笑いを堪えて口を抑えた。それが面白くないのかカナタは口をへの字に曲げた。

 

「で、何をお探しで?」

 

「あぁうん、ちょっとね」

 

「……何探してんだか知らんが、大逸れたものは無ェぞ。でも最初期の1/144ガンダムはあるぞ」

 

「それはいらない」

 

「俺が生まれた時からずっと売れ残ってるからぜコイツ」

 

 棚に置かれた色あせたパッケージ見ながらカナタはボヤく。確かにアヤ自身がこの店に初めて訪れた時からあのパッケージの姿はあった。しかしながら買おうにもプレ値を店主が掛けている上にそこまでのコレクターが近隣に居ないことが災いしてずっと埃を被っている。入荷して倉庫に品出しを忘れたままガンプラブームを生き延び、売れ残りずっとこの有様だ。

 

「ここで売るよりヤフオクに出したら多分早く売れるわねこれ……」

 

「なー。でもこのまま半世紀売れ残るってのも面白そうだしなァ……変な意味で」

 

 どちらにせよ、その辺は店主であるカナタの祖母が決めることだ。孫や客如きが決められるものではないだろう。

 取り敢えず最終的に50年売れ残るか否かで多分50周年に出てくるであろうアニバーサリーHGガンダムを賭けることにした。カナタは売れる方。アヤは多分売れない方で。

 

「ま、その前にこの店が潰れてなきゃいいけど」

 

「そんな縁起でもないこと言う」

 

 お互い苦笑いしていると、この店でよく見る3人組の男子小学生がぞろぞろと入って来てその内一人が声を上げた。

 

「おっさん、新しいパック入ってる?」

 

「おっさんじゃない高校生のお兄さんだろォ? あぁ、デュエマの奴だろ入ってる入ってる。ちょっと待ってろ」

 

 次々と店内のカードパック引換券と小遣いを手に取りレジに差し出してくる子供たちに対し、カウンター内側の引き出しから無造作に新しいカードパックを取り出して会計を済ませていく。

 会計を終えて子供たちがパックの中身に一喜一憂している風景を横目に、カナタは椅子に凭れる。アヤは「お疲れ様」と言ってから商品棚から引っ張り出したBB戦士のパッケージを手に取り、カウンターに置いた。

 

「これ、お願い出来る?」

 

「お前ほんと好きだなぁ、SD系。……1404円ね」

 

 アヤはカナタの呟きに首を横に振りつつ、財布から1404円ちょうどをカルトンに置く。どちらかと言えば確かにBB戦士やSDガンダムが好きな部類だ。よくここで買う時はジャンクパーツと改造の素体になるBB戦士を買っていた記憶がある。

 カナタの指摘は正しかった――けれども何故か頭の何処かが否定していた。

 

「そこまでじゃないよ」

「嘘つけェ。だったらリアルタイプも買ってくれよ。今1980年当時の初版1/144ガンダ」

「それはいらない」

「ちくしょう」

 

 即答で拒否され血の涙を流さん勢いでカナタはがっくりと項垂れ、誰が思い通りになるものかとアヤはわざとらしくそっぽを向いた。……それに実際問題要らない。

 40年物のものなど正直買っても持て余すだけだ。

 初版の貴重性こそ多少なり理解してはいるのでパーツ取りに迂闊に出来たものじゃないし、そもそも当時300円だったものが店主がプレ値付けたせいで10000円だ。通常の300倍の値段がするようなものを買う義理はない。そんなお金があるならBB戦士を大量買いしているというものだ。自分はアレを買う程のコレクターではない。

 

「そもそも私が買ったら自滅じゃない」

「ん、それもそうだな。……チッ駄目かぁ」

「本音出てるわよ」

 

 無意味かつ中身のない漫才を繰り広げるのは嫌いじゃない。生来アヤは友人は多くない。下手したら最低限の会話しかせず、一人そそくさとGBNをやりにゲームセンターとか模型店に行っている日まである。それが楽なのは事実だ。まぁ気付けばボッチと呼ばれる人種の箱に放り込まれていたが。

 けれども気を許せる友人はゼロという訳じゃない。彼がその内に入るかどうかは分からないし、彼からしたら店員と客という関係としか思っていないのかもしれない。

 

 少なくともアヤ本人にとっては――

 

 気付いたら眼前のカウンターに木皿と乗せられた煎餅が顔を出していた。何事かと少しアヤは目を丸くしてからカナタが片隅に置いてたものを引っ張り出した事に気付いた。

 

「食うか」

「良いの?」

「良いから差し出してるの」

「じゃ、いただきます」

「あ、食ったらアレ(1/144ガンダム)買って貰うからね」

「じゃぁ食べない」

「冗談だ冗談」

 

 からかったりからかい返したり。

 ()()()()()()()()のでここでの一幕は少しばかり気の休まる所だ。煎餅を一口かじる。パキリ、と音を立てて口の中に醤油の味が拡がる。ふと、カナタの方を横目に見ると何を考えているのか、子供たちが屯しているテーブルの方を見ていた。どうやら携帯ゲーム機で対戦をしているようだ。

 元々は買い取りの際に使うスペースらしいが、買い取りがない時は専ら子供たちのプレイスペースとして扱われている。

 カードゲームをやったり、ゲームの対戦をやったりとか。割と昔はそこそこ客の出入りがあったらしいが、時代の流れか今では同じ面々ばかりだ。当然と割り切るべきか、悲しいと嘆くべきか。

 

 

「なんだよー! 全然勝てねえ! なんでHP減らねえんだ……」

 

 一人が声を上げて力なく机に突っ伏した。何事かと、思ったアヤとカナタは3人組の声に耳を傾けた。

 

「お前まだツール使ってねえの。親に買って貰えよー」

 

 チートを使ったのであろう対戦相手の一人がやや小馬鹿にするように返す。なるほどチートの力で圧殺した訳か。

 

「ったく何時の時代も変わんないなぁ……チート使ってる奴が好き放題してマトモに対戦が出来ないの」

 

 カナタはうんざりしたように後頭部を掻いて脱力し、台に頬杖付く。何か嫌な思い出でもあったのか気になり、そんな彼に声をかけてみる。

 

「昔って?」

 

「小学生の頃さ、ポケモンとか対戦出来る奴流行ってたろ。それで改造ツール使ってる奴が対戦で暴れ回ってまともにプレイしている奴を一方的にノシてそのコミュニティーのヒーローになるってのあったんだよ。いやぁ酷かった。対戦クソつまんなかったもの」

 

「……」

 

 アヤの胸の奥の何処かがズキリ、と痛んだ。

 暫くして子供たちが店を去り、再び2人だけになった時アヤはポツリと言葉を紡いだ。

 

「ねえ。もし、間違いだって分かっていても。その間違いをしなくちゃいけないとしたら。イズミ君なら、どうする?」

 

 急にどうしたと言わんばかりにカナタはポカンとする。当然だ。

 ――私は一体何を言おうとしているの

 自分でもよく分からない発言に今のは聞かなかったことにして貰おうと制そうとした矢先カナタは唸った。

 

「んー。どんな事情か、によるけれど。そうしなくちゃ駄目だって事情と理由があるのならやるかも知れないしやらないかも知れない」

 

 どっちだ。と心の中で突っ込んだ。しかしカナタは困ったような笑顔で続けた。

 

「俺はお前じゃないからな。そしてお前は俺じゃない。でも、正しさが必ずしも人を救うとは限らないし正道こそが全てじゃない。俺だって正しさを行使してえらい目に遭ったことがあるし」

 

 ヒトの古傷を抉ってしまったか地雷を踏んでしまったか。アヤは自分の言葉に後悔を抱く。しかし当のカナタ本人は怒っても悲しんでもいなかった。まるで――受け入れているか、諦めているかのように見える。口から出かけた謝罪の一言は喉奥でつっかえた。

 

「絶対にそうしなくちゃいけないって言うなら俺は止めないかもなァ。でも俺も絶対にそれを止めるって理由があるなら泥沼だけど。何をしようとしてるのか分からない以上なァ……別に教えてくれる訳じゃないんだろ?」

 

 冗談めかして笑うカナタだが、彼の指摘通りその『間違い』なるものが何なのかアヤは語るつもりはない。縦に頷くと「そうかい」と困ったように微笑んだ。

 

「巧くやんな。殺しと盗み以外は」

 

 カナタは手をヒラヒラさせながら、木皿に残った煎餅に一枚手を伸ばす。

 

 話したら、どうなっていたのだろう?

 ふとそんな考えが脳裏を過る。いや、話した所で何になるというのだろうか。彼には関係のないことなのだから。

 アヤは最後に残った一枚を齧った。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。