恋を紡ぐ指先   作:T.
<< 前の話 次の話 >>

19 / 29
剥がされた心の奧に在るもの。

 

 初めて入った山吹さんの部屋は、雨と夜のせいで随分と暗かった。

 

「入っていいよ」

「……お邪魔します」

 

 二階に続く階段を上ったのは、これで二回目。

 あれが一ヶ月前なのかと思うと、彼女との関係も短い間に随分変化したものだと思う。

 

 家具はシンプルに。

 無駄なものは無く、かつ必要なものは十分に。

 一人でいるには丁度良い広さの部屋は、山吹さんの性格をよく表す。

 

 部屋をじっくりと観察する余裕は、今の僕には無かった。

 

「お茶も出せなくて、ごめんね?」

「……別に、問題ないよ」

 

 今日は、彼女と二人でいても殆ど話をしない。

 彼女の声に、さっきの寂しさは感じられない。

 カチコチ、カチコチ、秒針が鳴る。

 

「どこか、適当に座ってよ」

 

 彼女は、自分のベッドに腰を掛けた。

 木材の軋む音が、ほんの一回、秒針の音を掻き消す。

 

 カーペットの敷かれた、小さなテーブル。

 彼女とテーブル越しに向き合う形で座る。

 戸山さんが頭を捻って歌詞を書いたであろうそのテーブルに、消しカスなどは一つも残っていなかった。

 カチコチ、カチコチ、秒針は鳴る。

 

「……私の話、母さんから聞いたの?」

 

 切り出したのは、彼女からだった。

 彼女の目とは、少しだけ違う方向を見ながら答える。

 

「ああ、そうだよ」

「やっぱり。母さん、友也くんにはいつか話すだろうなぁって、なんとなく思ってはいたから」

 

 声のトーンは低くない。

 代わりに彼女の声は落ち着いていた。いつもより、ずっと。

 

「それで、様子がおかしかったんだ」

 

 ふらり、ふらり。ベットから伸ばされた彼女の足が前後に揺れる。

 右足から数えて四往復。一〇秒の空白の後、彼女が口を開いた。

 

「私、バンドはやれないよ」

 

 先回り。

 

「……僕が居ても?」

「尚更。裁縫の件だってあったし、母さんの代わりに今度はキミが倒れたりなんかしたら、私、嫌だよ」

「……それは、随分と耳の痛い話だ」

 

 僕が倒れたら元も子も無い。それこそ、亘史さんと話したときに考えたことだった。

 

 会話の合間の空白は、次第に少なくなっていく。

 

「僕は、山吹さんにバンドをやってもらいたいよ」

「だから、無理だってば」

 

 目を逸らして否定する彼女。

 もうバンドに対する気持ちを隠すつもりも無いらしい。

 

「それは、千紘さんがまた無理をするから?」

「それだけじゃ、ないよ」

 

 会話を重ねるにつれ、彼女の声に寂しさが宿り始める。僕の意思とは関係なく、彼女の核へと近づいていく。

 

「別に、千紘さんが倒れたのは山吹さんのせいじゃないよ。話を聞く限りでも、その、言い方は悪いけど、必然ではあったかもしれないけど、タイミングは偶然じゃないか」

 

 千紘さんが倒れたことに、彼女が負い目を感じているのだとしたら、それは違うのだと、そう言いたかった。

 

「分かってる」

 

 その狙いは、空回りに終わったけれど。

 

「──怖いの」

「……え?」

「怖いんだ。バンド、やるの」

 

 意外だった。

 だから、聞かざるを得なかった。

 

「……それは、どういうこと?」

「母さんが倒れたのは、ただの偶然。それは分かってるの。確かに、キミが手伝ってくれれば、母さんは倒れなくなると思う。キミだって、倒れるまで働くなんてことはしないって思ってる。……それでも、怖いの」

 

 そして、後悔した。

 

「──ドラムを叩いていたら、また誰かが傷つくんじゃないかって。そんなことないはずなのに、もしかしたら、私の大切な誰かが、また倒れたりするんじゃないかって、怖くなる、んだ」

 

 

 ──母親が倒れるって、そういうことなの。

 

 

 過去の後悔が、まるでトラウマのように彼女を苦しめている。

 千紘さんが倒れて、後悔した。

 バンドを抜けて、後悔した。

 後悔して後悔して、やっと彼女が落ち着いたのが、家族を思うことだった。

 

 だから、僕だって後悔した。

 あの時。例えば、僕が彼女と初めて話をした時でもいい。

 なんの関係も無かった僕が「進学したら、ここでバイトしたい」なんてポロッと口にしたりするだけで、もしかしたら彼女は()()()()()()()()ことだってしてくれたんじゃないかって。

 僕を理由にして、バンドを続けてすらいてくれたんじゃないかって。

 

「だから、私はバンドはできないの」

「……………」

 

 いつの間にか、彼女の語気も荒くなり始めている。

 聞きたかった筈の彼女の本心に迫る度、心は苦しくなる。

 この苦しさから脱したい。

 彼女の助けになりたい。

 彼女に、本当に自分のやりたいことをやって欲しい。

 

 だからきっと、それは最悪な選択だった。

 

「……山吹さんは、もう、バンドをしたくないの?」

「───────っ!」

 

 彼女の明らかな変化を認めた瞬間、失敗したって、そう思った。

 

 

 「そんなわけ、ない!」

 

 

 空色の目は見開かれ、少しだけ瞳が揺れる。

 カーペットに足を着けて立ち上がった彼女は、さっきまでの落ち着いた様子をどこにも見せていなかった。

 

 間違いなく、言ってはいけなかった。

 

 嗚呼、否。

 

 彼女の本心を聞くという点において、これは正解だった。

 犠牲は、高くつくけれど。

 差し引きマイナス。結局不正解。

 

「やりたいに……っ、決まってるじゃん! でも、でも! ダメなの! 離れない、離れないんだよ。あの日、電話越しに聞こえてきた泣き声、母さんが倒れたって言葉が……っ!」

 

 僕の言葉によって、乱暴に剥がされた心。

 痛みと共に顕になったものを、僕などが視るべきではなかった。

 

「皆! 皆、私の為って言っては、練習時間を減らそうって、手伝うって………っ、それで、いいの!? 皆、皆、私の事ばっかり! それで、楽しいの!? 皆に甘えて、私だけ楽しんでいいの!? いいわけないじゃん!」

 

 彼女の空色の瞳が、さらに揺れる。

 目尻に、キラリと輝くものが見えている。

 

 (せき)を切って溢れだした彼女の心が僕を圧倒するには、最早一言でも十分過ぎた。

 

「山吹、さん……」

 

 何に(すが)ろうとしたのか、空虚に呟いて彼女に向けて左手を伸ばす。

 

「───っ!」

 

 乾いた音。

 

 打ち払われた左手は宙を舞い、テーブルの上に落ちる。カツンと乾いた音と共に、鋭く痛みが走った。

 

 人差し指に巻かれた包帯から、血が滲んだ。

 傷口が開いたらしい。

 

 彼女はそこで落ち着いたのか、声の大きさは小さくなっていく。

 寂しさを含んだ声色は、外の雨音に溶けるように弱々しい。

 

「……苦しいんだよ。皆、皆優しくて、つい甘えそうになるの。母さんも、父さんも、純も紗南も。CHiSPAも、ポピパも、キミも」

「……そんなに、頼るのが嫌なの?」

「私は、皆に迷惑を掛けてまで、バンドなんてやりたくない」

 

 さっき、激昂してまで叫んだ彼女の願いは、彼女の思いによって押さえ付けられる。

 どこまでも、彼女は優しかった。

 彼女の声は、揺れていた。

 

「私ね、香澄が羨ましいの」

「戸山さん……?」

 

 突然飛び出した戸山さんの名前に、少しだけ驚く。

 

「香澄はいつも、思ったことはすぐに行動に移すからさ。私みたいにウジウジ悩んでなくて、だからあんなに仲間も集まって」

「………………」

「過去のことをいつまでも引きずってるだなんて、嫌な女だよね、私。……でも、でもね、お願い。分かって。私は、大切な人は絶対に大切にするんだよ……って……っ」

「……うん、分かってる。山吹さんがいつも皆のことを思ってるのは、とてもよく分かるよ」

 

 彼女は頷いて、「ありがとう」と言った。

 

「キミだって……っ、そうなんだよ?」

「それは、嬉しいね」

 

 揺れ動く声に伴った暖かい言葉と、感情の(ともな)わない、随分とハリボテな言葉だった。

 

「最初は、別に普通のお客さんだなって思ってたのに、な。おかしいよ、こんなに大切になるなんて。聞いて、ないよ……っ」

 

 目尻に溜まった暖かい涙は、窓に貼りついた雨粒なんかよりも、確かに、残酷な程、人の体温を持っていた。

 

 一筋、流れる。

 

「……友也くんが私を助けてくれるには、もう、私たちは()()()()()()()()()()()

 

 彼女は、余りにも優しいから。

 彼女が相手を大切に思うほど、彼女は大切な人に迷惑を掛けないようにする。

 決して、頼ることはない。

 どれだけ彼女と近くなったとしても、いや、彼女と近くなればなるほど、彼女の核心へは迫れなくなる。

 

 もう、そんなことを考えても何もリアクションを起こさない程度には、僕は諦めていた。

 

「だから、もう一度だけ、言うね」

 

 もうすっかり涙声となった彼女の声が告げる。

 一度顔を(うつむ)かせて、再び此方に向けられるその顔。

 

「──────────」

 

 彼女は、微笑んでいた。

 涙を流しても、それでも微笑んでいた。

 その微笑みがどんなに僕の心を(えぐ)るのか分かっているだろうに。

 君は、こんなときまで微笑むのか。

 

 そして、止めは刺される。

 

「──私には、できないよ」

 

 微笑み、涙声で告げられる彼女の思い。

 これはもうダメだと、思った。

 僕は結局、約束を守れなかった。

 

「……山吹さんの気持ちは分かった。……また今度、来るよ」

 

 それだけを目を逸らしながら言い残して、彼女の部屋から出る。

 その間彼女は、何も言わなかった。

 

 ドアの閉まる音は、数十分前より比べものにならないくらい無機質に聞こえた。

 

 今日は、雨に打たれて帰ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ────────

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あはは、嫌われ、ちゃったかな……」

 

 彼が出ていったドアを見つめて、呟く。

 

 いつからか、彼ばかり目で追っていた。

 香澄たちと比べても、彼は特別に距離が近かった。

 だから、いつかきっとこんな日が来るって分かってた。

 

 涙は、降り続ける雨みたいに止まらない。

 

「……やだなぁ、()()ああなるのはやだなぁ」

 

 力が抜けたように呟く。

 

 階下から、玄関の扉が開く音が聴こえて。

 直ぐに、ガチャリと閉まった。

 彼が家から出ていった音だった。

 

 もしかしたら、もう二度と彼と話せなくなるかもしれない。

 それを示す、音だった。

 

 

「──────あぁ」

 

 

 人は、失ってから初めて大切なものに気付く、なんてよく言う。

 私は、家族が好きだ。

 香澄を含めた、ポピパが好きだ。

 ずっと話せていないけれど、CHiSPAの皆が好きだ。

 その延長線上で彼も好きだと、そう思っていた。

 

 認識が甘かったのかな。

 素直に認めれば良かったのに、な。

 

「ああ…………あああ………っ」

 

 膝からゆっくりと、カーペットに崩れ落ちる。

 

「………嫌、嫌だ、嫌だよ……嫌だよ……」

 

 どうしてこんな時に気がついてしまうんだろう。

 どうして、今まで気がつかなかったんだろう。

 

「……こんなの、ないよ………」

 

 

 もっと早く、知りたかった。

 

 

 もっと後で、知りたかった。

 

 

 もう、知らないままで良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「──────好き」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その言葉を受け取ってくれる人は、誰も居ない。

 それでも、呟く。

 ぐちゃぐちゃに歪んだ視界で、彼の出ていった扉を見つめて、呟く。

 

 

「好き、好き。友達とかじゃなくて、男の子として、好き」

 

 

 好き。

 その優しさが好き、笑った顔が好き。

 私をからかう姿が好き。真剣に働く姿が好き。

 全部、全部。私の知る彼の姿、その全てが、好き。

 まだ知らない彼の姿だって、絶対に好きになる。

 

 

「好き、好き……っ、好き、すき……すき……っ」

 

 

 言葉にする事に、涙が流れていくのが分かる。

 手のひらを濡らす涙は止まらず、溢れた分が零れ落ちて、カーペットを濡らした。

 

 胸がきゅっと締まる。

 こんなに切なくて、こんなに苦しくて、それでも。こんなにも──愛おしい。

 

 

「──私は───」

 

 

 私は、彼に、恋をしているんだ。

 



※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。