僕アカ×東方 〜私の個性はほぼ全キャラの能力〜   作:響緑

15 / 35
主人公のチート個性が禁止するきっかけとなった話を書いて見ました。
急ごしらえ感半端ないけれど、これでも頑張ったのよ。
でもなんか・・・違う。
書き直しする可能性大。
その時にはまた報告します。


過去話

今から14年前。

穂稀は六ヶ月過ぎたその頃の話だ。

世間の目を避け離島に住むようになった。

以前と比べ不自由な生活でもあったが、私達は自由に暮らしていた。

しかしそれはすぐに終わってしまうのだった。

それがおきたのは夕方。

穂稀が泣き出したことに始まる。

頭を触るとかなりの高温で熱なのは分かった。

熱冷ましシートを貼るものの、熱は一向に下がらない。

 

「まさか、これは個性か?」

 

「体温を上昇させる個性だとでもいうの?」

 

「個性を使えばいいことだ。」

 

銀次は個性を使用。

するとあの熱が嘘だったように下がっていった。

一安心する銀次。

それでも熱はあるようだ。

 

「リカバリーガールに連絡を取っておく。利鋂、しばらくの間頼む。」

 

「分かったわ。」

 

銀次は電話をするため外に出る。

この島は電波悪く、公衆電話が唯一の連絡の手段となっている。

 

「リカバリーガール、個性が発動した。40°近い熱が出たが、今は微熱程度まで下がっている。」

 

《体温を上昇させる個性かい?》

 

「そこまでは分からなかったが、お願いできるだろうか?」

 

《分かったよ、明日の朝一番の便に乗る。》

 

「助かる。」

 

その瞬間、禁止できる個性が増えた。

つまり穂稀に何かあったことを示す。

 

「すまん、すぐにオールマイトにも電話してくれ‼︎」

 

それを言い終わると、銀次は電話を切る。

それを聞いたリカバリーガールは、オールマイトと親交がある根津教頭に電話。

根津教頭はオールマイトに繋ぐ。

 

「オールマイト、銀次からSOSさ。」

 

《場所はあの島ですか?》

 

「他のヒーロー事務所にも連絡しておくよ。」

 

電話を切り、隣に座っているデイブは真剣な顔をした。

 

「行くぞ、場所は○○○島だ。」

 

 

 

一方銀次は言うと・・・

 

「嘘だろう・・・穂稀!利鋂‼︎いたら返事をしてくれ!」

 

家があった場所は焼け野原。

少し離れた所に大きな火種があった。

敵の襲撃があったのか?

しかし辺りを見回せど目視は出来ない。

 

「銀次・・・ここよ。」

 

「利鋂!」

 

利鋂を見つけた銀次は息を呑む。

片腕は本来曲がってはいけない曲がり方をしている。

恐らく脱臼しているだろう。

胴から下は大きな火傷を負っていて、少し焦げ臭い匂いがする。

 

「穂稀は?穂稀はどこに行った?」

 

そう言うと利鋂は指を指した。

そこは火種の中心部。

 

「あれがあの子の・・・個性、核。近づけば細胞が死んでしまうわ。」

 

銀次は己の個性を発動させるが、火種が消えることはなかった。

禁止できないってことは・・・

 

「個性が禁止出来ない・・だと・・」

 

「銀次・・・“あの子を、助けて?”」

 

「勿論だとも、わざわざ個性を使用しなくてもそうするさ。」

 

「それでこそ・・・私が・・ほ・・・れ・・・・・・t」

 

「利鋂?」

 

利鋂は眠るように亡くなった。

銀次はそんな利鋂の頬にキスをし、こう言った。

 

「もう一度生まれ変わったら、今度はちゃんと結婚しよう。」

 

対する穂稀はきちんと二足で立ち、銀次をみている。

本来なら立ったことを褒めたい銀次だから、状況が状況だけに緊迫した空気が流れる。

燃え盛る煙を見たのか近くのヒーロー達がやってきた。

 

「禁止ヒーロー銀次さん!」

 

「ライドン・アイチュウ・サマラオウか、今すぐ戻って救難信号を送ってくれ!」

 

「暴走・・・ですか?」

 

「見ればわかるだろ?」

 

「ならおいらっすね。10万ボルト貫!」

 

ライドンの攻撃は穂稀にクリーンヒット。

しかし効いている様子は無く、一匹のピンクの蝶が飛んできた。

 

「なんだ、これ?」

 

捕まえようようとしたサマラオウは、手を伸ばす。

しかし蝶を触れたサマラオウは倒れてしまった。

それを見て驚く三人。

 

「サマラオウの生命エネルギーが・・・確認できない。」

 

「嘘だろう、おい。」

 

銀次達は高速移動をしたのではないかと推定したが、いくら暴走しているとは言え、元が赤ちゃんだから体がついていくわけがないのだ。

 

「あの蝶に触れると死ぬってか?」

 

ピンク以外にも色とりどりの蝶が飛んでいる。

 

「あの蝶にも生命エネルギーが確認出来ない。そして個性元の子・・・嘘⁉︎生命エネルギーが6つ⁉︎あ、あり得ない!」

 

生命エネルギーは一人一つ、多くて二つまでしか存在しない。

それが人の倍にあると言うことは、考えられるのは三つ。

 

「不死鳥・・・そう言うのが正しいっすかね?」

 

三人の脳裏に浮かぶのは教科書で学んだ最恐の個性。

不死鳥・・・個性を使用している間はどんな怪我でも瞬く間に治ってしまう。

頭を撃ち抜かれようとも、首を落とされても死なない。

個性の持ち主は、海へ投じたとなっている。

 

「いや、死そのものです。」

 

死・・・辺り一面に死をばらまく。

気体の時もあるが、多くは蝶や蜂のような形をしていることがある。

個性の持ち主は、自分の個性で自殺したとなっている。

 

「利鋂は・・・核と言っていたな。」

 

核・・・核融合を起こし、その土地を使えなくする。

敵であり多くの被害を与えたが、オールマイトの師匠が倒したとされている。

 

「どちらにしろ、私達じゃ・・・」

 

「アイチュウ、救難信号を送ってくれ。俺っちは銀次とこいつを抑える。」

 

「た、頼んだわよ。」

 

アイチュウが元来た道を戻る。

ライドンの方を見ると震えている。

 

「銀次、俺っちに何かあったらアイチュウに好きだったことを伝えてな。」

 

「それは出来ない相談だな。」

 

無数の蝶が穂稀から撃ち放たれる。

それと同時に炎を纏った鳥も飛んで来た。

二人は避けることを選択。

それが続くこと一分、救難信号が上がったのが目に見えた。

赤ちゃんである穂稀の体力は小さいため、すぐ戦闘不能にすることは簡単だ。

しかし不死鳥の個性で復活し続ける。

赤い車が飛んでくるのと同時に、後方で砂煙が舞う。

 

「俊典、遅いぞ!」

 

「すまない、アメリカから飛んで来たから遅くなった。」

 

運転席には外人と思わしき人が乗っている。

 

「俊典の相棒か?」

 

「ああ、このコスチュームは彼の作品さ。デイブ、島から離れていてくれ。」

 

「ああ、無理しないでくれよ。」

 

車が離れたのを確認し、話をはじめる。

 

「俊典も習っただろう?最恐の個性・・・恐らくそれ全部だ。個性の暴走で禁止出来ない、ある程度弱らせなければ・・・不可能だと考えている。」

 

そこから先は、長い長い戦いの始まりだ。

数分後には根津教頭が呼んだヒーロー達も加わった。

ヒーロー達が傷を覆いながら、穂稀を倒していく。

日を跨ぎ朝日が昇りかけるころ、穂稀の動きは鈍くなっていった。

 

「これで終わりっす、10万ボルト貫。」

 

穂稀は倒れ込んだ。

よし、禁止を・・・

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 CAUTION!!   CAUTION!!   CA

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

     「地獄の人工太陽」

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 CAUTION!!   CAUTION!!   CA

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「っ!海に飛び込め‼︎」

 

それを聞きヒーロー達は海に飛び込む。

空を見ると太陽が二つ出来ていた。

生成した方は島に落ち、島が跡形もなく消し飛んだ。

 

「し、島が・・・」

 

その日、地図から島が消えた。

世間には敵の攻撃を受け、人魚姫ヒーローリバイアが死亡。禁止ヒーロー銀次等により逮捕。

激しい戦闘の影響で島が縮小、波の浸食により島がなくなってしまったとなっている。

穂稀の個性は銀次によって禁止され、また日の目に見るのはそれから14年もの後の出来事である。

 

「東方少女!」

 

「まさか、こんな個性が封じられていたとはね。少しばかり予想外だよ。」

 

「アハハハハハハ」

 

「オールマイト、ここは協力しようじゃないか。君の大好きな市民を守るために・・・」

 

果たして、彼女を救える者はいるのだろうか。

こんな最終回へとなってしまうのか?




備考
・ライドン・アイチュウ・サマラオウ
オリジナルヒーロー。
ライドンは電気関係の個性。
アイチュウは生命感知。
サマラオウは未定。
ちなみにアイチュウはサマラオウに好意を持っていた。
由来はポ◯モン(一文字目をずらすと・・・)





午後になったので・・・
絶対こんな最後にはなりません。
安心してください。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。