僕アカ×東方 〜私の個性はほぼ全キャラの能力〜   作:響緑

7 / 34
体力テスト

・50m走

真面目メガネ(飯田)さんが3秒04という好記録を出した。

まあ、私の場合時間を止めるから問題ないんだけどね。

咲夜さん、お願いします。

 

『分かったわ。』

 

すると途端に銀髪のメイド服に変わる。

ぶどう頭(峰田)さんが何やら興奮しているが、無視。

スタートの合図とともに時間を止め、ゴール後に時間を再開させる。

記録:0.4秒

もう少し反応が早ければ、もっといったかもしれない。

 

・握力

まあ、やるとしたらこの人くらいしかいないだろう。

勇儀姐さん、お願いします。

 

『了解。』

 

深呼吸を二度行う。

頭から角が生えてくることにもなれた。

胸もかなり大きくなるけど、一体どうなっているのだろうか?

ぶどう頭がまた興奮しているけど、無視。

 

「四天王奥義『三歩必殺』」

 

一歩目で大きく吸い、二歩目で筋肉を増強し、三歩目で思いっきり握る。

 

パキッ

 

全力で握る前に、機械が壊れてしまった。

記録:両方とも測定不能

相沢先生から機械を壊すんじゃねぇと言われた。

 

・長座体前屈

紫さん、お願いします。

 

『貴方ねぇ、その為に私の個性を使う気?』

 

少しでもいい結果を残したいので・・・

 

『しょうがないわねぇ。』

 

髪が伸び始め、金髪に変わり始める。

ぶどう頭がまた(略

人差し指の先を境界であやふやする。

一部生徒からは、悲鳴の様な声が聞こえた。

それはそうだ。

指先が急になくなり、機械が一人でに動いているように思うだろう。

 

「東方ちゃん、指がなくなっているけど大丈夫?」

 

「問題ないわ蛙吹ちゃん。消えた指の先はまだ機械の上にあるだけだから。」

 

「梅雨ちゃんと呼んで。」

 

「分かったわ、梅雨ちゃん。」

 

「ケロケロ♪」

 

暫く動かしていると、先生からもういいと言われた。

記録:999m(カンスト)

 

・上体起こし

これも紫さんで楽勝かな?

 

『私の能力は、そんなことをするためにできたわけじゃないのよ?』

 

分かってはいますが、少しでも楽な方がいいので。

 

『でもこの近い距離じゃ対して変わらないわよ?』

 

そうですよね。

記録:47回

中学よりは伸びたが、そこまででもなかった。

 

・反復横跳び

自分であれば測定してくれるようだ。

なら・・・萃香さんお願いします。

 

『おう。』

 

勇儀姐さんは一本だったが、二本角が生えてくるから少し時間がかかる。

個性を使い、分身を生み出す。

ぶどう頭が(略

一回目は様子見で三人で・・・

一回目:210回

これくらいの幅なら、八人でもでもいけるかしら?

さらに生み出す。

その分身長が縮んでしまうがしょうがない。

二回目:950回

1000回はいきたかった。

 

・立ち幅跳び

まあ・・・誰でも飛べるから、あまり関係ない気がする。

そのまま萃香さんで、実体を持たない状態になる。

記録:45000k

それを見た相澤先生は「ほぼ地球一周回ってどうする」と怒った。

地球一周が限度なのか。

 

・ボール投げ

これも二回なのか。

ここではお茶子ちゃんが無限という記録を出した。

前に投げている緑谷さんって、あの時の子?

前に会った時と、少したくましくなったような気がする。

一投目なんか手が赤く光ったが、20mちょっとで落ちてしまった。

 

「お前の個性を消した。」

 

まるで、お父様みたいな個性・・・

そう言えばそんな人がヒーローにいるって、聞いたことがあるような気がする。

 

「そうか、イレイザーヘット。」

 

緑谷さんが答えに辿り着いた。

確かあまりメディアに出ないヒーローなのに、よく知っているなあの子。

もしかして、ヒーローオタク?

続けて二投目は700mを超える大記憶を打ち立てた。

代わりに中指を紫色に変わっているが・・・

 

「まだ、戦えます。」

 

「こいつ。」

 

すると爆豪さんが緑谷さんを殺す勢いで突撃したが、またも個性を消された。

 

「何度も使わせるな、俺はドライアイなんだ。」

 

うわー、もったいねぇ。

強い個性なのにねぇ。

自分の番になり、一回目はどうしようか?

天子さんでいいか。

 

地上人(げみん)達に私の力を見せる時が、ようやく来たようだな。』

 

下民扱いしないで下さいよ。

青のロングヘアーに変わり、模擬刀を持ちに変わる。

ぶどう頭(略

軽くふわっとと投げる。

模擬刀を地面につき刺すと、地面がせり上がりボールを打ち上げる。

 

「おー、いったいった。」

 

「東方、一度地面についたから記録は10mだ。」

 

「そ、そんなー。」

 

本当だ、記録が10.2mになってる。

その後ボールは一向に帰って来なかった。

多分大気圏を超えちゃったっぽい。

二回目は別の人にしようか。

早苗さん。

 

『やだ。ロボいないし、やりたくない。』

 

じゃ魔理沙さん。

 

『わかったぜ。』

 

白黒の魔女服に、箒を持ちに変わる。

ぶどう(略

ポケットからミニ八卦炉を取り出す。

 

「マスタースパーーク‼︎」

 

太いビームが空に向かって打たれた。

多少グラウンドに穴が出来たものの、被害は最小限にとどめる事に成功。

記録:大気圏離脱の為、無限

軌道上に惑星とかがないことを願うばかりだ。

 

・持久走

魔理沙さん、よろしく。

スタートの合図と共に箒に乗り、最高速で周回する。

本当は文さんになろうと思ったが、トラックを走る為細かな移動&他者への影響(文さんの場合、砂埃で走りづらくなるとか)を考慮したからだ。

途中からバイクを乗っている百さんに驚いた以外、変わったことはなかった。

記録:200周

これ以上も行けるけど、もういいと言われた。

 

結果発表

一位は勿論私。

二位は百さん。

三位には轟さんとなっている。

最下位は緑谷さんか、残念だな。

 

「ちなみに除籍はウソな。君らの最大限を引き出す、合理的虚偽。」

 

「はーーー!!!???」

 

嘘だと聞いて驚いている人と、そうでない人がいる。

緑谷さんや飯田さんは、見事な驚きっぷりだった。

とくに緑谷さんなんかは、ムンクの叫びみたいな面白い顔をしていた。

あんまり驚いていない人たちは、初めから除籍なんて嘘っぱちと思っていた推薦組二人と私。

まあ、嘘でよかった。

 

 

終了後

 

「東方ちゃん東方ちゃん。何あの個性?複数人に変わっていたようだけど・・・」

 

「あ、それ。俺も気になる。」

 

「メイドに一角鬼、二角鬼に模擬刀を持った人、ワープ系・・・個性にしては色々やれている気がするが・・・」

 

芦戸ちゃんとチャラ男(上鳴)さん、飯田さんがやって来た。

やはりというか、聞かれるよね。

 

「私の個性は、まだ分からない部分が多い個性なの。市役所には一応『記憶』って出してあるけど・・・」

 

「複数の個性持ちってことか?」

 

「多分そう言うことだと思う。『鑑定』を持っている人に聞いた時も複数の個性があって、上手く鑑定できないと言われた。」

 

「ますます気になる個性だな。」

 

よかった、うまいこと誤魔化せているらしい。

このまま説明をせずに済めばいいけれど・・・

 

 

(宿儺視点)

 

彼女は何者なんだ?

私がここにいるせいでおきたイレギュラーなのか?

咲夜さんに勇儀さんに天子、萃香にゆかりんに魔理沙か。

それとも試験の時に見た文とパチェ。

もしかしたら、東方projectの個性なのだろうか?

それだったら私の個性の上位互換。

彼女が羨ましい。

でも、負けない。

数が多いせいで、まだまだ個性をうまいこと使えていない気がする。

そこをついていけば、体育祭でも勝てる可能性は高い。

私がここにいることによってできた、イレギュラーが彼女達なのだろう。

東方の個性と言える探し物ヒーローダウザー、禁止ヒーロー銀次、そして瀬呂君のTS化。

私が原因で、変わったことが多い。

今はこの世界を楽しむとしよう。

神からの報告を、待たないといけないとかには変わらないからな。




備考
・ぶどう頭興奮
峰田はそういう人。

・テストの結果
萃香さんオンリーでもよかった気するけど、多く出したかった。
それだけ。
六人にしたことも理由はあります。
体育祭くらいにて発表予定?

・瀬呂TS化
何故そうなった⁉︎
そうなった理由はUSJくらいで発表予定?

発表予定が増えたな。
回収できるかな。
新登場キャラ→咲夜・勇儀・紫・萃香・天子・魔理沙
使用キャラ→上と同じ

その日の夜

《今日の12時頃。宇宙環境学会によりますと、木星の衛星カリストが消えてしまいました。その直前に流れ星が各所で見られてきます。各所の人工衛星からの情報によりますと、地上から流れ星が出ているようにも見えます。警察は個性によって破壊されたのではとの見解を立てています。》

「すみません、お父様。これ、私です。」

「面構には俺から伝えておこう。」

「ありがとうございます。」

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。