GATE 未来軍 彼の地にて、斯く戦えり   作:ズデーテン
<< 前の話 次の話 >>

7 / 11
ようやく登場した炎龍。旧式戦車程度の皮膚を持つが、第3偵察隊は勝てるのか!


炎龍

いきなり現れた炎龍にコダ村の人々は逃げ惑う。第3偵察隊は、戦闘態勢に入った。

馬車は横転し、そのまま炎龍に焼かれていく。

 

カトー

「ワシも長年生きてきたが、本物の炎龍を見たのは初めてじゃ!」

 

レレイが攻撃魔法を撃つ。

 

レレイ

「…!効かない?」

 

2人は攻撃魔法を撃つが全く効いていない。

 

カトー

「あれは…緑の人達が乗っていた…」

 

レレイ

「…すごい。速い…」

 

第3偵察隊は300km/h程の速さで飛んでいる。

 

伊丹

「とりあえずレーザーを撃ちまくれ!」

 

隊員達がひたすらレーザーを撃つ。しかし、全く効いていない。

 

栗林

「隊長、全然効いてません!どうしますか?」

 

伊丹

「…」

 

すると、今まで眠っていたエルフが起きた。

 

伊丹「あれ…君大丈夫なの?」

 

そのエルフは自分の目を指さしている

 

伊丹

「目?…そうか、全員目を狙え!」

 

隊員達が目を狙う。しかし、あと少しのところで炎龍が岩陰に隠れた。

 

伊丹

「クソ、面倒臭い!」

 

ロゥリィ

「あの岩を破壊すればいいのね?」

 

ロゥリィは装甲車から降り、手に持っていたハルバートを岩の付近へ落とす。

一瞬にして岩は破壊される。

 

伊丹

「自分たちでも破壊できたが…まあいい、何か粒子兵器はないか?」

 

勝本航陸軍伍長

「50式中性粒子ビーム砲ならあります!」

 

伊丹

「古いな…でもいい、それを使え!」

 

勝本がハッチを開け、中性粒子ビーム砲を構える。炎龍は飛び回っている。

 

勝本

「狙いを定めて…行け!」

 

引き金を引いたのとほぼ同時に炎龍の片腕が落ちる。炎龍は叫び、どこかへと飛んでいった。

 

伊丹

「逃げられたか…」

 

倉田

「追いますか?」

 

伊丹

「いや、いい。せっかく追い払えたんだし。」

 

炎龍により、コダ村の住人の三分の一が死亡した。親を失った子供もいた。

 

村長

「すまないが、我々も自分たちのことで手一杯なんだ…申し訳ないがあの子らまで見てやれる余裕はない。君たちには感謝している。」

 

伊丹

「見捨てる?」

 

村長

「ああ、仕方ない…」

 

村人達は近隣の身内や知人のところへ行くこととなった。しかし、身寄りのない子供や老人は置いていかれることになった。

 

黒川

「隊長、この子達どうしますか?」

 

伊丹

「どうって…このまま置いていくわけにはいかないだろう。」

 

栗林

「勝手に連れて帰ったら、不味くないですか?」

 

伊丹

「難民保護という名目でならいいでしょ。連れて帰ろう。」

 

黒川

「隊長ならそう言ってくれると思ってました。」

 

残された子供や老人は、アルヌスへ連れて帰ることになった。

 

アルヌス基地

檜垣統少佐

「なんて事をしてくれたんだ!」

 

伊丹

「あー…やっぱり不味かったか…」

 

檜垣

「もしこれがマスコミに広まれば…面倒臭いことになるんだぞ!」

 

伊丹

「えー、俺は何をすればいいんだ?」

 

檜垣

「何もしなくていい!報告も俺がやっとく。次からは事前に連絡を入れてからにしろ!」




兵器紹介
50式中性粒子ビーム砲
歩兵向けに小型化された中性粒子ビーム砲。荷電粒子砲の基になった。第三次世界大戦頃に使われ、既に使われなくなっていた。しかし、急遽倉庫から引っ張り出してきた。




感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。