SASUKE復興伝(ただし中身は転生者)   作:メロンペン

2 / 11
10話以上投稿すればチラ裏から移動する予定


アカデミー卒業試験

月日は流れ、俺がうちはサスケに転生して5年の歳月が経過した。

 

不安だったアカデミーの授業も写輪眼を含めたサスケの元スペックと、俺の転生者知識のおかげでどうにか学年トップの成績を維持する事が出来た。

まあ、7割以上はサスケの肉体の能力値のおかげで俺の知識が役立ったのは精々3割程度だったのだが、俺の知識が生きるのはアカデミー卒業後からが本番である……筈だ。

 

 

 

尚、この5年の間でヒナタとの関係はかなり良好な物となった。

 

最初の1年くらいはやはり例のセクハラまがいのボディタッチが尾を引いたのかやや避けられ気味であったが、根っから気の弱い性格のヒナタには積極的に押した方が良いと判断し、アカデミーが休みの日には少々強引に連れて来る形で共に修業をすることにした結果、徐々にだが確実に俺とナルトとの好感度の差が縮まっていき遂にナルトと同等……いや、今では俺の方が上回っていると確信している。

 

 

「だってナルトにはこんな風に触らせたりしてないしな。そうだろヒナタ?」

「あっ……だ、駄目ぇサスケ君……今日は明後日の……んぅ……卒業試験の為のぉ……」

 

そう、明後日はいよいよ忍者アカデミーの卒業試験であり今日はその為の修業をする筈であったが、俺はヒナタとの専用修業場となった南賀ノ神社の本堂の中で、この5年の間でそれなりに成長したヒナタの胸をパーカーの上から揉みしだいて喘がせていた。

 

「大丈夫だって、ヒナタの実力なら一発合格できる。一緒に修業してきた俺が保証してやるよ」

「そ、そうかな?さ、サスケ君がそう言ってくれるなら……あんっ」

 

既に何度も奪ったヒナタの唇に己の唇を合わせようとしたが、少し意地の悪い事を思いついて胸から手を放して立ち上がった。

 

「でも……ヒナタの言う事も最もだし、そろそろ修業を再開するか」

「えっ?そ、そんな……サスケ君……あの、き、キスは……」

「ん?修業の方が大事って言ってのはヒナタじゃなかったか?ま、ヒナタがどうしてもってお願いすれば話は別だがな」

 

転生する前では妄想でしか言えない様な台詞を言いながらヒナタの反応を楽しんでいると、暫くモジモジした後にようやく口を開いた。

 

 

「う、うぅ……さ、サスケ君……私に……き、キスをして……下さい」

「ヒナタのお願いなら仕方ないな。でも、キスだけで本当に満足なのか?」

「あうぅ……サスケ君の意地悪……んっ……あむっ……ふぅ……」

 

その日は結局修業を再開する事はなく、俺は明日……原作で言えば第一話が始まる事への不安と期待に胸を躍らせながらヒナタに覆い被さった。

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日、イルカ先生から明日の試験についての説明が行われるが、教室内にナルトの姿はやはり見当たらず、俺は窓から大人達がざわついてる姿を眺めていた。

「お前達、何度も言う様だが明日はいよいよアカデミーの卒業試験が行われる。この中には何度か卒業試験を受けた者もいる様だが……ん?そう言えばナルトは何処に行った?」

 

ようやくナルトが居ない事に気が付いたイルカ先生であったが、それと同時に教室のドアが開けられ、後にナルトに禁術の巻物を盗ませる最初の敵であるミズキが教室に駆けこんできた。

 

「イルカ先生大変です!!ナルト君が今度は火影岩にイタズラを!!」

「な、何ぃ!?皆、暫く自習していてくれ!!」

そう俺達に言い残し、イルカ先生とミズキは教室を飛び出していった。

当然の事ながら残されたクラスメイト達の中で自習する者は誰一人おらず、先生が居ないのを良い事にそれぞれ仲の良いグループに分かれて雑談をし始めた。

 

「ったくナルトの野郎、この後なんか面倒くせぇ事になりそうな予感がしてきたぜ。」

「どうして?イタズラして怒られるのはナルトだけでしょ?」

「馬鹿かよチョウジ。この前連帯責任とか言われてクラス全員で学校の掃除やらされたのもう忘れたのかよ」

「確かに。しかし連帯責任というならイルカ先生も責任を取らなければならない。何故ならイルカ先生には監督責任と言う物が有り……」

 

原作の主要メンバーであるシカマル、チョウジ、キバ、シノがそんな会話をしている中で、俺は誰一人として自分に話しかけてこない状況に若干だが焦りを感じていた。

 

(はぁ、ヒナタ以外には原作のサスケっぽく振る舞ってた所為で卒業前にも関わらず男友達0かぁ……ま、男友達はうちは復興には特に必要ないから別にいいんだけどな)

 

ボッチである事への言い訳ではないと自分自身に言い聞かせながら机に突っ伏していると、ようやくイルカ先生がナルトを連れて教室に戻り、原作通り変化の術のテストが行われることになるのだった。

 

 

 

 

 

そして卒業試験当日。原作通り試験内容は分身の術となり、一人、また一人と隣の教室に呼ばれて行き、今の所失格者は誰一人出ていない状況でナルトの順番が回ってきた。

 

「おいナルト、チョウジもキバも合格したんだ。お前も今回こそ落ちるんじゃねえぞ」

「わ、分かってるってばよ!!見てろ、今度こそ必ず合格してみせるってばよ!!」

シカマルにそう啖呵を切って教室を出て行くナルトだったが、数分後に落ち込んだ表情で教室に戻ってきた姿を見てクラスメイト達はまた落ちたのかと大笑いをし始めた。

 

「ぎゃははは!!やっぱりナルトの野郎落ちやがったぜ!!」

「そりゃそうだろ。ほら見ろ、卒業の証の額当てだぜ。どうだ羨ましいか?」

落ち込むナルトを煽る原作では名も無きモブクラスメイト達を尻目に、俺は自分の順番が回って来たので教室を出ようとする。その際、ナルトの方に視線を向けると丁度ナルトも俺の方を見た為、お互いの視線がぶつかった。

 

「な、何だってばよサスケ!!お前も俺の事馬鹿にしやがるのか!?」

「別に……ただ、今回も運が悪い奴だと思って見ただけだ。」

それだけ言って教室を後にし、俺はイルカ先生とミズキの前で合格者の平均である分身3体を作りだして無事合格を果たすのであった。

 

 

 

試験はナルト以外の受験者26人は皆合格を果たし、俺は額当てを片手にアカデミーの屋上から試験に合格した事を報告するクラスメイト達とそれを喜ぶ家族達を眺めていた。

 

「アイツ等……ああやって喜んでるのは良いけど、原作だと七、八、十班メンバー以外の18人はアカデミーに戻される事になるんだよなぁ」

 

その割にはアカデミー内で出戻りの人間を見かけた事は無いのだが、恐らく出戻り専用の教室でも用意してあるか、もしくはアレはカカシの方便であり、実際は原作で描写されなかっただけで普通に下忍として任務を行っていたのかもしれない。

 

「あ、そう言えば班分けって原作通りになるのか?もしナルトやサクラと違う班になったりしたら……でも、今後の展開を無視して良いなら個人的には紅先生の班に入りたいな。班員は俺以外はヒナタとサクラ、もしくはいの辺りで……」

 

絶対ありえないであろう夢の班構成を妄想しつつ、俺は今夜起きる事件に備える為に学校を後にした。

 

 

 

 

 

その日の深夜、ナルトはミズキに教えて貰った巻物を手に入れようと三代目火影の家に忍び込んでいた。

 

「見てろ、絶対に巻物の術を覚えて卒業してみせるってばよ。そうすればあの野郎も俺の事……」

「ナルト、こんな夜中にワシの家で一体何をしておるんじゃ?」

「げぇ!?お、お色気の術!!」

 

 

三代目火影を鼻血の海に沈めると、ナルトは目的の巻物を見つけ出して一目散に三代目の家を逃げ出し、一刻も早く術を習得しようとミズキに教えられた修業場所に駆け出した。

 

「くくく、予定通りナルトの奴巻物を盗んでくれたみたいだな。さ、お次はイルカや里の奴らにこの事を……」

自分の計画通りに事が進みほくそ笑むミズキであったが、三代目の家に忍び込むもう一人の影に気付くことは無くその場を立ち去るのだった。。

 

 

 

 

 

「さ~て、お目当ての物が見つかるかどうか……お、有った有った。さ、早い所内容を書き写さないと……」

姿はナルトであるが、その目は赤く染まっている侵入者は盗まれた禁術の書と同じ棚に安置されていた巻物を解き、そこに記されている術を可能な限り書き写すのであった。




活動報告で班分けに関するアンケートを行います。
期間は今日から日曜までの予定です。
(尚、まったく票が入らなかった場合は原作通りの班分けになります)

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。