SASUKE復興伝(ただし中身は転生者)   作:メロンペン

6 / 11
堕とす過程を楽しみにしてる読者の方には申し訳ありませんが
本作のサスケは割とサクサク女を堕とします。


打倒紅

里の空が暗くなり各家から漏れる灯りが目立ち始めたそんな中、春野家では未だ帰って来ない娘を心配して母親である春野メブキが苛立ちを募らせていた。

 

「遅いわねぇ……こんな時間まで一体何をしてるのかしら?」

「まあまあ、あの子ももう一人前の下忍として認められたんだから何時までも子供扱いしなくていいんじゃないか?」

 

そんな妻を落ち着かせようとする父親の春野キザシであったが、その表情からは内心は不安で一杯である事は誰の目に見ても明らかであった。

 

「はぁ……まあ、あの憧れのうちは一族の子と同じ班らしいから、それで帰りが遅くなってるのかもしれないわね」

 

夕食の買い物の同期の奥様達との立ち話で得た情報をぽつりと呟くメブキであったが、それは初耳だったのかキザシは飲んでいたお茶を噴き出して咳込みだした。

 

「ゴホッ!!ゴホッ!!い、いかんぞ!!サクラはまだ子供じゃないか!!お、男と一緒にいて帰りが遅くなるなんて言語道断だぞ!!」

 

「あら?さっきあの子を子供扱いするなって言ったのは誰だったかしら?それに……何を想像してるかは聞きませんけど、あの子の歳を考えて想像してるんでしょうね?」

 

これだから父親はと溜息交じりに呆れるメブキであったが、今回に限ってはキザシのその想像が正しい事になっているとはこの時はまだ知る由も無かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

「あっ!!あんっ!!ああああっ!!さ、サスケくぅうううんっ!!」

既に馴染みとなった南賀ノ神社の本堂の中で、俺は四つん這いになったヒナタの背後から覆い被さる様に抱きつき、俺が育てたと言っても過言ではないその胸を荒々しく揉みしだきながらお互いの体を激しく揺らしていた。

 

 

「はうっ!!くぅんっ!!さ、サスケ君っお、お願いだからそ、そろそろ私にぃ!!」

「まだまだ。ここで終わったら折角見学してるサクラに申し訳ないだろ」

 

視線を隣に向けると、そこには写輪眼による金縛りで身動きの取れなくなったサクラが俺の影分身に羽交い締めにされる様に抱き着かれてその体を弄ばれていた。

 

数時間前、明日の紅との演習に備えた修業を終えた後に、俺はサクラにいのやヒナタとの関係を打ち明けてサクラとも同様の関係を持ちたいと迫った。

だが、返ってきた答えは意外な事にNOであった為、仕方なくサクラを逃げられない様に拘束して考えを改めるまで俺とヒナタの行為を見せつけていたのだが、それでも頑なに意思を変えようとしないので、仕方なく影分身を作り出してサクラの相手をさせる事にしたのだった。

 

しかし、やはり相手が俺の影分身とはいえ、ヒナタやいのと比べるとやや小さめの胸を撫で回され、髪の色と同じく綺麗なピンク色をした先端部分を摘ままれながら喘がされるサクラ姿を見ると、僅かにだが嫉妬を思えてしまう。

 

「はぁっ、やうっ!!さ、サスケ君も、もうやめぇ……ど、どうしてこんな事ぉ」

「どうしてと言われても、さっき言った様にサクラが一夫多妻を承諾してくれないからだろ」

「だ、だって……ぁふっ!!い、一夫多妻なんて……み、認めてくれる訳が……ひゃんっ!!」

 

まあ、普通はそんな事を言われても直ぐに納得する事は出来たりしないだろう。

しかし、うちは一族を復興させる為にはどうしても一夫多妻……個人的にはナルトのあの術を思い出すのであまり使いたくない表現だがハーレムを築く必要があるのだ。

 

 

「まあでも、どうしても嫌だって言うなら……サクラとの関係はここまでだな」

 

そう言って影分身を消して更に金縛りの術を解くと、自由になったサクラは俺の言った事がどういう意味なのか不安な顔をして訊ねてくる

 

「こ、ここまでって……さ、サスケ君。どういう事なの?」

「そのままの意味だ。もうサクラには頼まないし期待しない。誰か他に協力してくれる人を探すからもう帰っても良いぞ」

 

これで本当に帰ってしまったら困るのは俺なのだが、押して駄目なら引いてみろと言うのは正しかったようでサクラは目に涙を浮かべて縋り付いてきた。

 

「や、やだっ!!お、お願いサスケ君!!わ、私の事捨てないでぇっ!!」

 

「だったら……どうすればいいか分かるよな?ヒナタ、済まないけど一旦離れるぞ」

 

そう言いながら俺は密着していたヒナタから離れて仰向けに横たわると、サクラは何をすればいいか察した様でゆっくりと俺の上に跨り、そのピンクの長い髪を揺らしながら喘ぎ声を上げ始めた。

 

「んんっ……あっ!!ああああっ!!サスケ君っ!!サスケ君が私にぃ!!」

 

拙いながらも必死に体を動かすサクラに手を伸ばし、影分身を使って得た経験を活かしながら時に激しく、時に優しく緩急を付けながらサクラの体に大人の刺激を与る。

 

「さ、サスケ君……サクラちゃんばかりじゃなくて……わ、私も……」

「あんっ!!やんっ!!だ、駄目ぇ!!も、もう少しだけ私にぃ!!」

 

 

その後、途中で何度か交代したり二人同時にするなどして時間が過ぎていき、俺達がそれぞれの家に帰りついたのは日付が変わったのとほぼ同時刻であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日……正確には今日の朝になる訳だが、俺はトラップの仕込みをする為に指定された演習場に少し早めに来ていたのだが、そこにはなんと既に紅の姿があった。

 

「あら、早いわねサスケ。他の子はまだ来てないからそこで待ってて頂戴」

「紅先生?こんな時間にどうしたんですか?集合時間までまだ一時間以上あったんじゃ?」

「そうね……その答えは貴方ならもう分かってる筈じゃないかしら?」

 

どうやら紅は昨日のうちに場所と時間を教えた事で、俺達が事前にトラップを仕掛けるであろう事を予測していたらしい。俺は予定していた作戦の一つが潰されてしまい少し動揺してしまったが、それを紅に悟られるのも癪なので平静を装いつつヒナタとサクラが来るまでの時間潰しを兼ねて紅と雑談をする事にした。

 

「そう言えば、紅先生は木の葉一の幻術使いだって噂を聞きましたけど本当なんですか?」

「ええ。自惚れかもしれないけど、今の木の葉に私以上の幻術使いはいないと思っているわ」

「じゃ、時間潰しも兼ねて俺の写輪眼の幻術解いてみますか?」

 

冗談のつもりで写輪眼を発動させて紅の方を向いたとたん、一瞬のうちに組み伏せられて苦無を首元に押し付けられてしまい思わず咳込んでしまう。

 

「ゴホッ!!ゴホッ!!い、いきなり何をっ!!」

「それはこっちの台詞よ。いい?今回はこれで済ませてあげるけど、次に同じ様な事したら今度は冗談じゃ済まない事になるわ。良く覚えておきなさい」

 

 

どうやら俺は紅の事を少し嘗めていたのかもしれない。原作ではイタチに幻術を返されて圧倒されていたという印象しかなかったが、紅もれっきとした上忍であり、今の俺の実力では一対一ではとても勝負にならない相手だという事を改めて認識させられた。

 

「さ、もうそろそろあの二人も来る頃でしょ。演習ではもう少しましな動きをしないとアカデミーに逆戻りする事になるわよ」

 

「……分かりました。ところで、演習でも写輪眼を紅先生に使ったら駄目なんですか?」

 

「それくらい私に聞かなくても自分で判断出来るでしょう?演習の時は例外よ。言い過ぎかもしれないけど殺す気でかかって来ないと、私から鈴を取る事なんて出来っこないわよ」

 

 

殺す気なんてとんでもない。今回組み伏せられてハッキリと背中に感じた紅の胸のふくらみ。

ヒナタ達とは違い成長しきったそれは、大人の色気の塊と言っても過言ではない非常に魅力的なオーラを放っており、俺は紅の後ろ姿を眺めながら新たな目標決心する。

 

(何としても……絶対アスマから紅を寝取ってあの体を蹂躙してみせる!!)

 

NARUTOのコラで有名な『俺の子だ』を必ず言ってみせると心に決め、俺は次の作戦に備えて用意してきた忍具や兵糧丸の数を確認するのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ね、寝過ごしたぁ!!お母さん!!どうして起こしてくれなかったのよっ!!」

「散々起こそうとしたわよ。それでも起きなかったのはサクラの責任でしょ。修業するのは構わないけど、その所為で演習に遅れたら本末転倒じゃない?」

「まあまあ母さん。サクラ、修業の成果を発揮して必ず試験に合格するんだぞ」

 

昨夜は色々心配したが遅刻すると大慌てする娘の姿を見て、やはりまだまだ子供だと安心するキザシとメブキであった。




ヒナタ、いの、サクラの同期くノ一コンプです。
現在活動報告でアンケートを行っておりますが、今現在投票が同率です。
期日までに変化が無かった場合は票が入った案の中からこちらが独断で選ばせて頂きますのでご了承下さい。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。