オーバーロード ありのままのモモンガ   作:まがお
<< 前の話 次の話 >>

10 / 34
骨の閃き

 カルネ村は一日でも早い復興を目指して、今日も朝早くから村人達が働いていた。

 襲撃してきた帝国の騎士達の装備を、ガゼフ達に買い取ってもらう事で、多少の補填にはなった。

 しかし、壊滅的とは言わないまでも、買い換えなくてはいけない物が増えた今、それだけでは冬を越す事はできない。

 

「……はぁ、この先どうしよう」

 

 両親を失った少女、エンリ・エモットはどうやって冬を越そうか、頭を悩ませていた。あれから妹のネムは我儘を言わず、手のかからない子になった。

 ネムが無理をしている事は分かっていた。しかし、両親の残した畑を多少は縮小させても、維持していくのが手一杯で、構ってあげることが出来なかった。

 

 そんな中、村に幼馴染の薬師、ンフィーレアが4人組の冒険者を連れて、訪ねて来た。

 村で起こった事を話すが、ポーションについては言っていない、問題になるかもしれないと言われていたからだ。

 エンリはチャンスはコレしかないと判断し、薬草採取に自分も連れて行ってもらえるようにお願いした。

 

 

 

 

 

 

 

 トブの大森林にある一軒の家、そこでは一人の子供が骸骨に相談していた。

 

 

「どうすればいいのかな、ネムは子供だから、お姉ちゃんのこと、殆ど手伝えないの……」

 

「うーん、私が手伝えればいいんだが、この顔だしなぁ」

 

 

 マジックアイテムを貸すことも考えたが、すぐには出来なかった。

 モモンガは自分の持つアイテムの価値観が、大きくズレている事に気付いたのだ。

 自身の持つ最も価値の低いポーションですら、一般的にはありえない価値と効果を持つものだったのだ。

 他のマジックアイテムなど、おいそれと渡せば、将来的にこの村の不利益になるかもしれない。

 

 二人で悩んでいると、珍しいことにドアをノックする音がした。

 ネム以外は殆ど誰も来ないので、消去法でエンリが来たのかと、ドアを開けようとした。

 その時、複数人の声が聞こえ、慌てて不可視化の魔法で隠れる。

 

 

(そういえば、魔法詠唱者(マジックキャスター)である事は口止めしてたけど、アンデッドの事は何も言ってなかったな……)

 

 

 エンリだってその辺の事情を最初は考えていた。しかし、あまりにも妹が頻繁に会いにいくので慣れてしまい、言ってしまえばうっかり忘れていたのだ。

 

 

「こんにちはー。 モモンガ様、いらっしゃいますかー?」

 

 

 幸い入って来たのはエンリだけだったが、他の人も自由に入れていいとだけ伝え、ネムに対応を任せてそのまま隠れることにした。

 

 エンリの他に来た4人組は冒険者らしく、その隣の男はンフィーレアという薬師だそうだ。どうやら、森に薬草を取りに行った帰りで、休憩がてら会いに来たようだ。

 

(全てのマジックアイテムが使用可能、魔法の習得速度が早まる、か。この世界にはまだまだ未知が溢れているな。というか生まれながらの異能(タレント)はなんでもアリなのか? ンフィーレアのが凄すぎる気がするが……)

 

 盗み聞きのような形にはなったが、偶然聞くことの出来た話に、警戒心を高める。レベル100の自分にもしかして敵はいないんじゃと、最近緩みっぱなしだった気分を引き締める。

 

 

「にしても、ここには森の賢王って魔獣がいるんだろ? あーあー、そんな魔獣に乗って街を歩けばナンパも上手くいくと思わないか?」

 

「ルクルット、そんな魔獣を登録してる冒険者がいるわけ無いだろ」

 

「冒険者が登録出来る魔獣は、制御さえ出来れば制限は無いので、可能性はゼロではないのである」

 

「ふふっ、ペテルの言うことも最もですけど、ダインの言う通り不可能では無いのですから浪漫はありますね」

 

 

 

 彼らの話を聞き、モモンガはある事を閃いた。

 

 彼らが帰った後、再び姉を手助けする方法を考えるネムに、自信満々に言い放つ。

 

 

「ネムよ、出稼ぎに行こう!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エ・ランテルの冒険者組合、普段は冒険者や依頼人が集い、騒がしい場所だが、今日は異様な空気に包まれていた。

 

 冒険者組合で働く受付嬢は、荒くれ者達の対応には慣れたものだが、今日だけは悲鳴を上げなかった自分を褒めてやりたかった。

 

 

「冒険者になりに来ましたー!!」

 

 

 肩車をされたまま、元気よく喋る女の子。

 組合のルール上は、子供が冒険者になる事も出来なくはない。英雄を夢見た子供が組合に来ることも、稀にだがある。普段なら、子供には危ないからと言って諌めるところだが、今回はそうはいかなかった。

 

 女の子を肩車しているのは、一見、漆黒のフルプレートを纏ったガタイの良い戦士だ。

 しかし、顔面はむき出しの骨である。誰がどう見たってアンデッドだ。

 受付嬢の困惑する様子に、このままでは話しが進まないと思ったのか、骸骨が喋り出した。

 

 

「驚かせてしまったようで、すまない。私はこの子に使役されているアンデッドだ。冒険者は魔獣登録というものが出来るのだろう? 冒険者登録と一緒に済ませて欲しいのだが――」

 

 

 

 

 無事に登録を済ませたモモンガ達は、作戦が上手くいったと喜んでいた。

 

 

 自身のアイテムを村で使えないのなら、現地通貨を稼げばいい。一人で街に入れないなら、冒険者の魔獣として登録してしまえばいい。

 ネムの様な子供が、アンデッドを使役している事も生まれながらの異能(タレント)だと言ってしまえば何とかなった。

 

 

 

 

 

 街にはどうやって入ったのかだと? ガゼフ・ストロノーフに話は通っている、でゴリ押しした。

 

 

 

 

 ちなみに、カルネ村に戻ってから、エンリにしこたま叱られた。

 

 自分は冒険が出来て、ネムはお金を稼いで、姉の手助けが出来る。

 一石二鳥の策だったのに……解せぬ。

 

 

 








感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。