オーバーロード ありのままのモモンガ   作:まがお
<< 前の話 次の話 >>

12 / 34
骨は万能じゃない

 薬草採取のクエストを受けた、モモンガとネムだったが、採取場所はトブの大森林。

 家を出てから一時間も経たずにとんぼ返りである。

 

 

「モモンガ様ー!! こっちにも薬草あったよー」

 

 

 手際良く、薬草を採取するネムを余所に、モモンガは新たな事実に驚愕していた。

 

 

(なぜだ、薬草が取れない?! 何度やっても握り潰してしまう!!)

 

 

 採取スキルを持たないモモンガでは、薬草を上手く取ることが出来ない。

 ユグドラシルの縛りが影響していることに気付いたのは、掌を薬草の汁塗れにしてからだった。

 

 

 結局、モモンガはネムの護衛と場所を見つける事だけに専念し、採取はネムが頑張った。

 

 今のネムは服装こそ村娘だが、付けている指輪など、数々の装飾品の効果により、様々な耐性を得ていた。モモンガの装備している神器級(ゴッズ)程のレアリティはないため、戦闘力こそ向上しないが、効果は絶大である。

 アダマンタイト級の冒険者でも、傷一つ付けられないほど、防御面での性能に特化させている。この世界ではほとんど無敵状態だ。

 

 

 色々あったが、薬草を集め終わり、冒険者組合に報告しにエ・ランテルに戻った。

 組合員の顔が引き攣っていたが、やはりまだ私のことが怖いのだろう。

 

 エ・ランテルからトブの大森林までを、数時間で往復してきた事に驚いているとは、モモンガもネムも気がつかなかった。

 

 

 初クエストを成功させた二人は、記念に何か買おうかと、街を散策していた。

 

 

「そうだ、折角だしンフィー君に会いたいです。ポーション売ってるお店なんです」

 

 

 ネムからの提案に、この世界のポーションはまだちゃんと確認していなかったと思い、了承する。

 

 ンフィーレアの祖母であり、エ・ランテル一の薬師と名高い、リイジー・バレアレの店へと向かった二人だったが、辿り着く前に周囲が騒がしくなりだした。

 

 

「アンデッドだ!! 墓地から大量のアンデッドが街に襲って来てる!!」

 

「おい、ここにもアンデッドが来てるぞ?!」

 

 

 街の人々が騒いでいる様子から、どうやら緊急事態らしい。

 このままではとばっちりで自分まで討伐されそうだ。

 巻き込まれる前に帰ろうと思ったが、ネムが一人の老婆を見つける。

 

 

「リイジーお婆ちゃん!!」

 

 

「ああっ、ネムちゃんか。それにアンタはアンデッドかい? 今はそんな事はどうでも良いさね。ンフィーレアが、ンフィーレアが拐われちまったんじゃ!! 救助の依頼を冒険者にしようにも、この騒ぎで冒険者組合は人がみんな出払っちまってるんじゃよ……」

 

 

 すごいなこの婆さん、俺をスルー出来たのはこの世界に来て貴方が初めてだ。

 

 ネムがこちらを見ている。その上目遣いは反則だ、抗えるわけがない。

 元々ネムに激甘のモモンガには余り関係がないが。

 

 

「仕方ないな、晩御飯までに帰らないとエンリに叱られてしまう。ンフィーレアを見つけてさっさと帰ろう」

 

 

 ネムには伝わったが、リイジーはまだ分かっていないようだ。

 

 

「アンタ、いったい何を……」

 

 

 いつものようにネムを肩車し、何でもないことのように言う。

 

 

「安心するがいい、リイジー・バレアレよ。お前の孫は私たちが連れて帰ろう。初回サービスだ、特別に無料で依頼を受けてやろう」

 

 

 リイジーは、そう言って走り出したアンデッドの背中を、呆然と見つめるのだった。

 

 

 

 








感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。