オーバーロード ありのままのモモンガ   作:まがお
<< 前の話 次の話 >>

14 / 50
困惑するスレイン法国

 スレイン法国の上層部、神官長達は、最近上がって来た情報に頭を悩ませていた。

 

 

「ニグン・グリッド・ルーインが、ガゼフ暗殺を失敗したそうだな」

 

「無理もあるまい、あの伝説のアンデッド、死の騎士(デス・ナイト)が現れたんじゃからの」

 

「しかも、その死の騎士(デス・ナイト)は、ニグンに持たせた切り札を破ったのだろう? その後、消滅したようだが、通常の死の騎士(デス・ナイト)とは思えん」

 

「確かに、亜種であった可能性もある」

 

 突如として現れ、陽光聖典を壊滅させたアンデッドについて、神官長達はあれこれと意見をぶつけている。

 そんな中、一人の神官長が、新たな情報を口にする。

 

「エ・ランテルで起きた、アンデッド大量発生の事件を知っとるか?」

 

「おお、子供の冒険者が、一人で事件を解決したと言う、あれか」

 

「確かその少女は死霊使い(ネクロマンサー)だとか……」

 

「そうだ、そしてその少女が使役するアンデッドは、こう呼ばれている―― デスナイト、とな」

 

 

 あまりの事実に、会議の場は数秒、静まり返った。

 

 

「なんと?! あれ程のアンデッド使役するとは…… ぷれいやー、神の降臨か? それとも我々の知らなかった神人か?」

 

「その子自身に戦闘力は皆無と、報告があることから神本人ではないだろう。 神人の線も薄い」

 

「陽光聖典を撃破した、死の騎士(デス・ナイト)との関連は断定出来ないが、どうするにしても慎重に動くべきだろう」

 

 詳細な情報が分からない現状では、手を出すことは得策ではない。そう結論付けた神官長達は、とりあえずは静観することにした。

 人類にとって利益となるか否か、判断を保留にしたのだ。

 陽光聖典隊長、ニグン・グリッド・ルーインがもたらした勘違いは、段々と広まっている。

 

 ちなみに遠隔視をしようとして、巫女達が爆発した事件があったが、いつの間にか破滅の竜王(カタストロフ・ドラゴンロード)の仕業ということになっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トブの大森林、もはやお馴染みの一軒家で、正座させられている骨と子供がいた。

 

 

 エンリはあの日、遅く帰ってきた二人を叱ったが、深くは話を聞いていなかった。

 あれから何度か二人は冒険に出ており、ある日、二人の首のプレートが変わっていた。

 

 冒険者に詳しくは無いが、そんなすぐにプレートが変わるのかと、不思議に思って聞いてみたら、とんでもない内容だった。

 

 

「薬草を届けた帰りに、ンフィー君のとこに寄ったら、拐われてて……」

 

「アンデッドが大量に出て来たから、正面突破した」

 

「悪いやつらを見つけて、モモンガ様がビビッとやっつけたの!!」

 

「半裸のンフィーレアを治療して帰ってきた」

 

 

「「そしたらミスリルになった!!」」

 

 

「分かるようにっ!! ちゃんと説明しなさぁぁぁいっ!!」

 

 

 

 トブの大森林には今日もエンリの咆哮が響き渡っていた。

 

 

 





感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。