オーバーロード ありのままのモモンガ   作:まがお
<< 前の話 次の話 >>

15 / 34
幕間 エンリ・エモットは働き者

 トブの大森林にあるごくごく普通の一軒家。この近くには魔物は一切近寄って来ないため、この森で一番安全な場所である。

 カルネ村に住む村娘、エンリ・エモットは、モモンガから話があると言われてやってきていた。

 

(ネムと一緒じゃなくて、私だけに話があるって珍しいわね…… いったい何の話なんだろう?)

 

 

 モモンガは別に毎日冒険に出ているわけでは無い。

 姉妹で過ごす時間も、大切だろうと思っているので、かなりの頻度で休みを入れている。

 そんなモモンガが、エンリだけを呼び出すことは珍しいと言える。

 

 

「モモンガ様、話って何ですか?」

 

「いや、エンリは今一人で家を維持しているのだろう? 畑のこともあるし、何かと大変ではないかと思ってな」

 

 

 私達姉妹の、命の恩人であるモモンガ様は優しい。

 普段からこのように気遣ってくれており、アンデッドとは思えないような性格だ。

 

 

「あまり、私は表立って手伝えない。ならばエンリが強くなれば、仕事が楽になるんじゃないかと思ってな」

 

「待ってください、どういうことですか?」

 

「パワーレベリングによる、エンリの強化だよ」

 

「意味がわかりません……」

 

「エンリが魔物を倒す、レベルが上がる。身体が強くなって、仕事が楽になる。簡単だろ?」

 

「モモンガ、待って」

 

 

 とんでもないことを言い出したモモンガに、エンリは思わず敬称が外れる。

 

 この人は常識をどこかに置いてきたのだろうか?

 

 アンデッドに常識を求める方が、間違っているのかもしれないが、今更である。

 

 

「まぁ、モノは試しと言うじゃないか。姉妹だけで暮らしてるんだから、強くて困ることはないはずだ」

 

 

 こうして、モモンガ(ユグドラシル廃人)による、エンリ・エモット強化計画がスタートした。

 

 

 

 

 

「ほらほら、まだまだ出せるからドンドン殴りなさい」

 

「あぁ!! もうっ!!  このっ!!」

 

 

 モモンガから魔法によるフル強化を施され、魔法のガントレットを渡されたエンリは、次々とアンデッドを殴り倒していた。

 

 モモンガの生み出した様々なアンデッドは動かないため、危ないことはない。

 若干スケルトン系を殴る時だけ、執拗な気がするが、気のせいだ。

 

 サンドバッグを殴る行為は、夜遅くまで続き、森には鈍い打撃音が響き渡っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 数日後、村では元気に働くエンリの姿がある。

 畑仕事を猛スピードで終わらせているのに、汗一つかいていない。

 

 強くなって仕事を楽にするという、モモンガの目論見は成功したようだ。

 

 

 

「――動かない相手とはいえ、まさか上位アンデッドまで殴り倒すとは…… エンリには才能があったのかな?」

 

 

 アダマンタイト級冒険者を、遥かに凌駕する村娘が誕生したが、モモンガは気にしなかった。

 

 

 

 








感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。