オーバーロード ありのままのモモンガ   作:まがお
<< 前の話 次の話 >>

16 / 50
見上げる者、見下ろす者

 リ・エスティーゼ王国の王都、そこにある冒険者組合で、五人の冒険者が集まっていた。

 蒼の薔薇と呼ばれる冒険者チームである。

 メンバー全員が女性で、最高位のアダマンタイト級冒険者であることから有名なチームだ。

 

 

「ねえ、エ・ランテルに、新しいミスリル級冒険者が誕生したそうだけど、知ってる?」

 

「ん? ミスリル級なら、前からエ・ランテルにも数組いただろ? そんなに注目するもんなのか?」

 

 

 男勝りな女性、ガガーランは全く知らないようだった。

 これから話すことにきっと驚いてくれる、蒼の薔薇のリーダー、ラキュース・アルベイン・デイル・アインドラは楽しそうに話し出した。

 

 

「その冒険者はね、なんと一週間足らずで銅からミスリルになったのよ‼」

 

「はぁ?! なんだそりゃ!! いったい何やったらそんな事になんだよ?」

 

「エ・ランテルで起きた、アンデッド大量発生の件は知ってるわよね? あれをたった一人で解決したそうよ」

 

 確かにそれはミスリル級だ、ガガーランは納得する。いや、ズーラノーンが関わっていたという情報もある。それでも不足かもしれない。

 

 

「凄腕の死霊使い(ネクロマンサー)らしいわ、どのくらい凄いのかしらね」

 

「大柄の男性、興味ない」

 

「早計、ガガーランを見るべき。女性かもしれない。でも大柄、興味ない」

 

 

 露出の高い忍者のような服装の双子、ティアとティナは相変わらずの平常運転だ。

 

 

「ふんっ、噂など当てにならんさ。どれほどの強者かは知らんが、あのババアよりは格下だろう」

 

 口を開いたのは仮面を着け、赤いローブを纏った小柄な女性、イビルアイだ。

 こんな見た目だが、蒼の薔薇で最強である。

 イビルアイの言うババアとは、かつてこの世界の脅威だった魔神達を倒した英雄、十三英雄の一人である。

 確かにリグリットの婆さんよりは下だろうなと、ガガーランも同意する。

 

 

「なんでも、街ではその冒険者に見下ろされると、誰もが思わず供物を捧げる程の人物らしいわ」

 

 その噂は流石にないだろうと、仲間達は苦笑するが、ラキュースは止まらない。

 まだ見ぬ謎の冒険者に、ラキュースは妄想を膨らませるのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バハルス帝国の皇帝、ジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクスは、新たな人材の発見を、一人の人物と話していた。

 

 

「爺よ、エ・ランテルに凄腕の魔法詠唱者(マジックキャスター)が現れたようだ。しかも死霊使い(ネクロマンサー)のようだぞ?」

 

「なんと、死霊使い(ネクロマンサー)とは珍しい…… 是非とも魔導の深淵について語り合いたいものですな」

 

 

 爺と呼ばれたこの老人。フールーダ・パラダインは、第6位階魔法を使用できる、この世界で逸脱者と呼ばれる魔法詠唱者(マジックキャスター)だ。

 

 

「さらにだ、驚くことにその冒険者が使役するアンデッドは、デスナイト、などと呼ばれているようだぞ?」

 

「今すぐにでも会いに行きましょう!! 魔法詠唱者(マジックキャスター)として、私よりも優れているとは思いませんが、死霊魔法に関しては、私を超える逸材かもしれません!!」

 

 

 まぁ待て、ただの噂だと、笑いながらフールーダを宥めるジルクニフ。

 

 

「噂が本当だとしたら、是非とも手に入れたい人材だ……」

 

 

 情報の精査に、その人物の調査、どうやってこちらに引き入れるか、帝国の更なる繁栄のため、ジルクニフは頭を働かせるのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おじさん、ありがとう!!」

 

「ありがとうございます。ネム、良かったな」

 

「いいってことよ!! ネムちゃんにはこの街のみんなが感謝してるからな」

 

 

 モモンガに肩車されたネムを見上げ、店主は笑う。

 エ・ランテルにある屋台の一つ、そこの店主に串焼きを貰ったネムは、嬉しそうに頬張っていた。

 アンデッドであるモモンガが、街を歩きまわるのはいつもの事だが、最初にこの姿に慣れ始めたのは商売人達だった。商魂逞しいとはこのことだろう。

 

 私も食べることが出来たらいいんですけどね、そんな事を言いながらモモンガ達はどこかへ歩いていく。

 

 街の人達に時々貰い物をしながら、骨と子供は今日も冒険に出かけていくのだった。

 

 

 

 

 





感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。