オーバーロード ありのままのモモンガ   作:まがお
<< 前の話 次の話 >>

4 / 34
ファーストコミュニケーション

 トブの大森林の近くの村、カルネ村に住む少女、ネム・エモットは人生最大の危機を迎えていた。両親や姉の言いつけを破り、森に入ってしまったことが始まりだった。

 本当は少ししたら、すぐ帰るつもりだった。途中珍しい薬草を見つけ、それをお土産にしようと集めている内に道に迷ってしまったのだ。

 

 村の方向もわからず彷徨い、挙句に転けて足を怪我してしまった。痛みと心細さでネムは泣き出してしまったが、それがより恐ろしいものを呼び寄せてしまう。

 大型の動物よりもさらに大きな足音が近づいてくる。

 オーガである。巨体の人型モンスターであり、ただの村人程度に勝てる相手ではない。ましてやネムの様な子供では抵抗すらできないだろう。

 

 

「コンナトコ、エサ、ハラヘッタ、タベル!!」

 

「っ!!」

 

 

 知性のあまり感じられないカタコトの言葉ではあるが、自分がこの後どうなるかは想像できる。

 振り下ろされる手を前に、ネムには縮こまることしかできなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーガの手がネムに触れる寸前、オーガの上半身が吹き飛んだ。

 

 

「はぁぁ、そんな子供にまで手を出すとは…… あの時の対応は間違ってなかったな。やはりモンスターとの会話は不可能なのだろうか?」

 

 

 そこには見たこともない様な豪華な闇色のローブをまとった骸骨がいた。

 顎に手を当て考える仕草はまるで人間のようで、行動だけ見れば人間らしさを感じさせるが、肉も皮もない姿とはあまりにもチグハグだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 会話が出来る相手を求めてトブの大森林へやって来たモモンガは、話の通じないモンスターを屠ったり、自然を眺めたりと散策を続けていた。

 自然を見て回るのも飽きてきた頃、子供の泣き声の様なものが聞こえ、正体が気になりその場まで近づいていった。

 

 そこにあったのは、今まさにオーガが子供を襲おうとしている姿だった。

 オーガが子供を襲おうとしているのを見たモモンガは、反射的に魔法を唱えていた。

 

 

「<破裂(エクスプロード)>」

 

 

 オーガを爆殺し、やはりモンスターと会話は無理だろうかと思いつつあったモモンガは、その場に座り込んでいる子供に声をかけた。

 

 

「大丈夫だったか?」

 

「……」

 

 

 子供は怖がっている様で何も答えない。人間にとってはオーガもアンデッドも同じだよなぁと苦笑するモモンガ。

 せっかく会えた人間だし、子供を見捨てるのは寝覚めが悪いため、ほんの気まぐれにとそのまま助ける事にした。

 

 

「怪我をしている様だな、これを飲むといい」

 

 

 そう言ってアイテムボックスから取り出した、下級のポーションを渡そうとするが、怯えているのか受け取ろうとはしない。アイテムを取り出す動作すら、怯えられる要因の一つであると、モモンガは気が付かない。

 この世界の住人からすれば、アイテムボックスなんてものは無く、はたから見ると急に腕の先が消えて、ゴソゴソ動いているように見える。

 

 

「大丈夫だよ、ただのポーションだから」

 

 

 出来るだけ優しく言いながら、手っ取り早く治療しようと、中身を振りかける。すると、みるみる内に傷は塞がり、怪我ひとつ無い真っさらな肌に戻った。

 

 

「凄いっ、痛くない!!」

 

 

 怪我を治してもらったことで安心したのか、子供の顔から怯えの表情が消え、警戒心が薄れていく。

 

 

「それは良かった。所でどうしてこんなところに? ここは子供が来るには危ないと思うが……」

 

「――薬草を取ってたら、道に迷っちゃったの……」

 

 

 いわゆる迷子だったようだ。送ってあげたいところだが、周辺に詳しくもないし、骨の自分が一緒にいるのはマズイだろう。

 なので別の手段を試すことにした。

 

 

「〈妖精女王の祝福(ブレス・オブ・ティターニア)〉」

 

「わぁっ妖精さんだ!!」

 

 

 モモンガが魔法を唱えると、掌で包めそうなくらいの小さな妖精が現れる。

 

 

「さぁ、この妖精に付いていくといい。きっとお家まで案内してくれるよ」

 

「ありがとうございます!! 」

 

「気にすることはないさ、こんな骸骨と一緒にいることがバレたら大変だから、もう行きなさい」

 

「あのっ!! 私、ネム・エモットって言います。骸骨様のお名前は何ですか?」

 

「――名前か、こちらに来てから名前を聞かれたのは初めてだな…… モモンガ、私の名前はモモンガだ」

 

 

 表情などあるはずの無い骸骨だが、一瞬、笑っているように見えた。

 

 

「モモンガ様‼︎ありがとうございます!!」

 

 

 そう言って、妖精を追いかけるネムの背中を見ながら、異世界初のまともなコミュニケーションが取れた事に、モモンガは満足していた。

 

 

 








感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。