オーバーロード ありのままのモモンガ   作:まがお
<< 前の話 次の話 >>

5 / 34
骨が語る本音

 トブの大森林、様々なモンスターが住んでおり、奥に進めば昼間でも暗いと感じるほど木々が生い茂っている。

 モンスターのいる危険な場所だと知られているが、森に入ってすぐのところは、ある程度人の手が入っているせいか、そこまで危険な雰囲気ではない。

 危険な場所とただの森、その中間ぐらいの位置に、一軒の家が建っていた。

 こんな所に住む、もの好きな人間なんているはずもなく、住んでいるのは死の支配者(オーバーロード)であるモモンガである。

 

 あれから拠点を作ろうと考えたモモンガは、ほとんど人の来ないであろう森の中に、家を建てた。

 課金ガチャのハズレアイテムで出したこの家は、童話に出てきそうな赤い三角の屋根が付いた家である。元がユグドラシルのアイテムのため、人が暮らすには少々設備の足りない、ただのワンルームだ。

 

 家を建てたモモンガの元に、一人の少女が遊びに来ていた。

 少女の名前はネム・エモット、モモンガがトブの大森林に来た初日に助けた子供である。

 

 

「ネム、何度も言うようだが、こんなところに来て大丈夫なのか? それに私はアンデッドだぞ?」

 

「大丈夫です!! 道はちゃんと覚えました!! モンスターもこの辺にはいません。それにモモンガ様は優しいアンデッドだもん!!」

 

 

 モモンガに助けられた次の日、モモンガにお礼を言いにきたと、再び森でネムに出会った。

 外で話すのもアレだろうと、ちょうど作ろうと思っていた拠点をネムの目の前で建てた。それ以来、ネムは毎日遊びに来ている。

 

 最初に会えなかったらどうするつもりだったのか分からないが、あんなことがあってからも森に来る以上、中々度胸のある子なのだろうと軽く考えていた。

 実際あの日、家に帰ってから両親と姉に散々怒られているため、そのとおりである。

 

 ネムはモンスターはこの辺にはいないといっているが、正確には近寄ってこなくなったである。

 話しかけてきては、相手を爆殺していく骸骨に近寄ろうとするモンスターは、今やこの森で皆無である。ましてやそんなやつの家に来るモンスターもいるわけがない。

 

 

「モモンガ様!! 今日は何を見せてくれるんですか?」

 

「そうだなぁ――」

 

 

 色々言いつつも、人との関わりに飢えていたモモンガは、話し相手が出来てとても喜んでいた。自分が見せるものに凄い凄いと、ネムが子供らしい反応を示す事が嬉しいのか、ネムが来るたびに、自らのコレクションを色々と見せていた。

 ぶっちゃけ最近はあまり、森の散策はしていない。手持ちのアイテム整理と言いつつ、ネムに見せるアイテムを見繕う時間が多かった。

 

 

「これなんかどうだ? 『スタッフ・オブ・アインズ・ウール・ゴウン』、私が仲間達と共に作り上げた、最高の武器だよ」

 

 それは黄金の杖だった。七匹の蛇が一つに絡まるようなデザインで、それぞれが見たこともない様な七色の宝玉を咥えている。

 

 

「凄い! 凄い! 凄ーい!! モモンガ様のお友達も凄い!!」

 

「ふふっそうだろう? これを作るのには本当に苦労したからな。私たちのギルドの結晶だよ」

 

 モモンガはそう言いながら嬉しそうに、杖の能力やギルドについて語った。ネムにはよくわからない部分もあったが、それが凄いものだということは分かった。

 

 

「ところで、モモンガ様のお友達は何処にいるんですか? さっき言ってたギルドにいるんですか?」

 

「――仲間は、今は遠い所にいるんだ。みんなそれぞれの夢を叶えて、頑張っているはずだ。それにギルドはもう無いんだ…… もう無くなってしまった」

 

 仲間たちは遠い地で頑張っている、そう語るモモンガは、友人たちのことを誇らしげに言うが、寂しげだった。

 

 

「私がこうやって旅をしていたのも、もう何も残っていないからなんだ。それにギルドにいた仲間も時が経つにつれて減って、最後には私一人だった」

 

「……モモンガ様はギルドで何をしていたんですか?」

 

「ふふっ、ただ維持をしていただけだよ。モンスターを倒してお金を稼いで、侵入者を倒して、みんなが帰ってきた時にがっかりしないようにと。最後の時までずっと…… こうして、今のんびりしているのも、その反動かな。もう、戦うのには疲れてしまったのかもな、守らなきゃいけないという責任も、効率ばかり考えた狩りも、誰も戻ってこない場所を守るのも…… 本当はあの場所を残したかったんじゃない、ただ誰かと話せれば、その切っ掛けが欲しくて残していただけなのかもな」

 

 

 いつもの優しくも威厳のある姿は鳴りを潜め、まるで家族のいない子供のような、人恋しいだけの男性が見えた気がした。

 

 

「じゃあ、この辺は平和なので戦う必要もないです!! それにネムが毎日来るからモモンガ様も話せるし、寂しくないです!! 明日もまた色々見せてください!!」

 

 モモンガの沈む様子を吹き飛ばす様に、明るく言うネムの頭を撫でる。

 モモンガはありがとうと呟きながら、自身の本当に望んでいたことと向き合っていた。

 

 

 








感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。