オーバーロード ありのままのモモンガ   作:まがお
<< 前の話 次の話 >>

9 / 34
骨のロールプレイ

 もう何度武技を発動させたのだろう。間違いなく一日での連続発動回数の新記録だなと、ガゼフは苦笑する。

 満身創痍であり、部下も皆倒れている。いくら天使達を倒しても、本隊には届かず、敵の魔法詠唱者(マジックキャスター)達を倒すには至らなかった。

 

 

「ガゼフ・ストロノーフよ、もう諦めて膝をつけ。せめてもの慈悲に、苦痛なく殺してやる」

 

 

 スレイン法国の特殊部隊、六色聖典。その中の一つ、陽光聖典の隊長、ニグン・グリッド・ルーインはそう告げる。

 陽光聖典は殲滅戦のエキスパートであり、この状況から逃げ出すことは万に一つの可能性もなかった。

 

 

「それは出来ない相談だ。このまま貴様達を通せば、また村を襲うのだろう?」

 

「愚かな男だ、我々人類は団結しなければならないと言うのに…… あんな村を見捨ててでも、貴様が生き残ることの方がよほど価値があっただろう」

 

 

 ニグンはガゼフが王国の戦士長である事を、心から残念に思った。

 しかし、もはや王国は残しておけない。王国は腐敗しすぎたのだ。王国の力を削ぎ、一刻も早く帝国に吸収させなければ、人類は纏まることが出来ない。

 

 絶対絶命の中、王への忠義と民を救いたい思いから立ち上がり、ガゼフは叫ぶ。

 

 

「私はこの国を守る、王国戦士長!! 貴様らの様な国を汚すものに、負け――」

 

「――ニグン隊長っ!! 村の方角から何か接近して来ます!!」

 

 

 ガゼフの最期の言葉を遮ったモノに不快感を感じながら、ニグンはそれを確認しようとする。

 速い、かなりの速度で迫っている様だ。砂煙を巻き上げているせいで、鮮明な姿は分からないが、黒い何かが走ってきている。

 

 ふと、ニグンは囮部隊の生き残りの話を思い出す。大柄で、黒い盾と剣を持ったアンデッドが村にいたと…… 仲間が真っ二つにされたと報告があった。

 余りにも怯えていたため、何か白い兜を付けた戦士と、骸骨の顔を間違えたのだろうと思っていた。

 

 

「黒い盾に剣…… 巨体…… 鎧ごと両断する程の力…… っまさか?! 伝説のアンデッド、死の騎士(デス・ナイト)か?!」

 

 

 

 

 

 

 モモンガは短距離走の選手の如く走っていた。鎧を付けた者の走り方としては正しくないかも知れないが、自分には関係ない。

 情報が洩れるのを防ぐために、転移門(ゲート)などはあえて使わず、戦士装備のまま全力疾走で突っ込んでいった。

 

 

「っ天使達を突撃させろ!!」

 

 

 ニグンはすぐさま指示を飛ばすが、アンデッドは止まらない。武器を振るうこともなく突き進む。トラックに撥ねられるが如く、走る身体にぶつかっただけで、天使たちは光の粒子となって消えていく。

 

 この強さ、間違いない、死の騎士(デス・ナイト)だ。ニグンは確信した。

 

 

「おのれっ王国め!! 腐敗しただけではなく、死の騎士(デス・ナイト)まで生み出しおって!! 怯むなぁ!! 天使達を順番に突撃させろ。こちらも魔法を放ち、波状攻撃だ。天使がやられたら召喚を繰り返せ!!」

 

「一体、なんだ……アレは?」

 

 

 ガゼフは突如として現れたアンデッドのおかげで命拾いをした。しかし、危機は去っていないと直ぐにでも動けるように体勢を整える。

 

 戦場に辿り着き、天使達を適当に倒しているモモンガは首を傾げる。

 

 

(味方とは認識されないと思ってたけど、死の騎士(デス・ナイト)ってなんだよ?! 全然似てないぞ!!)

 

 

 適当に剣を振り回し、天使達を屠っていく。途中、もしかしてコイツら死の騎士(デス・ナイト)見たことないんじゃと、気付いたモモンガは情報を隠蔽するためと言い訳しつつ、悪ノリを始める。

 

 

「オオオオォォッアアァァッーーー!!」

 

 

 迫真の死の騎士(デス・ナイト)ロールである。

 途中で殺した敵の死体を、特殊技術(スキル)でさりげなくゾンビに変える演出も忘れない。

 

「っくそ!! 生き残りたいものは時間を稼げ!! 最高位天使を召喚する‼︎」

 

 

 そう言ってニグンは懐から魔封じの水晶を取り出し、掲げる。

 

 それを見たモモンガは自身の認識が甘かったことに急激に焦る。

 

 

(魔封じの水晶だと?! ユグドラシルの魔法だけじゃなく、アイテムまであったのか!! ってか死の騎士(デス・ナイト)だと思ってるやつに最高位天使とかオーバーキルにも程があるだろ!!)

 

 

「さあ、最高位天使の威光に平伏すがいい!! 威光の主天使(ドミニオン・オーソリティ)!!」

 

 

 現れた天使のあまりの神々しさに、陽光聖典の隊員と、既に空気となっていたガゼフは感嘆する。

 

 熾天使(セラフ)クラスが来ると思っていたモモンガは拍子抜けである。

 

 

「さあ、その力でやつを滅せよ!! 人が決して届かぬ領域の第7位階魔法、聖なる極撃(ホーリー・スマイト)を喰らうがいい!!」

 

 

 放たれた魔法により、アンデッドが光に包まれ、勝利を確信するニグン。

 そんな中、ちょっとチクチクするなぁと、この世界に来て初の痛みに少し感動しつつ予想よりダメージが少ない事を疑問に思う。

 そろそろ戦いを終わらせようと思ったモモンガは、この後どうするべきか考える。

 

 

(とりあえず適当に天使を倒して、その後やられたフリをして逃げよう)

 

 

 光が収まる頃、小声で完璧なる戦士(パーフェクト・ウォリアー)という、ユグドラシルでは完全にネタ扱いの魔法を唱える。

 レベル100の前衛職に近いステータスになったモモンガは、剣の練習とばかりに滅多切りにした。

 途中で自分の攻性防壁に反応があったが、情報系魔法は完全に防げた様だ。覗かれた様子はないので無視していた。

 

 

 魔神をも屠る天使が破れたことで、ニグンを含む陽光聖典の心は折れていた。相手の戦意がなくなった頃を見計らい、戦士化の魔法を解除する。ガゼフに伝言(メッセージ)を使用し八百長を持ちかける。

 

 

『ガゼフ・ストロノーフよ、声は出さずに聞いてくれ。今からお前に突撃するから、剣を振え。私はやられたフリをして帰るから、お前たちもその後で帰るといい』

 

 

 明らかにガゼフは狼狽えていたが、そんな事は知らんとばかりに突撃する。

 あまりにも遅い剣に、演技がバレたらどうするんだと思ったが、続行するしかない。剣が当たったフリをして自ら倒れ、不可視化の魔法を発動する。

 彼らからすれば、まるで消滅したかの様に見えただろう。人は自分にとって都合が良いように考えるものだし、たぶんバレないだろうと思っておく。

 

 

 

 

 

 陽光聖典の連中が撤退し、ガゼフの部下は生き残れた事に喜びの声をあげる。

 そんな部下を尻目にガゼフは遠くを見ながら呟く……

 

 

「ありがとう、名も知れぬアンデッドの御仁よ。この恩は忘れない。もし、私に出来ることがあれば、きっと力になろう」

 

 

 再び会うことが出来たら、ちゃんとお礼を言おう。そんな事を考えながら、部下と共に、一度村に戻ろうと号令をかけようとする。

 

 

『言ったな?言質はとったぞ』

 

 

 自身の近くから、これは儲けたと言わんばかりの嬉しそうな声が聞こえた。

 

 自分は何か早まったかも知れない…… ガゼフは遠くない未来に起こるであろう、問題事を思ってため息をついた。

 

 

 








感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。