アリシゼーション~アリスの恋人   作:ジーザス
<< 前の話 次の話 >>

2 / 45
レポートと免許で書く暇がないです。時間が欲しい…


ルーリッド編
束の間


ここはルーリッドの村から少し離れた森の中。

 

対峙しているのは身の丈2m、全長は4mを超える巨大猪だ。目の前に立つ巨大な猪の突進をひらりと躱すと、猪は樹齢が100年を超えているであろう巨木に突っ込んだ。

 

ぶきー!と哀れな悲鳴を上げ、口内から収まりきれない大きな鋭く尖った牙を、幹に突き刺した猪に近寄る。

 

「悪いけど食料になってもらうよ」

 

食材となる彼に詫びを入れて、左腰に差していた片手用直剣を鞘から抜き出す。ソルスの光に照らされた刀身がキランと反射し、牙が刺さって身動きの取れない猪の首に突き刺さった。

 

頸動脈を切られた猪は、即座に〈天命〉を全損させてその場に倒れこむ。刀身についた血糊を剣を振るうことで落とした俺は、鞘に納めてから運ぶために色々と準備を始めた。

 

背負っていた革製のカバンから、しっかりとした縄を取り出し猪の四肢を縛る。四肢を縛る縄にもう1つの縄をくくりつけ、引っ張りながら来た道を歩いた。

 

 

 

「村長、本日の〈天職〉終了しました」

 

俺が住むルーリッドの村にある村長宅へと、猪を引きづりながら戻り家のドアをノックする。

 

すると口髭を生やした男性が現れ笑顔を見せてくれた。

 

「カイトか、今日は獲物が捕れたようだな」

「最近、麦畑が荒らされていたので罠を張っていると簡単に捕まえることができました。分配はお願いしてもよろしいですか?」

「ああ、任せたまえ」

 

この村では肉が貴重なため、こうして大きな獲物が取れた場合はみんなで分け合う習わしだそうだ。といっても300人ほどが暮らす村では猪一匹の肉で足りるはずがない。

 

だがそこは村長の手腕で分配されている。1週間に一匹ほど大物がとれるので、生き物は違えど全員が肉にありつけるのだ。

 

「うむ、なかなかいい猪だ。麦を食い荒らされることもなく村人の食料になるとはこの上ない賜物だな。村人全員に代わって私、ガスフト・ツーベルクがお礼を言おう。本当に助かった」

 

猪の毛並みや肉付きを見ていた村長が、満面の笑みで微笑んでくれる。これは俺の仕事なわけだがここまで喜んでくれると嬉しさも倍増である。

 

「お礼なんて勿体無いです。これが俺の〈天職〉ですから」

「それはそうだがお礼は言わせてくれ。謙虚な君だからこそ我が娘アリスとの婚約を申し出たのだ」

「勿体無いお言葉です。これで今日の仕事は終わりですか?」

「うむ。良き働きだったから明日は休みとしよう」

「ありがとうございます。それではまた」

 

頭を下げて村長の家を後にした。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

〈天職〉は本来毎日行うものだが俺の〈天職〉が特別ということもありしなくてもいい日がある。

 

《禁忌目録》に記されている通り、『何人たりとも生き物をむやみに殺生してはならない』という項目より俺の〈天職〉狩人は意外と自由な職である。

 

そのせいで代々村の衛士長を務める家系には陰口を叩かれるが、村長や村人たちがかばってくれるからさほど気にはしていない。

 

 

 

 

一度家に帰って着替えた俺は村の南に向かって歩いて行く。するとコーン!という心地いい打撃音が微かに耳に届いてきた。

 

真夏のソルスが注がせる光はジリジリと肌を妬いてくる。汗ばむ服をしかめっ面をしながらさらに歩いて行くと、木々に囲まれたかなり広い空間が見えてきた。

 

「お〜い。キリト〜、ユージオ〜」

 

名前を呼びながら手を振ると、2人が同じように片手を振って挨拶をしてくれた。

 

坂を登りきり目の前に立ちふさがるかのようにそそり立つ巨木が目に入る。根元から1メルほどの高さには、幹の1/4と思われるほどの切れ込みが入っている。

 

「今日の〈天職〉は終わったの?カイト」

「もちろん。明日も免除されたよ」

「ちぇ、いいな〜。俺もカイトみたいな楽なのがよかった。毎日毎日同じように斧を振るだけの〈天職〉なんてやだよ」

 

楽でいいと文句を言うキリトに俺は苦笑するが、ユージオは慌ててキリトの口を塞ぐ。

 

「むぐ!ふぁんふぁふぉ?」

「ガリッタ爺さんや村長に聞かれたらタダじゃ済まないよ!」

「相変わらずユージオはお堅いな〜」

「「キリトが柔らかすぎだ」」

「う、…2人して言うなよ」

 

まさか2人から言われると思ってなかったのか。キリトは口をへの字にして拗ね始めた。その様子に俺とユージオは顔を見合わせて笑みを浮かべる。

 

「それで〈天命〉はどうだった?」

「2ヶ月前から50しか減ってなかったよ。それでキリトが一生かかっても切り倒せないって愚痴り始めたんだ。だからあと18代、つまり900年かかるって言おうとしてた」

「なんでお前はここでも優等生ぶりを見せるんだ?嫌味なのか?それならそれなりの報復をせねばならない。おりゃ!」

「うわぁ!こいつ何をする!」

 

キリトがユージオに飛びかかって亜麻色の髪をボサボサにし始めた。いつも通りの2人にかぶりを振って残念さをアピールするが、互いにくすぐり合っている2人が気付くはずもなく。

 

「お返しだ!」

「あひゃひゃひゃ!ユージオやめれ〜!」

 

今度は上と下が逆になった2人が攻守まで逆転する。キリトの脇腹をユージオがくすぐり始めた。

 

「カイト、傍観は一番の悪者だぞ。この!」

「なんでや!」

 

腕を掴まれてキリトと同じようにユージオに組み伏せられた。やけくそで隣で呼吸困難に陥っているキリトに挑む。

 

「うひゃ!今はダメ!」

「こうなったら2人ともやってやらぁ!」

「ちょっとカイト!今は僕の番!あひぃ!あははははははは!」

 

2人の脇腹を1年間の〈天職〉で鍛え上げた腕で高速くすぐりを喰らわせてる。全員が疲労困憊していると怖れる者の声が背後から聞こえてきた。

 

「こらぁ〜!またサボってるわね!?」

「うっ…」

「やべっ」

「終わった」

 

三者三様の反応をしながら振り向くと、黄金の髪を風にたなびかせ空色のワンピースにフリルのついたエプロンをつけた少女が籠を持って、少し大きな石の上から見下ろしていた。

 

「カイトまで参加だなんてどういう風の吹き回しかしら?」

「誤解だ!2人に強制参加させられただけだ!」

「「1人だけ逃げるのはズルいぞ(よ)!」」

 

疑われたことに反論すると2人から怒られたが、俺は別に参加したくて参加したのではない。

 

「カイトはお父様から今日の分の〈天職〉終わったと聞いているわ。だからサボりではないのは知ってる。それにしてもキリトとユージオは元気一杯ね」

「午前中の仕事は終わったんだよ、なあキリト?」

 

ユージオが聞くとキリトはその通りとでもいうように深く深く頷く。その仕草があまりにも不自然だったので俺とアリスがジト目を向けると、キリトの頷きはなりを潜めた。

 

「そこまで元気あるなら、ガリッタ爺さんに回数増やしてもらうようお願いしてみるのはありかな?」

「あら、それは名案ね」

「よしてよ!」

「それだけは勘弁だ!」

 

冗談で言っただけだがどうやら2人は本気と受け取ったらしい。

 

「「ごめんなさい」」

 

慌てて2人が謝ってくるので笑いがこみ上げてくる。先ほどまでふざけていた2人だが、根はとても真面目だから本気で回数を増やそうとは思っていない。

 

「今日は早くないか?アリス」

「いつも通りよ。2人が遊んでたからそう感じただけじゃないの?」

 

澄まし顔で石から飛び降りたアリスは、地面に布を引いてその上へ昼食を並べていく。

 

色とりどりの料理に仕事をして空腹になった3人の胃を香りがくすぐる。

 

「あら、もうあまり〈天命〉がないわ、急いで持ってきたのにやっぱり暑いと保たないわね。15分以内に食さないとお腹を壊しちゃう」

 

〈ステイシアの窓〉を開いて〈天命〉を見ていたアリスが残念そうに呟く。

 

「じゃあ早く食べよう!いてぇ!」

 

我先にと料理をつかもうとしたキリトの手をアリスが叩いた。叩かれたことでキリトは大事なことを忘れていたことに気付き、慌てて姿勢を正す。

 

「「「「ステイシア様。我らに食事と安寧をもたらすことに深く感謝しこの身が果てるまでお守り願います」」」」

「さあ、食べましょう」

「「「いっただきまーす!」」」

 

〈ステイシアの戒め〉を合唱した4人はその小さな体のどこに入るのかという量を瞬く間に平らげていく。

 

僅か10分で完食した4人は満足したかのように大の字になって空を見上げる。

 

夏の日差しも、この巨木〈ギガスシダー〉の枝葉によって真下までは届かない。そのおかげか今この場所は夏にもかかわらずかなり涼しい状態だ。

 

蒸し暑いところまでは避けることはできないが日差しを遮ってもらえることで十分である。

 

「これだけ美味しいのに急いで食べるのは勿体無いよな。冬だったら長く保つのに夏だと早くなるのは何故だろう」

「暑いからじゃないの?」

「それ理由になるのかな。だって芋とか麦もお湯で茹でるけど〈天命〉はあまり減らないもん」

「冷やせば保つと思うんだけどそんなもの何処にあるかな?」

 

井戸水がとても冷たいといってもそれはくみ上げたときだけであり、昼食を冷やすことはできない。

 

そこまで考えているとキリトが何かを思いついたかのように起き上がる。それにつられて3人が同じように起き上がる。

 

「氷だ」

「「は?」」

「馬鹿でしょ」

 

まさかの言葉に3人は呆気にとられるが、キリトはあまり気にしていない様子で言葉を続ける。

 

「氷があれば冷やせる」

「言いたいことはわかるけど、どこに氷があるんだ?〈王都〉の中央市場にさえ真夏は置いてないぞ」

「ふふふふふふ」

 

キリトの眼に嫌な光が浮かんだのを見て3人はため息をつく。大抵彼がこのような光を浮かべるのは、よろしくないことを考えついたときだからだ。

 

それを身を以て知っているのはカイトとユージオだが、アリスはキリトが悪戯っ子なことを知っているので同じようにため息をついていた。

 

「『ベルクーリ』の話を知らないか?」

「どの話よ」

 

ベルクーリとはルーリッドの村を開墾した初代衛士長である。彼の武勇伝は300年経った今でも色褪せることなく語り継がれている。

 

彼を主人公にした物語は数多くあり、その数は100を超えているようだ。どれも奇想天外な内容で幼心あるときはよくそれを聞いてはしゃいでいたものだ。

 

「あれしかないだろう?『ベルクーリと北の白い竜』」

「あれね。内容は確か洞窟の中に剣があってそれが欲しくて近寄るけど守護者のような竜に追い返されたっていうベルクーリただ1つの負け話だよな?」

「うん。それによれば氷は入り口の近くにあるって書いてあったから簡単に手に入るんじゃないかって思ったんだ」

 

キリトにしては的を射た考えであるが問題は本当に氷があるのかということだ。

 

「でもキリト、それはお伽話だよ?それに本当にあったとしても300年前の話だから正しいかわからないじゃないか」

「それを含めて確かめるのが冒険だろ?」

 

ユージオの言葉には怖いから僕は行かないという意味合いが込められていた。それを見抜いていたのかはわからないがキリトの眼には楽しそうな意思が浮かんでいる。

 

「「面白そうね(だ)」」

「2人とも止めてよ。それに《禁忌目録》で果ての山脈に行くことは禁じられてるはずだよ」

「行く目的によっては構わないと思うんだけどな」

「カイトの言う通りよ。掟の正確な文章は〈大人の付き添いなく、子供だけで北の峠を越えて遊びに行ってはならない〉と書かれているけど、今回はみんなのために行くのだから遊びではなく仕事として考えるべきだわ。それから《禁忌目録》第一章三節十一項〈何人たりとも、人界を囲む果ての山脈を越えてはならない〉…山を越えるということは《文字通り登って越える》ということよ。中に行くのだから問題ないわ」

 

頭の切れるアリスだからこそ説明できたことだが、なんとなく無理を言っている気がする。

 

「アリス、それって人の捉え方次第じゃないの?《公理協会》からしたらそのままの意味で捉えているから捕まえに来ると思うよ」

「捕まったらそれはそれよ。そんな危険を冒してもみんなのためになるならそれでいいわ」

「完敗だよ」

 

決意の表れに白旗を上げたカイトを見て、ユージオも諦めの境地に至った。

 

「じゃあ、次の安息日に行きましょう。遅れたら昼食抜きよ」

「「「了解しました!」」」

 

あの美味なる料理を口にできなくなるのは困るため男3人は元気よく返事をした。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

午後の仕事を手伝い夕焼けが空を染める頃、キリトとユージオの2人と別れる。すると先ほどまで活発に動いていたアリスが静かになる。

 

歩き出すと俺の左腕に抱きつき同じような速度で歩き始める。

 

「無理して静かにしたり明るく振る舞わなくてもいいんだぞ」

「カイトがどっちが好きなのか気になったから」

 

頬を真っ赤にして俯いているアリスは細々とした声で返事をする。キリトとユージオは知らないだろうがアリスは結構甘えたがり屋で、2人きりになるとこうやって抱きついて来る。

 

「カイトはどっちの私が好き?」

「アリスはアリスだからどっちも好きだよ。静かにしていても2人とはしゃいでいても可愛いからどっちも好きだ」

 

頭を撫でてやると嬉しそうに目を細めてくれる。ステイシア神がどれだけ美しくとも俺はアリス以外には考えられない。約1名はたまに嫉妬の眼を向けてくるけどそれは気にしなければ大丈夫だ。

 

歩いているとアリスの家に着いた。着くと寂しいのかふくれっ面になって俺を見上げてくる。

 

「何?」

「また明日まで会えないの?」

「会えるんだからいいじゃないか」

「…わかった。でも最後に」

「仕方ないな」

 

苦笑して眼をつぶっているアリスの唇にそっと自分のを押し当てる。甘酸っぱい空気が流れ、束の間の幸せを感じ取る。

 

「また明日な」

「うん、また明日」

 

笑顔で家に入って行くアリスを見送って俺も足を家の方に向けた。



※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。