アリシゼーション~アリスの恋人   作:ジーザス
<< 前の話 次の話 >>

3 / 38
出発

約束した日の昼から次の安息日まではあっという間でカイトは3日後にまた大きな獲物を狩り、村長であるガスフト・ツーベルクから褒め称えられた。

 

キリトとユージオも普段よりやる気を出して仕事に励んでいたため午前と午後はかなり早く終わった。それのおかげか4人は村の中で毎日のように駆け回っている。

 

 

 

そして約束の安息日当日。

 

 

 

「遅い」

 

キリトが不満そうに腕を組み、片足で地面をリズム良く叩いていた。それを見ながら仕方ないなぁとばかりに苦笑するカイトとユージオの様子は日常茶飯事となっている。

 

キリトもこの程度でぐちぐちと言う心の狭い少年ではないが、楽しみにしていた時間に遅れられるのは少々不満げそうだった。

 

「まあまあ、女の子には色々とすることがあるんだよ」

「そうだぞキリト。この程度で文句言ってたら村のみんなから嫌われるぞ」

「むぅ、それは困る。それより来たときから気になってたんだが背中につってあるのは剣か?」

 

キリトの視線はカイトが背負う剣に向けられていた。装飾など何一つ無い錬成された状態の剣は一見華やかさには欠けるが、〈クラス〉は央都で売られている騎士団に支給されるものと同等である。

 

故にルーリッドでは2番目に優先度(プライオリティー)が高い武器である。ちなみに一番高いのはキリトとユージオが普段使っている〈竜骨の斧〉だ。

 

キリトが気になったのは剣が格好いいと思ったのもあるだろうが、大部分は冒険に剣が必要なのかという疑問だった。それはユージオも薄々感じていたらしく不安そうな視線を向けている。

 

「心配するなよ2人とも。別に《ダークテリトリー》の敵と戦うわけじゃないんだからさ。保険だよ保険」

「「保険?」」

「うん。万が一熊とかが出てきたときに対処するためだよ」

「怖いことさらっと言うなよカイト」

「あははははは、ゴメンゴメン」

 

ユージオは言葉通り二の腕を両手でさすりながら睨んでいる。それを軽く謝ることで流していると遠くから金色の光が見えてきた。

 

「来たね」

「怒ろうか」

 

ユージオの言葉にそれを確認したキリトが悪戯小僧の表情を浮かべる。まったくいつもいつも懲りずにそんなことが考え付くものだなと、あきれ半分関心半分で見ていると待ち人来たり。

 

「「「遅い!」」」

「3人で言わないでよ!セルカと準備してたら遅くなったのごめんなさい」

「本気で言ったわけじゃないよ。じゃあ氷を探しに出~発」

「「「おー!」」」

 

簡単な掛け声に3人が元気よく拳を天に突き上げ歩き出した。

 

 

 

4人は村の北の出入口から〈果ての山脈〉へと歩き出し、鼻唄を歌いながら森を抜け川辺を歩いていた。

 

「ねえキリト。洞窟には竜がいたって物語に書いてあったけど本当にいると思う?」

「どうだろうな。氷があったなら可能性はあると思うけど、カイトはどう思う?」

「300年前のお伽噺だから信憑性は低いかな。大体のお伽噺とかって尾ひれがたくさんつくもんだから」

「そんなこと言ってたら村長やガリッタ爺さんに怒られるよ」

 

歴史あるお伽噺を愚弄というほど大袈裟ではないが否定することはタブーである。ベルクーリはルーリッド始まって以来の英雄であるし、何より大人でも憧れる存在なのだから悪口を言えば雷が落ちるのは、11歳の少年少女でも予測できる。

 

それでもそういうことを口にするのは、自分達の目で見ないと納得できないという好奇心が高いからなのかもしれない。

 

計画性・規則性の不足はすなわち、旺盛な好奇心と探求心の裏返しだから仕方ない。カイトやキリトは名前が似ているからか、似たような発想力や行動力がある。

 

《禁忌目録》を破りそうになったことが一体何回あったことか。その度にユージオとアリスは悩まされてきた。

 

「簡単に言えば、今回の冒険がその疑問の解決に繋がるかもしれないということだね」

「さすが優等生は違うなぁ」

「からかわないでよ!」

 

ユージオのこういう初心なところに漬け込むのは楽しいが、そこはキリトに任せておくのが一番だ。

 

「というよりなんで俺とユージオは荷物あるのにカイトは持ってないんだよ」

「文句はアリスに言いなさい」

 

キリトの言葉通りユージオとキリトの片手には、今日の昼食と水筒が握られているがカイトは何も持っていない。正確には剣を背負ってはいるが、それは頭数に入らないようだ。

 

カイト自身、荷物を持ってもいいのだが持つべき荷物が見つからないので、そのままの状態で歩くことになっていた。

 

目の前を鼻歌を歌いながらスキップをして歩くアリスの背を追いかける3人は、顔は違えど3つ子のように同じ背丈で似た雰囲気を醸し出している。

 

「もし竜がいたらどうする?」

「いっそのこと黙っておこうよ」

「鱗持って帰ったらみんな羨ましがると思うぜ」

「貰えるという前提での話だけどね」

 

些細な小言を交わしながら歩いていると、同時に3人のお腹が鳴った。空を仰げばソルスがほぼ中心にまで昇っている。

 

よく考えれば朝早くに歩き始めているのだから朝食を食べていても、昼にならずとも腹が減るのは至極当然のことだ。

 

「腹減った」

「同感」

「僕もだよ」

 

キリト、カイト、ユージオは同じようにお腹を押さえながら呟く。

 

「仕方ないわね。少し早いけどお昼にしましょう」

「「「イエーイ!」」」

 

苦笑したアリスは、喜ぶ3人を見て「悪戯小僧3人組」の異名をつけられる理由を理解した。11年間一緒いたので知らないわけではなかった。

 

相変わらず仲が良いなという意味合いが強い苦笑だったのは言うまでもない。

 

 

 

パイを2切れずつたいらげた3人は少しばかりの休憩をしていた。キリトの場合は手足を広げて寝転んだかと思うとすぐにいびきをかいて眠り始めた。

 

どこでも寝れる体質というのは羨ましいと思いながらも同じように寝転ぶ。夏でも〈果ての山脈〉に近づいているからか吹き抜ける風は心地よいほどに涼しい。

 

「ねえカイト」

「ん~?」

 

鼻孔をくすぐる風に混ざって流れる森の香りを楽しんでいると、ユージオに声をかけられた。

 

「〈天職〉のことなんだけどさ。〈衛士〉になりたいと思わないの?」

「無理になる必要はないから思ったことはないかな。〈狩人〉ってのも悪くはないし」

「剣の腕ならジンクに勝ってるのに不公平とは思わないの?」

 

ジンクとは現衛士長の息子のことである。性格は傲りに染まった人間のように他者を見下す。誰もが好きになれない人間性の持ち主だ。

 

〈ルーリッド〉では300年もの間何一つ変わらない生活を続けてきた。

 

それは生活基準や文明が発展しなかったということではなく、昔ながらの伝統を守るという意味合いでのことである。

 

村長の子供は村長を、衛士長の子供は衛士長を。このように一種の世襲制度で村は存在し続けている。

 

それに対して違和感を抱くユージオはこの世界が間違っていると言いたいのだろうか。何も変わらず何も変えずに一生を終えるということが恐ろしいのかもしれない。

 

「今さら言ったところで後の祭りだろ?それにあいつが俺より剣の腕が劣っていながら、次期衛士長の教えを受けていたとしても腹立たないよ。でもそのことを出しにしてからかわれのは嫌だ」

「…終わりのない〈天職〉(・・・・・・・・)ってなんだろう」

 

ユージオの呟きはアリスの悲鳴にかけ消されて、カイトの耳には入らなかった。

 

「「アリス!?」」

 

起き上がって声のした方へ顔を向けるとアリスが川縁で両手を抑えて震えていた。嫌な予感がした2人が急いで駆け寄る。

 

「アリスどうした!?」

「水が冷たいの」

「「は?」」

「だから水が冷たすぎて反射的に声を出しちゃったの!」

「…脅かすなよ」

「はぁ~」

 

2人して安堵の行きを盛大に吐き出し、アリスの両手を見るとよほど冷たかったのだろう赤くなっている。カイトがその手を握ると心地よいひんやりとしたものが伝わってくる。

 

「あう…///」

 

無意識に握られて顔を真っ赤にしたアリスに気付かずカイトは川を覗き込む。

 

透明感のある水色が穏やかに流れている以外には目立った様子は見られない。

 

「ん?」

 

一瞬、水中で何かが光ったように見えた俺は覗き混んだが、水面(みなも)の反射で中がよく見えない。

 

水面ギリギリまで顔を近づけると、何かが沈んでいるのがなんとか見えた。

 

「どうしたの?カイト」

「ユージオ、悪いんだけど俺の足を抑えててくれないか?ちょっと試したいことがある」

「いいけど何するの?」

「まあ、見てなって。よっと」

 

キリトのような笑みを浮かべてカイトは川に右手を突っ込んだ。

 

「うひぃ!冷てぇ!」

「言ったでしょ」

 

予想外の冷たさに悲鳴をあげると、アリスに呆れたとばかりに冷たい評価を下された俺。だが冷たさを我慢して腕をさらに水の中へと入れていく。

 

「ぐひぃ!」

 

底に沈んでいる何かに触れるとさきほどとは違った冷たさを感じた。

 

感じたというよりは刺されたというほうが妥当な表現だろうか。痛いと思うほど掴んだ掌に冷たさが伝わってくる。

 

「おんどりゃぁ!」

 

右手では持ち上げられなかったので両手を使って持ち上げる。

 

「アリス、ユージオ。俺の足を引っ張ってくれ!」

「「わかった!」」

 

むんずと2人が俺の両足を掴んで勢いよく引っ張った。

 

むんず、ズルズル!

 

「いてててててててて!」

 

河原の砂利や小石がすれて大きな声を出すが、2人は引き摺るのをやめない。

 

「止めてぇ~!」

 

痛みに耐えかねたカイトの叫びが〈果ての山脈〉目前の森に響いた。

 

 

 

そろそろ十分だと思った2人が掴んでいた脚を離し振り替える。すると顔を地面につけたまま反応を示さないカイトがいた。

 

「「カイトぉぉ!」」

 

我に返った2人はカイトを引っくり返して揺すぶる。

 

「…程度は考えて」

「だってどこまで引っ張ればいいのか教えなかったでしょ」

「…ごもっともです」

「でも距離を考えなかった僕たちにも非はあるよね」

 

ユージオのおかげで、罪悪感が薄れたカイトたちはカイトの握っているモノに視線を向けていた。

 

「剣…だよね?」

 

薔薇を象った透き通るような薄青色の柄と同じ色の鞘に柄頭。

 

「だな。でもそれにしちゃあ「綺麗すぎる」」

「綺麗で問題あるの?」

 

カイトとユージオが暗い顔をしているとアリスが不思議そうに聞いてきた。

 

「こう言ってはなんだけどこれは相当前からここに沈んでいた気がするんだ。自然にここまで流されてきたのか、はたまた何者かによって投げ入れられたのか」

「どうしてつい最近ではないと言えるの?」

「俺とユージオ、キリトは村でも上位の筋力を持ってる。それは知ってるよな?」

 

カイトの質問にアリスは静かに頷く。

 

「《竜骨の斧》を1年間振り続けたユージオと、剣を使って獲物を狩り続けた俺ならなんとなくわかるんだ。これはそう簡単には振ることなんて無理だってね」

「じゃあこれは自然にここまで何処からか流れてきたの?」

「その線はないかな。カイトが両手を使ってようやく持ち上げられたんだから、余程の大雨とかがない限り流れるのは無理だ。しかもここ10年以上災害と呼べるほどの規模の雨は降ってないらしいし」

「それを踏まえると誰かがここに投げ込んだとしか考えつかないかな」

 

とてつもない重量のこれを投げることができる生き物など、そうはいないというのがカイトとユージオの意見だった。

 

「抜いてみるか?」

「大丈夫?」

「なんとかなるだろ。おりゃ!」

 

横たわせていた鞘から右手で柄を掴み一気に抜き去る。

 

シャリーン!

 

綺麗な音が鳴り響き、3割方軽くなった剣の刀身を見る。

 

ソルスを反射させて優美にも可憐にも見えるが、不思議と豪華すぎない。

 

「不思議な材質だね。ガラスでもましてや鋼でもないなんとも表現しづらいよ」

「ユージオ、もしかしたらこれは《神器》かもしれないぞ」

「…なんだって?」

 

《神器》それは神が自ら創り出したあるいは神の武器そのものを指す物のことである。

 

それにはそこにあるだけで圧倒的な存在感を放ち、すべてをひれ伏せさせるような圧迫感を放出する。

 

「あながち間違いじゃないだろうね。だってここにあるだけで周囲の気温が下がっているんだもん」

「俺の右手が季節外れの霜焼けになりそうだ」

 

抜き出した剣を鞘に戻してその場に座り込む。

 

何故このようなものが川の中にあるのだろうか。何故これほどの存在感を見せつけるのだろうか。

 

「…《青薔薇の剣》」

「カイト、あなた今なんて言った?」

「《青薔薇の剣》かなって思ったんだ」

「〈ベルクーリと北の竜〉にでてくるあれかい?」

「青いし薔薇を象った装飾があるからそう言っただけだけども」

 

あり得ないとばかりにアリスとユージオは表情を浮かべている。

 

だが本心ではそうあってほしいという思いが渦巻いているだろう。

 

なにせお伽噺に出てくるものの可能性があるのだから。そしてそれを見つけたのが自分たちなのだから。

 

「でも持ち帰るのはやめとこう。持って帰るにも大半な労力と時間が必要だからね。沈めておけば誰も気づかないさ」

 

言葉通り元あった場所に重さで左右に揺れながら、持って行って沈めたカイトは両手を濡らして帰ってくる。

 

「何をするつもり?」

「するべきことしないと先に進めないから」

 

そう言うとカイトは寝ているキリトの背中に、よく冷えた両手を突っ込んだ。

 

「あひゃー!」

 

突然の冷たさに眠っていたキリトが奇声を上げ痙攣している様子を見て、アリスとユージオがグッジョブとばかりに親指を立ててきた。

 

それに対してカイトは悪戯が成功した悪戯小僧の笑みを浮かべることで返事をした。




アンダーワールド行きたいなぁ〜…


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。