アリシゼーション~アリスの恋人   作:ジーザス
<< 前の話 次の話 >>

6 / 38
やる気のでる感想を書いてもらえるのが嬉しい!

ということでこれからも頑張ります。


協力

どれほどの間眠っていたのだろうか。俺が横たわっている場所は清潔なシーツで覆われた布団だった。

 

記憶では名も知らない少年とわずかばかり話したところで途切れている。おそらく慣れないこの世界に神経が高ぶり、一時的な失神を起こしたのだろう。

 

体を起こして斜め右後ろにある窓枠から差し込む太陽の日差しを浴びにいく。この世界は時期が春なのか、日差しは優しくほっこりと体を暖めてくれる。

 

〈現実世界〉で感じる春とまったく遜色がない。むしろこちらの方がより自然的なのではないか。日射しを降り注がしている太陽の輝きは、直接見るとチクリと痛む。

 

左手で光を遮りながら太陽を観察する。この光の下で生活する彼は、どのように今まで生きてきたのだろうか。

 

彼の眼を見て脳裏によぎった映像にいた亜麻色髪の少年が彼ならば、俺がバイトを受けた時から7年生きたことになる。

 

あれから3ヶ月経っただけでここが俺がダイブしていた世界なら加速度は〈現実世界〉の一体何倍になるのだろうか。

 

前提で俺のバイトの中身がこの世界にダイブしていたらという確信も何もないものだが。

 

内部時間がどれだけ進んでいるのかはわからないが、この世界が一から作られていたとしたらもはや一種の文明シュミレーターだ。

 

この村に何人が住んでいるのかはわからない。南に向かって3日ほど歩けば〈ザッカリアの街〉が見えてくるらしい。そこはこの村より大きな街のようだし、他にも大きな街はあるようだ。

 

窓から村を見下ろすと子供たちが楽しそうにはしゃいでいる。平和な村だと感心しているとドアが開く音がしたので振り返った。

 

「あら、目が覚めたの?体調は?」

「おかげさまで特に問題ないです。ご迷惑をお掛けしました」

 

橙と黄を混ぜたような明るい髪の少女が心配そうに声をかけてくれる。どこかで見たことのあるような容姿だが、〈現実世界〉で見たとは思えない。

 

もしかしたらここにいた頃に関わっていた人なのかもしれない。

 

「間違ってたら悪いけど、君と俺って出会ったことあるかな?」

「?初対面の相手にそれを聞くのは不躾ね。もしかして口説いてるの?」

「んな!そ、そんなわけないだろ!?」

 

冗談だったのか楽しそうに声を抑えて笑っている。俺は〈現実世界〉でも女性に弄られやすかったのでその特性がここでも発揮されているようだ。

 

「と、とにかくそれは置いておこう。ここの家のご主人に挨拶したいんだけど時間あるかな?」

「残念だけど夕方までは会えないわ。私と〈神聖術〉の練習があるから」

 

〈神聖術〉とはなんぞやと思ったが、名前からして魔法に似た何かなのだろう。

 

「それよりお客さんが来てるからその人に会うべきよ」

「俺にお客さん?」

 

知り合いなどいないはずの俺は首を傾げた。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

「もう体調はいいのかい?」

「ああ、心配してくれてありがとうそれに運んでくれたことにも感謝する。おかげで万全だよ」

「何もなくてよかったよ」

 

〈現実世界〉には浮かべることができる人物はいないであろう屈託のない笑顔を、昨日初めて会った少年が俺に見せてくれた。

 

俺は今運ばれた家(この村では教会というらしい)から彼と会った場所まで歩いている最中だ。

 

セルカという名の少女に促されて外に出ると彼、ユージオが待っていた。どうやら今日1日会った場所で話をするつもりで来たらしい。

 

俺が目覚めていなければ普段通りの生活をしていたらしいから、運が良いのか微妙なところだ。俺からしたらとてもありがたいことだけど。

 

話は戻ってようやくあの場所についた。

 

2回目だが見れば見るほど巨大な木である。樹皮は黒く、手で叩けばこちらがダメージを喰らうほどの頑丈さだ。

 

「自己紹介がまだだったね。僕の名前はユージオよろしく」

「俺の名前は…キリト。ここ(・・)のことを知らないけれどこれからよろしく頼む」

 

意味深で言ったのだが彼には通じなかったようだ。そりゃそうだよな、ここ(・・)というのがこの村ではなく〈現実世界〉のことだなんて理解できないし、理解されたら俺は歓喜するかも。いや、絶対にする。

 

だってその人がRATHの関係者であることに間違いないからね。

 

「僕は今から〈天職〉をするけど見る?といってもただ木に斧を叩き込むだけなんだけどね」

「見てみたいな俺は。木を切るところを直接この眼で見たことはないから」

「クスッ、切ったりはしないよ。言っただろ叩き込むだけだって」

「ユージオの仕事、〈天職〉は樵じゃないのか?」

 

斧を持ち、木を切るであれば樵に他ならない。だが彼は切ったりはせず叩き込むと言った。一体どういうことだろうか。

 

「あながち間違いじゃないけど僕はこの〈天職〉を貰ってから7年が経つ。それでも一本も切ってないんだ」

「じゃあユージオの仕事は何?」

「この木、〈ギガスシダー〉をこの斧で午前中1000回と午後に1000回叩くのが仕事さ。ジンクには楽な仕事だなって言われるけど」

「ジンクって?」

「この村の現衛士長の息子さ。次期衛士長になる同い年の奴なんだけど、僕やアリス、カイトより剣の腕が下なのになれるのは可笑しいよ」

 

アリス。それはアスナとシノンと3人でダイシー・カフェにおいてそうではないかと結論付けた存在。〈RATH〉と〈アンダーワールド〉は不思議の国のアリスからとったのではないかと。

 

「その2人は今どこに?」

「…連れていかれたんだ。手の届かないところに」

「手の届かないところ?」

「普通に生活していたら絶対に関わりのない場所さ。さあ始めよう」

「なあ、ユージオ、午前の仕事終わったらさっきの話の続きをしてほしい。聞きたいんだユージオがその2人とどんなふうに生きていたのか」

 

あの光景に出てきた少年がユージオなら他の2人がアリスとカイトなのだろう。

 

アリス。名前が一致しているのは偶然か必然か。彼女は俺の脱出のための鍵となり得る存在だ。

 

カイト。どのような子供なのか予想できないが名前からして男の子だろう。

 

2人との思い出は、俺の記憶にはないがそれでも会えるのであれば会いたい。会ってユージオがどんな少年だったのかを知りたい。

 

こんなに優しく相手を思える少年のことを知らないのは損以外のなにものでもない。

 

彼も〈人工フラクトライト〉なのだろうがそんなことは関係ない。人工だろうと造られた存在だろうと彼らは生きている。

 

本物の魂を持った生命体なのだ。俺はアリスとカイト、ユージオ、セルカを〈現実世界〉に連れていきたい。

 

この世界〈アンダーワールド〉の中ではなく、外の俺が生きる世界で共に生きたい。

 

我が儘だとはわかっていても彼らに知ってほしい。外にはこのような場所があるのだと。

 

「…いいよ。僕の自慢の親友のことを聞かせてあげるよ」

「ありがとうユージオ。じゃあ、早く終わらせないとな。俺も手伝うよ」

「え?でも君は病み上がりだろ?無理しない方がいいと思うけど」

「早く終わらせて話を聞きたいからな。それに他人の〈天職〉を手伝ったらダメっていう項目でもあるのか?」

「そんなのはないけどキリトがしたいなら構わないよ。仕事が楽になるなら願ったり叶ったりだ」

 

ということで俺の樵参加が決定した。

 

 

 

「五十っ!」

 

大きく振りかぶりコンパクトな腰の回転で斧を振るうと、見事狙っていた切り込み部分に直撃した。その際、小さな破片が飛び散る。

 

「くは~!しんど!」

 

斧を静かに地面に下ろしたあと大の字になって寝転がる。楽な仕事ではないことは予測していたが、ここまでハードだとは思わなかった。

 

〈現実世界〉であれば手足が筋肉痛を起こしていることだろう。それほどまでに肉体的ダメージが大きかった。

 

「お疲れ様」

「おう、サンキュー」

 

ユージオが投げ渡した革袋に入ったシラル水なるものを、貪るように飲む。甘酸っぱい液体が乾燥でヒリヒリと痛んでいた喉を潤していく。

 

「さんきゅーってなんだい?」

 

アウチ!どうやら無意識で英語を使っていたようだ。

 

「ごめん、土地の言い回しが出たみたいだ。ありがとうって言いたかったんだよ」

「へぇ~。面白い使い方があるんだね」

 

ユージオが聞いたことのない言葉を聞けて嬉しいらしく、楽しそうに頬を緩めている。

 

〈アンダーワールド〉の世界は、神聖語なる言語と汎用語と呼ばれる言語を混ぜて生活しているようだ。

 

神聖語が英語で汎用語が日本語といったところだろうが、ほんの少し違っている。俺が斧で懸命に削っていた巨木の名前は〈ギガスシダー〉という。

 

英語にはそのような言葉はなかったが〈ギガスシダー〉とはラテン語であるGigasと、英語で杉を意味するCedarの合わさった造語だ。

 

だから神聖語がすべて英語というわけでないのだ。

 

「じゃあ少し早いけど休憩にしようか」

「待ってました!」

 

疲れて大の字になっていた体をはね跳びの要領で起き上がる。疲労は何処へやら飯となれば寝ている暇は無いのだ。

 

その様子にユージオが苦笑するのでニカっと笑って何も起こっていないように誤魔化す。

 

「期待してくれるのは嬉しいけどそんなに良いものではないよ」

「貰えるだけで十分だ」

 

ユージオが渡してくれた丸パンを受け取りかぶりつこうとするが、ユージオが奇妙な行動をしたので食べようとする自分の両手に緊急停止を命じる。

 

緊急停止と空腹感を満たそうとする欲求が拮抗し、辛くも緊急停止を勝利させた俺はユージオの行動を見る。

 

人差し指と中指をそろえて伸ばし、それ以外を握った状態でSの字のような軌跡を描く。眼を点にさせている俺の横でユージオが2本の指ですかさずパンを叩く。

 

すると…。

 

何と言うことでしょう!金属が振動するような不思議な音とともに、薄紫色に発光する半透明の矩形が出現したではありませんか!

 

…すまん取り乱した。つい10年ほど前に企画されていた某番組の決まり台詞を使ってしまった。

 

ユージオが出現させたそれは俺のおなじみステータス・ウィンドウだ。

 

これで完全に納得した。

 

ここは〈現実世界〉ではなく〈仮想世界〉であると。この世界に降り立ったときに悩んでいたのが馬鹿らしく思えるがそれは仕方なかった。

 

もしここが〈現実世界〉であったならば周りに誰もいなかったとしても今のように指では動かさない。出現しなければ恥ずかしいの一言に尽きるからだ。

 

「ねえキリト、まさか《ステイシアの窓》を見るのが初めてとか言わないよね?」

「う~ん、俺のところでは右手か左手でこうして上から下に動かしたら出てきたような気がする…」

「ふ~ん。もしかしたらキリトは地図にも載ってないような小さな村の出身なのかもしれないね。それだったら早く記憶を取り戻さないと」

 

どうやら俺は記憶喪失でこの村に来たということで話が進んでいるようだ。記憶を失ったわけではなく知識が無いだけなのだが間違いではないかな?

 

今はそれでいいかな。

 

「そうかもしれないな。でもたとえ記憶が戻ったとしても俺は戻らない」

「え、なんでだい?戻りたくないの?」

「戻りたいさ。でも誰も知らないような村のことを聞き回っていたらどれだけ時間がかかるかわかったもんじゃない。それなら俺はその時間を使ってこの村で俺を助けてくれた人に恩返しをする。ユージオやセルカにね」

 

帰りたいのは事実だ。俺がこの世界に来てから既に24時間が過ぎている。

 

たとえこの世界が〈現実世界〉の3倍加速(バイトのときの予測倍率)で過ぎ去っていたとしても、向こうでは8時間が経過しているのだ。

 

明日奈やスグ、母さん、シノン、エギル、クライン、シリカ、リズを含めた大勢に迷惑をかけてしまっている。

 

だがこの世界で生きたいと願っている自分がいるのも事実だ。

 

〈仮想世界〉でありながらここまで〈現実世界〉に酷似した世界を楽しめる経験など普通ならできない。

 

RATHのバイトで経験できるとはいえ、その中でどのようなことをしていたのかを知る術はない。

 

何故ならダイブ中の記憶は〈現実世界〉に帰還する際、削除されるからだ。

 

その理由としては内部の機密漏洩を防ぐためだとスタッフの1人である比嘉さんは言っていた。

 

だが俺にはそれが詭弁に聞こえる。

 

他に何か理由があってそれらしきことを伝え、口にしないようにしているのではないかと思う。

 

だがそのことを証拠もなく考えても仕方が無い。

 

「…キリトがそれでいいなら僕は何も言わないよ。キリトと一緒にいたら楽しいからずっと一緒にいてくれたら嬉しいんだ」

「俺もだよ。ユージオにならなんでも話せそうだ」

 

嘘は言っていない。だが俺の本当のことを言えばユージオは動揺するだろう。下手をしたらフラクトライトが耐えきれずに崩壊してしまうかもしれない。

 

初めてRATHに行って魂のコピーとやらを見せてもらったときのように…。見ていてそれは心地良いものではなく、むしろ気分を害するような代物だった。

 

だがあれから3ヶ月という僅かな期間でここまでの文明と数多くの生命を生み出した。本当に恐ろしい限りだ。

 

「じゃあ時間も少ないしパンを食べてキリトが聞きたがってた2人のことを話すよ」

「ああ、いただきます!」

 

俺は大きな口を開けて丸パンに齧りついた。




はやく2人とカイトを再会させたい。それだけを念じて書いております。


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。