貴方は何トリア?私はアル………アサトリアだ!※アサトリアのアサはアサシンのアサである。   作:星の空

2 / 5
第1聖 ある子との出会い

俺がロンゴミニアドに転生され、ケバすぎるおばさんに捨てられてから10年の月日が経った。

10年間何をしていたのかと言うと、剣術や体術等の修行をしたり、7歳辺りから暗殺稼業をしたりしている。

10年間もあれば産業も発達する。が、そのせいで町中が排煙だらけである。夜は霧と合わさるせいで先が見えない。俺は直感と千里眼で大丈夫だが。

そして今は、暗殺を依頼されて対象の元に向かっているところだ。

依頼者によると、対象は娼婦なのだが、その娼婦は規定年齢を超えているのである。クビにしようとしても、脅されているためなかなか出来ない。

そこで、ココ最近暗殺の依頼を受け負う者の噂を聞いて受け負う者である俺を半年かけて見つけ出して娼婦暗殺の依頼してきたのだ。

その娼婦の家はロンドンの時計塔から少し遠く、結構歩くこととなった。

夜中(午後8時)、歩いているときに懐かしい場所に来た。

そこは俺が捨てられた橋である。そこは以前は生臭すぎたのだが、今は全く臭くない。橋の下を見てみると、大量にあったはずの赤ん坊の死体がひとつも無くなっていた。どうやらこの10年の間で撤去された様だ。

おっと、10年間で思い出した。俺氏、やっと容姿の確認が出来ました。

俺は俺が今住んでいる所に鏡が無かったため、容姿の確認が遠回しだったのだが、暗殺稼業で稼いだ金を奮発して買ったのだ。

俺の容姿は、

砂金の様に澄んだ金色の長髪。

神の血を引くことを意味する紅眼と聖なる者の証?みたいな翡翠が輝きを失っているオッドアイ。

背丈は10歳のそれより小柄で、体格は少女の様に華奢であった。しかし、男の尊厳はきちんとあるため俺の性別は男である。

最初に見た途端咄嗟に股に手を伸ばしたのは忘れたい。だって、トイレに行った時に見ているため知っている筈なのに動いてしまったのだから。

閑話休題

俺は橋から移動を始めた。

暗殺対象の家に向かって歩む。辿り着いたのは、あのケバすぎるおばさんが俺を抱えて出た時のアパート?である。

「………まさかあのケバすぎるおばさんの奴、まだ娼婦でもしてたのか?」

俺は呟きながら階段を登る。

暗殺対象の家の前に来て千里眼で中を確認する。

中には、あのケバすぎるおばさんとおばさんより若い男性、そして、2人を足して2で割った様な子供が仲良く夕飯を食べていた。

俺の何かがキレて、宝具をしようした。

風王結界(インビジブル・エア)

風王結界を俺自身に纏うことで姿を消す。手には魔剣と化した燦然と輝く王剣(クラレント)を持つ。無論、風王結界で見えなくしている。

戸を開けずに中に入る。扉は音もなく粉々に粉砕された。そりゃそうだろう。風王結界は風の収束体なので、ライオンシュレッダーに物を入れた感じだ。ただ、風を少し操って音が響かないようにしたが。

3人家族がいるリビングに着く。

無論、扉は音もなく粉々になっていった。

いきなり扉が消えたように見えたであろう3人。子供に至っては手に持つフォークを落としてしまってすらいる。

クラレントの柄で子供と男性を気絶させる。

ケバすぎるおばさんが慌てて駆け寄り、安否を確認する。

俺は風王結界を解除してケバすぎるおばさんの背後に立つ。

「………よかった……気絶してるだけで………」

「…そういう貴様はここで死ぬけど。」

「ッ!!?誰よ!!?」

いきなり声をかけられたことで驚きながら振り返って後退るおばさん。

「……誰って………捨てた本人が忘れるとかふざけてるの?娼婦。」

「捨てた………本人………まさか……でも赤ん坊だったから……既に死んだ筈!!?」

「この目を見て。この目は神の血を引くことを意味する。捨てられた位で神の子が死するわけないのよ。さて、時間が無いから………逝け。」

「ちょっ、まっ─────」

俺はケバすぎるおばさんの首を撥ねた。

首から血が吹き出て、その血が俺にかかる。俺はそんなことを気にせずに外に出る。依頼主に死んだことが分かるようにするため、敢えて置いておくのだ。報酬は前払いなため既に受け取っているから問題ない。

俺はアパート?から出たら捨てられた橋の元に行く。着いたら、川辺に降り、服を脱いで水に浸かる。

そうして、いつも身体の清潔を保っているのだ。

川に腰だけ浸かった状態で霧や排煙だらけの空を見上げる。

そこには、綺麗に満月だけ見える状態であった。ゆっくりとしていたら、川下にある橋の下からナイフが4つ飛んできた。が、ATフィールドの影響で弾かれる。

「あれ?狙いは確実だったんだけどなぁ。決まらなかったポイや。」

橋の下から呟きながら出てきたのは白髪で傷のせいか分からないが左目を閉じている黒装束の少女が現れた。

「……………同業者か?」

俺はどこかで見たことがある少女に疑問を持ちながら暗殺者なのかを問う。ついでに川から上がり、手ぬぐいで身体を拭く。

「………ん〜とねぇ、殺人鬼!それでねそれでね、私たちはお母さんを探してるの!」

「…………殺人鬼で母親探し………」

さらにワードが出た事で朧気ながらでてきかける。

「………でもね、今日尋ねる筈だったお母さん候補を貴方が殺しちゃった。」

「ッ!!?切り裂きジャックか!!!」

ジャック・ザ・リッパー、彼の者は娼婦を母か確認し、母でなければ必ず殺す。殺す訳はただ殺したいという殺人鬼その者。

「おぉ!!!やっと分かったんだお姉ちゃん(・・・・・)!!!」

「…………………はぁ?」

ジャックからありえない言葉が聞こえたせいで俺は素っ頓狂な声を出した。

「俺は妹なんて持ってねぇし!そもそも、俺は男だ!!!」

「えっ?男?でも匂いは女の人の匂いだよ?って、違う違う。貴方がお姉ちゃんだって言う訳わね、私たちが私たちになる前から自我を持って私たちより先に動けた。何より、私たちと同じ境遇だから。」

「………」

ジャックは要するに、捨て子である己と俺を同じ目に合ったが、ジャックより先に俺が動き、同じことをしている故に姉と呼んだのだ。

「…………そういうことか。あんたはここにあったはずの赤ん坊達の魂魄の集合体…………霊か。」

「ん?そうだけど?まぁ、もうお母さん探しはいいけどね。」

「……………どういうことだ?貴様は殺人だけを成す殺人鬼に成り下がるのか?母親探しという目的があるのなら目を瞑るが、見境なく人を殺すのなら………容赦なく殺るよ?」

俺が煉獄剣という沖田オルタの扱う日本刀を召喚して鞘を右手で持って左で柄を握る。所謂居合の構えである。

「違う違う!私たちはお母さんが見つからないけど、家族は見つけた!だからお母さんが見つからなくても充分だもん!!!」

此奴は今、なんと言った?家族がいれば充分?それって………

「まさかとは思いますが………俺に付いて来る気?」

「うん!!!」

ジャックは満面の笑みで頷く。

「……おい……あぁ、一応聞くが、俺が一緒に来ることを却下したらどうするんだ?」

「ん?追いかけるけど?」

何言ってんだこいつ。と言いたげな顔をしてサラッとストーキング宣言をするジャック。

「あぁもう、分かったよ。だけど、容易に殺しをしないように!血の匂いで場所割れは嫌だからな。」

俺は忠告をしながらジャックを伴って俺の拠点に戻る。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。