貴方は何トリア?私はアル………アサトリアだ!※アサトリアのアサはアサシンのアサである。   作:星の空

5 / 5
第4聖 麻帆良の地

尊皇攘夷派による倒幕から100年ほどの月日が経った。

その間にも様々な出会いと別れがあったのだが割愛する。

俺達は50年前にあった冬木市の第3次聖杯戦争を終わらせてからその余韻に浸りつつも日本列島を北上している。

勝利し、願った事はジャックと総司を英霊化させる事だ。ジャックは霊故に行動が制限されていたし、総司に関しては全て遠き理想郷で無理矢理生き長らえさせていたので、英霊化させる事で全て遠き理想郷が無くとも生きる事が出来るようにした。

そこから50年が経った今はのんびりと日本中を旅していたのだ。朝昼はのんびり寝て過ごすか、着いた街の散策。夜には超高性能キャンピングカーで移動をする。

そんなあたりざわりなく過ごしていた。

今は次の街に向けて移動をしている。

因みに、運転をしているのは俺である。騎乗EXは伊達ではない。総司とジャックは炬燵に入ってトランプをしている。

そう言えば、土方と別れた後総司は鬱状態になり暫くは大変だったが、今は立ち直っている。ただ、俺が女性と話をしたりする時に目からハイライトがよく消えるのだが………あれか、ヤンデレってやつか?

それはおいおい考えるとして、そろそろ次の街に到着する。

右の角を曲がると大きな街が見えて来た。しかし、同時に何かの結界内に入った感じがした。

「およ?何かを通り過ぎましたが構わないのですか?」

トランプをしていた2人も気がついたのか問うてくる。

「構わん。ステルスを既に起動しているから大抵のことでは見つからん。」

暫くして日本では絶対にありえない巨木を見つけ、その根元にキャンピングカーを停める。

「それにしても、この木大き過ぎませんかね?」

キャンピングカー………そろそろ名前をつけたほうがいいか………の窓から外を覗きながら呟く総司。ジャックは眠たいのかウトウトしだしている。

「あぁと、ジャック。眠たいなら寝てもいいぞ。布団まで運ぶから。」

「…………うん………お休み………Zzz」

「よっこいしょ!総司、お前もそろそろ寝ろよ?明日は観光するんだから。」

「はぁい。」

俺はジャックを寝床に寝かした後、自分の寝床に入って寝た。

寝ている時に誰かが入って来たが、あまり気にせず眠り続けた。

 

✲✲✲

 

次日

「ふわぁああ。よく寝…………何故ジャックではなくお前がここで寝ている。って、此奴爆睡してやがる。」

いつもならジャックが侵入してくるのだが、今日は何故か総司が侵入していた。

その事に呆れつつ布団から出て、ふと気が付いた。

俺氏、成長止まってね?だって、第3次聖杯戦争の時に総司と身長が全く同じだったのに………目算だが今も全く同じように見える。

「…………フッ、どうせ俺はアルトリアと同じ様に小さいんだよ。」

そこで、全て遠き理想郷の不老が発動している事に気が付いた。

どうやら、FSNのアルトリアの身長に追い付いたらしい。

「……………………アルトリアとは、誰デスカ?」

そんな事を思っていたら突如背筋に怖気が走った。直ぐに振り返ると、いつ起きたのか総司が背後に立っており、目元が暗く表情が見えない。

「…あ、えぇと………故人だよ、故人。俺の持つ力を持っていたある王様さ。全て遠き理想郷の保持者でね、今日俺が全て遠き理想郷の保持者にされたんだよ。」

「………へぇ、尊敬しているんですね。」

事情を説明したらいつもの表情に戻った。理解してくれたらしい。

「あぁ、あったことも無いけどな!」

「………………はぁ!!?」

「なっはっはっはっ!だが、個人としての願望としてなら尊敬している。さぁて、朝飯でも作るか!」

総司がフリーズしているのを無視して寝室を出て行く。

約5分後にフリーズは解けてキャンピングカー……名はドゥンスタリオンにしよう………のリビングに来た。その時の膨れっ面は可愛かったとだけ。

日本の和食で定番な白ご飯と味噌汁、焼き鮭、沢庵を添えたら完成。

俺はこういった安易なものしか作れないのだ。

だが、ジャックや総司がいつも美味しいと言ってくれるので俺としては嬉しい。

総司は桜セイバーの和服に、ジャックはこの前買った子供用のしかし、機動性のある和服を、俺は魔神セイバーの和服(下は短パンを履いている)に着替えてからドゥンスタリオンから降りる。ドゥンスタリオンは俺の異空間に仕舞ってから街の方へ向かう。

街に到着したら、道の脇に屋台がずらりと並び、人でごった返していた。

「今日は何かあるんですかね?」

俺も思っていた事だが、総司が先に問うてきた。

「さぁ。それはそこらの屋台の店番に聞けば分かるだろ?」

「それもそうですね。それなら私、団子が売ってあるところに行きたいです!」

「そんなのすぐそこにあるじゃんか。金やるから買ってこいよ。」

そう言って3000円程総司に渡す。

総司は金を受け取ったら縮地を利用してまで団子屋に駆けて行った。

3分後にきっちり3000円分の団子を買い、ホクホク顔で歩いてくる。

「お姉ちゃん!!!私たちはお肉が食べたい!」

屋台を眺め、何を食べようか悩んでいたジャックが決めたのか声を掛けてきた。

「歩きながら探すか。」

「うん!」

「あ、団子屋の人にこの祭り騒ぎが何か聞いたんですけど……まほら武道会という格闘大会があるからだそうです。」

歩き出しながら総司がこの祭り騒ぎについて聞いたことを教えてくれた。

「へぇ、何処かの強い奴が現れるのか。観戦位は一興だな。よし、肉食ったら武道会の観戦でもするか。」

「うん!」「はいっ!」

その後、ジャックのお眼鏡に適った焼肉店で肉を食べてから武道会の会場に向かい出した。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。