Fate redragonic emperor 『冬木に降り立つ赤龍帝』   作:ギミ
<< 前の話 次の話 >>

4 / 10



三話目です。後半訳が分からないかも......


転校生の赤龍帝

sideイリヤスフィール

 

こんにちは、イリヤです。

 

魔法少女になって初陣の戦いが終わった翌日のこと......。

 

私はいつものように学校に来ていました。

 

けど、なんだかクラスの様子が変なんです。

 

なんというかこう...浮わついているというか......

 

しかしその疑問は担任の藤村先生が入ってきたことで解消されることになります。

 

 

「はーい皆さん席についてね?今日は皆さんに嬉しいお知らせがありまーす!なんと、転校生が二人やって来まーす」

 

藤村先生の言葉にクラス中から歓声が上がります。

 

 

「せんせー!転校生は女ですか男ですかー?」

 

クラスメイトの一人であるタツコが藤村先生に問いかけます。

 

 

「いい質問ね、答えは喜べお前たち!!転校生は男の子と女の子両方だぁーっ!!」

 

 

 

『おぉー!!』っとまたもやクラスないに歓声が上がる。

 

まあ、一人は検討がついてるんだけど、もう一人っていったい誰だろう?

 

 

「はいはい、落ち着かないだろうけど落ち着いてねー。それじゃあ二人とも入ってきていいわよー」

 

藤村先生が扉に向け声をかけると、扉が開いて二人の男女が入ってきました。

 

その一人を見て、私は固まってしまいました。だってその子は......。

 

 

「新しく転校してきました、孫悟誠です。よろしくお願いします!!」

 

昨日私達を助けてくれたあのお兄さんそっくりの子供だったんですから。

 

 

 

 

◆◇◆sidechange◇◆◇

 

 

 

 

おす、俺、悟誠だ!

 

今は小学校にいる。もう一度言おう、小学校にいる!!

 

何を言ってるのか分からないって?大丈夫、俺にも何が何やらさっぱりだから

 

事のあらましは昨夜から始まる。

 

 

 

 

 

 

 

あの後、遠坂達と共に現実世界へと戻って来た俺は、そちらで待機していたルヴィア・エーデルフェルトと、美遊・エーデルフェルトという少女二人に、遠坂からの説明で紹介してもらい、これから手を貸すという旨を伝えた。

 

そして、これからの事などを話しあっていた時、ふと思い出したように遠坂が俺に行く宛があるのとを問いかけてきた。

 

行く宛てなんてないし、そもそも野宿するつもりだった俺は、その旨をそのまま伝えてしまった。

 

それを聞いた二人はもう反対。結局、有無を謂わさぬ迫力で押しきられ、俺はルヴィアのボディーガードとしてエーデルフェルト家に雇われることとなった。

 

そして連れて行かれた屋敷で与えられた部屋で眠りについて、翌朝起きたら身体が縮んていた。

 

もう一度言おう、朝起きたら身体が縮んでいた!!

 

 

『大事なことではあるが何度も二度言わなくていいだろう』

 

 

いや、そうは言ってもココかなり重要なとこだろ?

 

 

『俺からすればお前が当然のように小学生をやってること事がそもそもおかしく見えるんだがな......』

 

だって仕方ねえじゃねえか、小さくなっちまった事をルヴィアにそのまま報告したらアイツ、一瞬固まったかと思いきや、いきなりどっかにすっ飛んでっちまうし、呆然としてたらあれよあれよと俺の預かり知らぬところで事態が進んでたんだから......

 

 

『まあ、それについてはドンマイというしかないが...』

 

はあぁ...入れられちまったもんはやるしかねえし、あの某名探偵みてえに小学生演じるしかねえじゃん......,

 

けど......

 

 

『ん?なんだ?』

 

教室に入ってた時のアイツ、イリヤスフィールちゃん...だっけか?の顔凄いことになってたな

 

 

『あぁ...言われてみれば確かにな...だが、当然といえば当然だろう。昨日助けてくれたはずの歳上が何故かちっこくなって同じ小学校に来ていたとなれば仕方ないのではないか?』

 

まあ、そりゃそうか。事情はまあ、後で話せばいいか、にしても......

 

 

『ん?なんだ?』

 

こうしてみてみるとやっぱ時期的に断崖z

 

 

『言うなよ!?それ以上は言うな!!』

 

なんでだよ!そこにおっぱいがあるなら俺は評するぞ!!ドライグゥゥゥゥ!!

 

 

『うおぉぉぉぉんっ!!もう相棒なんか知らんからなぁぁぁぁ!!』

 

あっ待てドライグ!逃げるな!!ってもう逃げてやがる......

 

 

『おいおい、だから龍帝サマを苛めてやるなって言ってるだろ生まれ変わり...』

 

あ、ジ『あァ?』バーダックさん。

 

 

『ったく...で?どうしてそんなに縮んでんだよオマエ』

 

俺にもさっぱりですよ...寝て起きたらこうなってたんですから

 

 

『またあの神龍ってやつの仕業じゃねえのか?』

 

いえ、それはまずあり得ないと思います。この世界にはドラゴンボールなんてものは存在してないはずですし

 

 

『すげえ自信じゃねえか、まあ、オマエがそういうんならそうなのかもな...オイ、なんか始まるみてえだぞ?』

 

あ、もうそろそろ朝会が始まるみたいですね、じゃあジ『殺されてえか?』バーダックさんちょっと逝ってきます。

 

俺は久方ぶりの小学校での授業に耳を傾けるのだった。

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

「お、終わった...」

 

現在俺は机に突っ伏している。

 

あの後、普通に授業を終えたのはいいが、そのあとが大変だった......

 

クラスの男子や女子に囲まれての質問攻め...。しかも小学生の演技をしながらだから流石に疲れた......

 

いや、小学生の行動力舐めてた...お陰でもうクタクタだよ......。

 

クラスメイト達がようやく離れてくれたので一応は一件落着かな?

 

 

『確かに、よくあそこまでやれたものだ...流石だな相棒』

 

ドライグ、それ誉めてないだろ?

 

と、ドライグと内心で会話していた時、近づいてくる奴がいた。

 

 

「えーっと...大丈夫...?」

 

聞き覚えのある声に顔を上げると、そこにいたのはイリヤスフィールちゃんだった。

 

 

「あー...大丈夫大丈夫、どうしたの?」

 

 

「ちょっと聞きたい事があるんだけど、少し良いかな?」

 

やっぱし聞きにきたか。まあ、来るだろうなとは思ってたからいいか

 

 

「おう、別に大丈夫だぜ」

 

 

「良かった、じゃあちょっとこっち来て」

 

歩きだしたイリヤスフィールちゃんの後を追って席を立ち、教室を出る。

 

イリヤスフィールちゃんは屋上まで来ると、途端に凄い勢いで問いかけてきた。

 

 

「ねぇ、あなた昨日のお兄さんだよね!?なんで小さくなってるの!?昨日見たときは明らかに凜さんより歳上だったよね!?」

 

最早さっきまでの雰囲気はなく、狂ったように聞いてくる。

 

 

「あー...とりあえず落ち着いてくれ、イリヤスフィールちゃん。ちゃんと説明するから、といっても、俺にもよくわかってないんだけど...」

 

 

そう前置きをして、俺は昨夜イリヤスフィールちゃんと別れた後から今までの話をした。

 

イリヤスフィールちゃんは意外にも黙って聞いてくれていた。

 

 

「と、こんなところかな」

 

 

「よ、よくわかんなかったけど、寝て起きたらその身体になってたってこと...?」

 

 

「うん、まあ、その通りかな?」

 

 

「も、戻る方法は分からないの?」

 

 

「さっぱり、だからしばらくこうして同じように小学校に通うことになるから、よろしくな!」

 

 

「え?あ、うん...って!えぇぇぇえええぇえ!!!」

 

昨日も思ったけど、リアクションの面白い子だなこの子......

 

 

 

 

◆◇◆◇◆

 

 

 

 

あの後、教室に戻って残りの授業をやったのだが、同じ転校生の美遊ちゃんは学力(算数ではなく数学になってた)、料理力(フライパン1つでなにやら合成な料理が作り出されていた)を見せつけて藤村?先生やクラスメイトを唖然とさせていた......。

 

俺は俺で図工での絵描きで創造で絵を描いたらものすごいクオリティのドライグが出来てしまい、先生が唖然としてた...すみません先生......

 

中でも酷かったのは体育の授業だったなぁ......

 

 

 

 

◆◇回想◆◇

 

 

 

「位置についてーよーい!!ドン!!」

 

藤村先生の合図で俺、イリヤスフィールちゃん、美遊ちゃんが一斉に駆け出す。

 

凄い速度で走る二人。けど、遅いな...走るってのはこう...するんだよ!!

 

 

【ドウッ!!】

 

脚に力を込め、一気に地面を蹴る。

 

そうして前を走る二人を一瞬で追い抜きゴールする。

 

 

「ぇ...い、今ゴールした?」

 

ただ、早すぎてタイムを図ってた藤村先生がいつの間にか走り終えてる俺を見て呆けた顔をしてた。

 

あれ、下手すりゃ三秒掛かってない...よな?

 

あまりこれは見せびらかさない方がいいか、今後気をつけねえと......

 

 

 

◆◇回想終了◆◇

 

 

 

 

そんな事があって、俺と美遊ちゃんは初日から注目の的だ。

 

といっても、基本的に絡まれるのは俺だけ。美遊ちゃんは自己紹介の時から話しかけないでオーラを凄い出していて絡みに行く奴が殆んどいなかった。

 

けど、俺とイリヤスフィールちゃんだけはすごい見られてた......いったいなんだったんだ?

 

 

 

 








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。