それでも彼女は焔と共に   作:ゲストU
<< 前の話 次の話 >>

17 / 19
そしてまた

「これどういう状況?」

 

「…記憶が戻ったの?」

 

「なんでそう思うの?」

 

さっきクレアって言ったのに無反応だったからと、予想をつける

 

「私の名前…クレア・ガーネット、だよね」

 

「…はい」

 

間違いない、やっぱり帰ってこれた

 

「もうユニゾン出来ないなんてことは無いよね?」

 

「出来ないこともないけど…」

 

 

 

「あ、あなた…一体どこから…!」

 

「プレシア・テスタロッサ…」

 

あんたが何をやってきたか、知ってる 全部

 

別の世界に飛ばされて 違う時間の流れで同じようなこと体験して

 

長い間漂って外に出てまた漂うって感じだったけど

 

「あんたの野望、ここでぶっ潰す…!」

 

 

「いきなり出てきて何を言い出すかと思えば…!」

 

 

 

生み出されるスフィア

その数 3

 

「小手調べってわけね…ベル、行ける?」

 

「あぁ、どうなっても知らないからね!」

 

「「ユニゾン・イン!」」

 

 

髪色が茶色に、目の色が緑に変化していく

 

バリアジャケットは赤いままだった

 

「すごい魔力ね、フェイトと同等か…」

 

「少なくともフェイトよりは強いからね」

 

「だったら何かしらね!」

 

 

 

「炎壁」

 

飛んでくる雷撃を防ぐのは簡単だ

 

身体的にあまり魔法を使わせたくない

 

「炎鎖」

 

「くっ」

 

即座にバインドで拘束

直後天井の一部が吹っ飛ばされた

青色の砲撃 クロノだ

 

「美雨!?…いや、クレアと言った方がいいか?」

 

「クレアでいいよ」

 

「…話はあとだ。もう諦めろプレシア・テスタロッサ」

 

「知らないはずがないだろう」

「どんな魔法を使っても……過去を取り戻すことなんて出来やしない!」

「世界はいつだって「こんなはずじゃなかった」ことばっかりだよ…ずっと昔から…誰だって…いつだってそうなんだ!」

「こんなはずじゃない現実から逃げるのは個人の自由だ」

「だけど、自分勝手な悲しみに無関係な人間まで巻き込んでいい権利はどこの誰にもありはしない!」

 

 

「母さん!」

 

 

 

走ってきたのか少々息切れしているフェイトがアルフとともにやってきた

 

バインドはフェイトの声が聞こえた時に解除している

 

「何を……しに来たの…」

「消えなさい…もうあなたに用はないわ…」

 

最後まで冷たい態度を取るつもりだろうプレシア

 

「あなたに言いたいことがあってきました」

 

 

紡がれるホントの気持ち

 

「私は…アリシア・テスタロッサではありません」

「アリシアになれなくて…期待に応えられなくて……」

「いなくなれって言うなら…遠くに行きます」

 

「だけど私は…フェイト・テスタロッサは…」

 

「あなたに生み出してもらって、育ててもらった…あなたの娘です」

「今までずっと……今も きっと」

「母さんに笑って欲しい…幸せになって欲しいって気持ちだけは…本物です」

 

「…だったら何?いまさらあなたを娘だと思えと言うの?」

 

「あなたがそれを望むなら…わたしは世界中の誰からも、どんな出来事からもあなたを守る」

「私があなたの娘だからじゃない」

 

「あなたが私の母さんだから…」

 

言いたいことを言い切ったのか言葉な続かなかった

 

「くだらないわ…」

 

言葉と同時に足元に広がる紫のミッド式魔法陣

 

そして、次元震による揺れも強くなり虚数空間がさらに広がる

 

「私は行くわ…アリシアと一緒に…」

 

「ちょっと待て!ほんとにアルハザードなんてものがあるとでも「あるわ」っ!」

 

そしてアリシアの入った容器とともに虚数空間に落ちていった

 

「母さん!アリシア!」

 

「フェイト待って!」

 

自分も飛び込むんじゃないかって勢いで駆け出すフェイトを止めつつ穴から引き離す

 

「フェイト!ここから出るよ!」

 

「でも!」

 

「文句言うな!死にたくないならね!」

 

 

────────────────────

 

 

「庭園崩壊……クロノ執務官はじめ魔導師たちの帰還を確認!全員無事です!」

 

 

 

 

 

 

 

こうしてプレシア・テスタロッサが起こした次元震の影響も無事に収まった

それと同時に私たちのジュエルシード探しも終わりを告げた

それでもまだ、終わっていないこともある

 






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。