とある策士の外史旅(仮)   作:カツヲ武士
<< 前の話 次の話 >>

134 / 186
いや、前世は大尉じゃないですよ?

就職に成功した人妻おねぇさんと熟女の会話。

オリ設定
オリ展開

原作は既にない!
嫌いな人は読み飛ばし!



我がぱらいぞの萌芽はいたるところに!

久しぶりだな黄忠?

 

「えぇ、お久しぶりです孫堅様」

 

お前にまで様付で呼ばれると、

なんかこう、アレだな?

 

「まぁ、気持ちはわかりますが、

安南将軍様と中塁二尉ですから」

 

いや、今はまだアタシとアンタの

私的な時間だ。無理に敬語はいらんぞ?

 

「別に無理ではないけど・・・

まぁお言葉に甘えるわね」

 

そうしてくれ。

知り合いにまで肩肘張られちゃ

アタシも肩が凝って仕方ない。

 

「もう少し偉そうにしてると

思ったんだけど、予想以上に

州牧してるわね?」

 

そりゃそうさ。

領民の命を背負ってるからね。

 

「なるほど、一軍の将は卒業したってことかしら?」

 

ま、そうだな。

 

「娘の孫策もただ突っ込むだけの

将じゃ無くなったみたいじゃない?」

 

おう、いつでも家督を譲れるよ。

 

「流石にまだ早そうだけどね」

 

しかしお前もいつの間にか

馬騰殿に使えてたんだな?

 

「えぇ、ちょっとした縁があって。

アナタの配下になれなくて

申し訳ないんだけど・・・」

 

いや、無事ならそれで構わんさ。

なんだかんだで心配してたんだぞ?

 

「そうだったの?」

 

そりゃそうだ。幼い璃々を連れて

あんな荒れ果てた益州なんかに居るんだ。

アンタはともかく、璃々に

不測の事態があったって不思議じゃない。

 

「あぁ、それはそうね、

実際に外道が益州を狙ってきたし・・・」

 

外道?あぁミミズか。

 

「アイツ等、アナタ方の中では

ミミズって呼ばれてるの?」

 

桃色で各地をニョロニョロしてるだろ?

 

「確かに。幽州~益州まで

ニョロニョロ動いてるわね。

新野で黙っててくれたらよかったのに・・・」

 

ホントそれな。

なぜか自分たちが一国の主に

ふさわしいと思い込んで

その辺ニョロニョロしてるんだ。

目障りでしょうがないったらありゃしない。

 

「討伐はしないのかしら?」

 

わざわざ劉表の配下の一将を

名指しで討伐ってのもなぁ

 

「あぁ、そうよね。まだ

劉表様に正式に叛旗を翻した

わけじゃないから・・・」

 

そ、龐統が死んだからだろうね?

本来なら劉琮が擁立された時点で

縁を切るつもりだったくせに、

「劉璋と長安の軍勢を抑える」

とか言って物資を受け取ってるって?

 

「劉表様も西に敵を作るわけに

行かないし、長安の軍勢が益州

を通ってこられても困るから

とりあえず物資は送ってるみたいだけど・・・」

 

なかなかの厚かましさだ。

これのまま分不相応な夢を見るのを

止めて、おとなしく新野と巴郡で

太守してくれてたら良いんだけどねぇ

 

「新野は返上する予定みたいよ?」

 

あぁん?それで益州に全力を注ぐって?

 

「みたいね。劉表様の周りも、

信用できないのに任せるくらいなら

自分たちで回すって感じよ」

 

ま、無責任に放り投げるよりはマシか?

 

「多少はね。あとは益州で

徴兵した兵を使うから

物資だけ欲しいって」

 

徴兵ねぇ。まぁ話は聞いてるが・・・

 

「外から聞けばまさしく外道の所業

なんだけど・・・」

 

ん?外からもなにも、普通に外道だろ?

 

「・・・劉璋様よりマシだって声もあるの。」

 

おいおい、劉璋はナニやってんだよ?!

 

「なにもせずに税だけ搾り取ってるわね。」

 

ミミズは少なくとも、ナニかはしてるのか?

 

「えぇ、一応城壁の修理や賊の討伐。

開墾や治水ね」

 

それ、普通のことだよな?

 

「劉璋様はしてないのよ」

 

おいィ?配下の連中は?!

 

「厳顔や呉懿はあくまで将軍だから

政には口を挟めないの」

 

いや、まぁそうだろうが・・・

文官連中は?

 

「文官連中はみんな成都でご機嫌取りね」

 

洛陽の再来じゃねぇか!

 

「そうね。成都周辺以外は

見向きもされないから、

最低限の政を行うだけでも

民は喜ぶのよ・・・」

 

いやぁ、もうなんて言うか・・・

 

「私も言葉がなかったわよ」

 

それで益州から長安へ?

 

「そこはまたちょっと違うんだけどね」

 

違う?

 

「外道・・・あぁミミズが

益州へ侵攻してきたじゃない?」

 

そうだな。劉表の配下としてだが

 

「その時から荊州や劉表様の

旗は使ってなかったけど」

 

あくまで劉備の侵略ってわけかい?

 

「そうね。劉表様に譲る気はないって

意思表示でしょう。それでその時私は

益州の厳顔の元に居てね?」

 

まぁ、もともと厳顔のところに

行ってたんだもんな

 

「そこにミミズが来たもんで

援軍が必要だってなったのよ」

 

益州の弱兵じゃ勝てなかったか?

 

「それもあるけど、ミミズの軍勢は

兵や民を人質にとって集められた

益州の民でしょ?」

 

弱兵の矛先がさらに鈍るか・・・

 

「そ、タダでさえ弱い益州の兵が

さらに矛先を鈍らせる。

その上、将は片腕の子供に挑発されて

討ち取られるのよ?」

 

隻腕の虎将ねぇ・・・

アンタより強かったかい?

 

「私も厳顔も、戦う前に物資を持って

退いたからわからないけど」

 

けど?

 

「今の貴女が負けるとは思えないわね」

 

そりゃ当たり前だ。

 

「当たり前なの?アレは隻腕でも、

いえ、隻腕だからこそ相当な覚悟

でアノ場に立ってるわよ?」

 

戦場に立つんだ。

覚悟なんて誰だって決めてるよ。

 

「まぁ、そうかもしれないけど」

 

言ってしまえばアンタは璃々が

居るから死ぬわけにはいかない。

それにそもそも手伝い戦だ。

だから常に逃げることも視野に

入れてる。

 

厳顔は知らんが、そもそも

まともな実戦を知らない益州の

将が、決死の敵を相手に

したことなんかなかったんだろう?

 

「・・・そうね。少なくとも私は

益州の為に死のうとは思わなかったわね」

 

涼州兵は最初から死ぬことを覚悟して

戦場に出てる。

張飛一人が決死になったところで

周りは益州の弱兵。

結果散々に破られて逃げる羽目になったじゃないか。

 

「アナタは当然覚悟を決めてるし、

兵も精強。なるほど、軍でも個人でも

負ける要素がないわ」

 

そーゆーことだね。

しかも所詮は武将と言うより武人だ。

一人で三万の賊を殺した呂布だの

一人で西涼の乱を収めた

李儒殿でもない限り、

戦場で一人で出来ることなんか

たかが知れてるよ。

 

「その、李儒様なんだけど・・・」

 

あん?どうした?

 

「馬騰様も怯えてるみたいだったし

貴女も普通に殿付けで呼んでるじゃない?」

 

まぁ、馬騰殿は書類仕事で

でっかい借りがあるし

アタシは安南将軍だけど、

あっちは安東将軍で九卿様だからねぇ

 

「あぁ郎中令でもあったか・・・。

けど借りがあるって言っても、

同じ九卿で更に長安でも

発言力のある馬騰様が、彼から

要請を受けただけで5千もの兵を

益州に援軍に出すものなの?」

 

そりゃ出すさ。

 

「即答するのね・・・」

 

書類仕事って軽く言うけど

この一枚一枚に領民の

命がかかってるんだよ?

それを処理してもらったってのを軽く考えすぎだ。

 

「なるほど・・・」

 

あと、単純に怖い

 

「そんなに怖いの?」

 

あぁ、無限書類地獄なんて

正気の沙汰じゃないね!

 

「ば、馬騰様も怯えてたけど・・・」

 

アンタも馬騰殿の配下になった以上

ソコソコの書類仕事はさせられるん

だろうけど・・・

 

「えぇ、文官仕事も頼むとは

言われてるけど、まだ執金吾の

仕事だけだから、それほど

忙しくはないわね」

 

それだって終わったら疲れるだろう?

 

「まぁ、肩に凝りができるくらいには」

 

 

 

 

 

ソレが無限だよ?

 

 

 

 

 

「あ、あぁ、つらいかも、ね?」

 

まだわかって無いか・・・

 

「えっと、ごめんなさいね?」

 

いや、構わないよ。

近いうちアンタも分かる時がくるだろうさ

 

「そうなの?」

 

そうさ、まぁアンタの本質は

武官だから、別の地獄を見るんだろうけど

 

「べ、別の地獄?!」

 

ん?韓遂の話は聞いてないのかい?

 

「え、えーと、物理的に地獄に堕ちたってアレ?」

 

そうだね。アレが伝説の始まりさ。

 

「伝説って・・・」

 

アタシもあの場にいたからね。

正直あの場で見ないと

アレは伝わらないだろうさ

 

「馬騰さまは、李儒様については

真実の方が嘘臭いんで

噂が耳に入るときには

半分くらいになってると言ってたけど?」

 

そうだね。その通り。

 

「けど黒山賊とか鮮卑とかの

話を聞いて、その倍なんて

想像つかないんだけど・・・」

 

想像つかないのが李儒殿ってことさ。

 

「ち、近いうちに璃々が教育を

受けに行くことになってるんだけど?!」

 

よかったじゃないか。

これであの子も一廉の人物になれるぞ。

 

「えぇ~」

 

アタシの三番目も預かって

貰ってるけどさ、もうあの子

孫策超えてるから。

 

「尚香ちゃんが?!」

 

おう、結婚相手まで見つけて、

もう万々歳さ!

 

「はぁ~もうそんな歳になってたのね?」

 

自分の歳を考えなって。

まだ30前だけど、再婚とかなら

今を逃したら出来ないよ?

 

「再婚ねぇ・・・正直

璃々を育てることしか

考えてなかったけどねぇ」

 

李儒殿が育ててくれるなら

アンタが育てたよりよっぽどマシさ。

 

「なんか、そう言われると

アレなんだけど・・・」

 

実際子育ての知識も経験もない

アタシらが手探りで育てるより、

長年名家で蓄積されて来た

知識や手法で教えてもらったほうが

効率はいいだろ?

 

「まぁ、確かにそれはあるわよね」

 

子供の才能を伸ばす

ことを考えたら、若いうちから

優秀な師に付いた方が良い。

実際お前だって益州に居て、

ろくに子育て出来てなかったんじゃないかい?

 

「う”っそう言われると痛いわね・・・」

 

どーせ『働け無職が』とか言われたんだろ?

 

「な、何故それを?!」

 

いや、だってアンタ無職だったじゃん?

 

「ま、まぁそうだったけど!」

 

厳顔はあくまで城の守将であって

個人的に武官を雇う権限は・・・まぁ

あったかもしれないけど、

アンタが客将になったとか聞かなかったし。

 

「あう・・・」

 

そんな無職がどうやって長安から援軍を?

 

「無職を連呼しないで・・・」

 

嫌な事こそきちんと自覚すべきだぞ?

 

「そうだけど・・・」

 

ま、いいけど。で?

 

「馬騰様の補佐をしていた張松様が

益州の方でね?厳顔と知り合いだったのよ」

 

あぁ、それで書状を預かって

援軍要請出来たわけか・・・

張松殿には李儒殿から何か

命令でも出てたのか?

 

「張松様にはどうかは知らないけど、

馬騰様には、ミミズの牽制を

するようにって来てたみたい」

 

ほう・・・

 

「・・・ミミズには何かあるの?」

 

何かあるのは確かだが、

ソレが何かはわからんな。

 

「甘寧や周泰を使って

探ったりしなかったのかしら?」

 

部下を無駄死にさせる気はない。

 

「なるほど。藪を突く気はないと?」

 

そうさ。下手に突いたら

後ろから出てきた鬼に

襲われるからね。

 

「薮から出てこないんだ・・・」

 

あの人はね、藪を燃やして

逃げ場を塞いで袋詰めにしてから

地獄送りにするのさ。

 

「ナニソレ怖い」

 

せいぜい怒らせないようにするんだね

 

「え、えぇ気をつけるわ」

 

で、アンタの要件だが

 

「進軍の停止と江夏と江陵の

劉表様への返還ね」

 

進軍の停止は構わん

 

「・・・いいの?」

 

あぁ、もともと荊州はこれ以上

北上する気はなかったからさ。

 

アンタの手柄にすると良い。

 

「それは助かるけど・・・」

 

返還は長安次第と伝えてくれ。

 

「帝を立てろってことよね?」

 

そうだ、今のままじゃ帝を僭称した

逆賊の親だからな。

所領を返還して強化するわけにもいかんだろう?

 

「確かに、理屈ではそうだけど」

 

アイツ等は理屈が第一なんだよ。

だからソレっぽい理屈があれば、

あとはあっちで勝手に結論を出すさ

 

「はぁ、そういうモノなのね?」

 

そうだ、そーゆーモンだと思っとけ。

 

「予想以上に面倒だわ・・・」

 

アタシらが散々苦労してた時に

無職で酒飲んで遊んでたんだろ?

 

「くっ」

 

今頃出てきて勝ち馬に乗れたんだ、

少しくらいは我慢しろ

 

「・・・返す言葉もないわ」

 

で、益州の厳顔とかはどーすんだ?

まさかミミズに降るとか?

 

「そのへんは一度長安に帰ってから、

再度益州に行って聞くことになるわね」

 

長安に帝が立てば、それに従えるもんな。

 

「えぇ、やっぱりそこよ。

劉弁殿下でなくてもいいから

誰か親政してくれればって

思うんだけどね」

 

めんどくせぇ。

やっぱり権力争いなんかに

巻き込まれるのはゴメンだよ。

 

「そうよねぇ。馬騰様もどうするのか・・・」

 

無理って判断したら涼州に帰るんだろ?

 

「みたいね。巻き込まれる前に

帰るとは言ってるわ」

 

アンタはどうすんのさ?

 

「一緒に行くか、馬騰様の配下として

南陽の李儒様のところへ出向かしら・・・」

 

はっ!どっちにしても勝ち馬確定かよ。

 

「いや、決まったわけじゃないでしょ?」

 

アンタも会えばわかるさ

 

「・・・そこまでなの?」

 

そこまで、さ。

 

「そんなに・・・」

 

あぁ、ついでに一晩相手

してもらったらどうだい?

アンタもずいぶんご無沙汰だろう?

 

「あ、アナタ何言ってるのよ!」

 

いや、ホント、すげえぞ?

 

「・・・そこまでなの?」

 

あぁ、なんたって一晩中だ。

 

「そんなに・・・」

 

おう、さらに長年の肩こりと腰痛も

直してもらえるオマケ付きさ!

 

「それは凄いわね!」

 

ま、一回経験したら他の男じゃ

満足できなくなっちまうから

再婚考えてるなら止めときな。

 

「・・・えぇ考えておくわ」

 

けど身体使って誘惑とかは

効果ないから。

 

「その場の空気的なのかしら?」

 

そうだろうな。狙って近づいたら

周りに排除されるから気をつけろ?

 

「な、なかなか敷居が高いわね」

 

その結果が肩凝り腰痛の無い世界さ!

 

「そんな楽園、想像もつかないわ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、その前に地獄があるんだけどね




駄弁りと益州のミミズ強化フラグ?

実はミミズより劉璋がダメだったんだーってお話

え?未亡人?好きですが何か?

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。