とある策士の外史旅(仮)   作:カツヲ武士
<< 前の話 次の話 >>

138 / 186
みんな大好きミミズサイド

オリ設定
オリ展開

原作は既にない!
嫌いな人は読み飛ばし


お前らは今の言葉聞こえたか?

「ご主人様!この人が私たちに

仕官したいんだって!」

 

(あぁ、また桃香様が

変なの拾ってきたよ・・・)

 

『あぁアタシは魏延ってんだ!

桃香様の為に働かせて欲しい!』

 

「ぎ、魏延だって?!」

 

知ってるんですか、ご主人様?

 

「あぁ、俺のいた世界では

益州を代表する将軍の1人だよ!」

 

そうなんですね。

(その筆頭が関羽さんだしなぁ)

で、その魏延さんがなんで急に?

 

『・・・』

 

「え、えっと?」

 

「ぎ、魏延さん?」

 

(どーせ碌でもない理由でしょ?)

 

『あぁ、恩人の娘さんが拐われちまってな』

 

「え?!大変じゃない!!」

 

「賊か?!すぐに討伐しないと!!」

 

『いや、賊だったらアタシが倒してた!

拐ったのは、長安の連中さ!』

 

「「な、なんだってー?!」」

 

(長安って、官軍じゃん。

あぁ・・・コノ人、

関羽さんと同じような人か)

 

「長安の・・・雛里ちゃんの仇っ!」

 

「・・・あぁそうだな。その

長安の涼州兵が、恩人の娘さんを?」

 

『あぁ、アンタらを追い払ったあと

連中が、その人の娘を引き渡せって

来たんだよ』

 

・・・何故その恩人の方の娘さんを?

 

『アイツ等!璃々を使って紫苑様を

取り込もうとしてやがったんだ!』

 

「えっと、それは真名だよね?」

 

『あ、あぁ桃香様。すみません。

えっと、元々は長沙の将で

黄忠って人でして』

 

「黄忠だって?!長沙じゃなく、

益州にいたのか!」

 

ご主人様?

 

「あ、あぁ愛紗に匹敵する武将だ!」

 

なるほど・・・(大したことない?)

 

『その方が桃香様と戦ってもらうために、

長安に援軍を呼びに行ったんです』

 

「えぇ?そうだったの?!」

 

「そのときは桃香様は益州を侵略する

外道だって言われてたので・・・すみません。」

 

(いや、それで合ってますけど)

 

「いや、侵略されてた方にしたら

そう思うのも無理はないさ。

それより、黄忠ほどの武将が援軍を

呼びに行ったから、あんなに

早く涼州兵がきたんだな?」

 

『たぶんそうだ・・です』

 

(いや、違うでしょ?)

荊州の将が、劉表様の

配下の劉備様と戦うために

長安に援軍要請・・・ですか?

 

『あぁ桔梗様、えっと厳顔様が頼んで

行ってもらったそうだ・・なんです』

 

厳顔さんですか、益州では名が知れた

将軍ですよね?

 

「あぁ、他に俺が知ってるのは

張任・呉懿・孟達。

あとは呉蘭と雷同・・・かな?」

 

(張任さんと孟達さんは

南陽に居るから、せめて

厳顔さんと、呉懿さんは引き入れたいよね)

 

『それで、璃々を、その人の

娘さんを連れて逃げようとしたところを

騎兵に囲まれちまって。

厳顔様が来たと思ったら

気を失ってしまってさ。

起きたら璃々は長安に連れてかれた

後だったんだっ・・・!』

 

「厳顔は反対しなかったのか?」

 

『わからねぇ・・です。

たぶん援軍要請した弱みが

あったんじゃないかと・・・』

 

(いや、普通にお母さんの

ところに連れて行ったんでしょ?

前線にいるよりよっぽど安全だし)

 

「そんなの許せないよ、助けなきゃ!」

 

「・・・」

 

「ご主人様?」

 

桃香様、どうやって助けるんですか?

 

「え、それは、返して下さいって言って!」

 

・・・(また出たよ)

 

「桃香。返すもなにも、そもそも

その子は、長安にいる黄忠の子供だ」

 

『それは!でもっ!』

 

「身柄をどんな風に扱われるかは

わからないけど、黄忠を部下にする気なら、

少なくともヒドイ扱いは受けないだろう」

 

(大前提が違うと思うんですけど・・・

まぁこの人たちが納得してくれる

なら、もう良いです)

 

『もしかしたら、桃香様と

戦うための先鋒にされるかも・・・』

 

「そんな!娘さんを人質にするなんてっ!」

 

(いや、援軍要請に応えてもらったなら、

先鋒は普通ですよね?)

 

「タダでさえ涼州の騎射に

対応できてないのに、

そのうえ黄忠の弓か・・・」

 

『もし紫苑様が来たら、

アタシが説得します!』

 

「けど・・・」

 

『戦った振りとか、負けた振り

とか色々あると思うんです!』

 

(あの涼州騎兵相手に?何色もねーよ)

 

「なるほど・・・確かに」

 

ご主人様?(口挟まないで欲しいなぁ)

 

「いや、俺の世界の愛紗、

いや、関羽と黄忠もそんな

感じの話があってな?」

 

そうなんですか?

(絶対前提条件違いますよね?)

 

『とりあえず時間を稼いで、

長安で帝が立てば、劉璋と劉琮

との三つ巴だ・・です!』

 

「その混乱次第では、

黄忠さんも娘さんを取り戻せるかも?!」

 

(どんな混乱次第ですか・・・)

 

「そうだな、まぁ最悪逃げ込める

場所もないと困るだろうからな。

魏延が説得して、ウチに来てもらえば良い」

 

『あ、ありがとうございますっ』

 

「俺は北郷一刀!コレからよろしくな!」

 

『あ、魏文長だ・・です!』

 

(あー絶対厄介ごとだよ

雛里ちゃん助けてよー)

 

 

 

 

 

 

あぁ、ほんと文官さん来てくれないかなぁ。

前までは絶望的だったけど、

益州だと劉璋様があんまりにも酷いから、

当たり前のことしてるだけで、

桃香様の評判が高くなるんだよねぇ。

 

『朱里、今は大丈夫か?』

 

あぁ、鈴々ちゃん。

お疲れさま

 

『朱里ほど疲れてはいないのだ』

 

そんなこと無いよ!

今一番忙しいのは

間違いなく鈴々ちゃんなんだから!

 

『鈴々たちは益州の人たちから

物資を貰ってるのだ。

遊んでる時間なんか無いのだ』

 

そうだよね。

せめて無駄遣いしないで

領民の為に使わなきゃ!

 

『そうなのだ。間違っても

愛紗や新しく来た白黒みたいに

無駄に使っちゃダメなのだ!』

 

・・・何かしたんですか?

 

『愛紗はいつも通りに勝手に出撃して、

無駄に劉璋の兵と戦って、負傷者を出して

物資を使うし、

白黒は犬に舐められたとかで

驚いて武器を投げて家を壊してたのだ』

 

関羽さんはそうやって

手柄を立てた!とか言って

ご主人様に褒められたい

だけでしょ?

魏延さんは・・・何ですかソレ?

 

『わからないのだ。とりあえず

家の中に人は居なかったから、

死傷者は出てないのだ』

 

それは・・・せめてもの救いですね。

けど、補填しなければ、桃香様の評判が

落ちちゃいますか。

 

『たぶん、そうなのだ』

 

少しは余裕があるけど、

コレだって何かあったときの

蓄え何だって関羽さんと白黒に

教えないとなぁ~

 

『とりあえず白黒はぶちのめして

説教して来たのだ』

 

鈴々ちゃん、ありがとう!!

 

『何が悪いか、わかってない顔してた

から、アレは愛紗とおんなじなのだ!』

 

やっぱり?関羽さんみたいな

人は一人で十分なんだけど・・・

ほんと、もう少しマトモな人は

来てくれないのかなー

 

『・・・愛紗を止めれなくてごめんなのだ』

 

あ、ソレはしょうがないよ!

元々関羽さんはご主人様と桃香様の

言うことしか聞かないからね。

無理しないで!

 

『けど・・・』

 

関羽さんと、鈴々ちゃんの

仲が悪くなったら困るし、ね?。

 

『わかったのだ。

とりあえず愛紗は放置するのだ・・・』

 

うん、もしかしたらこれからも

益州の人で劉璋様よりマトモって

噂を聞いて、仕官に来てくれる

人が居ると思うんだけど、

来たらとりあえず教えてくれるかな?

 

『もちろんなのだ!

今回の白黒みたいに、お兄ちゃんが

名前知ってるからっていきなり仕官

されても困るのだ・・・』

 

そうですよねぇ。

信用出来るかどうかもわかりませんし

 

『それに、愛紗が無駄に嫉妬するのだ』

 

あぁ、ソレもありました。

また無断で出撃しそうですか?

 

『するのだ』

 

断言しちゃいますかー

 

『出撃したって何か手に入る

訳でもないのに・・・』

 

最初にたまたま物資を手に入れて、

ご主人様に褒められちゃいましたから。

 

『そういうのはちゃんと情報を

得てから、計画的に狙わないと

ダメなのだ・・・』

 

山賊から一歩も進めて無いんですよ。

 

『そういえば、白黒は信用できるのだ?』

 

・・・愛紗さんと一緒ですよ

 

『ん?』

 

桃香様に対しての忠誠は良いけど、

頭の中はダメだって事です。

 

『あぁ、なるほど。じゃあ恩人の娘さんが

云々って言うのは?』

 

長安にいるお母さんの所に連れていった

だけですよ。

 

『人質が云々は?』

 

援軍要請したら、先鋒は当然ですよね?

 

『じゃあ、連れて来ようとしたのって』

 

ただの誘拐ですよ。

私たちは益州の人達にしてみたら

侵略者側なんです。

厳顔さんのお友だちが、

何で子供を敵に渡そうと

するんですか?

 

『もし成功してたら、子供を

手土産にした降伏って事なのだ?』

 

そうなりますね。黄忠さんは今ごろ

怒り狂ってるんじゃないですか?

 

『それはそうなのだ。

鈴々から見ても頭がおかしいのだ』

 

たぶん私たちに言ってない事が有りますね

 

『言ってないこと?』

 

白黒にとって都合の悪いこと。

涼州の人と何かあったとか、

厳顔さんと何かあったとか。

 

『なるほど、そうじゃないと

子供を連れて逃げようなんて

思わないのだ』

 

異常に高い評価してる白黒や、

ご主人様と違って、

長安の人たちが無名の黄忠さんを

得るために、五千もの騎兵を出す

なんてあり得ませんし。

 

『そうなのだ。狙いは鈴々たちだって

前に軍議で話してたのに、すっかり

忘れてるみたいなのだ』

 

そうだね。

劉璋様と劉表様と長安。

それぞれが入り交じることで、

一つの勢力に影響力を確保させない

ために派遣された援軍だよ。

 

『それに、少なくとも鈴々と戦ったヤツは

鈴々たちを本気で怒ってたのだ』

 

うん。話を聞いたけど、私も怒って

当然だと思うよ。

 

『みんなは雛里の仇とか行ってるけど、

本当は鈴々たちこそ、あの人たちに

とっての仇なのだ』

 

そうだね。

益州を侵略しに来て

沢山の人を殺したんだから。

 

『敵地で仕事もしないで夫婦漫才

してるなんて、ふざけてるって

言われたのだ』

 

ご主人様と桃香様と関羽さんは、

ソレしかしてなかったんだよね。

 

『そうなのだ!

雛里はそのせいで死んだのに!

お兄ちゃんも、仕方ないって感じで!

愛紗は自分は関係ないって感じだし!

桃香は仇って言って、お兄ちゃんの

気を引いてるだけなのだ!』

 

仕方ない?ご主人様は何かを知ってた?

・・・あぁ、もしかしたらご主人様の

世界の雛里ちゃんは、益州で死んだの

かも知れないね。

 

『だから仕方ないって?!

そんなのおかしいのだっ!』

 

落ち着いて、あくまで想像だから!

 

『あ、ご、ごめん朱里』

 

良いんだよ、鈴々ちゃんは

疲れてるんだから!

 

『・・・朱里の方が疲れてるのだ』

 

どっちも疲れてるってことだね。

 

『そうなのだ』

 

・・・ねぇ、鈴々ちゃんってお酒って

飲んだことある?

 

『ん?お酒なのだ?』

 

そう、雛里ちゃんとね。疲れたときに

一緒に飲んで見ようってお話してたの

 

『疲れたときにお酒を飲むのだ?』

 

ほら、酔っ払いの人って

なんか気持ちよさそうに寝てるじゃない?

 

『あぁ~確かに、酔っ払いは

気持ちよさそうに寝てるのだ!』

 

でしょ?鈴々ちゃんも

ぐっすり寝れてないみたいだしさ

 

『あ~うん。確かに最近はゆっくり

寝れて無いのだ』

 

だからさ、お酒、飲んでみない?

 

『うーん。なんか起きたときに

頭が痛くなるとか言ってなかったのだ?』

 

あぁ、二日酔いだね?!

大人の痛みって感じで

ちょっとあこがれてたんだよね。

 

 

『まぁ、確かに子供じゃ

体験出来ないのだ!』

 

だからさ、お酒、飲んでみない?

 

『・・・それなら、ちょっとだけ

飲んでみるのだ』

 

やった!正直一人だと

ちょっと怖かったんだ!

 

『巻き添えなのだ?!』

 

まぁ、まぁ、たまには嫌なこと忘れて

ゆっくりしようよ?

 

『なんか、酒場で聞いたことあるのだ!』

 

ふっふっふっ色々勉強したからね。

 

『・・・雛里を守れなくてごめんなのだ』

 

良いんだよ。私たちは兵隊の皆さんに

死ねって命令してるんだもん。

自分は死にたくないなんて言えないよ

 

『雛里もおんなじこと言ってたのだ』

 

・・・そっか

 

 

 

 

じゃ、コレが鈴々ちゃんの分ね。

 

『おぉ~』

 

初めての人でも

飲みやすいらしいらしいよ?

 

『へぇ~』

 

興味津々だね?

 

『みんな美味しそうに飲んでたから、

興味はあったのだ!』

 

じゃ、乾杯しよっか!

 

『乾杯するときは何かにするのだ?』

 

雛里ちゃんに、じゃ駄目かな?

 

『駄目なはず無いのだ!』

 

じゃ

 

『うん』

 

『「雛里ちゃんに」』

 

『「乾ぱー」』

 

 

タイヘンデス!リュウショウカラノシシャガ!!

シキュウ、グンギノマニ

アツマルヨウニ、トノコトデス!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『「おいィ?」』




ん?幼女がお酒?
エロい事してるんだ
大丈夫だろ?


おや、どうした変態紳士諸君?

禁句?
聞こえてない。
何か言ったの?
俺のログには何もないぞ?ってお話

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。