とある策士の外史旅(仮)   作:カツヲ武士
<< 前の話 次の話 >>

145 / 186
リザーバー陣営対ミミズ陣営!

兵の強さは対して違わない?

オリ設定
オリ展開

原作はすでにない!
嫌いな人は読み飛ばし!



長いモノには巻かれます

「いつまで城に籠っている!

戦いに来たのではないのか?」

 

『・・・うるさいわね。

外道劉備に仕える一兵卒が偉そうに。

少しは自分の立場を知ったらどうかしら?』

 

「外道だと!我が主を愚弄するかっ!!」

 

『今更指摘されて怒るって・・・

幽州から今に至るまで。

その行いを省みれば、外道以上に

ふさわしい名など無いでしょう?』

 

「おのれっ!」

 

『あぁ、ちなみに私には

雑兵に名乗る等ありません』

 

「貴、貴様っ!この私を雑兵だと?!」

 

『無位無官の外道に仕えるなら

雑兵でしょう?

黙ってその首差し出せば、

その口舌の匠さに免じ、痛みを

感じさせることなく殺してあげますよ?』

 

「私を口舌の徒だとっ?!」

 

『少なくとも歴戦の華雄将軍や

我々を戦場に誘い出したのは事実。

その事実は認めるべきでしょう?』

 

「舐めおって!ならば思い上がった

貴様の首を撥ねて、我が名を益州へ

広めてやろう!」

 

『外道配下の雑兵に広める名など

ないでしょうに・・・あぁ俗称で

良ければつけてあげましょうか?』

 

「ふざけるな!我は劉玄徳の第一の配下!

関雲長!貴様を殺して、馬騰に

そっ首を届けてくれるわ!」

 

『はっ、語るに落ちたわね』

 

「何だと?!」

 

『外道の第一の配下は、益州の将なら

誰もが知る。隻腕の虎将、張翼徳。

貴様の名など誰も知らないわよ』

 

「なっ!張飛は私の妹分だ!

私が第一の配下だ!」

 

『あぁ、賢妹愚姉というやつかしら?

コレが姉では張飛もさぞ苦労したでしょう』

 

「あぁぁぁ!出てこい!貴様は生かして帰さん!!」

 

『出陣していない人間に、生かして

帰さんて・・・馬鹿じゃない?』

 

「黙れ黙れ黙れっ!」

 

『・・・まぁ良いでしょう。

言葉も理解できぬ賊ごとき半数の兵で十分。

我が前に立ったこと、死んで後悔するがいい』

 

「その黄の将旗・・・貴様が黄忠か!」

 

『ほう、何故賊が我が名を知る?

・・・あぁ魏延かしら?』

 

「・・・その魏延とご主人様から

言われているがゆえに・・・だ」

 

『は?』

 

「一度だけ、一度だけ機会をやろう」

 

『機会?眼前で無様を晒す貴様を

討ち殺す機会ならすでに10を超えているが?』

 

「黙れよ。一度だけ言う、

降伏をする気はない、な?」

 

『あるわけないでしょ。馬鹿じゃない?』

 

「良くぞ言った!貴様を殺すのは

この関雲長だっ!この名を忘れるな!」

 

『雑兵の名に興味などない。

・・・しかし、考えれば名乗りを上げんのは

無礼になるか?』

 

「今更何をっ!」

 

『貴様はともかく、貴様に付き従う兵は

私たちが苦しめてきた益州の民。

故に名乗りましょう。

執金吾涼州牧馬寿成様が配下

中塁丞黄漢升。

せめて痛みを感じる前に殺してあげるわ』

 

「舐めるなぁぁぁぁぁぁぁ!」

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

「桔梗様っ!」

 

『・・・この大勢の前で

他人の真名を連呼しおって。

死ぬ覚悟は出来ておるんじゃろうな?』

 

「あっ、ち、違うんです!

そんなつもりじゃ!」

 

『どんなつもりであろうが、

儂の真名を侮辱したは変わらぬ事実。

まぁ儂は貴様の名を不当に陥れる

ような真似はせん。

ただ外道の配下として残してやるわい』

 

「と、桃香様は外道なんかじゃありません!」

 

『あの行いが外道でないというなら

何を外道と言うのやら・・・

あぁ、劉璋様の政に何一つ口を

挟まなかった儂も、民からしたら同じ外道か』

 

「桃香様とお館様は、益州の民を考えた

政をしてくれています!桔梗様も一緒に!」

 

『黙れ。我が真名を口にするな阿呆が』

 

「え・・・」

 

『益州の民を考えた政?

あぁ、そうじゃろうよ。

ソレをしなければ

税収が得られんからな』

 

「そんなのを求めてやってるわけじゃ!」

 

『そんなの?税を何だと思っておる。

そもそも奴らが施政に使っている財は、

自らが益州の民から徴収した財と、

劉表が荊州の民から得た税。

さらに劉璋が益州の民から搾り取った

税ではないか』

 

「そ、それでも益州の人の為にはなってます!」

 

『そうじゃのう。あまりにも劉璋が酷過ぎた。

馬騰様や張松の政を見れば、儂らが如何に

何もしてこなかったかが良く分かる』

 

「そ、そうだ!馬騰に張松!!

璃々を奴らから取り返さないと!」

 

『取り返す?そもそも黄忠が馬騰様の

配下として登用してもらった身。

一体どこへ連れて行こうというのじゃ?』

 

「それはっ!璃々を使って脅されてる

だけじゃないですか?!」

 

『何故執金吾で州牧の馬騰様が、

無職の黄忠を子供を使ってまで

脅迫せねばならん?』

 

「紫苑様にはそれだけの価値が

あるからです!

お館様も言ってました!」

 

『先ほどから抜かしとるお館が

誰かは知らんが、少なくとも

儂らは劉備も劉璋も認めてはおらん』

 

「そんな!桔梗様も一度会って

もらえれば・・・!」

 

『我が真名を語るなと言ったぞ?』

 

「くそっ!もう身も心も

馬騰の配下になったってことですかっ!」

 

『当たり前じゃ。降ると言うのは

そもそもそういう事じゃろうが。』

 

「では、たとえ桔梗・・・いえ厳顔様

とはいえ、桃香様の為にココで

倒させて頂きます!」

 

『つい先日まで無職だった小娘が

抜かしよる。

五千の兵を預けられて増長したか?』

 

「ワタシにはそれだけの力があるっ!」

 

『それもお館様か?見る目が無い。

貴様も下らぬ女になったな』

 

「お館様を侮辱するなっ!」

 

『侮辱されたのは貴様が未熟じゃからじゃ』

 

「・・・!もう勘弁する気はありません!」

 

『儂にはもともと無いわい』

 

「・・・劉玄徳様にお仕えする

魏文長、参る!」

 

『執金吾涼州牧馬寿成様が配下

中塁二尉厳顔。この豪天砲で外道に

味方する賊将を打ち砕く』

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

無様・・・あまりにも無様。

なんだアレは?

洛陽で何も学ばなかったのか?

 

「くっ何と言う連射!近付けん!」

 

あの程度で連射?

 

『所詮は雑兵ね!やはり口だけ?!』

 

貴様とて兵の指揮は出来て

居ないではないか。

長沙で孫堅と将をしていたのでは

なかったのか?

 

「まだまだっ!この程度で

この関雲長を討てると思うなっ!」

 

・・・まさか、さっきから名前を

連呼しているのは、

知らんと言われたからか?

下らん。実績を上げれば

名など勝手に広まるだろうが。

 

『思ったよりはヤルようだけど

私の敵ではない!』

 

・・・十分敵になってるが。

まぁ良い。そのまま時間を稼げ。

で、向こうは・・・

 

 

 

「撃たせません!」

 

まぁ厳顔には手加減しろと

言っているからな。

まだ手や足だけを破壊できる

ような技量はないようだし・・・

 

『はっ!近付けばどうにか

なると思ったかっ!』

 

・・・なってるじゃないか

手加減云々ではなく、普通に

押されているだろう?

 

「まだまだぁぁぁ」

 

粗い。ただ力で振り回しているだけ。

そんなのに押されるアレは・・・

 

『ぐっ!勢いだけは一人前じゃな!』

 

お前もな。

 

・・・呉蘭と雷同に合図を出せ。

 

ハッ!

 

とりあえず諸葛亮。

関羽はどうか知らんが、先ごろまで

無職だった白黒に、五千もの兵を

預けたのは失敗だったな。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

「なっ!後ろからっ?!」

 

ふむ、完全に不意を付けたか。

どうやらミミズは白黒に碌な副将を

付けなかったらしいな。

 

『ようやく気付いたか?

所詮は無職よな。

兵を率いた戦とはこうやるのじゃ!』

 

まぁ、そうなんだが。

 

「ぐっ卑怯な!」

 

卑怯って

 

『半数で敵に倍する兵を相手取るのじゃ!

工夫をして当然!それすら気付かぬ

貴様が阿呆なのよ!』

 

いや、まぁ、そうなんだが

 

「くそっ!何をやっている!

敵は少数だ!部隊を分割して当たれ!」

 

お前が何をやっている。

後方の二つの部隊に対して

誰が率いるどの部隊が、

どう分割して当たるんだ?

前には厳顔の兵だっているぞ?

 

『貴様以外には碌な将がおらんらしいの!』

 

白黒も碌な将ではないが・・・

 

「ちぃっ!こうなったらアンタだけでもっ!」

 

兵の指揮を投げ捨てやがった。

もしや副将との連携云々ではなく

アレが関羽の副将だったのか?

 

『貴様ごときに討ち取られるほど

耄碌しとらんわ!』

 

二人纏めて殺しちゃ駄目かな。

・・・駄目だよなぁ。

馬騰殿の配下を殺したら、流石に

怒られるよなぁ。

 

「おぉぉぉぉ!」

 

『まだまだぁぁぁ!』

 

・・・このままなら半刻あれば魏延の兵を

殲滅できる。

その後合図を出すので合図を確認後、

厳顔の兵を関羽の軍勢に当たらせろ。

呉蘭と雷同の兵は敵を逃がさんよう

想定される逃走経路に迎え。

 

ハッ!

 

で、関羽だが・・・

 

「ようやくっ!」

 

『懐に入ったら何とかなると思ったの?!』

 

こっちは、まぁ、アッチよりはましか。

そもそも弓術は近接戦闘が

出来んわけじゃないし。

 

「接近戦もできるかっ!だが弓術ほどの

練度は無いな!」

 

それでも討ち取れてないお前は何だ?

 

『言ってくれるわね!けどっ!』

 

・・・厳顔の部隊が関羽の側面を

突いたら、我らも出る。

厳顔には魏延を殺しても良いと

伝えて置け。

手加減したままだと負けそうだ。

 

ハッ!

 

まぁどーせ殺せないだろうから

私が殺ることになるんだろうがな。

 

まだ陳登には厳しいかも知れんから

私で良かったと思おうか・・・

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

「合図?なんだ?!」

 

『見てわからんか?貴様の部隊が

全滅したという事じゃろうがっ!』

 

「な、なんだって!!くそっ!

これだから益州の弱兵はっ!」

 

『碌に兵の指揮も取らんかった

貴様が言うことではないの!』

 

「ちぃっ!アンタだって指揮を

取ってないだろうが!」

 

『副将と後ろに主将様がおるからの!

儂が貴様の足止めに専念できるのじゃよ!』

 

「あ、足止め?!」

 

『そうでなければ一発も豪天砲を

撃たんなどありえんじゃろうがっ!』

 

「くっそぉ!このままじゃ

関羽様の軍勢まで!」

 

『その足止めも終わりじゃ。

許可も出た。死ねよ魏延!』

 

「うぉぉぉ鈍砕骨っっっ!!」

 

『う、受け止めたじゃと?!』

 

「へ、へへっ!コレでアンタは終わりだ!」

 

『くっ簡単に殺せると思うなぁぁぁ!』

 

 

 

・・・もういい。死ね

 

 

 

『「・・・えっ?」』

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

「合図?なんだっ!」

 

『魏延の軍勢が全滅したということよ!』

 

「な、なんだと?!」

 

『我々が貴様等を足止めしている間に

兵を全滅させる。

この程度の策も考え付かない将が

万の軍勢を預かるなど笑止千万!』

 

「くっこの卑怯者がっ!」

 

『策とはそう言うモノよ!

さぁ貴様等のせいで無駄死にした

益州の兵に詫びて死ね』

 

「・・・こんなところで無駄死に

するわけには行かん!ここは

退かせてもらうっ」

 

『散々挑発しておいて、

敵が出てきたら手も足も出せずに

負けて逃げる・・・

噂に聞いた汜水関での戦そのものね!』

 

「な、なんだと?!」

 

・・・まったくもってその通り。

貴様は洛陽のころから何も

成長していない。

 

「き、貴様はっ!」

 

ほう?雑兵ごときが私を覚えていたか?

 

「忘れるモノか!私達を打ちのめし、

鈴々の腕を奪った貴様を忘れるモノか!」

 

その割には何の成長もないようだが?

 

「うぉぉぉぉぉぉぉ!」

 

遅い。軽い。温い。何より・・・弱い。

 

『(いいえ、関羽は決して弱くはなかった。

やはり私たちとは桁が違う!)』

 

「あぁぁぁぁっっ!」

 

叫ぶ暇があったら動け無能。

そこの魏延のように貴様も

首になるか?

 

『「えっ?」』

 

「がぁっ!」

 

戦場で首を見たくらいで茫然自失?

やはり貴様は無能だよ。

そんな貴様に兵を預けた諸葛亮もな。

 

『徐将軍!魏延は私たちに殺させて

くれるはずでは?!』

 

厳顔が負けそうだったのでな。

文句は一人で勝てなかった

アレに言え。

それとも見殺しにして欲しかったか?

 

『い、いえ、そういうわけでは・・・』

 

「貴様っ一騎討ちに手を出したのかっ!」

 

なぜ私が雑兵の一騎討ちなど

見学せねばならん?戦場の邪魔だ。

 

「貴様ぁぁぁぁぁぁぁ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が名は郎中令安東将軍付牙門将軍

奉車都尉、徐元直。

貴様と魏延、そしてここで無駄に死んだ

将兵の首の上に、我が名を書き記した書を

載せ。貴様の主の元へ送り届けよう




まぁ役職の半分以上が李儒くんの役職ですから
そんなに長いわけではないですね。
牙門将軍と奉車都尉はどっちが先なのか・・・

オリ設定ですから!ってお話

ちなみに、南陽から連れてきた兵は
もちろん別格ですよ?

ちなみのちなみに
人妻おねぇさん昇進してます。
まぁ孫堅と劉表を停戦させたり
益州の主だった武官を降伏させて、
ついでに文官もゲットしてますからね。

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。