とある策士の外史旅(仮)   作:カツヲ武士
<< 前の話 次の話 >>

156 / 186
前話の続き

劉曄の影響は?!

はおー様は次回か?

オリ設定
オリ展開 
アンチヘイト表現アリ!

後半は残酷な描写?
残酷?いや、微妙。
けどまぁそんな描写があるので、
嫌いな人は読み飛ばしだ!!


必殺のアゾット剣!!

はっ!!

 

『どうなさいました?』

 

いや、今なんか凄い無茶振りを

された気がする。

 

『あぁ、筆頭様ですか?』

 

いや、この感じは教頭先生だな。

アタシに何かすごい無茶なこと

させようとした気がした。

 

『あぁ。「つまらんから筆頭殿に挑め

邪魔はさせないから」とかですかな?』

 

・・・そんな感じだ。

 

『それがしは冗談でもごめんですぞ?』

 

アタシもだ。悪ノリじゃすまん。

忠義に厚い部下が居て嬉しいよ。

 

『それはどうも。それで実際そろそろ

動きがあるのでは?』

 

だな。兵の準備は出来てるんだが、

五万で良いって言うのがアレだな

 

『あぁ、あの不仲と思わせる策で

遊んでるんでしたか?』

 

そうだ。アタシと曹操が同じ学舎で学んだ

仲で、互いに真名を交換している仲だと。

あぁ、もちろん今回のは州牧冗談だぞ?

 

『ちっ。さすがに馴れましたか』

 

さすがにな。

で、筆頭様がアタシを疑って

戦力を絞らせる策らしい。

 

『なんという智謀!

・・・筍の神童の策ですかな?』

 

いや、筍って。

メンマと絡めてくるのは

単純に凄いと思うけどさ。

 

『ふっふっふっ、旬の筍冗談です』

 

見事だ。お前はアタシを超えたよ。

 

 

 

 

『で、実際曹操の狙いは

なんだったんです?』

 

長安の劉弁殿下と劉琮の婚姻だろ?

それが無理なら長安は劉弁殿下を

私物化している!

佞臣の壟断を許すな!って言って

兵を出すつもりだな。

 

『なるほど。それで南陽を攻略して

長安に圧力をかけると?』

 

だな。洛陽を通れば董卓に狙われるから。

奴が出るなら南陽だろう。

 

『あそこに居るのは董卓どころでは

ありませんがな』

 

知らないって凄いよなー

 

『しかし、それならば劉曄の親政は

曹操にとって大打撃でしょうなぁ』

 

そうだな。わざわざ劉琮以外の

皇族を立てての親政だ。

貴様を認めないと言われてるのと

一緒だな。

 

『ではその親政を行うと布告をした劉曄

から、我らになにか命令とか来てますか?』

 

長安に来いとさ

 

『行かれるので?』

 

イカれると掛けたか?

 

『ははは、まさか。

馬騰殿はどうする気ですかね?』

 

引っかかると思うなよ?

しかし馬騰か・・・

微妙な立場ではあるが、

劉曄にこだわることは無かろうよ

 

『では長安から出て涼州へ帰りますか?』

 

教頭先生とどれだけ連絡が

取れてるかだろうな。

 

『益州の政もありますからな』

 

そうだな。為政者が政を投げ出すのが

一番ヤバイ。矯正じゃすまんだろうよ。

 

『益州と言えば、

政を投げ出した益州のミミズですが』

 

関羽と張飛が死んだらしいなぁ。

 

『龐統もですな。いやはや

二人揃っても天下は取れませんでしたな』

 

水鏡の中では取れたんだろ?

 

『そもそも水鏡の言う天下って何ですかね?

天の下だから、大地?』

 

つまりは国だな

 

『では主君が王を名乗れば

天下は取ってますか』

 

下らねぇ。

実が無きゃなんにもならねぇよ

 

「賛姉~」

 

おう、越。どうした?

 

「将軍府から連絡だよ~兵を率いて来いってさ」

 

・・・来たか

 

『前々から話してた計画ですな?

内容はお分かりで』

 

大体な。まぁ行けばわかるさ。

行くぞ兵を集めろ!

 

『「はっ」』

 

 

―――――――――――――――

 

 

さて、計画通り劉曄が親政を

行うことになったわね。

 

「で、最初の命令が『長安に来い』か」

 

「行くん?」

 

行くわけ無いじゃない。

 

『アレ?行かないの?』

 

李儒様と戦いたい?

董卓が望むなら頑張るけど、

自決用の毒は自分で準備してよ?

 

「呂布も頑張るけど・・・ごめん」

 

「陳宮は呂布殿の助命に全力を

尽くしますぞ!」

 

この期に及んで敵対したのを

助命してくれるかなぁ

 

「嘆願が李儒様に届く前に、筆頭殿に

色々潰されて終わりだな」

 

「せやなー今は鄴に李厳様もおる

みたいやし」

 

どんなに頑張っても三ヶ月持たないね。

ごめん董卓。力不足とかじゃなく

普通にダメだったよ。

 

『い、いや、何でみんな諦めてるの?!』

 

「董卓様には勝ち目が有ると?」

 

「そら凄い」

 

董卓、いえ、月。お疲れさま。

夢はね、寝てるときに見なきゃダメだよ?

 

『違うから!李儒様に敵対なんか

しないから!!』

 

「「「「な~んだ」」」」

 

「どんな地獄を見ることになるかと

思いましたよ」

 

「せやでー。冗談でも勘弁してーな!」

 

いや、ホント安心したよ!

あの人達から逃げれるわけ無いからね!

 

「ご飯は美味しいのが一番です」

 

「そうですな!」

 

『えっと。誰一人裏切るとか無いのは

スゴく・嬉しいんだけど』

 

だけど?

 

『李儒様って長安の決めた

帝に従うんじゃないの?』

 

「「「「まっさかー」」」」

 

『え、えぇ?呂布さんまで?!』

 

あのね月、李儒様が従うとしたら、

劉弁殿下が自ら立って

帝を名乗った場合だけだよ。

もしくは誰かが劉弁殿下と婚姻して、

代理として政を行った場合だね。

 

誰かに擁立された帝や、皇族だから

って親政を行うってヤツに

従うはず無いじゃない。

 

「自らの足で立つから人。

筆頭様や李儒様にとっての

譲れない拘りですよ」

 

「でもって、傀儡は人じゃないから

李儒様の愛は向かんねや。

人形を愛する趣味はないんやて」

 

「決めるのは・・・自分」

 

「ですぞ!いま長安に向かうと言うことは、

自分で長安の皇族に従うと決めたと

言うこと。その意志を尊重されて

しまいますぞ!」

 

『なるほど、もし劉曄さんが劉弁殿下

と婚姻した上で、帝と丞相って感じ

なら従ったかもしれないけど、今の

劉曄さんはただの皇族だもんね』

 

皇族による政の壟断って

感じになるんじゃない?

 

「だろうな、曹操の擁立した

帝への対応によっては・・・」

 

「ま、ウチとしてはその方が

有り難いかなー?

いい加減、形式上でもあんな連中に

従うのもアレやし」

 

だね。大将軍辞めろとか

辞めるなとか

とりあえず長安に来いとか

来なくて良いから税だけよこせとか

 

『曹操を滅ぼせ。けど劉琮は

殺すなとか。意味わかんないよね?』

 

そうだよね。劉琮を認めないなら

アレは偽帝ってことでしょ?

最優先で殺さなきゃダメじゃない

 

「益州にしても、何もかもが中途半端

だったからな。劉璋を殺したいのか

殺したくないのかさっぱりだった」

 

「孫堅はんも馬騰はんも無駄に苦労

しとったなぁ」

 

『孫堅さんが一度兵を退いたのは

なんでだと思う?』

 

うーん。張飛相手に損害は無いだろうから

 

「おそらくアレ関連だろう」

 

「せやな。敵対したら問答無用で

粛清や。少しでも可能性があるなら

退いて様子見するわな」

 

あの筋肉・・・本当に鄴に居たからねぇ

 

『ビックリしたよね?!あの格好で普通に

外を歩いてるんだもん!』

 

「けど、アレは・・・強い」

 

「ふざけた格好だが、確かに強い。あの肉体と

気の密度は私では到底届かん」

 

「・・・そうやな。ウチも無理や」

 

李厳様と張任様が一撃でヤられて、

李儒様が同格と認めたんですもの。

そりゃ敵にはできないよ

 

『言い換えれば李儒様もあの人たちと

同じ高さにいるのよね。

華雄さん。よく挑んだよねぇ』

 

「まったくや。目の前に立てた

だけでも凄い」

 

こうして立ち上がったのも凄いけど

やっぱり最初の一歩を踏み込んだ

のは偉業と言っても良いわ。

 

「・・・愚かだっただけだ」

 

「凄い・・・愚か」

 

「そうですぞ!突き抜ければ

どんなことでも偉業ですぞ!!」

 

『まぁまぁ、あんまり褒めても

華雄さんだって困っちゃうよ』

 

それもそうだね。

んじゃ軍議だけど・・・

 

「いや、全員出るんじゃないのか?」

 

「この状況で出さなかったら

怠慢とか言われへん?」

 

『私は出るよ?さすがに行かないと

シツレイだし』

 

「呂布も、出ます」

 

「無論陳宮もですぞ!」

 

・・・まぁとくに面倒事も無いし。

留守に牛輔と張繍。あとは李粛を

残せばいいかな?

 

『そうだね何かあったら早馬で

連絡もらえばいいし』

 

じゃあ行こうか。洛陽に

 

『「「「おう!」」」』

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

南蛮・・・どうしてご主人様が

永昌から南蛮に行こうと思ったのかは

わからないけど、何かあるのかな?

 

「あぁ朱里、準備はできた?」

 

はい、兵は5千。残った人たちは

劉璋様に下るように指示を出しました。

 

「うん、それでいい。あとは

永昌に行って拠点を築いて、

南蛮の情報を集めつつ少しづつ

攻略していこう!」

 

は、はい(・・・なぜここまでやる気に?)

 

「ご主人様!準備できたよ!」

 

「そうか!じゃあ行こう!

ここに長居は出来ないからな!」

 

しかし、もう少し永昌の情報を

集めてからのほうが・・・

 

「ダメだ!そんな暇は無い!

いつ永安を占領した孫堅の軍勢が

くるかわからないんだぞ?!」

 

・・・かしこまりました

(あぁ、ここに居たくないだけか)

 

「南蛮って暑いんだよね!

気をつけなきゃ!」

 

「そうだな。病気とかには

気を付けないとな!」

 

・・・行きましょうか

 

 

 

「「「?!」」」

 

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

 

う・・・こ、ここは

何?動けない?!

縛られてる?!

 

「・・・う・・むぐ・・」

「・・と・とう・・・」

 

『お目覚めかい軍師殿?』

 

で、田階さん?!

ここは?コレは一体何の真似ですか?!

 

『なんの真似はこっちの台詞だ!』

 

この声は田豫さん!

 

『幽州から流れ流れて益州まで来た・・・

それはいい。俺らだって武人の端くれ。

勝った負けたに文句を言う気はねぇさ』

 

「・・・ングっ!・・あっ!・・」

「・・・や・もう・・やめ・・・」

 

ご主人様?!桃香様?!

アナタ達何を?!

 

『・・・田豫の言うとおり。

負けたのは俺たちの力が足りなかった

ってだけだ。だがな・・・』

 

「あうっ・・・あぁっ・・・!!」

「と・・うかっ!・・グッ・・!」

 

『あの種馬は許せねぇ。』

 

?!

 

『あぁ、留守を預かってて初めてわかった。

俺らが命懸けで戦ってるときに後方で支援

してるのかと思いきや、ずっと女と

乳繰り合ってるだけじゃねぇか!』

 

「・・うっ・だ・・・ごしゅ・・!」

「うぁ・・あ・・あぁぁあぁ・・・」

 

・・・あぁ

 

『龐統殿が死んだ時も、

関羽殿が死んだ時も、

張飛様が死んだ時も、

他人を戦場に送っておきながら、

自分は知らん顔でうまいもん食って

いい女抱いて!ぐっすり睡眠ときた!』

 

『ほら劉備サマよ!ご主人様を助けたけりゃ

しっかり奉仕しな!

じゃないとご主人様が死んじまうぞ?』

 

・・・そうでしたか。そうですよね

 

『それで自分が少しでも危なくなったら

逃げて今度は南蛮?ふざけてんのか?!』

 

「ご・・じんさ・・グプッ・・アウッ!」

「やめ・ろ・・やめて・・くれ!!」

 

『おいおい、止めたらご主人様が死ぬぞ?』

 

「だ、ダメ!ご主人様は・・・アウッ!!」

 

『俺らはアンタ等を手土産に孫堅様に下る。

少なくとも孫堅様は張飛様の死体を

辱めることはなかったからな!』

 

孫堅様が許すわけ・・・きゃっ!

 

『アンタの意見は聞いちゃいないんだ。

張飛様を支えてきたアンタは今まで

認めてたんだがな。あの種馬と

一緒に南蛮に行こうなんて言い出した

時点でもうダメだ。

少しは兵士のことも考えろや!』

 

・・・

 

「・・あん・・あっ・あっ!!!」

「・・・・・・」

 

『どうした?ご主人様が喋らなく

なったぞ?このままじゃ治療できんぞ?』

 

「ダメッ!!うっ・あっ・・あぁっ!」

「・・・・・・・・とう・・か・・」

 

『どーせ死ぬんだ。せいぜい楽しませて

もらうぜ』

 

・・・あぁ、ご主人様と桃香様しか

見て来なかったワタシの最後がコレ

ですか。

 

『自害なんかしたらご主人様と

劉備サマがどうなるかわからんぞ?

兵士はいくらでもいるんだ。

せめて劉備サマの負担を減らしてやるんだな』

 

・・・コレが報い・・・そうですね。

私にはコレが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ミミズの軍勢が投降してきた?

ミミズと気狂いと諸葛亮を捕えて?

・・・まぁ謁見しましょう通しなさい」

 

「はっ」

 

『こちらが、逆賊劉備と、

天の御使いを名乗る北郷。

伏竜こと諸葛亮です!!』

 

「「「・・・」」」

 

「・・・そうか、ご苦労。

徐盛、全員捕らえろ」

 

『『そ、そんな!!』』

 

「孫堅はミミズを認めてません。

まして主君を裏切って差し出すような

輩を認めることはありません。

見た感じ、あなた方も十分楽しんだのでしょう?

良かったですね。」

 

・・・ミミズ。

確かにそうでした

 

『『くっっ!!』』

 

「あぁ、李儒様から種馬一行に言伝です。

近いうちに来るでしょうから

来たら伝えるようにと言われてます」

 

 

 

 

『キサマらは無意味に死ね』

 

 

 

 

・・・あぁ・・無意味・・・でしたね

 

「以上です。徐盛、蒋欽。殺れ」

 

「「はっ」」

 

鈴々ちゃん・・・雛里ちゃん・・・

私たちは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はっ!勘違いヤロウどもがっ!」

 




感想にもありましたがね。
そりゃ刺されますってお話ですわ

Rな表現は苦手だぞ!

戦闘描写も苦手で
Rもダメって・・・何ができるんだ?
とか聞いてはいけない
いいね?

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。