とある策士の外史旅(仮)   作:カツヲ武士
<< 前の話 次の話 >>

165 / 186
李儒くん、絶体絶命のピンチか?!

オリ設定!
オリ展開!

原作はすでにない!
嫌いな人は読み飛ばしっ!


超敵強化より反転がウザイ

「しょしょしょしょ尚香様っ!」

 

いや、なんか危ない宗教団体みたい

だから、その呼び方は止めて欲しい

なぁ(´∀`)

 

「え?宗教団体ですか?」

 

うん、なんかね。

ソレはダメだって私の勘が言ってる!

 

「わ、わかりました!」

 

まぁ普通に呼んでくれれば良いよ。

それで、どうしたの?

 

「いやっ、劉表と偽帝の軍が攻めて

来るって!」

 

あぁ、ソレかぁ

 

「・・・妙に落ち着いてますけど、

もしかして嘘なんですか?」

 

いや、本当だよ?

 

「ふえぇぇぇぇぇ~?!じゃあ何で

そんなに落ち着いてるんですか?!

戦ですよ戦っ!」

 

いやぁ、私は普通に初陣終えてるし、

劉表の軍勢なんかただの雑魚だし。

 

「えっ?ただの雑魚なんですか?」

 

そうだよー。荊州から来る軍勢なんて

その気になれば半分でも滅ぼせるね。

 

「か、勝つとかじゃなくて、滅ぼすん

ですか?!」

 

うん。一人で二人殺せば終わりでしょ?

逃がさないようにするのが大変な

くらいじゃない?

 

「いや、そんな簡単に・・・」

 

だってねぇ。この間、陳宮さんと

呂布さんが来たでしょ?

 

「はい。呂布さんは白黒でしたけど

ちゃんと働いてましたし、とっても

優しい人でした!」

 

そうだよねぇ。それに、陳宮さんなんて

私たちとたいして違わないのに、

ずっと董卓さんの政とか戦に

参加してきた人だからねー。

凄い人たちなんだよ?

 

「ふぇぇ。優しいだけじゃ無いんですね?」

 

優しいってことは余裕が有るって

ことだからね。益州の白黒みたいに

簡単に噛みついたりはしないんだよ

 

「あぁ~今ならアレは余裕が無かった

んだなぁってわかります」

 

無職に余裕なんて無いよね(ФωФ)

 

「確かに、お母さんも不安だったから

お酒を飲んでたのかも!」

 

あ~ソレは微妙だけど・・・

それでね、あの呂布さんは

黄巾の乱のときに、一人で三万人の

賊を殺ったくらい強いんだよ?

 

「ふぇぇぇぇぇ?!三万?!」

 

そう。そんな人が南陽に居るし、

もう少しで公孫賛様が来るでしょ?

 

「あ~!公孫賛様は知ってますよ!

漢最強の騎兵を率いる最強の将軍様!」

 

そうだねぇ。筆頭様ですら騎兵の指揮

では敵わないって認めてる公孫賛様と

その両翼の公孫越様と趙雲さんも

来るんだよ?

 

「す、凄い人たちが来るんですねっ!」

 

そんな凄い人たちより強くて怖いのが

教頭先生なんだから(゜∇^d)!!

 

「ふぇぇぇぇぇ?!教頭先生って

頭が良いだけじゃ無かったんですか?!」

 

あぁ、まだ教頭先生から修行はつけて

貰ってなかったか~

 

「はい。まだ基礎が出来てないからって

皆さんに鍛えて貰ってます!」

 

なるほどなー。

まぁ、今はソレは良いとして

そんな人たちに、荊州から一万で

許昌から三万五千って。

馬鹿じゃない?ってお話だよ!

 

「はぁ~余裕が有るんですねぇ」

 

私も孫家の兵隊さんと益州の兵隊さん

を見てわかったんだけどね。

 

「何をでしょうか?」

 

南陽の兵隊さんに比べたら、アレは

兵隊さんじゃないね。

 

「そ、孫家の兵隊さんもですかっ?!」

 

うん。全然違う。

 

『ほほう、随分楽しそうな話を

してるねぇ』

 

「えっ?」

 

あっお母様も来たんだ?

 

『おう、こんな楽しそうな見世物、

見に来ないわけが無いだろ?』

 

まぁそうだよねー。

あ、策姉様に権姉様お久し振り

でーす(ФωФ)ノ

 

「はいはい、お久し振りね」

 

「久し振り。元気そうね」

 

『ところで尚香様~?』

 

ん、どうしたの陸遜?

 

『そこでドゲザしてる子は・・・?』

 

「「いつの間に?!」」

 

あ~偉い人に会って、緊張すると

土下座しちゃうんだよねぇ(´∀`)

 

『まぁ、対応としちゃぁ間違ってないが』

 

「あ、あ、あ、あんなん将軍様に

お目にかかれて光栄でございますっ」

 

『いや、なんつーか、うん』

 

教頭先生には普通に接する

事も出来るんだけど、筆頭様とか

シロさんになるといまだにこんな

感じだね。

 

「司馬様も居るの?ねぇ劉表大丈夫なの?」

 

呂布さんも居るし、董卓様や

公孫賛様も来る予定だよ~

 

『「「「おいおい、死んだな」」」』

 

だよねー。あ、黄敍ちゃん、お母様

相手でもここじゃ土下座は要らないから

 

「ふぇぇぇぇぇ?!でもでもっ!」

 

『黄敍ってことは璃々かい?いや、

随分大きくなったじゃないか?!』

 

「あ、本当だ、どっかで見たことある

なって思ったら璃々ちゃんじゃない!」

 

「そうか、どこかで見た気がしてたのよ!

黄忠さんとこの璃々ちゃんか!」

 

やっぱりみんな、知ってるよねぇ

 

『ま、心配してたからね。こないだ

黄忠からココで世話になってるとは

聞いてたが、尚香の弟子みたいな

感じなのかい?』

 

「えっと、そのですね!」

 

そんな感じだよ~私も教えて覚える

時期だって言われて、二人で、いや

袁術ちゃんも加えて、三人で天下

目指すんだ(゜∇^d)!!

 

『「「天下ぁぁぁ?!」」』

 

 

――――――――――――――――

 

 

 

賑やかなのは良いことだが、白っ子

 

「はいっ!」

 

軍議が始められんからネコモドキを

連れてきてくれ。

 

「はいっ!」

 

あぁ、孫堅たちは用意していた

宿舎へ行くように伝えてくれ。

場所は黄敍も知ってるだろうから

黄敍に案内させるように。

 

「はいっ!」

 

さて、客人が続々と集まっているが

肝心の敵の準備がまだ出来ていない。

 

『何をしてるんでしょうね?』

 

蔡瑁が圧力だけじゃなくて、本格的に

攻めるべきだと提案して、劉表の

方もソレに乗っかった形だよ。

 

『なるほど、では長安は?』

 

こっちからの援軍要請待ちだ。

 

『援軍を入れて膠着状態にしてから

交渉を行いたいと言うわけですね?』

 

そうだな。だが、普通に援軍を送ったら

俺が増長するから、俺から援軍要請

が来るのを待ってる感じだな。

 

『この期に及んで・・・』

 

所詮その程度の連中だ。

もう要らん

 

『では?』

 

予定よりは少ないが、奴等を

血祭りにあげて計画を発動する

 

『「「「「はっ!!」」」」』

 

「教頭先生!連れてきました!」

 

「すみません!遅れましたっ!」

 

白っ子は相変わらず仕事が早いな。

 

「はいっありがとうございます!」

 

ネコモドキ

 

「は、はいっ!」

 

今回は来客の応対が入ったから許すが、

基本的に軍議に遅れる場合は

その理由を誰かに伝えるように。

今回の場合は、孫堅を案内してきた

女官だな。

 

「はいっ!すみませんでしたっ」

 

反省は次に活かしてくれれば

良いさ。

さて続きだが、さっきも言ったように

敵の数が増える予定だ。

 

『予定では許昌から五万、荊州からは

二万五千です』

 

いやはや大軍よな?

それに対して南陽は三万ときた。

普通なら籠城して時間を稼ぐしかないな?

 

『まぁ、そうですね。

あぁ、ついでに言えば連中は各個撃破を

されぬように歩調を併せて来るようです』

 

董卓に殺られて多少は成長したようだが、

根本的なところは何も成長していない。

 

『荊州の将はまともな戦を

知りませんから』

 

孫堅に散々に殺られてもまだ気付かん

らしいな。

そんな阿呆な劉表軍。

荊州方面からの軍を率いる将は黄祖。

副将に陳到と張虎、陳生。

 

この二万五千の敵を迎え撃つ将は李厳。

副将に徐庶、陳登、孫尚香。軍師に張松。

兵は一万だ。

 

ちなみに黄祖は黄敍とは関係が無いそう

なんで、殺しても構わん。

 

『「「「「はっ!」」」」』

 

許昌から来る五万の軍勢の

主力は蔡瑁率いる三万。

副将に文聘、張允、蔡中、宋謙

徐州から糜竺が率いる一万

副将に糜方と曹豹。

曹操配下楽進が率いる五千。

豫州の劉勳とか言うのが五千。

 

コレには俺が出る

兵は一万で良いな。

 

『「「「はぁ?!」」」』

 

『いや、師が出るんですか?』

 

「先生が出たら戦になりませんよ?!」

 

「「「そうです。我々にも役目を頂かないと!」」」

 

いや、張任や法正、孟達が暇してるのも

わかるんだがな

 

『それに師には客人のお相手が

あるのでは?』

 

「「「そうですよ!」」」

 

いや、客人の相手は弟子と白っ子に任せる

 

『「えっ?!」』

 

いやいや、お前ら来る気だったのか?

 

『「もちろんです」』

 

そりゃダメだろう。

お前らは本来居ないんだからな?

 

『いや、確かにそうですが』

 

「いや、アレですよ?五万もの大軍を

相手にするなら私たちも必要ですって」

 

「「「いや、貴女方がいたら我々の

仕事がなくなるんですが?!」」」

 

『いや、張任殿は宛の守備があるで

しょう?留守役も大事な勤めですよ?』

 

「いや、それなら筆頭殿でも良いだろ!」

 

『まさか、私はここに居ない

人間ですから』

 

「あ、お前アレだろ?!」

「将としてじゃなく、弟子として

着いていくつもりだろ?!」

 

『それが何か?』

 

「「汚ねぇぞっ!」」

 

『いや、師が出るなら弟子も出ますよ?』

 

「お二人が出るなら私もです!」

 

「「「仕事が無くなるからヤメロって!」」」

 

おいおい、5倍の兵に野戦を挑むとか

普通はやらんぞ?

籠城してた方が安全だぞ?

いざとなったら呂布とか公孫賛居るし

 

『「「「「いやいやいや」」」」』

 

『そのいざってときが無いでしょう?』

 

「そうですよ!普通に正面から殲滅して

終わるじゃないですか!」

 

「恐らく見学者の皆さんも戦を

見たがると思いますよ?」

 

「「「「私たちもそっちが良いです!」」」」

 

あぁん?我が儘抜かしやがって。

 

『いや、てっきり李厳殿と張任殿に

任せると思ってましたから』

 

それじゃ俺が暇だろうが

 

「「「この間荊州行ったじゃないですか!」」」

 

まぁ、そうなんだかなぁ。

 

『それでは、先に荊州方面の軍勢を

潰してから許昌方面の敵に当たっては?』

 

あぁ?変則的な各個撃破だが、

出来るだけ引き寄せてから

叩けば時間の短縮にもなるって寸法か?

 

『そうですね。それにそれなら見学者も

両方の戦を見れますし』

 

あぁ~見学者に見学させないのは

アレだよなぁ

 

「「「そうですよっ!」」」

 

いや、けどそれだと許昌方面の軍勢が

無駄に遅滞戦を行うことになるぞ?

 

「「「お任せ下さい!」」」

 

あぁ、お前ら得意だったな。

 

「「「はっ!」」」

 

わかったわかった。

なら変更な。

すまんが李厳、俺が指揮を

執るから副将に回ってくれ

 

「はっ!」

 

許昌方面は張任を主将として

副将に法正、孟達。

兵は一万五千だ。

 

「「「はっ!」」」

 

荊州方面を殲滅したら許昌方面の

援軍にいく。

その時の距離にもよるが三日か四日

は掛かるだろう。

潰せるなら潰しても良いが、逃がす

可能性を考えたら遅滞に専念して

奴等を逃がさんようにしてくれ

 

「「「はっ」」」

 

弟子と白っ子は・・・まぁ良い。

着いてこい

 

『「はいっ!」』

 

留守は張既と王累。主将に張勳だな。

 

『えぇぇぇぇぇぇ?!』

 

いや、白っ子に鍛えられてるお前なら

問題無いだろ?

袁術を守って見せろよー

 

『あ、あぅぅぅ美羽様ぁぁ~

七乃は頑張りますよぉ~』

 

「あぁ、確かに張勳ならお母様とも

知り合いですし、豫州牧の袁術ちゃん

と一緒なら他の方々の応対にも

問題ありませんね!」

 

『なるほど、確かに。袁術も

最近は礼儀作法も覚えて来ましたし

応対の仕事をさせるのも良いですね』

 

「裏切れるくらいの武力は

まだないですから安心してください!」

 

『美羽様ぁ~助けて~』

 

いや、何もなければ袁術と茶を飲んでる

だけの簡単な仕事だぞ?

今のところ、基本的には不測の事態とか

起こる予定は無いからそのままやってくれ。

 

『予測できないから不測の事態じゃ

ないんですかぁ~?』

 

今のところ何かしそうなのは長安

だけだが、洛陽を無視してこっちに

兵を出すか?って感じだし。

曹操は楊修が引き付けてるし。

他になんかあったら、まぁ公孫賛やら

呂布に頼めば、断りはしないだろうさ

 

『うわぁ。不測の事態が起こる余地が

無いんですねぇ。わかりました。

留守のお役目、拝領します』

 

納得してくれたようで何より。

 

んじゃ、阿呆どもの簡単な殲滅を行うんで

各自用意をするように

 

『『「「「「はっ!!」」」」』』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『『「「「「はぁ?李儒様が出る?!」」」」』』

 




またまた「なんですって?!」回避!
はおー様はニュータイプなのかっ?!


まさかの敵強化!
最後に『か?』がつけば許される
東スポルールっ!!



幼女を護るために変身した青紳士だが、
南陽に迫る悪党に冤罪を着せられ、
警察に追われることになった・・・
途方に暮れた青紳士の前に、
私服の刑事が現れる!

刑事は敵なのか、それとも味方なのか?!
その手に持ったトレンチコートは
何を意味するのかっ!!


次回、走れっ!紳士服のアオヤマ

復路と袋は関係ないぞ!


・・・もうグダクダってお話



感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。