とある策士の外史旅(仮)   作:カツヲ武士
<< 前の話 次の話 >>

26 / 186
愚痴を聞かされた熟女のお話し

アンチヘイト?

短いですが、拙作は
皆様に行間を読んでもらう気
まんまんですので、こんなもんです

オリ設定
オリ展開  

後半ちょっと訂正

最後一文追加です


みんなが笑ってるー

・・・・・・腹が立つ!

 

 

 

「・・・・・・堅殿?」 

 

 

・・・・・・・・・・・腹が立つっ!!

 

 

 

「・・・・・・か、母様?」

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・腹が立つっっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「「「「「・・・・・・」」」」」

 

(え、冥林、母様って州牧様と飲んでたんじゃないの?)

 

(いや、私もそう聞いている。祭殿は?)

 

(青椒肉絲は食べたみたいじゃが・・・思春?)

 

(さすがに味方の州牧様の御寝所は・・・)

 

(あぁさすがの思春も猫フンドシは嫌か)

 

(雷火、アナタね・・・明命の目が今、死んだわよ)

 

(粋怜サマーネコネコカワイーデスヨー)

 

 

「・・・・・・・・・・・・・・・」

 

(・・・祭)  

(雷火・・・)

 

((ここは任せた!))

 

((まてまてまて))

 

(いや、儂はな、常日頃から思っておったんじゃ)

 

(あぁん?)

 

((((・・・・・・))))

 

(例え堅殿の機嫌がどれだけ悪くなろうと、言うべき事をしっかりと口に出来る雷火こそ、孫家の柱じゃと!)

 

((((・・・うわぁ))))

 

(いやいや、そこまで言われたらしょうがないの!)

 

(チョロ・・・いや待て、やけに素直じゃな)

 

((((・・・・・・))))

 

(つまりは今、儂は倒れる訳にはいかん!祭、任せた!!)

 

((((・・・うわぁ))))

 

(いやいやいやいや、考えても見ろ!今の堅殿はアレじゃぞ!いつぞやの軍議の時並に危険じゃぞっ!)

 

(儂、それ見てないからのぉ~策殿?)

 

(あぁ匹敵するわね。具体的には、下手に触れたら南海覇王を頭で受ける事になる)

 

(尚更行けるかぁ!儂文官じゃぞっ!か弱い文官!!)

 

(だからこそじゃよ!逆に考えるんじゃ!!)

 

(あぁん?)

 

(今の堅殿相手に中途半端に強い場合、手加減失敗したら爆発四散待ったなしじゃ!)

 

(・・・成程、一理あります)

 

(冥琳?!)

 

(雷火様ならば手加減以前の問題、ならばこの場にいる誰よりも、ある意味で一番安全です)

 

(・・・ソレって堅殿に最低限の分別ある場合よな?)

 

((・・・))

 

(見ろ!椅子を握ってるワケでもないのに、椅子全体がギシギシ言っとるぞ!)

 

((・・・))

 

(いや、何か後ろの景色が歪んで見えるんじゃが、アレホントどーなってるんじゃ?策殿、アレ出来るかの?)

 

(出来るわけないじゃない。私はまだ人間辞めた覚えはないわよ。祭、気の応用とかで出来る?)

 

(いや、無・・・出来る・・・のか?)

 

(そう言えば、聞いたことがあるわ)

 

(((知ってる(の?)(のか?)(んですか?)粋怜(様))))

 

(祭は知ってると思うけど、武の世界には明鏡止水という言葉があります)

 

(おう、無論知っとる。じゃがあれは・・・凪いだ湖の湖面の如く、穏やかな気持ちで感情の起伏を抑える必要があるはずじゃろ?)

 

(基本的にはそうね)

 

(((基本的?)))

 

(えぇ、例外があるの。ソレが、波すら起きないほどの激しい怒りによって目覚める境地!)

 

((((えぇぇぇぇぇぇぇ))))

 

(・・・成程、一理あります)

 

((( 冥琳(様)?!))))

 

(考えても見ろ、雪蓮。どんなに怒り狂っていても、殿は扉を壊したりせず、扉を開けて部屋に入ってきた。)

 

(((((確かに))))

 

(つまりはあれだけの気を纏いながらも、最低限の冷静さは持ち合わせていると言う事の証だ)

 

((((おぉ~))))

 

(と、言うワケで雷火様、出番です。)

 

(おぉぉぉう)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁぁぁもぅ!自分の視野の狭さに腹が立つっ!

 

 

・・・あの軍議から一ヶ月

 

馬騰殿の屋敷にお邪魔して、

互いの情報の擦り合わせと、

小蓮について相談しつつ

洛陽のお酒を飲ませてもらおうとしたら、

あの衝撃の事実!

 

 

 部屋に入ったときの

「あぁアンタ知ったのかい?」

ってそーゆー事だったの?!

 

どんだけアホ面晒したのか、想像もつかないわよっ!

 

 

まったくっ!

馬鹿正直に情報収集してたアタシって何なのよ!

 

李儒を敵に回さないように、

アレの周囲の動きを全く探って無かった!

 

いや、アレの動きだけ見てもわからなかっただろう!

 

何せアレがやってるのは、文官不足で滞ってた書類仕事を捌いてるだけなんだからな!

 

 あくまでも、溜まってた仕事。新しいことじゃない!

 

 特に手を付けたと言えるのは、都の担当者に無駄な時間を使わせたり、中抜きをさせないように司馬懿を直接洛陽に行かせただけっ!

 

 アタシが戦支度をしている間に、ヤツは戦を終わらせていた!!!

 

 情報収集云々は、アタシ達が韓遂や羌賊に手を出さないようにするためのソレっぽい口実っ!!

 

 アタシ達が動く前に物資が来たら、馬騰殿が韓遂に降伏を勧告して終わり!

 

 涼州は物資を得て

 李儒と、アタシは乱の鎮圧の勅を達成した

 武功が手にはいる。

 しかも誰も死んでない!(犠牲者密偵一人?)

 賊にも戦わずして勝つってこーゆーことかっ!

 

馬騰殿や何進の目的を考えたら羌賊を討つ必要がない。

 

 なんたって洛陽の人間は

「漢の威光があれば賊なんぞ戦う前に降伏する!」

 

 って言う戯れ言を本気で信じてるから!

 で、奴等は羌賊の首何て求めて無い。

 あくまで韓遂の乱なのよ!

 だから、戦わずして韓遂を降伏させたなら

 堂々と凱旋出来る!

 韓遂は恐らく馬騰殿預りで、涼州に追放。

 洛陽の人間からしてみたら極刑みたいな

 モノだろうさ。

 

 羌賊にしたって、韓遂に乗せられただけ。

 

奪うモノも無いのに、準備万端備えてる

敵に向かって来るほど馬鹿じゃない。

 

勝っても負けても下手に損害を出したら、他の勢力争いをしている氏族に弱味を見せることになるからね。

 

 あぁ、クソっ!

何進と馬騰殿の間に繋がりがあることは知っていた。

けど馬騰殿と、韓遂に繋がりがあるとは・・・

 

 何が書類仕事が苦手な田舎の州牧だ!

 何が政のなんたるかも知らない肉屋の娘だ!

 何が江東の虎だっ!!!

 明らかに足りてない!

 アタシは所詮一軍の将でしか無かった。

 恐らく、仮にだが、今のアタシが何進に

 敵対したら、気付く前に手遅れの状態に 

 されて、一撃で殺されるだろう。

 情報を集めても、使いきれてない。

 情報を求めるべき場所を理解しきれてない。

 己の武力に自惚れていたっ!

 アタシが強いんじゃない!

 今までは敵が弱かったんだ!

 

 学んだよ。

 戦場で油断、増長は死を招く。

 当たり前の事がわかってなかった!

 

 だがっ覚えたぞっ!!(南海覇王振り抜く)

 

 これでアタシの隙は1つ減った!

 

 あぁ李儒が情報収集と言ったのはソレもか。

 ワザワザ明命を返してきたのも、アタシに学ばせる為。

 

最初から気付いていたヤツから見たら、

軍議で主導権を握ろうとしたアタシの行動はどう見える?

 

時間とヒントを貰っておきながら

何も気付かなかったアタシはどう見える?

 

 江東の虎(笑)と無駄に達筆な字と一緒に

 描かれていた、虎柄のネコかっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  誰か小蓮呼んでこいっっっっっ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・ところで粋怜。何で雷火が気絶してるんだ?

 




みんな仲良し楽しい孫呉

その道は前に弟子が通った道

野菜の王子様もびっくりですね
熟女強化フラグ

被害者、原作小悪魔、ロリBBA

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。