とある策士の外史旅(仮)   作:カツヲ武士
<< 前の話 次の話 >>

43 / 186
とうとうやってきた原作キャラ!!

コレがコウメイの罠!!

文才と絡むきっかけがないんだよぉぉぉぉぉ

原作蜀アンチ・ヘイトあり

オリ展開オリ設定


理想を抱いて溺死しろ

「頼もぉ~う!」

 

「「・・・」」

 

「頼もぉ~う!!」

 

 

(おいおい、誰だ?教頭先生と筆頭様の屋敷の扉を叩いて大声挙げてるヤツ)

 

(肝試しにしても無謀過ぎない?いや、肝の大きさはわかったけど!)

 

(開くぞ、恐怖公の部屋の扉が開くぞっ!」

 

(何であたしたちが幽州の人材の相談しているときにっ!!)

 

 地味姉妹・・・

 

「「はいっ!!」」

 

 私と、師に、内密で、ナニカ、頼、み、ま、し、た、か?

 

「「滅相もございません!!!」」

 

 ふむ・・・

 

 ((あぁ~巻き添え確定だよ))

 

 「頼もぉぉぉうう!!」

 

 ((もうヤメロよ!))

 

 声の張りと高さから、女性で年齢はこれくらい・・・

 口の高さはこのくらいで、のどの太さは・・・こうですね

 

 ((えぇぇぇぇ))

 

 呼吸の深さと声量を出す為の肺活量を考えたら

 鼻はこう、口はこう、体つきはこう・・・

 

 ((絵えぇぇぇぇぇぇ?))

 

 扉を叩く音から、腕はこのくらいの高さで、太さはこう。

 で、この体格があれだけの音を出すと言うことは

 踏み込みの感じはこうだから、足は、こう。

 

 ((おいおいおいおいおい))

 

 あとは目と髪ですか・・・伯師妹?

 

 (ザッ!!)

 

 あぁ、髪は青で、目は赤?

 長さは・・・こうですか。

 目の大きさは・・・ほう。

 

 (まさか色まで再現するとは)

 (わぁ~ぉ~)

 

 服装は白っぽいヒラヒラした露出多めで

 赤い槍?

 

 ((うわぁぁぁぁ))

 

 これは、ふむ・・・常山の趙子龍ですね

 

 ((肖像画が完成した?!))

 

 「誰かおらぬぬかぁぁぁ?!これだけの屋敷で無人はありえんだろぉぉ」

 

 傍若無人・・・十分な愛を受けて育ったのでしょう

 

 ((アイツ・・・もう黙れよ))

 

 「まさかの居留守?!誰かも分かってないのに居留守されてる?!」

 

 それなりの扱いもされてる・・・十分な哀しみも経験しているのでしょう

 

 しかし・・・・・・

 

 ・・・伯師妹。

 

 (ジャッ!!)

 

 「おぉぉぉい!破るぞ!もう破るぞぉ”ぉ”ぉ”ぉ”ぉ”ぉ”ぉ”ぉ”ぉ”ぉ”?!?!」

 

 漠たる死に安らぎなし・・・

 

 凌辱がないでしょう?

 

 ((尊厳が・・・消えた?)) 

 

 さて地味姉妹

 

 「「ハイっ!シロさんに代わり、縛って持ってきます!!!」」

 

 ふむ、哭かせる必要はなさそうですね。

 

 「「ありがとうございますっ!!」」

 

 ((間違ってたら絶対10年分泣かされたな))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、田舎の山の長の子が一体何用ですか?

 

「常山の、趙っ!子龍っ!!無礼であろうっ!!!!」

 

 ((お前が言うな))

 (ギラッ!)

 

 無礼・・ですか、九卿で安北将軍の我が師の家に約束も無く現れ

 

「・・・」

 

 迷惑も考えず大声で叫んだ挙句

 

「・・・」

 

 その門を破ると口走った浪人が居るらしいですね? 

 

「すみませんでしだぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”!!」

 

 (チラっ)

 ((あ、なんか既視感))

 

 で、何の用です?

 

 「う、何だ今の・・・意味が分からん”ん”ん”ん”ん”ん”っ”!!!」

 

 質問に答えなさい。無礼でしょう?

 

 「いや、答えられぇぇぇぇぇぇ!!」

 

 返事はハイです

 

 「ハイっ!暗黒将軍を見定めに来ましだぁぁぁぁぁぁ」

 

((馬鹿だ、コイツ馬鹿だ))

 

 半周回って冷静になれましたよ。その全身胆力と言うべき度胸は買いますが・・・

 

 (チラっ)

 

 いえ、構いません。で、アナタごときが師の何を見定めると?

 

「ご、ごときっっですよねっっっ!私浪人ですし!ハイィィィィィィ!」

 

 質問に・・・

 

 「ハイっ!黒山賊を生き埋めにしたと聞き!どういうつもりだったのかを確認にきましたっ!!」

 

 いや、何で師が貴方の好奇心を満たさなきゃいけないんですか?

 

 「ハイっ!納得出来たら我が槍を預け、出来なかったら性根をぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

 

 ((・・・狙ってるのかな??))

 (ガチン、ガチンっ)

 

 浪人が何様ですか。

 

 「ごもっともです!!調子に乗ってました!趙子龍だけにっっっっっ!!」

 

 名家に浪人冗談が通用するわけないでしょう 

 どうせ残虐非道鬼畜外道腹黒無慈悲腐れ目人外暗黒将軍

 なんて家の格と財で成り上がった考えなしで

 民を見ていない非情のボンボンなんて思ってたのでしょう?

 

 前半の称号と名称はともかく、中盤と後半は事実無根。

 

 普通に不敬ですよ?

 

 「え、そこまでは・・・」

 

 ((不敬とは・・・))

 (コクコク)

 

 いいですか、山の子にはわからないかもしれませんが

 特別に、教えましょう

 

 「山の・・・ハイっ!お願いします!!」

 

 確かにこの洛陽、いえ、漢と言う国には

 官位を持つことを目的として財を貯め、

 官位を買った後で民から財を搾り取る。

 賊を生み出す、国賊と言うべきゴミが溢れています。

 

 「「「・・・」」」

 

 清流派を自称する連中は、そのような

 国賊を生み出す売官という制度を

 予算獲得の為に漢帝室の権威と誇りを

 売りはらう愚行と言います。

 

 「・・・違うと?」

 

 無論です。 

 

 師曰く、アレは漢を立て直すことが出来る最後の策 

 

 「まさか!」

 

 アレの問題は、先ほど言いましたが

 民から財を搾り取るために官位を買う連中の性根が問題なのです

 

 「・・・?」

 

 あぁ、わかりませんか?

 では負の面だけでなく、正の面を教えましょう

 

 「正の面・・・」

 

 表と裏と言う方が分かりやすいですか?

 物事は一つの方向から見ただけではわかりませんが

 必ず表裏があります。

 

 「表裏・・・」

 

 売官は言い換えれば、財を集める才を証明すれば。

 血筋や派閥に関係なく役職に就ける制度です。

 

 「「「あっ」」」

 

 適材適所と言いますが

 政を行うためには様々な力が必要です。

 

 官位を買えるくらいの財を集める。

 それは立派な才の証明ではありませんか?

 

 「はい・・・」

 

  それが借金なら資金を融通できる人間との人脈と

 その者から借金できるという信用の証明。

 

  派閥から融通されたなら、為政に多かれ少なかれ

 派閥の力を使えると言う証明。

 

 「・・・」

 

 政にはどうしても資金が必要です。

 そしてそれを集める力が無い者に、

 綺麗ごとしか理解できず、泥水を飲む覚悟の無い者に

 政に関する役職に就かせることはできません。

 

 「為政者としての最低限の力を証明する制度だと?」

 

 正しく使えればそうです。

 後は借金の返済計画と収支の計算が正常にできれば

 売官とは、正しく能力のある人間がその力に見合った

 役職に就く事ができる制度。となります

 まぁ、限度はありますがね。

 

 で、官位を売って得たお金で、国から官位を買った者に多少の支援をすれば

 あとは・・・健全化するでしょう?

 

 「「「確かに!」」」

 

 だから、問題なのはその役職を買った者の性根なのです。

 

 「「「あぁ~」」」

 

 清流派を名乗るほど清いなら、このことにだって気付ける。

 気付いたなら自分たちで買えばいい。

 

 一人で無理なら10人で買えばいい。

 けどできない。何故かわかります?

 

 「・・・」

 

 気付く頭が無いのと、互いが信用出来ないからです。

 

 例えば先ほどの例えですと、10人で1つの官位を買ったとき、

 代表として官位を得た人間が信用できないのですよ。

 

 彼らは100年以上、他人の足を引っ張ってきた連中で

 個人よりも家を重視するからです。

 

 「・・・」

 

 どんなに同士と言って、何かを約束をしても

 一族の栄達を優先するからです。

 儒の教えに従ってね。

 

 「・・・だから、官位を買うのは」

 

  そう資金のない自称清流派ではなく

 名家や宦官の紐付きですね、何進も買ってはいますが

 基本的に名家に嫌われてますので、官位を渡しても

 連中は恩になど思わないでしょう。

  

  むしろ貰ってやったと嘯いて、派閥としては

 何進の敵である名家に付くでしょうね。

 

 「では売官で漢を救うには・・・」

 

 地方の管理官のみに限定。最高で県令や太守ですね

 で、査察官を真っ当な人間にする必要があります。

 この査察官は帝のみが知り

 帝のみが認める人材でなければなりません。

 宦官や名家、軍部の干渉を受けない人間です

 

 我が師なら適任ですが・・・

 既得権益に溺れた連中が認めません、もう無理でしょうね。

 

 「では中央の名家や役人が腐ってるから・・・漢はもう?」

 

 それは馬騰が過去に通った道ですね

 

 「涼州の?」

 

 えぇ、興味があるなら聞きに行けば良いでしょう。

 私からの言葉だけで、全てを決定されても困りますし

 

 「アナタは答えを得ているので?」

 

 私ではありませんよ。

 

 

 

 我が師です。

 

 

 

 「・・・では李儒様は?」

 

 弘農の荘園の税率は3公7民ですね

 

 「さんっ!!」

 

 いいですか?

 為政者は愚か者の頭の中にしかない、実現できない無責任な夢を魅せるのではありません。

 

 民の全てを背負って進む、その背中を魅せるのです。

 一歩一歩踏みしめて、歩んで、その背中についてきた皆で作り上げた道を魅せるのです。

 そして共にその道を進んでいれば見えるであろう、家族の・友の・仲間の未来を魅せるのです。

  

 あなたの求める綺麗な理想をかかげる高潔な人間が

 民が夢見る綺麗ごとしか言えないであろう人間が

 

 「アナタが否定しようとした残虐非道鬼畜外道腹黒無慈悲無情腐れ目人外暗黒将軍と同じことできますか?」

 

 ((なんか増えてない?))

 (ぐっ!!)

 

 さて、この話を踏まえた上で、師の行いの表裏ですが・・・

 

 「「「・・・」」」

 

 地姉?気付いてますか?

 

 「ココで私ぃ”ぃ”ぃ”ぃ”ぃ”ぃ”ぃ”ぃ”!!」

 

 返事は・・・

 

 「ハイっ分かりません!!」

 

 ・・・・・・・・・山の子

 

 「ハイっ分かりません!!」

 

 いえ、アナタがわからなくてもしょうがありません

 アナタはまだ師の背中を見ていないのですから。

 

 「ありがとうございますっっ!!」

 

 いや・・・何故感謝?

 まぁ良いでしょう。山の子、答えを知りたいですか?

 

 「・・・ハイ。私は何も知らないのだと思いました」

 

 ふむ、足らぬを知りますか・・・

 地姉?

 

 「ハイっ!」

 

 この、山の子を幽州に連れて行きなさい

 

 「「ハイ?」」

 

 やや歳がアレですが、この娘はそこそこ伸びます

 

 (歳・・・娘って、あれ?)

 

 何か?

 

 「ハイっ頑張って成長します!!)

 

 良い心がけです。

 幽州には現在、師が行っているモノがいくつかと

 その結果がいくつかあります。

 

 それは師が歩んだ道をアナタたちに魅せるでしょう

 ・・・まぁ理解するだけの基礎は必要になりますが

 地味姉妹はそろそろわかるでしょう

 山の子は、地味姉妹の元で学びなさい。

 

 あぁ、山の子は、コレから何か予定でもありますか?

 

 「いえ、世間を回り見識を広めようとしておりましたので」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 働け。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 無職の穀潰しが師を量ろうとするとは何様ですか。

 

 「ぐぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”l!!!」

 

 ((いや、ほんと狙ってない?))

 (カリカリ)

 

 まぁ良いでしょう。今後に期待します。

 

 「あっ!」

 

 何です?

 

 「ハイっ連れが居るのでどうしようかと!!」

 

 連れて行くなり別れるなり、好きにすれば良いでしょう?

 貴方たちの行動と選択を尊重しますよ。

 

 「わかりました!とりあえず相談してみます!!」

 

 えぇ、では地姉。今後はこの山の子も将として・・・

 その前にとりあえずは出張所で研修ですかね?

 

 「「そうですね。鍛錬の前に一回は矯正が必要ですからね」」

 

 フム・・・では李厳殿にお願いしておきましょう。

 後で手紙を書くので、取りに来て下さい。

 

 「「ハイ」」

 

 では、今日はこの辺で良いでしょう

 

 「「ハイっありがとうございます!!」」

 

 伯師妹、師と飲茶行きますか?

 

 (コクコクっ!!)

 では行きましょう。

 

 うん?どうしました山の子??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ハイっ!矯正ってなんでしょう!!」

 




熱い蜀アンチ 弟子だもんね!仕方ないね!

作者はの中では 魏は歴史?モノ
        呉はアットホームな人情モノ    
        蜀はエロゲ

 拙作でも徐晃さんと山の子は知り合い設定ですが 
 コウメイの罠により絡めませんでした。

原作が・・・近い!

 売官に関しての考察は当然否定意見有るでしょうが
当時の後漢はこの制度が無ければ、名家・宦官の紐付き以外の
人間が出世できません。
 コネの無い人間にとってはある意味救済。
ただ、国の為に出世したいのではなく、良い生活がしたい
が為の出世ですので、国家的には成功の目はありませんでした。
 つまりはその場しのぎの金稼ぎですね。

あくまで理想論なんからね!
勘違いしないでよね!!

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。