とある策士の外史旅(仮)   作:カツヲ武士
<< 前の話 次の話 >>

46 / 186
はおー様サイド


原作アンチ・ヘイトあり

オリ展開、オリ設定!

嫌なら読み飛ばしさ


少女(はおー)が見た流星

白蓮が州牧で羽林中郎将で妹に騎都尉・・・

元々州牧の董卓も羽林中郎将で、将の張遼に騎都尉

 

まぁ辺境の州牧なんて誰もなりたがらないし

元々幽州の軍閥の纏め役の公孫家で、黒山賊と

騎馬民族との戦・・いくさ?で上げた武功を考えたら

妥当・・かしら

 

と言うか白蓮。

李儒の家の前で無礼を働いて連行されたって聞いたけど

・・・生きてたのね。

 

まぁ、いいわ(ソラ

 

で、何故か長沙の孫堅にも騎都尉

 

名目上は荊州南部での山越との戦での武功

と交州との繋ぎ役ね。まぁ無位無官にさせる

事じゃないから、今更ではあるけど、必要よね。

 

さらに騎馬民族たちに将軍位をそれぞれ一つで計四つ。

 

コレは、大盤振る舞いに見えるけど

今までは王だの公を与えていたのを

将軍位にしたんだから、洛陽からみたら

降格人事よね。

以前はともかく、今の

騎馬民族達は洛陽の官位を求めては

いないから、これは洛陽向けの宣伝ね。

見事としか言いようがない。

 

 

将軍府の人間は軒並み昇進

大体階位1つ。まぁ軍部の官位役職は

名家が拘る洛中の正式なモノとは少し違うし。

 

で、自分には無し。

 

必要以上の無欲は相手に警戒と敵意を

部下に不満を生むのに、誰一人異を唱えなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも北方の賊を放置していることが恥。

黒山賊が漢に背くなら、賊滅は安北将軍としての当然の責務。

あの程度の賊を葬って褒美は貰えない。

 

 ただ、維持に予想以上に予算がかかりそうなので

予定より浮いた分の予算からその2割を

将軍府の追加予算とさせて頂きたい。

 

 残りの八割は漢のために使ってくだされば

臣として、これに勝る栄誉は有りません。

 

 

 

 

 

 

 

 これじゃダメとは言えないわよね。

 

 さらりと二割貰ってるから、決して無欲じゃないし。

 

 数万、まぁ今までなら最低三万よね

三万の兵をさらに最低で三年派遣する予算から

二年の準備と将軍府の現地支部作成にかかる予算。

 

洛陽から連れて行った五百の兵と、

幽州と并州から招集した一万を

あぁ給金は常備兵で州の予算だから

かかるのは兵糧か・・・まぁ最大

半年間養うとして、その為の兵糧を引く

 

・・・やつらの予算は中抜きが前提だから

準備の予算案にその分を含むのは当たり前。

 

結果出てくるこの予定予算案から

実際かかった費用を引いたら。

 

 

・・・概算でコレか、とんでもないわね。

 

 

コレの残りの八割を皆さんで分けて下さいって

言われたら喜んで2割あげるわ。

 

大体が本来は自分達には

触れない予算なんだもの。

官位だって役職だって認めるわ。

むしろもっと上げておこぼれ貰おうと

したんじゃないかしら?

 

売官だとしても破格すぎる。

 

命じた何進は面白くはないでしょうが

軍の実績は奴の実績。

彼を抜擢して、命令を与えた大将軍の実績よ。

 

 それに予算そのものは元が軍部の予算だから、

その分配も奴の声が通りやすいでしょうし。

普段ヤツが欲しがってる名誉をやったとも言えるわ。

 

考えれば、誰も損はしていない。

 

で、宮中は綱引きに忙しいから

地方人事なんかに目を向けないわ。

 

白蓮も董卓も孫堅も、無駄な権力争いには巻き込まれないで

地元での影響力を強めてる。

 

こんなやり方もあるのね。

 

 

 

なるほどなー。

 

 

 

まぁ、県令に過ぎない私には

係わりがないからアレなんだけど。

 

・・・この予算、少しくれないかしら。

 

 

 

 

あぁ秋蘭、政って本当に

お金と時間がかかるのね。

栄華がお金にうるさくて本当に良かったわ

 

だからね。とりあえず

新しい服とか要らないから、貯めて。

えぇ、本気。そのお金があったら兵糧買って。

 

本当、栄華もね、私の服用の予算とか作らなくて良いのに・・・

 

え?衣食足りて礼節を知る?

無いわけじゃないでしょうに。

 

成長もしてるわけじゃ・・・ぐはっ!

え、えぇ大丈夫よ。そう大丈夫。

 

んっとにかく春蘭と華侖もね

これ以上モノは壊させないで・・・

 

家を建て直すのだって予算と資材が飛ぶのよ?

 

え?そこまでしっかり修理してやる必要なんてない?

確かに必要は無いかもしれないけど

何もしなければ

県令の横暴なんて悪評が立つわよね。

 

アナタ達は私の名を落として汚したいの?

えぇ春蘭にはそう伝えて。

勢い余ってって言うならまだしも

何も考えずに破壊されても困るの。

せめて反省させなきゃ。

それでも駄目なら・・・まぁ考えるわ。

 

 

ん?噂?天の御遣い? 

漢の乱れを糺す??

 

・・・本気でやるなら帝が

李儒を太傅にして教育係と監察官にすれば終わるでしょ?

 

彼ならバッサリ殺るわよ。

 

 

ワザワザ天から人が来ないと、できないのかしら?

 

それを考えるなら噂自体が漢の中枢にいる人間に対する

皮肉よね。

その噂が拡散してるとしたら、一番怪しいのは清流派ね。

 

まず民に噂を広げるためには人員が必要でしょう?

その噂が本当にそこまで拡がっているなら

間違いなく人の手が入ってるわ。

 

 商人?あのね、商人は危険にとても敏感なの。

自分に得るものが無いのに、危険なだけの噂を扱うわけないじゃない

 

えぇ、危険よ。とても危険。

つまりは今の体制が乱れてるって

正面から言ってるんですもの。

愚物だって、いえ、愚物だからこそ許せないでしょう。

噂が耳に入ったら。それなりに動かないと自分たちで

漢の乱れを認めることにもなる・・・

 

で、一定以上の噂を拡めたと確信したら。

 

どこぞの清流派のお方があらわれて

我は天の御使いなり!

天子の命令により悪徳なる俗物に誅を与える!!

とかやるんじゃないかしら?

 

今はその前段階ね。

 

え?他の可能性?

そうね、まず宦官は無いわ。

洛陽から出る気のない宦官は

国の乱れなんか正しく理解してないし

噂に何てしないわよ。

 

何進は、乱れたところを自分達で鎮圧して

武功にするからね。

ある意味自分達が天の御遣いよ。今更予算を

使ってまで噂を広める必要がないわ。

自分に剣が向けられる可能性だってあるじゃない?

 

 

あとは、本当に帝に忠義を誓う、王允や董丞ね

帝の威信を高めるための一環としてなら

まぁ悪くはない。けど実行力に難があるわね。

 

あぁ予算が入ったらかしら?

普段は無いけど、今はどこぞの暗黒将軍からもらった予算があるから・・・

おこぼれ程度で予算が足りるか?

一応洛陽の後ろ盾があって、その程度の噂を流すなら

まぁ百人、千人居ても十分行けるわね。

 

李儒?暗黒将軍が正義の味方?

 

ハッハッハッ!アナタ、おもしろいこと言うのね。(処刑)

 

予算も使わずこれだけの広範囲に

噂をばらまけるとしたら?

想像もつかないわね

そのやり方も、意味も、目的も。

 

そんなことが出来るなら、大陸をほとんどの時間差なく

監視できる組織があるってことよ?

それだけの組織なら資金もあるでしょうし、下地もあるのだから

噂流すくらいなら、天の御使いなんて使わずに

そいつらがやればいいじゃない。

 

 自分たちの代表を天の御使いに?自作自演ね

 

 ・・・無いわね

そこまで力のある組織が、その姿を隠してるなら

出てくるとしたら全部終わった後よ。

コレからヤります!なんて馬鹿正直には言わないわ。

 

 その御使いが自覚なく操られている場合があるけど・・・

噂を拡散して、あとよろしくなんて・・・いくらなんでも無責任よ。

暗黒将軍の部下に推薦できるくらいの外道ね。

 まぁ、注意は必要かもしれないわね。

 

 

暗黒将軍の黒山賊、賊滅ね・・・

埋めたか燃やしたか。

数十万の死体は間違いなく確認されてるわ

 

冀州牧も洛陽からの使者も確認してる。

 

過去に白起が四十万・・・まぁ正確には20万殺して20万埋めたらしいけど、

その時、相手は趙の軍よ?訓練を受けた兵士よ?

それを考えたら彼が50万の賊を殺しても・・・おかしくは無いわね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あら?どうしたの春蘭?

 

盗まれた?何が??

書?あぁこの前、商人から献上されたアレ?

 

・・・いえ、追わないわ。不自然すぎる。

 

そもそも、誰を、どこに向かって追うのよ

 

怪しい奴?そもそもそいつらを犯人と

判断した理由はなに?

 

怪しい恰好って・・・怪しい恰好した賊が

怪しい恰好したまま城門を抜けるの?

 

なんでそんなのが忍び込めるのよ。

 

アナタが鍛えたこの館の警備は、そこまで無能なの?

 

それに金銭じゃなく書を盗むって言うのがね。

まぁ確かに金銭は抱えて逃げるには不向きだけど。

 

書は足が付きやすいじゃない。

書の価値を理解しているなら

賊が持っていた書なんて買わないわ。

持ち主から報復されるのが目に見えてるもの。

 

賊と繋がりがあった証拠として没収されて

ついでに家財も軒並み奪われる。

そんなことする?

 

つまりは賊が売る為に盗ったんじゃない。

 

分からない?何者かが盗ませたのよ。

 

書物に用があったのか私を誘い出す為かは知らないけど・・・

いえ、誘いね。

普通、書物の存在を知り、私に献上されたのを知ったなら

盗まないで交渉でしょ?金でも他の何かでも。

別に苦労して手に入れたわけじゃないんですもの。

すくなくとも盗ませる前に、私が書の価値をどう見てるかの確認がないのはおかしい。

 

だからこの場合、わざわざ私のところに献上されたモノを奪ったと考えるのが良いわね。

 

追ったところを狙うのか

残されたところを狙うのか

 

確かに面白くはないけれど

その程度の気分で死ぬ気は無いし

こんなところでアナタ達を危険に晒す気もないわ。

 

 

警戒しすぎ?忘れたの?

私はそもそもお婆様が大宦官だから、軍部や名家閥に嫌われてるし

宦官閥のくせに蹇碵と揉めたでしょう?

洛陽でアレだったから学舎の連中も潜在的な敵よね

後ろ楯がないのに洛陽の大物が敵にいるのよ?

警戒しないとか、ただの馬鹿じゃない。

 

アナタは私を馬鹿にしてるのかしら?

 

 

 

帝近くの連中にしても・・・

お母様がよりにもよって、太傅を買うもんだから

しっかり敵視されてるし。

 

普通、大宦官の孫で太傅の子ってもっと高位よ?

 

あぁ太傅を買えるお金が今あったら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっ、まぁ、そういうわけで私は敵が多いのよ?

 

だからコレはかなりの確実で誘いよ。

 

罠なんか食い破ればいい?

誘いとわかってるのに乗るのは

相手の狙いがわからなきゃダメ。

 

アナタが私を守る?

留守にした、つまりは分断されたところを狙われたらどうするの?

 

それに方向は?

 

南口から出たって・・・

そこから北に進路を変えたら意味ないじゃない。

 

少なくとも屋敷に忍び込んで、書を盗める手練れよ?

追われることだって考えてるでしょ?

それが馬鹿正直にまっすぐ動くと?

時間はどれだけ経ってる?

他の方向に兵を出すって・・・

兵力の分散は、最低限必要な数があってこそよ。

 

むしろその怪しいヤツは囮、いえ

囮のさらに囮という可能性もあるわ。

 

賊と決めつけて見下してるからダメなのよ

罠を仕掛けてる手練れの刺客と考えなさい。

 

私は敵、多いのよ?

 

だから、今回は動かない。

良いわね?

 

 

まぁ賊とその後ろのヤツには、いずれ思い知らせてやるけどね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、春蘭。ここに、アナタが、この前、壊した、建物の!

修繕費の見積書があるのだけど。

 

あぁ、今壊した扉の予算も考えなきゃ駄目よね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時間に、流れ星?へぇ~珍しいわね・・・で?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オマエヲコロス

 

 




見ただけ。


はおー様って頭良いよね?敵、多いよね?
怪しすぎる賊を三人+少数の兵で追うか?ってお話

外道とは一体・・・

呉にはいない
魏にもいない

一体種馬はドコにっ!!



感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。