とある策士の外史旅(仮)   作:カツヲ武士
<< 前の話 次の話 >>

48 / 186
時系列は前話の続き
原作キャラ同士の絡み

口調は自信なし 

後ほど訂正になっても、私は一向にかまわんっ!!!

蜀陣営アンチ 嫌いな人は読み飛ばし

オリ設定オリ展開


自分が悪だと気付いていない、もっともどす黒い悪だ

「あっパイパイちゃん!」

 

・・・

 

「・・・何と言いますか、凄腕の殺し屋なんだけど

お茶目な名前!みたいなあだ名があったんですな」

 

・・・・・・

 

「パイパイちゃん!私だよ!桃香!!!」

 

・・・・・・・・・

 

「ふむ・・・厚顔無恥にして傲岸不遜。話を聞いていなければ大器と勘違いしてもおかしくはない・・・か」

 

・・・・・・・・・・・・

 

「でも助かったー!ご主人様と牢屋に入れられてさ!兵隊さん、話も聞いてくれないんだよ!」

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

「こういうのが、自分のことを棚に上げて、役人に虐げられた!とか衛兵の癖に生意気だ!と言うのでしょうな」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「もーちょっとさ、融通利かせないと!何か問題起こしたら大変だよ!」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「無銭飲食の現行犯ですからな。罪が確定してるなら捕らえるのが衛兵の務め。むしろ良くやったと褒めますよ」

 

「「「・・・」」」

「無銭飲食なんかじゃ「もう、黙れ」・・・え?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とりあえず、久しぶりだな玄徳

 

 「うん!ひさしぶり!」

 

 (((ホントに知り合いだったん(の)だ!)))

 (いやーあの無表情で明らかに怒ってたからさ)

 (私もですご主人様。まさか桃香様が本当に州牧様と同門だとは)

 (けど、かなり怒ってないか~?)

 (そりゃ・・・無銭飲食だからな、趙雲さんも言ってたけど、怒るだろう)

 (・・・お知り合いで?)

 (あぁ、賊に襲われてたところを助けてもらったんだ)

 

 ・・・知っての通り、今は忙しい。だから単刀直入に聞こう。

 前に文官の職を断ったお前が、今、この幽州に何しに来た?

 

 「パイパイちゃんを手伝いに来たの!」

 

  手伝い・・・な。

 

 (おい、前に文官の話断ってたの?)

 (え?桃香様、それってすごく無礼なのでは?)

 (良く分かんないけど、怒ってるのはわかるのだ!)

 

 とりあえず今はお前たちの飲食したモノについての確認だ。

 ここにお前たちが食べた分の伝票がある。

 確認しろ、間違いは無いか?

 

 「うん!鈴々ちゃんが沢山食べたから、多分このくらいかな?

  あ、でも私も愛紗ちゃんも御主人様もいっぱい食べたよ!」

 

  ・・・他も間違いないか?

 

 「「ハイ」」

 「おいしかったのだ!!」

 

  ・・・趙雲。すまん。コレからちょっと行くところが出来た。

 とりあえず見張っててくれ。

 

 「・・・承った。非常時は使いを出します故」

 

 ・・・頼む。

 

 「え?パイパイちゃん??ちょっと、ドコ行くのー出して、ココカラダシテー?!」

 

 (((えぇぇぇぇ放置された!(のだ?!)))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「趙雲殿と申されたか?」

 

 相違ないが、何故私の名を・・・あぁ貴殿か久しいな

 

 「あぁ!あの時は助かったよ!ありがとう!」

 

  まぁ、良いでしょう。で?

 

 「あぁ、私は関羽雲長と申す。常山の趙子龍殿とお会いできて光栄だ」

 

 「鈴々は張飛翼徳なのだ!」

 

 「俺は北郷一刀!よろしく頼む」

 

 「あ、私は劉備玄徳って言います!よろしくね趙雲さん!」

 

 牢に入ってる人間によろしくされても・・・

 

 「なっ!桃香様とご主人様が名乗ったのに名乗りも返さぬとは!無礼であろう!!」

 

 無礼か・・・一度州牧から誘いを受けたにもかかわらずそれを断るのは、まぁ、宜しい。

 

 「あの時はパイパイちゃんが州牧になるなんて知らなかったからねー」

 

 同門の公孫賛殿が州牧になった際に祝いの文も送らなかったとか?

 

 「あの時は公孫賛って名前とパイパイちゃんが結びつかなかったんだよねー」

 「「・・・」」

 

 州牧だと分かったとたんに世話になりに来て

 

 「忙しいだろうからね!何かお手伝いしたいって思ったんだ!」

 「「「・・・」」」

 

 無銭飲食をした店で公孫賛殿の名を出して

 

 「アレは違うんだよ!ちょっと持ち合わせが足りなかっただけなのに!

  後から払うから待ってって言ったらそんなの誰が保証するんだ?って聞かれて」

 「「「・・・」」」

 

 店にしてみたら自分は公孫賛の同門だぞ!と言われているのと一緒ですな

 

 「アハハそれは考えすぎだよー私そんなつもり無いし」

 「「「・・・」」」

 

 牢に迎えに来た州牧の公孫賛殿に、頭も下げず

 

 「えーパイパイちゃんそんなこと気にしないよ?」

 「「「・・・」」」

 

 迷惑をかけてることを自覚しながら謝罪もしないで

 

 「えーと、あ、そうだね!謝ってない!」

 「「「・・・」」」

 

 目の前の初対面で、仮にも駙馬都尉の私に対しこの態度

 

 「駙馬都尉って何だっけ?」

 「「「・・・」」」

 

 関羽雲長殿、無礼とは?

 

 「誠に申し訳ございませんでした」

 「「えぇぇ何で愛紗ちゃんが謝ってるの?!(だ!)」」

 「いや、桃香。お前が、いや、俺たち全員が悪い。俺からも謝る。ほんとごめん」

 

 ・・・礼を理解してからにしないと謝罪も無礼ですぞ。

 

 「ご主人様が謝ってるのにっ!」

 

 アナタは謝ってませんな。

 それに謝罪したから許されるのではござらん。

 罪を償ったから許されるのですよ。

 

 「「ごもっともです」」

 「ご主人様!愛紗ちゃん!頭を上げて!!」

 

 お前が言うな

 というか、お前は頭を下げろ

 

 「「「「!!!!!!!!」」」」

 (な、何と言う圧!これは!!!)

 (スゴク、怖いのだっ)

 (な、なんだ!コレ!!)

 (え?え?何で怒ってるの?!)

 

  関羽殿、お主はそれなりの礼節と常識と武を

 収めているのであろう?

 もう少し何とかならなかったか?

 

 「それなりっ!だとっ!!」

 

 現状を見よ。私の威圧で動きを止める程度ではな。それなりよ。

 

 「これほどの威圧で程度とは・・・謙遜も過ぎれば嫌味ですぞ!」

 

 公孫賛殿は私より強いぞ?

 

 「な、なんですと?!」

 

 当たり前だろう?生まれたときから漢の藩屏である幽州兵を見て

 育ったのだ。弱い理由があるか?

 

 「いや、だがあの方からはそれほどの威を!」

 

  今の今まで私の力すら量れていなかったではないか。

 戦い続け、練磨されている公孫伯珪を舐めるな。

 

 「・・・つまり」

 

  そうだ、先ほど言った急ぎの要件が無ければな。

 貴様ら全員頭を潰されていたぞ?

 

 「「「!!!」」」

 「え?え?」

 

  理解したか?親しき仲にも礼儀あり。

 たかが一年同じ私塾で学んだ程度の仲なら猶更よ

 

  で、先ほど無礼と私の礼を咎めた関羽殿?何か異論はあるか?

 

 「ない・・・です」

 

  うむ、そうだな。官位が絶対とは言わぬが

  私も部下を持つ身よ。

  最低限でも、です・ますくらいは・・・な。

 

  「愛紗ちゃん・・・!

   趙雲さん!官位があれば偉いんですか!無ければ駄目なんですか!」

 

  発言を許可した覚えは無いがな。

  まぁ答えよう。

  

  そうだ

 

  「そんな!」

 

  先ほども言ったが絶対ではない。官位が無条件に正しさを

  認めるものでもない。

 

  「ならっ!」

  

  自分から問いを出しておきながら人の話を遮るな。無礼だぞ?

  ・・・聞く気が無いならもうよかろう。

  知識は宝。無条件に与えるものでも無いからな。

  

  「逃げるん「やめろ桃香!」ご主人様?」

 

  ふむ、このくらいは分かったか?

  

  「・・・趙雲殿、今、桃香様を殺そうとしたな」

  「え?!」

 

  今の貴様らは犯罪者だ。

  しかも公孫賛殿の名を出してその罪を償おうともしなかった・・・な

  十分な理由だろう?

 

  「金は払うと!!」

 

  それはいつだ?と言うか値段を知ってるのか?

  報告では値段を告げる前に頭を下げたとあるが・・・

 

  「いや、確かに値段は確認していない・・です」

 

  確認していません。だな。

  ホレ、コレが請求書の写しよ。

  よくもまぁ食ったものだ。

 

  「・・・馬鹿な!!なんだこの金額は!!!」

 

  やはり知らなかったか?

  あの店は州牧や太守が洛陽からの使者や将軍府の人間の接待や会議などで使う店だ

  当然出される食事は一級。茶の一杯に至るまで高額だ。

  

  「「「「・・・・・・」」」」

 

  使われている食器もな。

  そんな食器を重ねて置いていた?

  ありえんだろう。下の方の食器は割れていたらしい。

 

 「「「「・・・」」」」

  

  で、そんな店で普通の店と同じように飲み食いしたら

  このくらいは当り前よ。

 

  「しかしっ!これだけの金があればどれだけの民が!」

 

  話をすり替えるな。

  だが、勘違いをされても・・・困りはしないが私が不満だ。 

  説明してやるから、今度は黙って聞けよ?

 

  「「「「・・・」」」」

 

  この店で支払われた金の内何割かは、州牧殿に税として支払われる。

  

  「「え?」」

  ((??))

 

  ふむ、北郷も気付いたか。

  そう、この店だけは他の店とは違い、立地税だけを支払って

  いるのではない。

  故にこの店で支払われた金は州の政に使われている。  

  貴様等が勘違いしたように、民を虐げて美食を貪るモノなど居ない。

  理解したか?

 

  「「・・・」」  

  ((???))

 

  まぁこれ以上公孫賛殿に心労を与える必要もあるまいよ

 いっそ一思いに私が殺してやろうと思ったが・・・

  

  「「「っ!!!」」」

  (そんな簡単に・・・)

  今の貴様等に殺す価値など無いな

 

  「くっ」

  「え?なんでそんなことで殺すとか言えるの!」

  「「桃香(様)!!!」」

 

  そんなこと・・・か。

 

   あぁそうだ、公孫賛殿が今、何をしているか知ってるか?

  ただでさえ州の統治に忙しいというのに、

  中原に賊が溢れ、その行動の予測と対処で多忙を極める・・・

  まさに寝る間も惜しんで働く州牧、公孫伯珪の急ぎの仕事が予想できるか?

 

  「「・・・」」

  「・・・ごめんなさいわかんないです「のだ」」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  謝罪だ




山の子は現実を知りました
某はへりくだる言葉なので彼らには使わない模様

 桃色の頭は色々軽いよね
 しゃべってるのは基本、ヤンデレですね
 
 関羽が驚いたのは所得税の存在について
 種馬が驚いたのは、え?普通じゃない?って驚きです
 
 当時、商家に所得税はありません
 まぁ場所代と定期的な献金がソレではあるんですが・・・
 大きな店なら帳簿もありますが、
 かろうじて読み書きができる程度の地方の役人には理解できませんし
 露店や、普通の店の人は読み書きできません。
 特に田舎は物々交換が主なので計算すら怪しい。
 
 つまりは識字率が低いのに誰が帳簿書くんだよ。って話ですね

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。