とある策士の外史旅(仮)   作:カツヲ武士
<< 前の話 次の話 >>

49 / 186
誤字報告ありがとうございます。

跳べっ地味様!

オリ展開、オリ設定



嫌いな人は読み飛ばし!




焼きビーフンより焼きウドンが好き

 そうか来たか。種馬

 ・・・・・・そうかそこか。

 せっかくだから赤の扉でも選んで欲しかったんだがな。

 

「師よ赤い扉とは?」

 

 ん、あぁ、その昔、抗争のエイゼンと呼ばれた存在が居たらしくてな

 

 「過分にして知りませんが・・・例の?」

 

 まぁそうだ、ソレが選択?したのが赤の扉

 

 「中には何が?」

 

 深紅の死神と呼ばれたモノらしい

 

「何かの隠語でしょうか?」

 

 さて、宝貝かもな。

 

 「なるほどつまりはソヤツに赤を選ばせる・・・と?」

 

 いや、選ばなかったな。言うならば緑・・・か?

 

 「それは何を生むのでしょう?」

 

 戦乱と・混沌と・地獄だ

 

 「あぁ、ならば予定通りということでしょうか?」

 

 そうだな、もし赤だったら・・・いや。もう選択はされたんだ

 だが、もし、は無い。

 

 「そうですね。天の御遣い・・・誰が拡散したかは

  掴めませんでしたが・・・」

 (しょぼーん)

 

 あぁ、白っ子は悪くない。

 個人でも組織でもない、言うなれば世が広めたモノだからな

 言い出しっぺと言われる管輅以外の情報は無いだろうさ

 

 「師は噂をどう思うので?」

 

 天が何を意味するかだな・・・

 

 「あぁ、帝なのか、他の国なのか、地図上で言えば北は漢の上。天とも言えますね」

 

 まぁそういうことだ、場合によっては動く必要もあったが

 

 「どうもそういう話ではなさそうだ・・・と」

 

 公孫賛のところに現れたとさ。

 

 「地姉ですか?あそこ乱れてましたか?」

 (フルフル) 

 

 乱れて無いからとも言えるな。 

 

 「幽州の兵を使うと?」

 

 可能性はな。幽州の地方軍閥は粛清と矯正によって再建したが

 過去の栄光を忘れられない連中もいるだろう?

 

 「腐っても幽州の兵なら引き抜きには丁度いいですね」

 (ジャッキッ!)

 

 いや、白っ子。今回は殺る必要は無い。

 殺したら残った一族が居座るし。

 むしろ出て行ってくれるんだから

 それを名目に土地を押収できるな。

 また一段と幽州が固まるってわけだ。

 わかったか?

 

 (コクッ)

 

 「で、賊ですが・・・」

 

 幽州と并州は問題なし。

 冀州に手を出すなと何進からのお達しだ。

 我らはココで、北の連中が中原の混乱に

 手を出さんように見張れとさ。

 

 「丘力居と軻比能から書が来てますが・・・」

 

 まったく、何進はまだ奴らを使えると思ってるのか?

 

 「裨将軍ですからね、一応部下ですし」

 

 あぁ、王だの公だったら領主だが、将軍なら何進の管轄だな。

 さすがにそれを本気で考えているんだとしたら・・・

 ヤツは俺の常識を超えたと言える。

 

 「それか奴らに選択肢を与えてるつもりなのでは?」

 

  どんな形でも裏をかかれたことは事実。

 侮れんよ。前回の連中のこともある。

 

 「・・・そうですね」

 (???)

 

 白っ子は居なかったもんな。まだ今年で10歳だから

 あまり出したくはなかったんだがな。

 

 (・・・)

 

 洛陽の澱みは限界を超える。

 そんなところに置くわけにもいかん。

 

 「ハイ、すでに新領と出張所に人材の振り分けは終わっております。 

  弘農はご家族様でも十分と・・・」

 

 まったく、あの人たちには頭が上がらんよ。

 

 「本当に良くして頂きました」

 (コクコク)

 

 亀と白っ子の親もあっちに残るんだろう?文官も鍛えてるから

 人材に不安は無いんだがな。

 

 「心配ですか?」

 

 いや、あの人たちを心配するのは失礼だろうよ。

 信じて任せるさ

 

 (コクコク)

 

 で、ネコモドキは?

 

 「黒貂の散歩です」

 (モフモフ)

 

 ・・・そういえば拾ってたな

 食べないでくださいっ!て言われたが、アレの場合

 皮を剥がないで下さい!だと思うんだがな。

 

 「まぁそうですよね。あんまり食べるところ

 なさそうでしたし。・・・非常食にはしますが」

 (・・・モフ、チャッキ)

 

 あぁ、まだ良い。非常時じゃないからな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、中原の賊だが、官軍が負けたと?

 

 「ハイ、潁川の黄巾はそこそこに強いようですね」

 

 餓えた民兵程度だしな。元兵士も居るみたいだが・・・

 仲良くはできんだろうな。まぁ多少は訓練もしているが。

 

 で、そんなそこそこに大敗するんだから

 官軍はどんだけ弱いんだって話だ

 

「師が居なければ、本気で騎馬民族動いてましたね」

 

  特に幽州がな、冀州からの賊と、青洲の賊を相手しているときに

 北の烏桓と鮮卑が動いたらなぁ。

  

 万が一を考えて鍛えた

 趙雲の教育が間に合って良かったってところか。

 

 「その万が一の懸念も先ほど無くなりましたけどね。

  それはそれで無駄にはなりませんが。しかしあれだけの才が

  ありながら、あの年まで磨くことなく無駄にしていたとは・・・」

 

  師が未熟だと弟子も哀れだな。

 

 「まったくです」

 (コクコク!)

 

 騎馬民族の教育はどこまで終わってる?

 

 「とりあえずの読み書き算術ですね。無駄な下地がないのと

  無駄なこだわりがないので、実に習熟が早い」

  (むぅ・・・)

 

 素直とも言えるな。

 あぁ、白っ子ほどの才も覚悟も無いから

 所詮そこそこやれる程度だろう

 

  (ぐっ!)

 

 あとは涼州との繋ぎか・・・

 何進は気付くか?

 

 「涼州と雍州はすでに鎮圧されていますから、意識を

 向けることは無いかと・・・」 

 

 中原の火がなぁ。付けすぎて処理できんってのがまた・・・

 

 「何進だけではなく、名家閥が煽りましたからね」

 

 黙ってれば地域の賊程度だったのを

 一か所に集めて片付けようとしたんだろうが

 

 「一か所に集めて叩くのは兵法上間違いではありませんが・・・」

 

 己の過大評価と相手の過小評価が奇跡的に合わさったな

 

 「ある意味芸術ではあります。墓穴を掘ると言うのはアレですね」

 

 (???)

 

 あぁ、白っ子はまだわからんか。

 

 今回の乱でもそうだが、乱には絶対に必要なものがある

 (ごはん?)

 

  その通り、餓えて乱を起こしたいのに

 そいつらが食べる食事が無い。

 なんたって奴らが大規模蜂起したのは、南陽が三月で潁川は四月だ

 収穫どころか種を蒔いてもいない。

 

 村にはない、町にもない。どこから手に入れたんだ?

  (おしろ?)

 それは、落とした後だな。

 その前だ。

 いいか?大量の蓄えがある城には沢山の兵が居る

  (コク)

 たくさんの兵が居る城を、大した装備の無い

 村人が落とせるか?

  (フルフル)

 

 だから彼らは不満を持ちながらも大きな動きが出来なかったんだ。

 だが、どこからか大勢で蜂起できるだけの食料が出てきた

  (かしん?)

 と名家だな。

 

  何進は、分かりやすい。武功の為だ。

 食料を得て、多少暴れても一時的なものだ。

 食えばなくなる。

 賊がまともに政など出来んから、あとは

 勝手に弱っていく賊を一方的に叩く。

  (コク)

 どうせ叩くなら大きい方が良いと思ったんだろうよ

 そこそこの量の物資を回してしまった。

 

  ここで予想外なのが名家の動きだ

 何進には読めなかったんだな。

  (師姉様?)

 

 「地方の領主は名家の紐付きなんですよ。

 ですから、乱で荒れれば地方から

 得られる賄賂が減ってしまいます」

  (コク)

 

 「それに襲われる方も自衛のために武装しますよね?」

  (コク)

 

 「結果、洛陽の名家から支援を受けた、中途半端に武装した地方官僚が出来上がる。

  コレを襲えば物資が手に入りますね。大きな城壁を狙うよりよっぽど簡単です」

  (コク)

 

 「少し考えればわかるんですがね、何進は城壁のある街と地図しか見れていない。」

   

  で、襲われた名家連中の財を使って食料と武装を整え

  大量の人員を組織させる下地を作ってしまった。

   結果、潁川で朱儁将軍が負け、南陽が落とされた。

   

   あぁそういえば南陽の張曼成は神上使を名乗ったらしいな。

  天の御遣いの噂もコイツかもな。

 

  (ハッ)

 

   いや、冗談だ、利用したんだろうさ。

  まぁそんな感じで、今は何進が与えた火種が官軍で消せない大火になった

   

  まぁこれも見越して動いている連中もいるみたいだがな。

 

   (???)

 

  「そうですね名家を後ろ楯にした地方の軍閥はこの機に洛陽からの締め付けからの脱却を

   目指してもおかしくはありません。官軍が敗れた今、名前だけの名家だったのが、地方とはいえ実行力たる武力を正当な理由で持てますからね」

  

   それに気付いたなら、自己の栄達に異常と言える程に拘る連中だ。

   国家のことなど考えず、ただ目先を見て

   軍部の足を引っ張って負けさせるくらいヤるだろうな。

 

 

   そんな感じで、今の洛陽は火消と責任転嫁で泥沼だ

   

 

  俺は北を警戒しているので呼び出せん。

 

  となればソコソコ先を見れる地方軍閥が中央の楔を離れて乱立する・・・乱世だな

 

  「(・・・)」

 

  まぁ、俺たちが地獄を作るのはもう少し後だ

  それまで練磨を絶やすなよ?

 

  「「ハイ」」

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   赤、青、緑、黄、白、黒。・・・その他色々

大義、忠義、意地、名誉、夢、理想、現実、感情、理性、家族、家臣、親兄弟、友、主君。

 あぁ人が織り成す万華鏡。なんて、なんて、●■▲◆!

  

 ・・・さぁ魅せてもらおうじゃないか。誰が作る地獄が一番か・・・な




キングクリムゾンっ!

謝罪は跳ばされた!(慈悲)

せっかくだから、赤の扉を選んだオリ主(踏み台)作ろうかと思いましたが、自分の実力不足を理由に断念しました。

主人公くんは昔と違い、精神と肉体の
均衡が取れてるので基本大人な感じですってお話

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。