とある策士の外史旅(仮)   作:カツヲ武士
<< 前の話 次の話 >>

77 / 186
房州さんだって言ってるじゃないか
作るんだと

オリ設定だから(強弁)
突っ込む前にあとがきをみるんだ。
いいね?

オリ設定、オリ展開

嫌いな人は読み飛ばし!



ご都合主義?そうなるように動かすのが謀略だ!

 「月、どうなってるもん?」

 

 今は汜水関にて全軍を挙げて逆賊を迎え撃っております。

 

 「・・・勝てるもん?」

 

 ・・・申し訳ございませんが、勝てるとは申せません。

 やはり例の計画を・・・

 

 「董卓殿!」

 

 趙忠殿、相手は20万の大軍

 対して我らは4万なんですよ?

 

 「・・・」

 

 官軍の皆さんは洛陽と陛下を御守りするため

 動けません。ならば我ら并州勢は援軍のない

 状態で籠城をしなければなりません。

 

 「・・・そうですね」

 

 いかに精鋭でも、戦力は五倍

 さらに并州の騎兵は籠城には向きません。

 

 「なら外に出せば!」

 

 二万の騎兵を20万の逆賊の前にですか?

 

 「・・・」

 

 私にこの場で陛下に嘘を付けと?

 その結果手遅れになったら

 それこそ不忠ではありませんか?

 

 「・・・」

 

 そうして陛下に都合の良いことばかりを

 言ってきたから今があるのではありませんか?

 

 「・・・」

 

 「黄・・・月の言うとおりだもん!」

 

 「陛下・・・申し訳ございません」

 

 「いいもん!月、まだまだこれからなんだもん?」

 

 はい、所詮奴ら逆賊はまとまりのない連合軍。

 汜水関にて時間を稼ぎ、その間に

 洛陽の民を長安に移します。

 

 そうすれば目標を失った奴らは

 連合を解散し、仲違いするでしょう。

 

 「黄?」

 

 「その通りかと」

 

 その仲違いを後押しさせる策が

 袁術の州牧就任です。

 

 「なるほど・・・袁紹と袁術はもともと不仲」

 

 はいその上、名家の考えで行けば、どちらかが残れば

 家は保てますから。

 

 「確かに。それなら家臣団も割れますね・・・」

 

 当主同士と家臣団が割れば

 修復はできません。

 その上、袁術は副盟主。

 

 「盟主と副盟主が割れば連合も割れますね」

 

 はい、その後で今回の戦で損耗した袁紹を、

 私と公孫賛で挟み討伐します。

 

 「そして北方三州の兵と官軍でもって

 兗・青・徐州を討伐する・・・と」

 

 はい、そして袁術には我等が兗・青・徐州を

 討伐している最中に逆賊の味方をさせます。

 

 「あぁそれなら」

 

 

 袁術が逆らったと名目が立ちますので、南の孫堅と 

 挟んで逆賊袁家を滅ぼします。

 

 「・・・ならばこの一時、許すこともやむなしですか」

 

 袁家が片付けば、あとは終わったも同然。

 

 そして、洛陽の民についてですが、

 本来なら長安に移っても彼らには

 生活する術がありませんでした。

 ですが・・・

 

 「逆賊どもが溜め込んでいた財が

 あれほどあったとは・・・」

 

 はい、本来は漢の財。

 それを横領していた逆賊どもが溜め込んでいた

 財を使うことで、陛下の民は苦しむことなく

 長安にて暮らせます。

 

 「・・・本当に遷都は必要なのですか?」

 

 洛陽にあって陛下が袁紹に捕縛されたら 

 ・・・どうなりますか?

 

 「黄、白湯はどうなるもん?」

 

 「・・・殺されることはないでしょう。」

 

 そうですね陛下は生かさず殺さず・・・そして私や趙忠殿を初めとした

 周囲は間違いなく殺されるでしょう

 

 「・・・黄!本当だもん?!」

 

 「・・・はい」

 

 「ダメだもん!あんな逆賊に黄は殺させないもん!

 

 「へ、へいか・・・」

 

 趙忠殿、つまりは、遷都は陛下の御意志ですよ。

 

 「そうだもん!奴らには何一つやらないもん!!」

 

 それに、皇帝陛下としての威を示すなら。

 やはり・・・一戦せねばなりません。

 

 「ですが20万に対して官軍は5万・・・」

 

 いえ、我等并州勢が命を懸けて減らしております

 例え全滅したとて15万、否、10万までは減らして

 見せます。

 

 「・・・四万の兵で10万を道連れにすると?」

 

 はい、我々は今更降伏は許されません。

 それゆえ死に物狂いで戦います。

 

 「そうですね・・・」

 

 その後官軍の李厳将軍が篭る虎牢関で、

 その減った賊軍をさらに減らせましょう。

 虎牢関の堅牢さから考えれば、おそらくは倍の四万は・・・

 

 「二万の兵で四万を削ったとして

 残りは六万・・・」

 

 洛陽に残った官軍の皆様は三万です。

 

 「六万の兵なら倍ではありますが

 篭城側の有利を考えれば・・・」

 

 本来なら守りきれる戦です。

 

 「ではやはり遷都の必要は無いではありませんか?

 そのまま勝てばわざわざ連合を分断する

 必要もありません。」

 

 本来なら、です。戦に絶対はありません。

 それに洛陽は広く、大きい。

 その全てを三万で守ることはできません。

 対して逆賊は好きなところに戦力を

 集中できます。

 

 「・・・」

 

 さらに、大勢の民が残っていた場合

 食料の消費が多すぎます。 

 

 「・・・民が邪魔になるのですね?」

 

 はい、勝つまで篭城するにせよ、一戦して引くにせよ

 民が居ては動きが鈍ります。

 だからといって、陛下の庇護を求める臣民を

 見捨てることなどできません。

 

 「そうだもん!高祖様に申し訳が立たないもん!!」

 

 「陛下・・・本当に、お強くなられました・・・」

 

 「みんなのおかげだもん!」

 

 ・・・いずれにせよ、民の移動は必須。

 ならば戦が終わったあと、誰も居ない洛陽に

 陛下がおられても・・・

 

 「確かにそうですね。やはり遷都は必要ですか」

 

 問題は歴代の皆様方の陵墓です。

 

 「まさかっ!袁紹が暴くと?!」

 

 以前の宮中でも奴らは女官を犯し、

 財を奪っていったではありませんか。

 

 「「!!!」」

 

 今を生きる陛下に対してこの所業。

 歴代様に考慮すると考えるのは・・・

 

 「・・・確かにそうだもん」

 

 「陛下!」

 

 「奴らは武器を持って襲ってきたもん!

 なら歴代様の墓を暴くくらいはするもん!!

 それとも、黄は絶対やらないって言い切れるもん?!」

 

 「・・・言い切れません」

 

 「月!意見を言うもん!」

 

 はい、陵墓を暴かれる前に、我々で洛陽から長安に移すか、

 陵墓の入口を塞ぐか、です。

 

 「塞ぐ?」

 

 入口を厳重に固め、そう簡単に暴けないようにすれば

 その前に逆賊どもが仲違いをして、洛陽から引き上げる

 可能性もあります。

 

 「おお!それなら!!」

 

 「・・・ですがそれは」

 

 はい、問題点が二つ。

 

 「二つだもん?」

 

 一つ目は時間です。これからすべての陵墓を塞ぐには

 時間が足りません。どうしてもいくつかは残ってしまいます。

 

 「「・・・」」

 

 かといって歴代の方々を選別するような不敬は・・・

 

 「そうだもん。歴代様の誰かを選んで、誰かを選ばないなんて 

 ・・・できないもん」

 

 「陛下・・・」

 

 二つ目は、奴らが陵墓を暴き自分たちの財にするために、

 結託する可能性もあるということです。

  

 「所詮は逆賊。いかな大義名分を掲げても

 目の前に財があれば飛びつきますか・・・」

 

 そうです。その財が少なければ争いになりますが。

 

 「そうですね。歴代様の陵墓ともなれば、

 その財は逆賊どもが分け合っても、なお有り余る・・・」

 

  はい、奴らならば、それすら独り占めしようと

 する可能性もありますが、普通で考えれば

 分けるでしょう。

 

 また陵墓を暴かない可能性は極めて低い・・・

 

 「ただでさえ各々が損耗しているのですからね」

 

 その通りです。将兵への報奨や軍費の足しに

 するために・・・

 そしてそもそもが陛下に槍を向ける不忠者ども。

 先程も言いましたが、逆賊に配慮などは求められません。

 ですので目の前の財を見逃すなど考えられません。

 

 「では・・・」

 

 正当な後継者である陛下の手によって、

 歴代様のお許しを得た上での移設が最良かと。

 

 「「・・・」」

 

 逆賊袁紹に使わせますか?

 

 「っ!!それはダメだもん!!」

 

 もし移すにしても、すべての陵墓の財を長安に移す時間は

 ありません。

 さらに長安に移動する民の移動にも

 支障が出てしまいます。

 

 「ではどうするのです?」

 

 半数は長安に、残りは一時、并州に

 

 「并州だもん?」

 

 はい、長安よりも近く、民の移動にも

 巻き込まれません。

 

 「問題は・・・」

 

 私が信用出来るかどうかですね

 

 「黄!月は信用できるもん!!」

 

 「・・・そうですね。

 少なくとも逆賊どもよりは信用できます。

 さらに先程も自身で言いましたが、

 今更裏切れませんから」

 

 ありがとうございます。

 あとはやはり時間です。

 我が并州勢と李厳殿がどこまで

 支えられるか。

  

 「悩む時間もありませんか・・・」

 

 悩めばそれだけ歴代様の陵墓が危険に晒されます。

 

 「アナタには悩みが無いように見えますが

 不敬では?」

 

 ・・・すでに家臣が命を懸けて戦っております。

 私とて命懸け。覚悟を決めているのですよ。

 

 「覚悟。あぁ、私に覚悟が決まって居なかった

 だけですか・・・」

 

 「黄!白湯は覚悟を決めたもん!

 歴代様も、みんなも!白湯が守るもん!!」

 

 「へ、陛下ぁ・・・」

 

 ・・・見事なご覚悟です。

 

 「えぇ、えぇ!陛下がこれほどのご覚悟を決めたのです!

 私とて決めましょう!」

 

 「黄、一緒に頑張るもん!!」

 

 「はい!!」

 

 ・・・ではこれから明日にかけて王允殿と董承殿と打ち合わせを。

 その後、朝議にて勅令を。

 

 「わかったもん!」

 

 ただ、陵墓については王允殿と董承殿にだけ伝えましょう。

 

 「?なんでだもん??」

 

 「・・・なるほど、それが良いですね」

 

 「黄?」

 

 「陛下、歴代様の陵墓に納められている財は

 莫大なモノとなります」

 

 「うん、そうだもん」

 

 「それの移設となれば、どさくさに紛れて、

 不忠モノが財を横取りしようとするかもしれません」

 

 「そんな!」

 

 その通りです。そもそもが緊急避難です。

 本来なら文武百官揃えて行うものですが、

 その時間もありません。

 

 「なんで白湯と歴代様がコソコソしなきゃいけないもん・・・」

 

 「全ては逆賊袁紹とその一味の責。

 陛下に歴代様に対する不義はありません!!」

 

 そうです。すべての責は逆賊どもにあります。

 今は関係ない者や、信用出来ない者に歴代様を

 晒さないためと、ご寛恕願えませんか・・・?

 

 「うぅぅぅぅ!何もかも袁紹のせいだもん・・・

 あいつだけは絶対に許さないもん!!」

 

 「はい、私たちも許すつもりはありません

 そうですね。董卓殿?」

 

 むろんです、今も我らの為に命を捨てて戦っている

 我が家臣の覚悟に懸けて。

 奴には必ずや地獄を味あわせます。

 

 「「・・・」」

 

 何か?

 

 「い、いや、それでいいもん!な、黄?!」

 

 「そ、そうですね!袁紹を許す気がないなら

 それでいいのです!」

 

 そうですか?では王允殿と董承殿をお呼びして

 打ち合わせを行いましょう。

 下手なものに聞かれても困ります。

 私が呼びに行ってもよろしいでしょうか?

 

 「う、うん。頼むもん」

 

 「え、えぇ、董卓殿、よろしくお願いします」

 

 かしこまりました。では、少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「・・・黄」

 「・・・えぇ陛下」

 

 「「すごく怖かった」」

 

 




前回の裏のお話ですね
拙作に霊帝はいません!(オリ設定だもんね)
もんもん言ってるのが霊帝でも関係ありません!(オリ設定だもんね)

熟女さんが腰をやっている間に
こんなことが!!

へうへうさんが何をするか
もうみんなはわかってるね?ってお話です


感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。