とある策士の外史旅(仮)   作:カツヲ武士
<< 前の話 次の話 >>

78 / 186
そのころの連合軍ってお話です

前のお話から半月くらい経ってる計算ですね

オリ設定
オリ展開

嫌いな人は読み飛ばし!


()が孫策で
ーーが、はおー様の心の声です
 



こいつ直接脳内に・・・・・・!!

 「なんで、なんであんな田舎者に勝てませんの!!」

 

 (そりゃ、あの連中が篭る汜水関に弱兵が二倍じゃ勝てないわよねえ)

 

 ーーーまさか董卓の軍勢が篭城戦でもこれほど

 の力を見せるとは・・・完全に読み違えた。

 あの軍勢が賊に足を引っ張られて

 洛陽に到着が遅れるはずがないーーー

  

 ーーーしてやられたわ!今ならわかる、奴らは洛陽で事が

 起こると知っていたから、わざと遅れていたのね。

 そんなことも知らずに私は、阿呆だなんだとーーー

 

 「華琳さん!」

 

 何かしら?

 

 「何か案はありませんの?!」

 

 (曹操も大変ね。

 まぁこんなのお神輿に担いだんだから

 自業自得だけどね)

 

 ・・・前にも言ったけど、今の私たちでは汜水関は落とせない

 

 「なんですって!!」

 

 だから陽人の官軍を叩くべきね。

 あそこなら汜水関程固くはないし、

 守ってるのも官軍よ。

 并州勢程の力はないわ

 

 「それではあの田舎者に負けたことになりますわ!」

 

 (そのとおりじゃない。現実見なさいよ金ピカ)

 

 ーーー田舎。そうよね、辺境で戦い続けてきた将兵が、

 先日黄巾相手に初陣を果たしたばかりの

 連合軍に劣るはずないじゃない・・・

 勝てるとしたら白蓮か馬騰の率いる精鋭が必須。

 居なければ戦いにもならないーーー

 

 「美羽さん!アナタの軍勢は後ろから動いてませんわよね?!」

 

 「あー七乃?」

 

 「はーい!よろしーでしょーか袁紹様。

 私たちは後ろで并州の騎兵の相手をしていて

 ボロボロにやられちゃってますよー?

 誰か替わってくれるんですかー?」

 

 ーーー実際、孫策が袁術の兵を預かって防衛してるから

 騎兵に挟まれずなんとかなってはいる。

 最高戦力が後ろに拘束されているのは痛いけど、

 代わりに騎兵からは守られてると考えれば無理は言えない。

 他では・・・無理ね。 

 私たちだってあの騎兵とは戦えないわ。

 兵は神速を尊ぶとはいうけど、まさか戦略的な意味だけじゃなく、

 戦場であの早さを維持しつつ騎射と突撃を使い分けて来るなんて。

 并州の騎兵を過小評価しすぎていた!ーーー

 

 ーーーけど、だからこそわからない

 なんで私たちはーーー

 

 ねぇ孫策殿少し聞きたいのだけれど?

 

 「曹操殿、何をだろう?」

 

 なぜ私たちは全滅してないのかしら?

 

 「なんですって!!」

 「麗羽様っ!」

 

 「ふむ、わからんな」

 

 ーーー間違いなく何かを知っているわ。

 けど私にはそれが何かわからない・・・

 予想も出来ない。

 あぁ視点の高さが違うのね。

 

 『これが為政者の責任だ。

 人の上に立つものの姿勢だ。

 目先の物事しか見れん貴様など

 足元にも及ばんよ』

 

 クソっあの時、司馬仲達が言った通りか!ーーー

 

 「あ、あのー、発言よろしいでしょうか?」

 

 「あー、えー、たしか、劉備さん。でしたか?」

  

 「はい!平原の劉備です!」

 

 ーーーなぜここで劉備が?

 現実を知って前にも行けず

 後ろにも退けず、惰性で

 動いていたはずだけどーーー

 

 (うわー出た!筆頭殿曰く、ミミズ!!

 桃色でにょろにょろすんの止めなさいよ!

 てゆーか髪の色とか色々被ってるのよ!)

 

 「まぁ、華琳さんも頼りにならないし、

 意見があるなら聞いて差し上げますわ!」

 

 ・・・陽人に行けって言ったわよ?(ボソっ)

 

 「えーっと、よろしければ

 私たちに先陣を任せていただけないでしょうか!」

 

 「「「「「はぁ?」」」」」

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 「じゃあ雛里、汜水関にいる将は華雄と徐栄。

 それから張遼で間違いないんだな?」

 

 「はい!間違いありましぇん!」

 

 ・・・(賈詡さんも居ますけどね)

 

 「で、連合軍が攻めあぐねてるのは何でだ?

 20万はいなくても10万は居る。相手の三倍以上の兵はあるよな?」

 

 ・・・(ありません。実際は袁術様と孫策様の兵が

 後方の騎兵に当たってるから、実質六万対三万です)

 

 「ご主人様、アレは私でもわかる。

 弱兵と弱卒では兵が多くても勝てん」

 

 「そうなのか?」

 

 「はいそうでしゅ、あの軍勢は明らかに

 篭城戦にもなれてましゅ!対して私たち連合軍で

 まともな城攻めを経験したことがあるのは、

 孫策さんだけでしゅ!いくら兵がいても、

 人は経験したことがないことはできましぇん。

 ですので、どうしても勝てないんでしゅ・・・」

 

 ・・・そう、并州の騎兵が強いのはわかってた。

 かなり過小評価はしてたけど、それでもわかってた。

 けど、まさか歩兵まであそこまで戦い慣れてるなんて

 思ってもみなかった。

 おそらく連合軍のみんながそう思ってる。

 

 「それを統率している華雄と徐栄は、そこまで優秀な将なのか?

 あぁ、張遼が優秀なのは知ってるんだけどさ」

 

 「知って?あぁ天の知恵でしゅね。

 華雄さんは、涼州で韓遂さんとともに

 漢に反旗を翻した人でしゅ。」

 

 「へぇ、黄巾の乱の前にそんなことが・・・・」

 

 「その際、一騎打ちで李儒さんに負けて降伏しましゅた」

 

 「はぁ?李儒って・・・軍師じゃないのか?」

 

 「え?天の知恵では軍師なんでしゅか?」

 

 ・・・(あの李儒様が軍師?・・・やっぱり天の知恵は・・・)

 

 「違うのか?」

 

 「ご主人様、前に話しただろう?」

 

 「ん?そんな話あったか?」

 

 「李儒とは、前の暗黒・・・安北将軍だ」

 

 「は、あの50万を殺したって言う?アレか!!」

 

 「そうだ、そして司馬仲達の師としても知られている」

 

 「はぁ~??」

 

 「だから軍師というよりは、冷徹無比な将軍だ」

 

 「あ、あぁ、冷徹無比なのはわかるが・・・」

 

 「ご主人様、天の知恵にも李儒さんがいたんだよね?

 どんな人だったの?」

 

 「あ~董卓の軍師で、悪逆非道なイメージ、いや印象だな」

 

 「まぁ、あってるな」

 「あってましゅ」

 「あってるのだ!」

 「あってるね」

 (全然合ってない。司馬懿さんみてわかりませんか?

  そんな薄っぺらい人じゃないですよ)

  

 「でも一騎打ちする印象はなかった・・・もしかして

 華雄って将としては優秀だけど弱いのか?」

 

 「それはないかと。涼州の人も羌賊も、弱い人を上に

 立つ人とは認めましぇんので・・・」

 

 「なるほど、じゃあ李儒が強い?うーん想像できないけど、

 まぁみんな女の子な世界だし・・・いるのかな?」

 

 「李儒さんは男の人でしゅよ?」

 

 「はぁ?男でも強い人っているの?!」

 

 「たまにいるみたいです。

 まぁ、李儒がどれほどかは知りませんが、

 私や鈴々には勝てませんよ」

 

 「そりゃそうだ。愛紗や鈴々に勝てるなんて

 それこそ呂布くらいだろうし」

 

 「ご主人様!私たちは呂布にだって負けません!!」

 「そうなのだ!」

 

 ・・・(趙雲様と周泰様にあっさり負けてましたけどね)

 

 「わかったわかった。じゃあ華雄と一騎打ちできたら

 愛紗は勝てるんだな?」

 

 「無論です!」

 

 ・・・(根拠がないですよ。雛里ちゃんは止めないの?)

 

 「あわわ、ご主人様!愛紗さんが勝てるとしても、

 華雄さんが一騎打ちを受ける理由がありましぇん!」

 

 ・・・(そこ?あぁ、お二人が納得しないもんね)

 

 「そうなのか?挑発すれば乗る印象なんだが・・・」

 

 「篭城側が不利な状況ならそれを覆すため

 するんでしゅが、勝っているならやるだけ損でしゅ。

 そのせいで味方が負けたら

 恥とかそう言う問題ではなくなりましゅから、

 まともな将なら一騎打ちは断るんでしゅ」

 

 「華雄はまともな将だと?」

 

 「今のところ、大軍を相手にしても指揮に

 歪みがありましぇん。部下もよく鍛えられてましゅ。

 間違いなく良将でしゅ」

 

 「うーんなんとかして一騎打ちに持ち込めないかな?」

 

 「・・・ねぇご主人様?」

 

 「ん、どうした桃香?何か妙案が?」

 

 「あ、違うの、そうじゃないの。

 ねぇ、私たち、なんのために戦ってるのかな?」

 

 「「「・・・」」」

 ・・・(兵糧のためでしょ?)

 

 「董卓さんは悪くなくて、いや、やりすぎとは思うけど、

 それでも決して悪いことをしたわけじゃなくて・・・」

 

 「「「・・・」」」

 ・・・(一ヶ月前から知ってましたよね)

 

 「袁紹さんからはご飯をもらってるけど、

 実際は袁紹さんが悪いことして逃げたんでしょ?」

 

 「「「・・・」」」

 ・・・(そうですね)

 

 「だったら私たちは袁紹さんにはっきりと、

 アナタが悪いんだからって言って、謝って貰う

 ようにお願いしなきゃいけないんじゃないかな?って」

 

 「「「・・・」」」

 ・・・(は?)

 

 「桃香・・・それは違う」

 

 「え?」

 

 「理屈ではそうかもしれない、けどそんなことを言ったところで

 袁紹は認めない。なんたって自分も部下も殺されるんだからな。」

 

 ・・・(まぁそうですね)

 

 「董卓だって認めない。袁紹がこんなことしなければ、

 沢山の人が死ぬようなことになってないんだから」

 

 「ご主人様・・・」

 

 ・・・(いや、だから、なんで桃香様がわからないの?)

 

 「なら、今更そんなことを言ったって、曹操が言ってたみたいに、

 袁紹から裏切り者扱いされて殺されちゃうだけだ」

 

 「ご主人様と桃香様は私が守ります!!」

 「鈴々も守るのだ!!」

 

 ・・・(いや、そういう問題じゃないでしょう?)

 

 「だから今は、俺たちについてきてくれた

 七千の兵のみんなを第一に考えよう!」

 

 「「「ご主人様!」」」

 ・・・(まぁ目の前の事ができない人に先はないですよね)

 

 「だから、とりあえずは華雄だ。

  今のままじゃタダ飯食らいだからな。いつ袁紹が

  方針を替えるかわからない。

  みんなでご飯を食べるためにも戦功は必要だ」

 

 「なるほど・・・うん。わかったよ!」

 

 ・・・(夢から覚めるって・・・辛いなぁ)

 

 「そういうわけだから、雛里?何か無いかな?」

 

 「あうぅぅぅ。朱里ちゃんは何かない?」

 

 可能性があるとすれば、以前ご主人様がおっしゃった

 釣り野伏せですね。

 

 「え、あ、あぁそうか!挑発とかじゃなく追撃を誘うのか!」

 

 それでも、もしかすれば・・・です。

 華雄将軍が出てくるとは限りません。

 それにもし誘って出てきた際、沢山の兵隊さんが死んじゃいます。

 

 「「「・・・」」」

 

 「他には、無いのか?」

 

 少なくとも、今の私には浮かびません。

 そもそもが一騎打ちに持ち込むことが難しいんです。

 犠牲を払わずに事を成すのはできません。

 

 「朱里!!」

 

 あと、袁紹様にお願いして補強の援軍を出してもらいつつ、

 他の諸将の方にお話をして、出来るだけ早い救援をしてもらえば、

 より犠牲は減らせるかと思われます。

 

 「あぁ、それならなんとかなるのか・・・」

 

 ・・・(袁紹様の兵は死んじゃいますけどね)

  

 「どうしても犠牲はでちゃうんだね・・・」

 

 無論です。それが戦ですので。

 

 「朱里ちゃん・・・」

 

 「・・・わかった。まずはその線で考えよう

 もし他にいい案が出たら言ってくれ。

 みんなで検討しよう!」

 

 「「「はいっ」」」

 

 ・・・(ほかの案に乗り換える気満々じゃないですか)

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 ・・・つまり、あなた方が先陣で戦って

 わざと相手を引き付ける囮になるのね?

 

 「はいっ!今まで袁紹さんに兵糧を譲ってもらってましたけど、

 全然お返しできてなかったから!」

 

 「劉備さん!素晴らしいですわ!」

 

 (兵糧がなかったら、私たちもこうなってたのかー)

 (感謝してくれてもいいんですよー?)

 (・・・当たり前に頭の中に入ってこないでよ!!)

 (ありゃ、おこられちゃいました)

 

 「で、さすがに私たちだけだと不自然になるから、

 袁紹さんの兵も少しかして欲しいんです!」

 

 「おーほほほほほ!構いませんわ!

 そうですね・・・真直さん?」

 

 「はっ、劉備に五千をつけましょう」

 

 「ありがとうございます!」

 

 ーーーまぁ失敗しても劉備と袁紹の兵が減るだけ

 問題は、無いのかしら?ーーー

 

 

 「ではみなさん!明日はこの作戦で行きますわよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「雄々しく、勇ましく、 華麗に前進ですわ!!」

 

 

 

 




まぁ作画一緒だし、ピンクだし、巨乳だし・・・

ファミチキはありません 
どうしても茶番だよねってお話

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。