転生したのはいい...けどなんでゼットン?しかもノイズ   作:蝙蝠男
<< 前の話 次の話 >>

37 / 46
FGOで20連やったら爆死しました。

シティーハンター公開初日に見に行ったんですけど最高でした。私と同世代の方は誰もいなかったんですけどね.....


エピローグ それからどしたの?

アダムとの最終決戦が終わり、サンジェルマンたちとゼットンは病院へ搬送されていた。勿論ただの病院ではなく、S.O.N.G預かりとなっている病院に搬送された。その車内では、

 

 

酷いよ.....みんなが俺のこと忘れてたなんて.....序盤しか出番がなかったとはいえ俺のこと忘れてさ。もう嫌だ、お家帰るぅ.....

 

 

ゼットンは、自分が無視されたショックで暗いオーラを発し続けていた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ザギとの戦闘が終わり、傷の状態を見るためにサンジェルマンたちは護送車、響たちは潜水艦へと乗り込もうとしていた。

 

 

お〜い、誰か気づいてくれ〜。聞こえてる?下が瓦礫でさっきから傷口が痛いんだよ.....

 

 

この場にいた誰もがゼットンの事を忘れてしまっていた。どれだけ叫んだとしても喋ることの出来ないゼットンは気づいてもらおうと痛みを堪えながら体を動かして自分の居場所を伝えようとしていた。

 

 

痛ただただただただ!傷口に瓦礫が刺さった!ちょっと!誰か気づいてってば!頼むからさぁ!早く見つけてくれよ!痛いんだってば!あだだだだだだ!

 

ゼットンの叫びは誰にも聞こえていなかった。体を動かせば傷口が痛み、満足に動くことも出来なかった。

 

サンジェルマンたちが護送車に乗り込もうとした時、カリオストロがゼットンの姿が見当たらない事に気づいた。

 

「あら?ゼットンちゃんの姿が見えないけど?」

 

「「あ.....」」

 

サンジェルマンとプレラーティの声が重なった。サンジェルマン、カリオストロ、プレラーティは冷や汗をかきながら、ギギギと聞こえそうな程の遅さでゼットンのいた方に首を動かす。そこには全身から悲しそうな青色のオーラー出したゼットンがこちらを見ていた。目からは涙が流れている。

 

気づくのが遅いよぉ.....サンジェルマンさんもだけどこの扱いはあんまりだよ作者ぁ.....

 

すると世界の時間が止まり、全身が黒いモヤで覆われた何者かが姿を現した。

 

ごめん.....響ちゃんをノアにするってなるとさ、どうしてもこうなっちゃうんだよ.....だけどだよ?最後にセリフあったからまだ良かったでしょ?だからさ、その件についてはチャラって事で.....

 

許すわけねぇだろ。殺すぞテメェ.....

 

後でカリオストロさんのシーン書くから許してくれる?

 

前言撤回だ。許す。だけど書かなかったら、分かってるよな?

 

はい.....書きます。絶対書きます。何が何起きても書きます

 

 

作者の姿が消え、世界の時間が動き出した。そしてサンジェルマンとカリオストロが肩を貸し、ゼットンと護送車に乗り込んだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「本当に申し訳ないわ.....」

 

「本当に済まなかったワケダ.....」

 

サンジェルマンとプレラーティがゼットンに謝っているが、ゼットンの耳には入っていなかった。

 

 

アダムを倒せたのは良いんだよ?だけどさ、幾ら何でも途中で忘れるなんてのは扱い悪すぎでしょ.....

 

ドヨ〜ンと効果音が聞こえてきそうな程の落ち込みようだった。

 

「ダメよ二人とも、こういう時はこうやるのが一番なのよ♪」

 

カリオストロは正面からゼットンを抱きしめた。

 

「よしよし。ごめんねゼットンちゃんのこと忘れちゃって。あれだけ頑張ったのにごめんね」

 

カリオストロは拗ねた子供をあやす様にゼットンを抱きしめ、頭を撫でながら語りかける。

 

blns51u:2v:15pn5tpam6tja3puwmda17"wta4t'n24t'wk8:ujwj@1'xpagqjd68t8yjuj5twt!

 

カリオストロの胸がゼットンの顔を挟んでおり、それによってゼットンは訳の分からない言葉を発していた。

 

「どう?元気になった?」

 

ゲンキニナッタ.....ゼットンゲンキニナッタ.....

 

ゼットンは心の中でそう答えて気絶した。

 

「あれ?ゼットンちゃん大丈夫?」

 

ゼットンの様子がおかしい事に気づいたカリオストロがゼットンを揺さぶるが、サンジェルマンが止める。

 

「きっと疲れが出てきて気を失ってしまったのよ。そっとしておいてあげましょう」

 

「カリオストロ、そこに寝かせてやるワケダ」

 

プレラーティがカリオストロの膝を指差す。その時のプレラーティの顔は何か良からぬ事を考えていそうな顔だった。病院に到着してから目覚めたゼットンが、再び気絶したのは言うまでもない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

サンジェルマンたちに対する処遇について、重い刑罰を与えるという意見はなかった。サンジェルマンたちに手を出した場合、ゼットンが自分たちに対し牙を向けるのを恐れたからだった。米国の政治家たちを殺害した事についても何も言われなかった。米国政治家の死は、火の後始末を怠りその火が原因で起きた爆発事故によるものとして片付けられた。

 

 

 

 

 




次回はシンフォギアのキャラでやりたかったネクサスのシーンをやります


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。