選択した者のポケモン生活   作:怠惰のクソ悪魔

14 / 20
こんばんは読者様、徹夜をしたら偏頭痛にみまわれている怠惰のクソ悪魔です。ゲームしつつポケモンアニメを見てました。さて、それでは今回はついにカミツルギとのバトルですね。また後は題名通りです。それではそろそろ本編へどうぞ。


第14話 新たな仲間と共に

カミツルギとの戦闘が始まると共にカミツルギは目にも止まらぬ速度で飛び回りだす。

 

カミツルギ「ヤーーー!!」

 

紫蘭「ハク油断はするな‥‥そして俺の声だけを聞き動いてくれ」

 

ハク「イブ!」

 

確かにカミツルギは速い。だがカミツルギに比べれば砂漠で襲いかかってきた白ゴキブリの方が断然速い。カミツルギは両手を構えハクへと襲いかかる。

 

紫蘭「電光石火で回避!」

 

ハク「イブイッ!」

 

一気に駆け出したハクは当たるギリギリでカミツルギの攻撃を回避するがハクがいた地面はカミツルギの一閃により大きく綺麗に割れる。

 

紫蘭「おいおい何て切れ味してんだよ!?」

 

あんなの当たったらバラバラになる所の騒ぎじゃないぞ。ここの傘人共はこんな奴と共存してるのかよ。

 

紫蘭「モード:サンダースそして10万ボルト!」

 

ハク「イッブ!!」

 

サンダースへと進化し体を帯電させ10万ボルトを放つ。だがカミツルギは放たれた電撃を回避する所かその小さな体を活かして電流と電流の間を回避して向かってくる。

 

紫蘭「高速移動!」

 

ハク「ザッ!」

 

サンダースとなったハクに指示を出すと一気にその場を離れ高速で移動をする。それを追いかけカミツルギは両手を煌めかせ追いかける。

 

紫蘭「跳べ!」

 

ハク「イッブイイ!!!」

 

大きく跳び上がるとカミツルギはハクを追いかけて飛び上がる。

 

紫蘭「モード:シャワーズそしてハイドロポンプ!」

 

退化しイーブイへと戻ると今度はシャワーズへと進化し口を膨らませ、

 

ハク「シャーーーー!!」

 

ハイドロポンプを放つ。だがカミツルギは即座に両手を合わせ、

 

カミツルギ「ターー!!」

 

と、叫び大きく斬り上げ斬撃波を放ちハイドロポンプを真っ二つにしながら斬撃波は真っ直ぐハクへと向かって進んでいく。

 

紫蘭「溶ける!」

 

ハクは体を即座にどろどろの液体へと変質させ斬撃波を回避し地面へと落ちると元の個体に戻る。カミツルギの技を見ると使ったのはスマートホーン、サイコカッターか。こいつのタイプはエスパーと鋼か。いやでもエスパーといった感じはしない。何というか見たまんま紙だな。待てよカミ‥‥そういえば紙って草から作られてる筈だ。となるとこいつのタイプはと思っているとカミツルギは両手を発光させ斬りかかってくる。

 

紫蘭「イーブイに戻ってみきり!」

 

ハク「シャ!!」

 

イーブイへと戻りみきりでカミツルギの二刀による攻撃を避ける。

 

紫蘭「スピードスターで弾き飛ばせ!」

 

ハク「イ~ブッイ!」

 

大きく尻尾を振るい無数の星を放つが、

 

カミツルギ「ヤーーター!!

 

 

カミツルギは両手を素早く振るいそれを一瞬でバラバラにしていく。だがそれこそ狙ったチャンスだ。

 

紫蘭「ハクやるぞ!」

 

腕のゼットストーンを構えるとハクは頷きカミツルギを見つめる。そしてゼットストーンに触れ大きく腕を回し大の大人がやるにはダサくて恥ずかしいが我慢してゼットポーズをすると自分の体から不思議なオーラが現れそれは光となりハクへと当たると、

 

ハク「イッブーーーイ!!」

 

ハクを囲うように8体のイーブイの進化形態のブイズ達が並びそれぞれがハクに光を当てるとハクはオーラを纏うと共にブイズ達は消え凛々しく立つハクの姿が残る。

 

紫蘭「やれるかハク!」

 

ハク「イブ!」

 

と、言うとスピードスターを切り捨てたカミツルギは此方を向くと刃を煌めかせ一気に此方へと向かってくる。

 

紫蘭「モード:ブースター!」

 

ハク「イブ!」

 

自分の見立てが正しいのであれば恐らく紙である事から草そしてあの剣のような鋭さから彼奴のタイプは草と鋼。それならば使う技は一択の炎のみ。ブースターへと進化したと同時に

 

カミツルギ「ヤーーー!!

 

カミツルギは両手を振り下ろしてくる。その瞬間に、

 

紫蘭「火炎放射!!」

 

ハク「フゥッブワァァァァ!!」

 

カミツルギに向かって火炎放射を放つと見事に命中する、

 

カミツルギ「ヤーー!!?」

 

そして炎を浴びて火だるまとなったカミツルギは勢いが弱まり地面へと落ちると、

 

カミツルギ「ヤーー!!ターーー!!」

 

火を消そうと転げ回る。やはり炎が一番の弱点だったみたいだな。しかし転げ回るカミツルギを見ていると呆れてため息を吐いてしまう。

 

紫蘭「仕方ねぇなハクモード:シャワーズそんで加減しながらハイドロポンプで消火してやれ」

 

ハク「ブゥ!」

 

退化しそしてまたシャワーズへと進化したハクは口に水を貯めて勢いを弱めて放出しカミツルギを鎮火させる。

 

紫蘭「ありがとうな戻って良いぞ」

 

ハク「シャ♪」

 

退化して元のイーブイに戻るとハクは自分の肩にジャンプし頭に乗っかる。本当にここが好きだな。とりあえず鎮火したカミツルギの元へと向かう。

 

紫蘭「おーい大丈夫か?」

 

真っ黒こげとなり倒れているカミツルギに聞くと頭の紙をパクパク動かし両手を広げ大きく大の字になる。こいつは何をしたいんだ。そう思っていると、

 

傘人「カミツルギハ、カクゴヲキメタ」

 

と、声からして少年を処置してくれた先程の傘人が此方に近づきながら言ってくる。

 

紫蘭「はぁ?覚悟だ?」

 

傘人「カミツルギ‥‥ソレハ、ブジンノココロモツモノ‥‥ユエニカミツルギはオヌシニクップクシタ」

 

紫蘭「屈服って‥‥」

 

傘人「ツマリコロスナリ、ナンナリオヌシニマカセルトノコトダ」

 

殺すなりって物騒な事を言うな。大の字に寝て動かぬカミツルギの横に屈み、

 

紫蘭「カミツルギお前に言っておくが俺は負けて戦う気のない奴に止めをさす程のシャバ僧じゃねぇだからいい加減に起きろ」

 

その言葉を聞くとカミツルギは動きだしフワフワと浮き出す。

 

カミツルギ「ヤータター!」

 

何を言ってるのか全然わからねぇ。けど傘人は武人とか言ってたから恐らく俺の首はいらないのか的な事を言っているんだろうな。

 

紫蘭「ならよお前にする命令は1つだ合意なしに喧嘩するんじゃねぇやるなら合意してからやれ‥‥それともしも助けを求める声があったのならその時は助けてやれ強くそして威張って弱者をないがしろにせる奴は斬れそして弱者を守れ良いな?」

 

カミツルギ「‥‥‥‥‥‥‥‥」

 

黙るとカミツルギは頷き上空へと飛び去っていった。

 

紫蘭「たく‥‥」

 

傘人「シカシミゴトダッタアノヨウトウヲオイハラッタノダカラナ」

 

紫蘭「別に良いってのそんなもん誇るようなもんでもねぇからな」

 

と、言っているその時だ。

 

グゥーー

 

紫蘭「‥‥‥‥」

 

ハク「いっイブブ!!」

 

やっぱりハクの腹の音か。ハクは恥ずかしいのか頭の上で地団駄を踏んでくるため結構痛い。

 

傘人「ソナタラガヨイナラ、トマッテユクトヨイ」

 

紫蘭「良いのか!?」

 

傘人「ムラヲスクッテクレタヤツヲ、ムゲニハセンソレニケガニンモオルシナ」

 

紫蘭「まっまぁそれなら言葉に甘えるぜ」

 

ハク「イブ‥‥」

 

そうして自分達は傘人の家へと着いていき1日世話になるのだった。そして翌日、

 

傘人「オキロソレトチョウショクハソコニアルスコシセッシャハデル」

 

と、言い自分達を傘人は起こすとそのまま外へと出ていく。

 

紫蘭「‥‥」

 

ハク「‥‥」

 

傘人に叩き起こされた自分達は眠いが仕方なく起き上がり朝食を食べる。

 

ハク「イブ~♪」

 

陽炎「がうっ♪」

 

2匹は美味しそうに出された食事を頬張っていく。見ていて実に微笑ましい光景だ。

 

紫蘭「なんかこういう食事も久々だな」

 

この世界に来てからの食事はストックしてある木の実ばかりだったため久々の和食は良いものだ。そうして食事を終え陽炎をボールへと戻し自分とハクは寝ている少年の元へと向かう。

 

紫蘭「おうおう気持ち良さそうに寝やがってうらやましいなちくしょうめ」

 

未だに寝ている少年の隣に座り顔を見る。しかしこうしてよく見てみると整った顔をしてるな。見るからに男だが女装でもすれば女とか言っても誤魔化せるな。そんな事を思っていると、

 

少年「うぅん‥‥ここは?」

 

頭を抑え少年は起き出す。やれやれついに起きたか。

 

紫蘭「よっ」

 

ハク「イブ♪」

 

少年「えっイーブイにそれから貴方は?」

 

イーブイを知っているって事はポケモン世界の住人のようだな。まぁその方がある意味で都合がいい。

 

紫蘭「俺か?俺は紫蘭、賀茂紫蘭だそんでそのイーブイは俺の相棒のハク」

 

ハク「イッブイ♪」

 

少年「そうですか」

 

紫蘭「お前の名前は?」

 

少年「えっと僕はリラと申します」

 

リラか。それに僕という単語からやはり男だな。しかし何でまたこいつこんな含みのある言い方をするんだ。

 

紫蘭「なぁリラお前に聞きたいんだが」

 

リラ「えっと紫蘭さんまずは僕からよろしいですか」

 

紫蘭「えっあぁまぁ構わんけど」

 

リラ「ならその1つは僕と貴方は今日初めて話しますよね?面識はないですよね?」

 

紫蘭「そうだな」

 

こいつ何を急に当たり前で可笑しな事を言い出しているんだ。キョロキョロと周りを見渡すと、

 

リラ「‥‥どうして僕はここにいるんでしょうか?」

 

紫蘭「どうしてって俺が知らない世界をさまよっていたらお前が吹っ飛んできてそれをキャッチしてデカくてしつこい怪物からお前をおぶって逃げてそんで気づいたらここだった‥‥オーケー?」

 

リラ「なっ成る程‥‥そうだ!確かあの時に怪物に吹っ飛ばされて‥‥あの時うっすらと男の人がやはり貴方が‥‥となると僕のいた所は分からないですよね」

 

紫蘭「なぁ待てよさっきから何を‥‥」

 

リラ「その‥‥記憶がないんです」

 

紫蘭「はぁ!!?」

 

こいつまさかの記憶喪失しているぞ。

 

紫蘭「お前なにか覚えてないのかよ?」

 

リラ「えぇと‥‥僕はホウエンの出身でそれから大きな塔を守っていた事ぐらいしか‥‥」

 

ホウエンってあの石集めしていた少年がいた地方だったよな。となるとあの荒廃した世界の住人ではないのは確かだな。しかし覚えてる事が少なすぎるな。

 

紫蘭「次に俺が聞いていいか?」

 

リラ「えっと答えれるかは分かりかねますが」

 

紫蘭「別に良いさ‥‥お前はどうしてあの荒廃した世界に?」

 

リラ「そのごめんなさい何でいたのかまでは‥‥ただ覚えているのはさっき言った事そしてあの黒いポケモンに成すすべなく吹っ飛ばされた事ぐらいです」

 

紫蘭「成すすべってお前ポケモンは?」

 

リラ「それがその持っていなくて」

 

紫蘭「成る程な」

 

リラ「えっと覚えてはいませんが助けて下さってあ

   りがとうございます」

 

紫蘭「気にすんなそんな事を気にするならまずは寝

   て怪我の治療を優先しろ‥‥」

 

怪我人には何よりも安静が一番だ。そう言うとリラは横になる。すると、

 

ハク「イブ!」

 

紫蘭「そうかいなら頼むよ」

 

と、言うとハクは眠るリラの布団に潜り込みそしてリラの右隣に顔を出す。

 

リラ「えっえぇと良いんですか?」

 

紫蘭「イブイッ♪」

 

何と言ったかそれはリラの看病がしたいとの事だ。その看病方法は昔から変わらず横で寝るというものだ。まだガキの頃に風邪をひくとよくハクが今みたいに潜って一緒に寝てくれるのだ。

 

リラ「ふふっ‥‥ならお言葉に甘えますね」

 

ハク「ぶい~」

 

そうしてリラとハクは再び眠る。やっぱり何か言葉に言い表せないがリラに不思議な違和感を覚えながら座りながら目を瞑るのだった。そうして数日後、

 

傘人「ケガモヨイミタイダ」

 

リラ「お世話になりました」

 

数日もするとリラの怪我は治り普通に立つ、座る等の動作も行えるようになっていた。頭に怪我を負っていたいたため不安だったがこれなら何とかなりそうだが、

 

リラ「‥‥‥‥」

 

紫蘭「やっぱり思い出せなかったか」

 

リラ「はい」

 

リラの記憶は未だに喪失したままだ。相当大きな衝撃を頭に受けたんだろうな。

 

ハク「イブ!」

 

リラ「‥‥そうですね気にしたら駄目ですよね」

 

ハクの頭を撫でて優しくそう言う。ハクもここまで懐くとは思わなかったためビックリだ。俺以外で懐いたのは彼奴だけだったからな。しかしリラを見ていてある確信が出た。リラは恐らくハクの言っている事を理解している。前々からそんな素振りは見せてはいたがやはりか。

 

紫蘭「お前、ハクが何を言っているか分かるんだな」

 

リラ「えっえぇ‥‥」

 

面白い力を持っているな。俺にもそんな力があればな。そしてそろそろ言わないとな。

 

紫蘭「リラ」

 

リラ「何ですか?」

 

紫蘭「お前はこれからどうする?」

 

リラ「えっ?」

 

紫蘭「元の世界に帰るために歩くのかそれともここに移り住むのか」

 

リラ「どうしてわざわざ?」

 

紫蘭「俺はもう今日ここを去るつもりだからだ」

 

俺の今、達成すべき目標は元の世界に帰ることそれだけだ。

 

傘人「ハヤイナマダノコッテモヨインダゾ?」

 

紫蘭「いいや俺には帰ってやる事があるからな♪」

 

とりあえず帰って修行してあの真っ黒鋭角野郎に落とし前をつけ更にはイラッとくる怠惰達をぶちのめす。それが今の所で目標だ。

 

紫蘭「どうするつもりだ?ただ元の世界に帰るのは至難の技だ黒デカの怪物がいる世界に辿りついちまうかもしれないしな」

 

と、聞くとリラは真っ直ぐな目で、

 

リラ「僕も帰りたいと思っています記憶は失ってはいますけれどホウエンに行けばもしかしたらと思いまして」

 

紫蘭「そうか‥‥なら一緒にくるか?」

 

リラ「えっ」

 

紫蘭「俺も帰りたいしなそれに色々な世界を飛ばされている時にホウエンに1度だけ行ったことがあるだからもしかしたらと思ってな‥‥別に嫌なら来なくても‥‥」

 

リラ「いいえ紫蘭さん僕からもお願いしようと思っていました一緒に行っても構いませんか?」

 

と、言ってきた。やはり考えることは同じか。

 

紫蘭「なら頼むぜ」

 

リラ「はい♪」

 

とりあえずお約束の拳を作り前に出す。だがリラはキョトンとした顔をする。あれこれ知らないんだ。

 

紫蘭「あぁ~‥‥まぁお前も拳を作れそして軽く拳と拳を当て合うのさ、え~とまぁハイタッチみたいなもんだよ」

 

リラ「あぁ成る程」

 

そう言うとリラは同じように拳を作り自分の拳に当てる。これで同じ目標を達成する仲間だ。

 

紫蘭「そんで歩けるか?」

 

リラ「舐めないで下さい流石にもう歩けます」

 

そう言い立ち上がる。こんだけガッツがあれば充分か。

 

紫蘭「なら良し」

 

傘人「イクノダナ」

 

紫蘭「あぁ世話になったな」

 

傘人「カマワンマタココニキタトキハタチヨレ」

 

紫蘭「あぁ♪」

 

ハク「イブ!」

 

そんな会話をしながら暖簾をくぐり外へと出る。

 

傘人「デハナ」

 

紫蘭「ありがとうな」

 

リラ「お世話になりました」

 

ハク「イブブ♪」

 

そうして傘人は家へと入っていこうとしたその時だ。突然、何かがすぐ隣に落ちくる。土煙が止みその姿が露になる。それは、

 

傘人「ヨウトウ」

 

数日前に倒したカミツルギだ。何故またここに来たんだ。もう無闇やたらに襲うなと言った筈なのだが。

 

紫蘭「何しに来たんだ?」

 

カミツルギ「‥‥‥‥」

 

両手を合わせるとお辞儀してきた。どういう意味なんだ。すると傘人は、

 

傘人「ヨウトウガ、ミトメタトイウノカ‥‥」

 

認めただと。リラは此方を見ると、

 

リラ「もしかしたら同行したいんじゃ」

 

紫蘭「へっ‥‥そうなのか?」

 

と、聞くとカミツルギはコクリと頷く。どうやらリラの言うことは本当みたいだ。

 

ハク「イブ!イッブイ!」

 

ハクは自分に語りかけてくる。恐らくこの子を連れていけとでも言っているのだろうか。

 

紫蘭「‥‥俺に着いてくるって意味はコキ使われる覚悟はあるんだろうな?」

 

カミツルギ「ヤーー!!」

 

大きく返事が返ってくる。それにニコリと微笑み、

 

紫蘭「なら来な歓迎してやるよ」

 

ウォッチからモンスターボールを取り出すがふと思う。こいつモンスターボールに入るのかなと。まぁ物は試しだしやってみるかと思いカミツルギにボールを向けるとカミツルギはボタンに触れるとボールが開き赤いレーザーが当たるとボールの中へと入っていった。そして赤く点滅し何度か振動すると、

 

グポーーン

 

と、音がなる。これでカミツルギは今日から俺の仲間だ。というかモンスターボールに入るんだな。つまり異形達はポケモンと捉えるのが良いのだろうな。とりあえずボールを投げて、

 

紫蘭「出てこい!」

 

と、言うとボールが開きカミツルギが出てくる。

 

紫蘭「さて俺のポケモンになったんだ何かネームを考えないとな‥‥そうだ『村雨』はどうだ?」

 

カミツルギ「ッ!!」

 

大きく回転し両手を広げる。どうやらこの名前が気に入ったみたいだ。

 

紫蘭「よろしくな村雨」

 

ハク「イブ!」

 

村雨と名付けたカミツルギは両手を合わせ再びお辞儀をする。

 

傘人「オモシロキモノヨ」

 

紫蘭「そうか?」

 

傘人「オヌシニハナニカコトバニデキヌチカラガアルノヤモシレナイナ」

 

そんなもんなのかな。よく分からねぇや。

 

傘人「オヌシノセイチョウキタイスルゾ」

 

紫蘭「へっ‥‥」

 

そう言いカミツルギ使いは家へと入っていった。

 

紫蘭「さてとよろしくな村雨」

 

村雨「ター」

 

カミツルギをボールに収納し腰のベルトにボールを引っ掛ける。そしてハクを定位置の頭の上にのせる。

 

紫蘭「そんじゃ行こうぜ」

 

リラ「はい」

 

ハク「イッブイ!」

 

そうして自分達は村を後にして森の中を歩き出すのだった。そして暫く歩くが、

 

紫蘭「‥‥」

 

リラ「‥‥」

 

会話なく歩き続けていた。ヤベェ‥‥会話がないってこれどうするんだ本当にどうするですか。そんな事を考えていると、

 

リラ「えっえっと紫蘭さん」

 

紫蘭「ん?」

 

リラが自分の名前を呼んでくる。流石はリラだこの無言に終止符を打ってくれるのか。

 

リラ「気になっていたんですが貴方のその目って」

 

恐らくこの眼帯の事を言ってくるのだろう。無理もないこんなの着けたがる奴なんて厨二病患者ぐらいだからな。

 

紫蘭「あぁこれな‥‥見るか?」

 

リラ「えっえぇ」

 

眼帯を取り見せるとリラは驚いた顔をする。

 

リラ「目が‥‥」

 

紫蘭「まぁな‥‥これをやった奴をぶっ飛ばすのが今の目標なんだよ」

 

怠惰の野郎はマジでぶっ飛ばす。そのためにもここから速く帰らなければ。

 

紫蘭「あぁそれと俺にさんとか君とか付けるな普通に呼び捨てで良いよ俺もお前を呼び捨てにするからよ」

 

リラ「分かりましたなら紫蘭」

 

紫蘭「おうリラ♪」

 

何て会話をしていると目の前に突然、何時もの白い裂け目が現れる。

 

紫蘭「さてと覚悟は良いか?」

 

リラ「はい」

 

ハク「イブ!」

 

紫蘭「良しなら行きますか!」

 

そうして自分達は裂け目へと入り次なる地へと向かうのだった。




怠惰「それでは今回はここまでね」

ダークライ「‥‥‥‥」(=_=)

千「うむ所で怠惰よ」

怠惰「なに?」

千 「お主のポケモンは今の所でダークライだけじゃが他にもおるのか?」

怠惰「あぁ~‥‥‥‥いるよ?」

ダークライ (*^-_ゝ-)

千「なら折角じゃし見せてくれぬかの?」

怠惰「そうだね~まぁ良いとは思うけど」

千「ほうならば‥‥」

怠惰「だが断る

ダークライ「‥‥‥‥フッ」

千「こやつしかもダークライにまで鼻で笑われた!?」

怠惰「秘密だもんなぁ~♪」

ダークライ「‥‥♪」(  ーωー )

千「こやつらは‥‥」

怠惰「まぁ教えても良いけどさその時はバトルオンリーだぜ?」

千「言うではないか‥‥ならばポケモンバトルじゃ!」

怠惰「良いけどその代わり初手はダークライ出して6戦全勝するけど良いんだね?」

ダークライ ( *´ー`)

千「‥‥‥‥止めておこうかの眠らされ特性による精神攻撃で疲弊して終わりじゃしの」

怠惰「まぁそういうこったねまぁまぁ近い内に1匹2匹は出してはいくからさ」

千「ならばせめてヒントを出さぬか!」

怠惰「前にも言ったと思うけどまぁヒント位なら良いかな‥‥う~んヒントとしては1匹は電気タイプ2匹目は毒タイプ3匹目はゴーストタイプ4匹目は鋼タイプ5匹目は虫タイプかな?そして最後はまぁこいつだけどな♪」

ダークライ「‥‥‥‥‥‥‥‥♪」

千「それらは皆、単タイプか?」

怠惰「いや複合もいるよ?ただ複合タイプは2つ目のタイプを言っちゃうとすぐ分かるから面白くないでしょ?」

千「それでは分からぬわい!?」

怠惰「まぁついでに言うとこの5匹の内の1匹は千ちゃんのがルーラみたいな枠がいると思ってよ」

千「まさかお主もか!?」

怠惰「勿論さ♪さてさてヒントは述べたからもしかして!と思った方は是非とも言って頂けたらなと思います合っていたら合ってるよと返信させていただきますので♪」

千「露骨なコメ稼ぎを」

怠惰「してないから!?さてでは長くなったしそろそろ終わろうか」

千「じゃなそれでは読者様今回はここまでじゃ」

怠惰「また次回もよろしくね」

千「それでは読者様!」

怠惰「ばいにゃら♪」

ダークライ ( ー_ー)/

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。