|剣士《The Fencer》だが、それだけじゃない   作:星の空

4 / 13
事件?

「ねぇ涼愛、今更なんだけどさ………なんで僕にだけ転生者だって事を教えたの?」

儂とヨミは転校(編入)先の璃緒須中で担任となる符山深琴先生に教室へ案内されている時にヨミは小声で儂に問うてきた。

「何故、か。それはお主だけ気づいておらんかったからじゃよ。天照やすーさん、伊弉冉尊殿、英霊達は皆儂の自己紹介時に直ぐに気づいておったよ。皆、お主が儂の事を知った時の反応を見て苦笑いじゃったであろう?」

それにヨミは納得したのか、あるいは恥ずかしかったのか無言となった。

そう言えば今何を着ているのかと言うと、ヨミはどこにでもあるようなブレザーだが、儂は何故か同じブレザーであった。なので、今まで着ていた和服に近づくように改造した和を感じるブレザーにした。下半身はスカートじゃが丈を少し長くし、そのスカートの内にはいつも穿いていた短パンを穿いておる。

暫く外を見たりしていたら符山の先公がある教室の前に来たら立ち止まってこちらに向き

「それでは紫呉涼愛さんと躄月(イザツク)さんは呼ぶまでここで待っててください。」

そう言い残して2-Aクラスに入って行った。

「いよいよじゃな。ヨミよ、お主も人間の暮らしをしかと楽しむと良い。」

「う、うん。」

ヨミが頷くと同時に、教室ないから轟音が響き渡る。どうやら、テンプレよろしく転校生が来たことが嬉しいのだろう。

「では!入ってきて下さい!!」

符山の先公から呼ばれたので儂から先に入って行く。儂とヨミが入って来たら男子が嬉しがり、女子は若干ガッカリしておる。しかし、中には可愛いなどと言う百合気質な者もいるようじゃ。

「それでは、右から紫呉涼愛千嗣さんと躄月読命さんです。一言挨拶をお願いします。」

「うむ、我が名は先程符山の先公が述べたように紫呉涼愛千嗣と申す。先に述べておくが………儂はれっきとした男子じゃ。そこの所を間違えぬ様よろしくな。」

『………………』

「…………む?どうかしたかえ?」

『そんな馬鹿なぁ!?!?!?』

矢張り、儂がこの形で男子であることが有り得ぬらしい。

「……あ、ははは。僕は躄月読命だよ。あぁ、僕は一人称がこれだけど女だから安心してね。」

等と自己紹介をして空いておった席についた。そのあとはホームルームとなり、符山の先公が今日1日の予定を申しておった。

ホームルームが終えたら儂は近くにいた童に御手洗の場所を聞いて御手洗に向かった。

教室内ではヨミが質問攻めにあっておったが儂は気づかぬ振りをしてそそくさと去った。

今日1日はそうやって質問攻めを避ける事で助かったがのう。

放課後は部活とやらはやらずに即下校じゃ。

「うぅ〜酷い目に合いましたよ~。なんで涼愛はあの集団から逃げ切れるのさ?」

「儂には心眼と直感がある。故に逃れただけじゃ。それは置いておいて、お主は学校とやらを楽しめそうか?」

「うん。戦争が終わってからかなり経つけど…あの時は諦観していたからね。下界にも楽しいこともある。まぁ、都合上この中学って奴だけしか行けないだろうけどね。」

「まぁ、とりあえずは過ごしてみよ。」

 

璃緒須中学に転校(編入)してから1年が経ち、高校受験の季節となった。

この1年間を軽く説明すると

・転校(編入)した4月

騎士王(アルトリア)がマスターの現状を知ってマスターと仲直り

企業AUO(英雄王)が世界進出し、ブームとなった

征服王が雷王荒鬮(らいおうあれく)として儂が通うつもりの璃緒須高校の歴史科教師として就任。

劇団ザイードがテレビ出演。パトリキウス在住者全員茶を吹いた。

赤枝騎士団筆頭がわざわざここまで来て、征服王のマスター出会った童が筆頭のマスターの跡継ぎとして確定した事を教えに来た。黒子は治っておらず、そのおかげでマスターとの仲を取り戻せて忠義を尽くしていたようだ。

桜の中にいる虫を全て抜き取ることができ、中にいた害虫は繋がっているもの全てを焼き払うことで事なきを得て、桜はちゃくちゃくと精神を取り戻しており、近いうちに笑顔を取り戻すだろう。

ヨミが儂の事を獲物を狙うような視線をむけてくるようになった。何かの琴線にでも触れたのであろうか?

儂は良く散歩に出て桜の花をのんびりと眺めておった。

5月、

ゴールデンウィークに因んで英雄王が異常なほど輝いていた。

騎士王は笑顔を取り戻した桜と良く遊んでいる。というより、いつの間にか幼稚園に桜を通わせており、騎士王本人は先生をしておった。

征服王は言わずもがな、教師の鑑みとして全国的に有名となっていた。

劇団ザイードは金銭面でトラブルが発生して1週間ほど活動休止しておったが無事に戻ってきた。

赤枝騎士団筆頭は今は時計塔の守護騎士として裏で知らぬものはおらず、魔術師で危険な者には忠告をしたりして留めたりしている。

ヨミは最近趣味に走り出した。らのべ?というさぶかるちゃー?にハマったそうだ。転生前に読んだ覚えはあるがうろ覚えなため、儂もヨミから借りて読むこともある。

6月、

英雄王、騎士王、征服王らとパトリキウス内の闘技場で模擬戦を日夜執り行ったり、桜に少しだけ勉強を教えたりした。

あぁそうそう。雨の日に璃緒市で見かけない気配を見たので、そこに向かうと傷だらけだが手当された白猫がいたので連れ帰って丁寧に手入れをした。

風呂に入りたがらなかったが、儂は身体を隅々(・・)まで洗って湯に浸かったのだ。すると、その白猫…………人間に変化したのだ。それも女子に。流石に目の前にいた白猫が女子になった事に度肝を抜かして絶叫。白猫の女子は儂のアレを見て発狂。慌てて駆けつけたヨミは裸の男女が密室にいた事に興奮。

割かし冷静な騎士王対応のもと落ち着いたので良かった。

7月、

白猫こと塔城白音(とうじょうしろね)が同じクラスに編入。

それによって、6月いっぱい桜と共に白音を愛でていた騎士王が若干ショックを受けていた。

英雄王はAUOから新たな携帯、スマホを発表。利用者やそれに連なる商品を売り出すもので経済面がかなりのお祭り騒ぎとなった。

璃緒須高校の教師(ゲス)の1人が女生徒を強姦。征服王がブチ切れて折檻&牢屋にぶち込み、襲われた女生徒に親味になって対応し、その女生徒は男性恐怖症になったとはいえ、引きこもりとなって社会復帰すら出来ない状態から緩和させた。どうやら征服王はカウンセリングすら出来るようだ。

劇団ザイード、芸能界にまで出世。……貴方方は暗殺者の集団ではなかったのですか?

赤枝騎士団筆頭はそこまで変わった様子はない。

ヨミは学校のマスコット化した白音を1人にさせたら何が起きるか分からないからと常に白音のそばにいる。

儂は鍛錬を中心に中国拳法を齧る程度で独学したり、その他の武術を試す程度で習っておる。

8~11月

これといって何も怒ることはことは無かった。ひとつだけあるとしたら、散歩中に日本へ遊びに来ていたインドラとばったり遭遇久しく好きな食い物が変わったかもしれないと互いに思い互いに語ったのだが、ジャガイモの食べ方で儂はフライドポテト派でインドラはサラダ派と馬が合わず喧嘩に発展。今度はアメリカのグランドキャニオンの谷がかなり増えた。前回のこともあり互いに自重していたとはいえ矢張り星に少なからず影響を及ぼしたようだ。

12月、

日に日にヨミが距離を近づけてきた挙句、クリスマスの日に食われた。どー〇つしたと言えば分かるであろう。

なんでも、高校を一緒に行けないから寂しく感じていたようだ。まさかここまで焦らしていたとは……儂もまだ未熟というわけじゃ。

大晦日は高天原にておおいにはしゃぎ回った。

1月、

英雄王と征服王以外はヨミのお手伝い。

英雄王からのお年玉で200万も貰った。

英雄王が和服に初挑戦し気に入ってた。

儂らは英雄王の大盤振る舞いに苦笑い。

2月、

節分のためだけに両面宿儺を復活させ、本格的な鬼退治。

3月、

桜のひな祭りを皆で挙って行い、とんでもないこととなった。

大まかなものではこんなものだ。

そして、4月は儂らは中学3年になり受験に悩む年となった。

 

「それにしても、あと1年で終わりかぁ。素戔嗚から悪魔共が隣の駒王町を不当占拠しちゃってるからその問題の解決をしなきゃいけないんだよねぇ。」

「ふむ、ヨミが高校を通えるようにするにはその悪魔なる種を絶滅させたら良いのかえ?」

「……涼愛さん、それは危険思想です。せめて追い払うと言ってください。最近ははぐれ悪魔が黄泉に送られてきて伊弉冉尊様が胃薬生活になってきてるんですから。」

「む?ココ最近忙しそうであったのはそれが原因かの?そうであったら手が出せぬな。それよかお主らはそ奴らの対策を練らぬて良いのか?話だと悪魔の駒(イーヴァル・ピース)とやらを埋め込まれたら埋め込んだ奴に忠誠を誓わねばならぬのだろう?誓わず逃げればはぐれ認定とも聞いたぞ。」

「僕は神だから対策しなくてもいいんだよ。」

「……私は以前涼愛さんから紹介された李書文さんに師事してもらって仙術を主に妖術と中国拳法を教えて貰っています。確か来週から悪魔の駒を弾く術を習う手筈となっております。」

「成程、ならばそれといった対策はなくとも構わんな。彼の三王は上位に入る強さじゃ。超越者が出てこぬ限りは問題あるまい。」

儂らは悪魔対策をしながらパトリキウスに帰宅?帰城?した。

それから、体育祭や文化祭、修学旅行などがあり儂ら……特にヨミははっちゃけるように楽しんだ。じゃがココ最近ヨミは小柄ながらに妖艶になったのう。

まぁそんな生活の中、とあるアクシデントがあった。

ある日、商店街を猫状態の白音を抱えて歩いておったのだが商店街内の十字路にたこ焼き屋があるのだが、そこに人集りが出来ていたのだ。

「あのなぁ、慰謝料払えやばばあ!謝れば良いって訳じゃねぇんだぞゴラァ!!」

どうやら、少年が祖母に買うて貰ったたこ焼きを運悪くチンピラにぶつけてしまい、チンピラの服を汚してしまったようだ。

「すいませんすいません。これで勘弁をしてください。すいません。」

少年の祖母が財布から3万ほど渡そうとした。が、チンピラは

「ンなもんで足りるわけねぇだろうが!!舐めとんのかゴラァ!!」

少年の祖母の胸ぐらを掴み恐喝する。

それを少年が「やめろォ!おばあちゃんをいじめるなぁ!」とチンピラの足をポカポカと叩く。

「うるせぇ!!」

チンピラはそれを蹴り上げて少年は頭を地面に殴打して昏倒する。それを気にせずに少年の祖母から財布と金目の物をぶんどって祖母さんを落とす。

チンピラは財布の中身を確認して、また祖母さんに恐喝し始めた。

「あんなぁババア、こんなんじゃ足りねぇんだよ!!舐めてんだろてめぇ!!」

『え?』

絶句してしまった。祖母さんの財布には伝説のブラックカードと200万、クレジットカードが多数あり、十分すぎである。

いい加減胸糞悪くなってきたので介入しようとしたが、儂よか先に出た者がいた。

その者は祖母さんとチンピラの間に入ったらサラリーマンが驚嘆するほどの綺麗な土下座をして、

「祖母と弟が申し訳ございませんでした!!!!!!!!!!」

と、後に聞けば商店街の外まで響いてきたそうだが……それほどの大きな声でチンピラに謝った。

祖母さんと昏倒からちょっとだけ立ち直った少年、野次馬は絶句。

チンピラはいい気になってその者の頭を蹴ったり、すぐそこの自販機から買った熱々の飲み物をぶっかけたりしても

「本当に申し訳ございませんでした!!!!!!!!!!!!!!」

としかし言わず、最終的にチンピラは近くに何故かまだあった石焼き芋機の中で熱された石をその者……同校に通う男子生徒の背中(服の中)に2~3個入れた。

それでもその者は

「ッ………………申し訳ございませんでした!!!!!!!!」

諦めずに謝る。チンピラは何を思ったのか着ていた服の中からライターを取り出した。

直感と心眼で未来を見た。この後にその者が火に炙られるのを。流石に儂は見過ごせなかったのでいつもは意識して音を立てなかった下駄の音を鳴らしてチンピラの方に拍手をしながら歩み酔った。白音は肩に乗せている。

 

®▪®▪®▪®▪®▪®

 

それは唐突だった。

 

カランコロンカランコロン

 

パチパチパチパチ

 

そんな音が野次馬の中から鳴り響く。野次馬らは涼愛が歩むのを拒まず、道を開ける。

「そこまでじゃ。」

凛とした声が響く。野次馬や祖母さん、チンピラは涼愛苦笑い注目する。

涼愛はそんなことを気にせずにまずは昏倒していた少年のもとに歩み寄って症状を確認。

「ふむ、軽く脳震盪を起こしただけか。して、そこのチンピラよ。お主は今何を成そうとした?」

立ち上がり未だに尻餅を付いている祖母さんを立たせ、最後にその者のもとに来て耳元でこう囁く。

「その忍耐力は素晴らしいし、そこの母上殿と少年を守ろうとする覚悟。誠に大儀であった。儂も人のことを言えぬが野次馬共はガン見して見ぬ振りをする気らしい。お主はちと休め。あ、服が皮膚と付いてはならぬ故に脱ぐことをオススメする。」

その者の服を脱がしながらそういい、土下座を辞めさせてから楽な体制を取らせる。

「それで、チンピラは答えぬのか。」

「な、なななんだよ!!!!」

「お主は今先程、そこの者を火炙りにしようとしたであろう?儂の目は少々特殊での、意識すれば4〜5分先の未来を観測することが出来る故に流石にこれは見過ごせず介入させて貰った。」

『えぇぇ……』

野次馬らは言われように申し訳なさと未来観測に半信半疑な感じで声を出す。

「それはそうと…………ココ最近の話なのじゃが、最近この辺には当たり屋がいると警視庁から知らされておっての。なんでも、被害にあっとるのは老人(・・)ないしは年端も行かぬ子供(・・・・・・・・)じゃと聞いてな。」

涼愛がその一言を呟くとチンピラは青ざめ、野次馬は「あっ、」と気づいてきたようだ。

「このような大人数の前で明かされては流石のお主も諦めざるを得まい。そこの者がお主を謝りまくっておる間に確認も済んだからの。被害者の証言によるとチンピラじゃと。それ、お主じゃろう?諦めてお縄につくんじゃな。なんせ、過失暴行罪に当たる事をしておるんじゃし。」

「…………るせぇ。うるせぇうるせぇうるせぇうるせぇうるせぇうるせぇうるせぇうるせぇうるせぇうるせぇうるせぇうるせぇうるせぇうるせぇうるせぇうるせぇうるせぇうるせぇうるせぇぇぇぇぇんだよぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!」

チンピラは手に持っていたライターを捨てて懐から果物ナイフを出して涼愛に切りかかる。

野次馬らは咄嗟に逃げるか、涼愛という少女(・・)を庇おうと飛び出るが間に合わない。

チンピラは涼愛にそのまま袈裟懸けで切り裂こうとした。

「…………悪竜の血鎧(アーマー・オブ・ファブニール)

涼愛は小声でそう呟き、チンピラは気にせずに切り裂く。

しかし、

 

キィィンッ!!!!!!!!!!

 

結果はナイフの刃が折れて落ち、涼愛は無傷であった。服は自動再生によりもと通り。

「あぁあ、お主は殺人未遂の現行犯じゃな。あと、言い忘れておったがこの服防弾防刃防火防水防雷と優れておるからおいそれと破れはせんぞ?」

チンピラは絶望仕切った顔で諦め、膝を地に付けた。

その後は駆けつけた警察に連行され、少年と同校の生徒は救急搬送。祖母さんは少年の付き添いとしてついて行った。

儂や野次馬の1部は事件現場で事情聴取を受けた。

因みに、救急搬送のために来た人に500万円程渡して、少年や同校の生徒の入院治療費、余りはチンピラから受けた被害者への慰謝料として渡した。あのチンピラの様子だとはした金がないように思えたからだ。

「ふぅ。なんか……どこかであったシナリオじゃったな。確かあれは……」

「あの!」

「む?お主は璃緒須中の2代女神が1人ではないか。」

声を掛けてきたのは璃緒須中学にて知らぬ者はいないであろう白崎香織がいた。

そこで思い出した。

(もしや………この世界は“ありふれた職業で世界最強”も混じっておるのかのう。って、あの大義を成したあの者は南雲ハジメか!)

「あ、えぇと。あの子凄かったね。あそこまで耐えてる人初めて見た。」

「確かにのう………………ふむ、その顔からしてお主、初恋じゃな。それも一目惚れと来た。」

「うぇぅっ!?そんな!?まっさかぁぁ………………なんか……ストンと入っちゃった。貴女の言う通り見たい。」

「ふむ、未来観測をしてみたのじゃが……お主、天然じゃな。」

「?」

「高校2年次から途切れて分からぬが、それより前から過度に接触したが故に男子からは殺気、女子からは侮蔑の視線をあの者は受けておった。」

「どうして…………」

「じゃから先程言ったであろう。璃緒須中の2代女神と。お主とお主の友である八重樫一族唯一の娘はそう呼ばれておるのじゃぞ?それを自覚せねば……………よし、お主…………五感を鍛えてみるかえ?儂が観測した未来通りになりとうないならじゃが。」

「えぇ、いきなりっていうか…そんな言い方じゃあ頷かざるを得ないじゃんかぁ。」

白崎香織は己が一目惚れで初恋を自覚し、涼愛から観測した未来(原作)通りにならないように高校2年次の途切れるまでに視線を肌で感じたりその視線がどのような感情を含んでいるか分かるように鍛えるかそれを抽象的に述べられてから問われ、渋々頷いた。

「それでは名乗るべきじゃろうな。儂の名は紫呉涼愛千嗣。この様な形で声音じゃがれっきとした男子じゃ。」

「えぇぇぇぇぇ!?!?!?!?」

白崎香織は初めて知った事で驚愕していた。因みに涼愛に声をかけようとスタンバっていた1部の野次馬が血涙を流しながらダウンしたとか。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。