|剣士《The Fencer》だが、それだけじゃない   作:星の空

8 / 13
事情説明…………

爆発的な光量にクラスメイトの大半が目を瞑る中、儂はずっと開けており、先の魔法陣を脳内に記録し、周りを見たら白地に金の刺繍ししゅうがなされた法衣のようなものを纏まとっているおっさんコスプレイヤーが30人ほど手を組んで祈りを捧げていた。

その時に、縦横十メートルはありそうなその壁画があり後光を背負い長い金髪を靡かせうっすらと微笑む中性的な顔立ちの人物が描かれていて、背景には草原や湖、山々が描かれ、それらを包み込むかのように、その人物は両手を広げている美しい壁画からねっとりと粘つく何か物色するような視線を感じたので爪楊枝に10兆ボルトの雷霆を纏わせて視線に放ち、視線の主に攻撃が当たったのを確認したら警戒をしながらも昼飯を食べる。連盟メンバーの中でマイペースな奴らは既に食べる事を再開している。

「ま、マイペースだな。あんたら。」

犬塚が軽くツッコミを入れてから食べることを再開した。それに気づいた他の連盟メンバーも食べることに集中して食べ切った。

因みにマイペースだったのは羽片と雷王の先公、儂、ちはや、義輝、呼吹、白音である。

食い終わって風呂敷と重箱を片付けたらパトリキウス内に送っておく。

そして、皆が向いている方を向くと、

「────────聖教教会にて教皇の地位に就いておりますイシュタル・ランゴバルドと申す者。以後、宜しくお願い致しますぞ」

丁度自己紹介していた所だった。イシュタルという名ものは大体が曲者であったはず。

イシュタルに案内されて今は儂のパトリキウス内にあるテーブル程ではないがかなり大きいテーブルがある装飾された部屋に来て、上座に近い方を右側に愛ちゃん先公、天之河、坂上…………と続き、左側に雷王の先公、儂、飯田…………と続いておる。序に言えば左側の最後尾に南雲が座り、その隣に香織は座っておる。檜山が何故香織があそこにいる。と睨んでおるが、今は置いといてもいいじゃろう。

全員が着席すると、絶妙なタイミングでカートを押しながらメイドさん達が入ってきた。そう、生メイドである! 地球産の某聖地にいるようなエセメイドや外国にいるデップリしたおばさんメイドではない。正真正銘、男子の夢を具現化したような美女・美少女メイドである!

こんな状況でも思春期男子の飽くなき探究心と欲望は健在でクラス男子の大半がメイドさんらを凝視しておる。もっとも、それを見た女子達の視線は、氷河期もかくやという冷たさを宿していたのがの……

左側の上座にいる雷王の先公、儂、飯田は惑わされなかったがの。

儂ら3人はテンプレ道理ならば………と警戒してイシュタルを睨めつける。

全員に飲み物が行き渡るのを確認するとイシュタルが話し始めた。

「さて、あなた方においてはさぞ混乱していることでしょう。一から説明させて頂きますのでな、まずは私の話を最後までお聞き下され」

そう言って始めたイシュタルの話は予想通りのテンプレで、どうしようもないくらい勝手なものだった。

要約するとこうだ。

ここは異世界、名をトータス。この世界には3種族おり、人族、魔人族、亜人族という総称を持つ。

人間族は北一帯、魔人族は南一帯を支配しており、亜人族は東の巨大な樹海の中でひっそりと生きているらしい。

この内、人間族と魔人族が何百年も戦争を続けている。

魔人族は、数は人間に及ばないものの個人の持つ力が大きいらしく、その力の差に人間族は数で対抗していたそうだ。戦力は拮抗し大規模な戦争はここ数十年起きていないらしいが、最近、異常事態が多発しているという。

それが、魔人族による魔物の使役だ。

魔物とは、通常の野生動物が魔力を取り入れ変質した異形のことだ、と言われている。この世界の人々も正確な魔物の生体は分かっていないらしい。それぞれ強力な種族固有の魔法が使えるらしく強力で凶悪な害獣とのことだ。

今まで本能のままに活動する彼等を使役できる者はほとんど居なかった。使役できても、せいぜい一、二匹程度だという。その常識が覆されたのである。

これの意味するところは、人間族側の〝数〟というアドバンテージが崩れたということ。つまり、人間族は滅びの危機を迎えているのだ。

「あなた方を召喚したのは〝エヒト様〟です。我々人間族が崇める守護神、聖教教会の唯一神にして、この世界を創られた至上の神。おそらく、エヒト様は悟られたのでしょう。このままでは人間族は滅ぶと。それを回避するためにあなた方を喚ばれた。あなた方の世界はこの世界より上位にあり、例外なく強力な力を持っています。召喚が実行される少し前に、エヒト様から神託があったのですよ。あなた方という〝救い〟を送ると。あなた方には是非その力を発揮し、〝エヒト様〟の御意志の下、魔人族を打倒し我ら人間族を救って頂きたい」

イシュタルはどこか恍惚こうこつとした表情を浮かべている。おそらく神託を聞いた時のことでも思い出しているのだろう。

イシュタルによれば人間族の九割以上が創世神エヒトを崇める聖教教会の信徒らしく、度々降りる神託を聞いた者は例外なく聖教教会の高位の地位につくらしい。

儂としては狂信者の集い場の中枢にいることに吐き気がしてきた。

オタク共は儂の顔を見て、1発でダウトだと把握したらしい。

【先程、エヒトと目を合わせたぞ。奴の目的は依り代探し。】

【なぬー!それでは下界に降臨するのが目的なのか!】

【いや、冷静に考えたら要因がある筈。そのエヒト出ないと対象出来ない奴が現れるのか、エヒト自身がこの世界を破壊しようとしているかのどちらかのはず。】

【なら、その2つを重点的に警戒して置けばいいね。】

オタクらと目で会話をしていたら、

「ふざけないで下さい!結局、この子達に戦争させようってことでしょ!そんなの許しません!ええ、先生は絶対に許しませんよ!私達を早く帰して下さい!きっと、ご家族も心配しているはずです!あなた達のしていることはただの誘拐ですよ!」

愛ちゃん先公がイシュタルに抗議をする。それを見たクラスメイト達は和み出した。

「お気持ちはお察しします。しかし……あなた方の帰還は現状では不可能です」

場に静寂が満ちる。重く冷たい空気が全身に押しかかっているようだ。誰もが何を言われたのか分からないという表情でイシュタルを見やる。

「ふ、不可能って……ど、どういうことですか!? 喚べたのなら帰せるでしょう!?」

愛子先生が叫ぶ。

雷王の先公は一言も喋らずにずっとイシュタルの目を見ていた。

「先ほど言ったように、あなた方を召喚したのはエヒト様です。我々人間に異世界に干渉するような魔法は使えませんのでな、あなた方が帰還できるかどうかもエヒト様の御意思次第ということですな」

「そ、そんな……」

愛子先生が脱力したようにストンと椅子に腰を落とす。周りの生徒達も口々に騒ぎ始めた。

「うそだろ? 帰れないってなんだよ!」

「いやよ! なんでもいいから帰してよ!」

「戦争なんて冗談じゃねぇ! ふざけんなよ!」

「なんで、なんで、なんで……」

パニックになる生徒達。

誰もが狼狽える中、イシュタルは特に口を挟むでもなく静かにその様子を眺めていた。

儂はその目の奥に侮蔑が込められているのが分かった。今までの言動から考えると「エヒト様に選ばれておいてなぜ喜べないのか」とでも思っているのかもしれない。それに、香織をチラ見したら香織も侮蔑の視線に困惑している。

未だパニックが収まらない中、光輝が立ち上がりテーブルをバンッと叩いた。その音にビクッとなり注目する生徒達。光輝は全員の注目が集まったのを確認するとおもむろに話し始めた。

「皆、ここでイシュタルさんに文句を言っても意味がない。彼にだってどうしようもないんだ。……俺は、俺は戦おうと思う。この世界の人達が滅亡の危機にあるのは事実なんだ。それを知って、放っておくなんて俺にはできない。それに、人間を救うために召喚されたのなら、救済さえ終われば帰してくれるかもしれない。……イシュタルさん? どうですか?」

「そうですな。エヒト様も救世主の願いを無下にはしますまい」

「俺達には大きな力があるんですよね? ここに来てから妙に力が漲っている感じがします」

「ええ、そうです。ざっと、この世界の者と比べると数倍から数十倍の力を持っていると考えていいでしょうな」

「うん、なら大丈夫。俺は戦う。人々を救い、皆が家に帰れるように。俺が世界も皆も救ってみせる!!」

ギュッと握り拳を作りそう宣言する光輝。無駄に歯がキラリと光る。

同時に、彼のカリスマは遺憾なく効果を発揮した。絶望の表情だった生徒達が活気と冷静さを取り戻し始めたのだ。光輝を見る目はキラキラと輝いており、まさに希望を見つけたという表情だ。女子生徒の半数以上は熱っぽい視線を送っている。

[のう、それは本気で言っておんのか、小僧(・・)?]

しかし、威圧的な怒気が発されて皆が黙り込む。

[自分の都合がいいようにしか考えておらん平和ボケした小僧風情が………………なんと言った?]

天之河は涼愛が戦争が怖いのだろうと、言った。言ってしまった。

「涼愛、戦争が怖いのは分かる。でも大丈夫!俺が世界も皆も救って守って見せる(・・・・・・・・・・・・・・・・)!!!!」

「ッ!?いかん!?」

[戦争のせの字すら知らん若人の小僧風情が粋ガッ!?!?!?]

涼愛が天之河の軽率な言葉でブチ切れて神性を解放しようとしたので、雷王の先公……否、征服王イスカンダルは武骨な剣を出して柄先で脊髄を殴打して気絶させ、当分前に英雄王から英雄王の親友である天の鎖を腕輪サイズの物を4本預けられていたので涼愛の両腕両足に付けて椅子に寝かせる。

「あまり軽率な言葉発するな、天之河光輝。」

「え、雷王先生…………その剣はい「こらぁ!!教師たるものが生徒に暴行なんてするんじゃありません!」

天之河が何か言っていたが、まず愛ちゃんを鎮めなければならない。

「すまんすまん。だが、ああしてないと天之河光輝は消されていた(・・・・・・)。そんな予感がした。それは後でいいとして、天之河光輝、貴様は戦争がどんなものか分かっておるのか?貴様のような人間全てが聖人君子である考え方は戦争に意味は無い。即刻捨てろ。出なければ生き残れんぞ。それに、此奴を見縊るでないぞイシュタルよ。此奴、エヒトとやらが余達を召喚する時に使われた魔法陣を解析しておったからな。近い内に何か分かるであろうな。おおっと、これだけは言わせてくれイシュタルよ。1ヶ月の猶予が欲しい。」

「ちょ、雷王先生!?何故戦わないのですか!?」

「馬鹿を言うな!!!!!!!天之河光輝、先程から言うとるではないか!!!!!!!軽率な言葉を発するなと!!!!!!!この地へ唐突に招かれてタダでさえ精神的にきつい状態で人殺し等させたら手に負えなくなる!!!!!!!1ヶ月の猶予で参戦反対の意志を個人個人で決めさせぬと手遅れになるぞ!!!!!!!」

イスカンダルが言っていることを要約すると、

親に会えないなどで精神的にショックを受けている者に無理に戦わせたりしたらいずれガタが来て敵の的にされてしまう。1ヶ月の猶予である程度この世界に慣らして、人殺しをしても隙を見せないくらいにならなければクラスメイト内で死人が出て手遅れになり、死人が出ました。となったら親御さんに面目が立たないし悲しむ。

そういう意味を含んだ言葉である。

しかし、言っている相手は自分の都合がいいようにしか考えていない男である。

天之河は今のを「平和ボケした軟弱者が!!1ヶ月の猶予でへっぴり腰のままでいるかいないかを決めろ!!じゃないと魔人族が攻めてきて己の身すら守れんぞ!!」と解釈したのである。流石は勇者(笑)クオリティ。

雫は雷王先生の言葉の意味を理解し、未だに悩んでいた隣に座る生徒……園部優花に雷王先生が言った言葉の意味を教える。園部は納得をしてさらに隣に教える。オタク共は義輝が厨二発言として捉え、雷王先生が言った意味を理解し、隣に厨二発言として捉えたら意味が分かることを教えた。坂上に言っても脳筋なので意味が無いし、光輝側なので光輝が捉えた意味の方に走る。

「そうじゃなければ困る。何が困るかはイシュタルとやらも分かるであろう?彼らの心は熟してない。故に命を奪うことに躊躇いも生じる。今一度こいつらに決心するまで、そして、この世界で生き残る術を学ばせて欲しい。あ、訓練などは護身術を主に頼む。」

結局、戦争に参加するかは1ヶ月後に再確認することになった。しかし、クラスメイト達は本当の意味で戦争をするということがどういうことか理解してはいないだろう。崩れそうな精神を守るための一種の現実逃避とも言えるかもしれない。

まぁ、雷王先生が言った1ヶ月の猶予とはそういった現実逃避から現実を認めるまでの期間でもあるが。

儂は気絶したふりをしながら主武装をどれにするか悩んでおった。

イスカンダルは涼愛がそんなことを考えていると予測し苦笑いしながらそれとなくイシュタルを観察した。彼は時間が無いとでも言うようにあまり表情には出てないが不満な顔を浮かべている。

連盟メンバーはそこそこ勘づいていた。イシュタルが事情説明をする間、上座にいる2名を無視して語った天之河を中心に観察し、どの言葉に、どんな話に反応するのか確かめていたことを。

正義感の強い天之河が人間族の悲劇を語られた時の反応は実に分かりやすかった。その後は、ことさら魔人族の冷酷非情さ、残酷さを強調するように話していた。おそらく、イシュタルは見抜いていたのだろう。この集団の中で誰が一番影響力を持っているのか。

以前涼愛が言っていた狂信者は手段を選ばない。という言葉が何となく分かったイスカンダルは念話で涼愛と涼愛の中のパトリキウス内にいる彼らに人族要警戒を伝えておくのであった。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。