バンドリ世界に響かせたい!   作:特異点
<< 前の話 次の話 >>

5 / 22



我が魂はさよひなと共にありィィィ!!!        
            /
           /
          /
         /
        /
       /
      /
     /
    /
  オレ魂





Shadow of the sun/Night of the moon

〈氷川家、PM07:30〉

その日少女____紗夜が起床して

一階に降りると少女__日菜が珍しく

先に起きており何かを食べていた。

 

「う〜ん、おいひい〜♪

あ!おはよう、お姉ちゃん!」

 

「おはよう、日菜。

あら?何を食べているの?」

 

「これ?今度麻弥ちゃんが

出る事になった学園ドラマの

校長先生役の人から差し入れとして

もらったんだって。」

 

「そうなの。」

 

「これがまたるんっ♪て感じで

すっごく美味しいんだ。」

 

「何という名前の食べ物なの?」

 

「これだよ♪」

 

『辛味噌』

(0M0)カラミソ!!

 

「それよりも!お姉ちゃん。今日の予定は?」

 

「そうね、今日はCircleで練習よ。日菜、あなたは?」

 

「あたしもCircleで練習だよ。

やった♪お姉ちゃんとおんなじだ〜♪

ねぇねぇお姉ちゃん♪いっしょに行こ♪」

 

「それは構わないけど

日菜、あなた確か。

午前中にお仕事が入っていなかったかしら?」

 

「あれ?そうだっけ?

ちょっと確認するね。」

 

そう言うと日菜はスケジュールを

確認したところそこには確かに

雑誌に載せるインタビューのお仕事が

入っていたのだった。

 

「あ!ほんとだ!

ありがと〜!お姉ちゃん!!」

 

「別に気にしないで。

偶然覚えていただけよ。」

 

「でもでも、あたしが忘れてたのに

覚えていたなんて偶然じゃ

都合が良すぎじゃない?」

 

「ほ、本当に偶然よ...!」

 

「それでも、嬉しいよ!

お姉ちゃん、だ〜いすき!!」ギュッ

 

そう言って日菜は紗夜へと抱きついた。

 

「こら!日菜!引っ付かないで!?」

 

そう言うと日菜は上機嫌なまま

ゆっくりと紗夜から離れたのだった。

 

「は〜い♪」

 

「もう...。

ほら、洗い物ならしておいてあげるから

早く出なさい、遅刻するわよ。」

 

「分かったよ。お姉ちゃん。」

 

そうして日菜は出る準備の為に

上へと上がり、少し時間を置いて

降りてきたのだった。

 

「それじゃ、お姉ちゃん。行ってきます!」

 

「えぇ、行ってらっしゃい。日菜。」

 

そうして日菜が出かけた後

紗夜も着替え等の準備を終えた後

日菜から『終わったよー♪』と

連絡が来るまでギターの練習をしたのだった。

 

___________________________________

〈Circle前〉

 

仕事が終わった日菜と合流して

Circleまでやって来た紗夜達だったが。

 

「やっと着いたね、お姉ちゃん。

 

「えぇ、でも少し騒がしいような。」

 

___________________________

 

〈Circle内〉

 

その時、Circleの中では

飾り付けにケーキの用意にと

ドッタンバッタン大騒ぎしていた。

 

「あそこの飾り、どこだっけ〜?」

 

「あの箱の中だよ!モカちゃん!」

 

「ケーキの用意は!?」

 

「ばっちりだよ!!」

 

「まりな姉さんから

2人が来たと連絡があった!!」

 

「もう来たの!?」

 

「わざと少し遅めの時間を

送っていたのに。紗夜らしいわね。」

 

「取り敢えず確認していくぞ!!」

 

_________________

〈ラウンジ前〉

 

「それにしても、さっきのまりなさん。

ず〜っとアタフタしていて面白かったなぁ。

こう『どうしようどうしよう(・_・;』

みたいな感じで。」

 

「日菜。あまりそういう事を言わないように。」

 

「えへへ、は〜い。」

 

ガチャッ

 

《パンパパーン!!

パパンパーン!!!!!!》

 

「「!?」」

 

『『『紗夜。/日菜。ちゃん。

お誕生日おめでとう!!!!』』』

 

「これは...。」

「うわ〜。」

 

「よう2人とも。その反応を見る限り...。

SURPRISEは大成功だな。」

 

「うんうん♪すっごくるるるるんって感じ♪」

 

「えぇ...驚きました。」

 

「まだまだ、お楽しみはこれからだからな。

楽しもうぜ。俺達のパーティータイムを‼︎」

 

『『『オーーーー!!!!!!』』』

 

__________________

 

「日菜せんぱーい、おたおめーでーす。

モカっとした日になりますよーに♪」

 

「あはは♪ありがとう!モカちゃん!」

 

「紗夜さん!おめでとうございます!

また、一緒にクッキー作りましょうね!」

 

「ありがとうございます。羽沢さん。」

 

そうして楽しい時間はあっという間に流れ

プレゼントを渡すお時間です。

 

「紗夜、お誕生日おめでとう。

はいこれ、誕生日プレゼント!」

 

「これは犬柄のオーブンミトン...?

今井さん、ありがとうございます。」

ある者はお菓子作りに役立つ物

 

「日菜さん、お誕生日おめでとうございます!

これ、プレゼントです!」

 

「ありがとうイヴちゃん!ってこれ...。」

 

「はい!『十手』です!」

またある者はよく分からない物をプレゼントしていた。

 

最後に俺____紅 響の番が来たのだが

 

「2人とも、Happy Birthday!

これは俺から2人へのプレゼントだ。」

 

「それはメモリ?」

 

「あぁ、中には2人の為だけに作った

デュエット専用の曲が入っているぜ。」

 

「えー!!あたし達のデュエット曲!?

すっごくるるるるるるんって感じ♪♪♪

早速歌ってみようよ♪お姉ちゃん♪」

 

「ちょっと日菜!

歌うにしても準備が...。」

 

「安心しろ。

何の為に全員集まったと思っているんだ?」

 

「え?」

 

「2人の為に集まってくれた

今回限りの特別バンドの紹介だ!」

 

Gt.瀬田薫!

 

「お楽しみは...これからさ!」

 

Be.今井リサ!

 

「だって生きるって事は

美味しいって事でしょ?」

 

Ke.羽沢つぐみ!

 

「どこまで出来るか

分からないけどやってみます...!」

 

Dr.大和麻弥

 

「大和魂、燃やします!」

 

そしてガイドVo.戸山香澄!

 

「キラドキタイムの始まりだよ!!」

 

「そして特別にVaとして

この俺、アンク響だ!」

 

「態々、私たちの為に...?」

 

「あぁ、なんせこの場に居る

全員がほっとけない病って病気でさ。

曲を贈って歌わせたいって言ったらすぐに

『じゃあ練習しよっか』ってなったからな。」

 

「ぷ...何それ〜。あはは♪」

 

そうして日菜がひとしきり

笑った後彼女がポツリと呟いた。

 

「ねぇお姉ちゃん。一緒に...歌ってくれる?」

 

「日菜...。分かったわ、私と...歌いましょう。」

 

「話は纏まったな。

それじゃあ皆ステージへと移動するか。」

__________________

〈地下ステージ〉

 

全員が地下へと移動した後

ステージへと立った2人。

その時2人は。

 

「お姉ちゃんと同じ舞台で

同じ曲を歌えるなんて夢みたい♪」

 

「そう。」

 

「えーお姉ちゃんは嬉しくないの?」

 

「そ...それは、う嬉しい...わ...。

 

「!!!やったーーー!!

お姉ちゃんもあたしと歌いたいって!!」

 

「日菜!!」

 

「あはは。ごめんごめん。

それじゃあ行こっか。お姉ちゃん。」

 

「もう。仕方ないわね。

皆さん、お願いします。」

 

「了解。行くぜ皆!」

 

「「聴いてください。私/あたし、の歌を。」」

 

\太陽の影 月の夜/*1(CV.氷川紗夜、氷川日菜)

 

 

 

 

 

 

__________________

最後になりますが

紗夜さん、日菜ちゃん

ハッピバァァァァァァスデイ!!

末永くお幸せに!!!!

*1仮面ライダーファイズ、ソングコレクションに収録されているイメージソングで主人公側と怪人側の2人のヒロインが歌い上げる切なくも懐かしい気持ちにさせる歌。




フェスの結果

剣道着イヴ「ブシドー‼︎」
↓もういっちょ!!
天下統一イヴ「ブシドー‼︎」
↓く...! once again‼︎
フェス限定イヴ「ブシドー‼︎」
な...なん...だと...。

ブシドー!ブシドー!ブ
シ………………………シ
ド…………私…………ド
|……………………… |
|………………………!
!ブシドー!ブシドー!!

【ブシ()を極めし者の称号を手に入れた】

「ここが....楽園(アガルタ)か..!」


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。