バンドリ世界に響かせたい!   作:Krescent
<< 前の話 次の話 >>

8 / 22
『特撮脳から見る
Second season4話』

こころ、7番スイッチを
持たずに空中へダイヴ‼︎
焦る美咲!その時彼女は...
『Are you ready?』
覚悟を決めた‼︎
「こころ!」

『ピンクが素敵なスゲーヤツ!
奥沢ァァァ、ミッシェェェル!!!!』イェーイ!

トゥッ‼︎、ガシッ‼︎
こころをキャッチ‼︎

カチッ!『ロ・ケ・ッ・ト・オン』

『wing form』バサッ!

Fly Up‼︎

「あぁ...儚い...」
完‼︎

週一更新を
途切れないようにする作者の鑑?






Birth day/新たな笑顔が生まれた日

『ハッピー、ラッキー

スマイル、イェーイ‼︎』

(by.終末家族)

 

『何言ってんだ、お前ら?』

(by.アンコ)

 

「おいエージ!あいつらが

何を言っているか分かるか?」

 

「分からないよ、だけど

とにかく凄い自信を感じる。

でも一体彼等に何があったんだろ?」

 

〔海辺のあのシーンを想像して下さい〕

 

その時、不思議な事が起こった!

 

『はい。ここでストッープ!

彼に何があったのか、それを知るには

時間を1日前へと戻さなきゃいけないんだ〜♪

という訳で皆、ハイパーゼクターは

持ったね?それじゃ行こうか?

ハイパークロックアップ!』

《hyper clock up》

 

________________________________

[1日前、週末終末ハウスにて]

 

「メズ〜ル〜。」

 

「はいはい。オヤツは

まだまだあるわよ、ガメル。」

 

「チッ。」

 

「退屈だなー。」

 

「彼をグリードにするには...」

 

その時!いきなりドアが開いたと思ったら

()()()()()が飛び込んできたのだ‼︎

 

バンッ‼︎

 

「笑顔じゃない家族が

住んでいるのはこの家ね!」

 

「な、何事ですか…?」

 

「あなたね!

笑顔になれない誰かというのは!」

 

「1人で飛び込んでくるなんて

何て勇ましいお嬢ちゃんなの。」

 

「なん〜だ、ただのガキか。」

 

「ガキという名前じゃないわ!

アタシはこころよ!」

 

「フンッ!人間の

子供1人に何が出来る!」

 

「そうね!あなた達を笑顔にしてあげる!」

 

「笑顔?何を言って...」

 

その時、大勢の武装した

ピンクのクマが入ってきたのだ!

 

「こんどはなに〜?」

 

「ミッシェルB。

全員、配置完了しました。

それとこちら、CDと

マイクでございます。」

 

「あら、ありがとう!」

 

「他の皆様ももうすぐ到着致します。」

 

「分かったわ!」

 

「そ、それは私が

作り上げたバースシステム...?」

 

「バースというのは

よく分からないけど

これはミッシェルBよ!」

____________________________________

ご説明、致しましょう‼︎(幸運のお星様)

 

ミッシェルBとは

弦巻家と扶助関係にある

鴻上ファウンデーションから

いくつかの所有地や権利などと

引き換えに得たバースシステムの技術を

弦巻家脅威のメカニズムで独自に

改良されたミッシェルであり少なくとも

100体以上は量産されているぞ!

そして量産型故に威力は小さいが

バースバスターも装備しており

簡易型ではあるが

CLAWsユニットも装着出来るぞ!

見た目は赤か緑のバイザーに

バースのアーマーを身に付けた

ミッシェルだ!

因みに足裏にはキャタピラが

標準装備されている!

________________________________

「な、何ですかそれは...」

 

「あ!みんなも来たみたいね!

それじゃあいくわよ!」

 

『笑顔のオーケストラ‼︎』

 

その声と共に彼女は大勢の

ミッシェルBと共に

彼らを飲み込んでいったのだった。

 

以下ダイジェスト

 

「ん"んやあぁぁめろぅッ!!」(G)

 

「あ"あ"ああアアァァァ…

駄目だからー!!投げちゃ駄目だからー!!」 (Dr.)

 

(0M0)「ウワァァァァァァァァァァ!!」

 

「いや〜ん、らめ〜♡」(800歳JK)

 

「あ、喉の下はやめ...」(かじゃり)

 

1日前

↓↑

現在

 

________________________________

 

「私は世界の真理へと

辿り着いたのです。

これからは世界を笑顔に

していければと考えています」

キヨちゃん(ミッシェルver)

 

「おはよウヴァ!

よろしくウヴァ!」

 

「アハハ、もっと僕を笑顔にしてよ」

 

「なぁ、俺ってそういう顔、してるだろ?」

 

「私、眼豆留!

どこにでもいる高校二゛年゛生゛ェ゛!」

(cv.えばら)

 

「なぁエージ、こいつらどうする?」

 

「さぁね、ただ一つ言えるのは

俺達はやったって事かな。」

 

「そうか...。」

 

Fin

 

 

 

 




怪獣コンピューターチェック!
チェックします!

名前:ミッシェル〜♪

種別:着ぐるみ怪獣

身長:約2メートル

体重:乙女のヒミツ

能力:外皮を脱ぐと人間に擬態出来る
__________________________
これで皆もミッシェル博士だ!


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。