バンドリ世界に響かせたい!   作:特異点
<< 前の話 次の話 >>

9 / 22
最初に書くべき話を
すっかり忘れてしまい
申し訳御座いませんでしたぁ‼︎m(_ _")m

許してください!
何でもしますから‼︎











ヒゲが



ConcertStage
エチュード/泡沫の憧れ


君は夢を見た事があるか?

起きているときにみる夢じゃなくて

寝ている時にみる夢を。

殆どの人達は目を覚ます際に

どんな夢を見たのか忘れてしまうけれど

俺はその夢を鮮明に覚えている。

繰り返し見るってのもあるけれど

 

その生き様に俺は憧れたんだ

どうしようもない程に

__________________________________

それは英雄達の記憶

声無き声が求める限り

大地を海を空を超え

空の果ての宇宙も超えて

過去から未来

未来から過去へ

果てには違う世界まで

人の、命の自由を守る為に

戦い続けた戦士達

 

『この空の向こうにはどこまでも

青空が広がっているんだ。』

 

『生きるって事は美味しいって事。』

 

『俺は小さな犠牲も、大きな犠牲も出さない。』

 

『世界中の洗濯物が真っ白になるように

皆が幸せになりますように』

 

『全ての戦えない人達の為に俺が戦う!』

 

『俺もいつも怖いよ、だから一生懸命鍛えてる。

また生きるために。』

 

『俺は天の道を行き総てを司る。』

 

『やらなきゃいけないと

思ったらやるよ、これからも。』

 

『僕は僕だけの道を歩きたい。』

 

『俺はこれからも、世界を繋ぐ。物語を繋ぐ。』

 

『どうやら切札は

常に俺のところに来るみたいだぜ。』

 

『僕の好きだった街をよろしく。』

 

『『さあ、お前の罪を数えろ!』』

 

『手が届くのに、手を伸ばさなかったら

死ぬほど後悔する。』

 

『痛い目に遭ってもダチと一緒に

いられたほうが気持ちいいだろ。』

 

『俺は...俺は諦めない!

命がある限り、○○○の命も俺は諦めない...!』

 

『泣いていいんだ。それが俺の弱さだとしても

拒まない。俺は、泣きながら進む!』

 

『人間に悪人がいねえなら

そもそも警察官なんて必要ない。

右も左もズルい奴で

うんざりすることばっかりだ!

だが……だからこそ

まっすぐ生きてる人が光って見える。』

 

『確かにお前は強い!だけど

負けたと思わない限り、俺は負けていない!』

 

『これからは命を奪うためじゃなく

救うために戦うんだ。』

 

『「ラブ&ピース」が、この現実で

どれだけ弱く脆い言葉かなんてわかってる。

それでも謳うんだ。』

 

『俺は最善最高の魔王になる!』

 

__________________________________

 

でも目を覚ました世界には

彼等はいない。テレビにも、だ。

昔に一度調べたところ

確かにこの世界には1度はいたんだが。

けれど1970年から1972年にかけて

放映した後、そのまま

終わってしまったらしい。

でも、だからこそ俺だけが知っている

勇気をくれるあの素晴らしい曲たちを

この世界へと響かせたいんだ‼︎

 

そう信じて俺は今まで生きてきた。

きっと...これからも。

そう生きていくって決めたから。

 




この話は本編より前の話で
響君が奏者になり、世界に響かせたいと
願う切っ掛けになった話です。

最近の自己ベストは
リュウタ...もといアンチ君が歌う
My wayです。


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。