フォフォイのフォイ   作:Dacla

19 / 31
待ってました・1

 ホグワーツの制服購入には、ダイアゴン横丁にある「マダム・マルキンの店」が指定されている。

 ふくよかな店主は、採寸の準備をしながら言った。

「今の時期でしたら、ご連絡頂ければ私どものほうがお屋敷に伺いましたのに」

 マルフォイ家の買い物は、基本的に店の人間が屋敷までやってくる。服も、贔屓の仕立屋に来てもらって、デザインや生地を相談しながらオーダーメイドすることが多い。

 

 店頭に並ぶローブを眺めながら、母上が言った。

「ローブを仕立てるだけならそうしていたけれど、他にも用事があったの。仕上がったら屋敷に届けてちょうだい」

 店主が済まなさそうに手を止めた。

「申し訳ありません、奥様。新入生のローブの納品に関しては、来月中旬以降と決められているんでございますよ。制服の注文は入学承諾書を返送した後が原則だ、という建前でホグワーツから言い渡されておりましてね。融通が利かないとは思いますが、指定店としてお仕事を頂いている身では、逆らうのも厳しいのが実情でして。もちろんマルフォイ様のご注文品は、納品のできる時期になり次第お届けします。どうかご理解頂けないでしょうか」

「新学期に余裕を持って間に合うなら、べつに構わないわ」母上は意外に寛大だった。

 

 採寸を終えると、銀行で父上と合流して、三人でオリバンダーの店に向かった。

 重い扉を開けると、薄暗い店内はぎっしりと積み上げられた木箱で埋まっている。老人が、いかにも年季の入った作業台で木を削っていた。

 

 老人はひょいと顔を上げた。「いらっしゃい」

 どこにでもいそうな爺さんだ。ジョン・ハートといえば、『エレファント・マン』と『エイリアン』が有名だけど、『ルワンダの涙』もいいよね。

 そんなどうでもいいことを考えている俺の肩を、父上が押した。

「息子に最高の杖を頼む」

 声の端が僅かに硬い。

 

 一年前、ドラコは魔法使いの杖を初めて握った瞬間に意識を失った。そして夢が始まった。その後、誰の杖を握っても二度と倒れたことはないが、今日は真っさらな新品が相手だ。再び同じ事が起きないかと、両親は心配している。念のためにホームヒーラーに相談して大丈夫だという見立てをもらっていても、安心できないのだ。

 

 俺も二人のことを笑えなかった。もし一年前のようにこの体が倒れることがあれば、きっとそれがスイッチとなるだろう。つまり夢の終わり。

 次に目を開けた時には、俺は病院のベッドの上にいて、全身ギブスで固められた状態かも知れない。もしくはこのドラコ少年の肉体の主導権が、俺からドラコ本人に戻る。

 

 それならそれでいいと思った。

 俺の意識を覆うこの肉体には、十歳の誕生日まで本来の主がいた。ということになっている。その主の「知識」と「経験」のお陰で英語に苦労しないのだから、今でもこの体のどこかにドラコの精神は宿り続けているはずなのだ。

 それともセミの抜け殻のように知識だけを残して、彼の精神はどこかに飛んでいったのだろうか? 考えても答は出ない。

 

 ――どうせ夢だしな。

 

 考えるのを打ち切って、俺は一歩前に出た。

 

 ジョン・ハートに似たオリバンダー老人は、客の緊張を微笑ましい理由と勘違いしたようだ。にこりと笑った。

「初めてのお客様にもぴったりの杖を探し出してみせましょう。まずはこの辺りかな。軸材はブナノキ、芯はユニコーンのたてがみ。11.5インチ。どうぞお試し下さい」

「箱じゃなくて杖のほうを下さい」

「おや、これは失敬」

 軽い冗談に、父上と母上は緊張を和らげた。

 

 俺がその杖を握った途端、ひんやりした空気の流れが生じたが、それきり何も起こらなかった。

「ドラコ、体は大丈夫? 気分が悪くなったりしませんか」

「大丈夫です、母上」

 息子が倒れた時に備えてすぐ後ろに立っていた父上が、一歩遠ざかった。

 

 それから何本か持たされて、サンザシの軸にユニコーンのたてがみを芯に使った物を勧められた。指先の延長のように手に馴染む。軽く振ってみると杖先から金や銀の火花が景気よく飛び散った。その余韻は良い匂いがした。構えた時のバランスもいい。原作のハリーのように難航することなく、すんなり決まった。

 

「では、こちらでよろしいですね」

「この店には、もっと大きな杖はありませんか」

 老店主は軽く目を瞠った。「大きい? 長い杖、ではなく?」

「ええ。こう、棍棒みたいに太くて、ぼくの背くらい長くてどっしりした杖です」

 この世界では、魔法使いの杖は指揮者の指揮棒と大差ないサイズが主流だ。父上の特注の杖でさえ、ステッキサイズだ。しかし男魔法使いの杖と言ったら、ガンダルフが鈍器代わりにしていたような、亀仙人が持っているような、巨大で無骨なタイプもあってほしい。

 

「そんな嵩張る大きさじゃあ、生活で使うには不便ですよ。あったかな。少々お待ちを」

 店主が店の奥に引っ込み、代わりに奥でガタガタと物を引っかき回す音がしてきた。

 

「ドラコはもしかしてオーディンに憧れているの? あれは真似できる人ではありませんよ」

「まだまだ子供だ。少しくらい有名人の真似をしてみるくらい、いいだろう」

 

 店主が埃まみれで戻ってきた。

「うちにある一番大きな杖はこれですね。5.2フィート。葡萄の古木をそのまま活かして、芯にはセストラルの尾毛を使っています」

 これこれ。正に期待通りの、ごつごつと節くれだった杖。ドラコの背よりも高い杖を、両手で持ち上げてトンと床に突いてみた。車のクラクションに似たけたたましい音が、杖全体から鳴り出した。

「合いませんねえ!」

 叫びつつ、オリバンダーは巨大な杖をもぎ取った。残念。

 

 こうしてドラコに新しい杖が与えられた。

「誕生日プレゼント、ありがとうございます。父上、母上」

「あなただけの相棒ですよ。大切になさい」

 

 後で思い出したが、原作でドラコの杖はハリーに持っていかれ、ヴォルデモートに止めを刺すのに使われる。手許にある杖がそれかと思うと感慨深かった。

 

          ◇

 

 家庭教師との授業は、六月いっぱいまで続けられた。

 

 これまでドラコが継続的に習っていた科目を挙げると、国語(英語)、算数、理科、社会、ラテン語、フランス語、音楽となる。理科と社会はイギリス魔法界の常識を扱うので、日本の学校で習った内容とは多少異なる。あくまでも多少だ。本質的な法則まで全くの別物というほどではない。普段からつい『やりなおし中学英語』とか『大人のための算数練習帳』といった題名に反応しがちな俺は、せめて夢の中だけでもしっかり復習させてもらった。

 

 ホグワーツ入学前の最後の授業は、国語のグラブラ夫人だった。ドラコはこの老婦人に、五歳の頃から教わってきた。

「ここに来た家庭教師は、私を含め、できる限りのことをあなたに教えたつもりです。ホグワーツに行っても、弛まず勉強に励みなさい。あなたなら首席も狙えるでしょう。その素質は十分にあります。純血の底力を見せつけてやるつもりで頑張りなさい。少なくとも勉強面で情けないことにならないように。せっかく私が教えたのですからね」

 

 冗談めかした言い方に、俺は少し笑った。「いっそグラブラ夫人もホグワーツで教鞭を執られてみてはいかがです」彼女はドラコ以外にも何人も生徒を受け持っている。

「私の器量では一度に大勢みられませんよ。それにあそこは教育方針がねえ」

「何か問題でもあるのですか」

 

 グラブラ夫人は口を噤んだが、思い直してこちらを真っ直ぐに見据えた。思わず俺も背筋を伸ばした。

「あなたがマルフォイ家の跡取りであり、同時にブラック家の直系にも近い以上、学校では色々と心ないことを言われるでしょう。しかし気に病むことはありません。これはいつも教え子に最後に伝えることですが、学校とは社会の縮図ですが、社会の全てではありません。学生の内は実感できないでしょうが、学校とは閉ざされた特殊な環境なのです。もしホグワーツでご両親に相談しにくい悩みがあったら、私に手紙を書きなさい。あなたより以前に教えていた教え子たちが、上の学年に在学しています。その子たちを通じて助けてあげられるでしょう。そして他の教え子がホグワーツで困っている時は、逆にあなたが助けてあげて下さい。いいですね」

 

 家庭教師からの教えに、俺は「はい」と返事をした。

 

          ◇

 

 家族旅行でセント・アイヴスに行っている間に、屋敷にはホグワーツの制服が届いていた。

 

 試着してみると、ドラコの体格に合わせて仕立てられたはずのローブは大きすぎた。裾は引きずってしまうし、手はすっぽり袖の中だ。これから成長期だから、などと呑気に言える誤差ではない。

 採寸したデータを間違えたか。注文者を取り違えたか。いずれにしても店に文句を言いに行く、と母上は鼻息荒く宣言した。

 

「ナルシッサ、きみ一人で大丈夫か。私も用事があるから、今週の水曜日でよければ、一緒にダイアゴン横丁に行ってやってもいいぞ」

「ありがとうルシウス。ぜひ一緒にいらして。一年生の教科書も買いたいし、私自身の杖の調子もちょっと見てもらいたいの」

「だそうだ。ドラコ、三人で行くぞ」

 

 今週水曜日と言えば、七月の最終日。もしかしたら物語の主人公を間近に見ることになるかも知れない。むしろ、原作通りにドラコとハリーがマダム・マルキンの店で出会うために、ローブの仕立てに間違いが起きたのではないか。そんなことを考えた。

 

 だから母上がマダム・マルキンに苦情を伝える間も、そわそわと店の入口のほうを窺っていた。

 

 店の落ち度であることは一目瞭然なので、店主も早々に謝った。

「申し訳ありません、奥様。採寸し直して、すぐにお渡しいたします」

「当たり前です。今すぐやって。ドラコ、まともなローブができるまで、ここで待たせてもらいなさい」

 

 え、と俺と店主の口から同じ音が飛びだした。母上は優雅に小首を傾げた。

「べつに特別な素材や手の込んだデザインで頼んだつもりはないのだけれど。制服なら、発送前の似たようなサイズか予備があるでしょう。それを出しなさい。私はオリバンダーの店に行ってきます」

 母上は返事を待たずに店を出て行った。

 

 店内には俺だけ残されてしまった。父上は書店で一年生の指定教材を注文しているから、この店には来ないだろう。仕方ないので、絶句している店主に話しかけた。

「母はああ言いましたが、無理に今日中に仕立てなくてもいいですから。間違いの無いようにしてくれれば結構です」

 

 マルキンは気を取り直して微笑んだ。

「……気を遣ってくれてありがとうね。でも大丈夫ですよ。普段は外のお針子にお願いするので時間が掛かりますが、私が一から仕立てれば、数時間で完成できます。仮縫いも同時進行でいきましょう」

 魔女が外注。妙な気分だったが、この時期に集中する注文を捌くには、下請けを使うのもやむを得ないか。

 

 それから店員の手も借りて、フル稼働でローブを仕立てている時、ドアに取り付けられたベルが鳴った。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。