王なる少女と見る世界   作:星の空

2 / 11
第1話 高校入学

 

「……………………さい!………………きて………さい!…………きてください!………………起きてください!!」

俺こと燚氷嶺亜(いつひれいあ)はいつも起こされている。

誰にって?それは目の前にいる金髪碧眼の美少女にだ。

「…………ふぁぁ、はぁ。…………おはようアルトリア。」

 

アルトリア

 

嘗て、アーサー・ペンドラゴンと名乗りブリテン国を治めていた星剣約束された勝利の剣の担い手たる騎士王その本人。

 

だったのだが、

「はい、おはようございます!では早速いただきますね。」

何処を間違えたのか、寝起き早々人のズボンのチャックを引き始めることをはじめとした入浴中に乱入や夜這いなどといった行動を取るようになっていた。

まぁ、そうなった原因は俺にもあるだろうが………

「やめい!」

「あうっ!!」

とにかく軽く小突いて止めさせてから布団から出る。

上下ジャージに着替えたら部屋を出て歩く。すぐにアルトリアは追いついて隣を歩く。

俺の形は青銀髪の長髪に右が神の子を示す赤眼で左がアルトリアと同じ碧眼。腕や胴体、脚は細く華奢な体躯。そして、アルトリアと同じくらいの背丈である。

「嶺亜、あれから15世紀と数年が経ちますね。」

「あぁ。あの時は驚いたぜ?」

何があったかと言うと、

俺はモルガンから全て遠き理想郷を奪い、心臓を抉り取られてでもちゃんと返して死んだ。

だが、アルトリアはマーリンにお願いして、約束された勝利の剣を全て遠き理想郷に収めたものを媒体に俺と心身共に同化して俺を生きながらえさせた。

その時俺がマーリンをぶん殴ったのはまだ覚えている。そこから、ブリテン国や周辺を見届けていた。

その時、何かが歪みマーリンは消失。特異点化し、暫く情報収集をした。

途中、この時代にありえない服装をした輩がいたが無視して動き、女神ロンゴミニアドが動き出したことを知った。

その時、ロンゴミニアドが成そうとすることがアルトリアの侮辱、俺の中の何がロンゴミニアドを止めろと言っていたので止めた。

最後にロンゴミニアドに抱きしめられた時に怖気が走ったのはその頃まだわからなかった。

後から無視していた1団が来て、そのまま連れてかれた。それ以来今も世話になっている。

そこから彼らに協力して戦い、バビロニアで最古の王から一二言告げられたっけ。

最終戦、ゲーティアとかいう奴と戦い俺の宝具?でトドメを刺した。

その後、LostBelt化したのはめんどくさかった。ゴルドルフから英霊の座に帰れとか言われても俺今も生きてるし。

異星の神なる存在に神と共にある世界の構築などと言われてさすがに俺もブチ切れたりもした。

LostBeltの1つであるイギリスでアルトリアが復活。なんと、彼女の心臓を細胞分裂させるのに時間を食ったとか。

その後は俺は単独で動いて異星の神と接触し全力戦闘をした。途中、インドラやオーディン、ハーデスも協力してくれた。その間に皆が追いついて異星の神を俺の宝具?の真骨頂で消滅させて現代を取り戻したのだ。

閑話休題

「とりあえず飯食いに行こうぜ?」

「分かりました。」

食堂に入ると、幾人か既に食事を始めていた。

「あ、おはようございます!燚氷先輩。」

「ん?嶺亜か。おはよう。」

「おはよう。相変わらず仲睦まじいな。藤丸、マシュ。」

「嶺亜、行きますよ。」

言い忘れてたがこの組織の名はカルデア。所長は今のところロマニ・アーキマンことDr.ロマンが所長だ。

彼をはじめとした、

元人類最後のマスター、藤丸颯夏(ふじまるりつか)節丸六花(ふじまるりっか)というややこしい2人

元ホムンクルスの擬似英霊、マシュ・キリエライト

技術局特別名誉顧問として技術部のトップ、レオナルド・ダ・ヴィンチ

死徒二十七祖第1位にして『比較』の理を持つ第四の獣・ビーストⅣ、フォウ

彼の名探偵シャーロック・ホームズ

カルデア副所長兼土地の利権者、ゴルドルフ・ムジーク

元クリプターで自虐思考なロシア担当、カドック・ゼムルプス

精霊と契約しているカドックのパートナー、アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ

元クリプターで魔眼持ちな北欧担当、オフェリア・ファムルソローネ

北欧の大英雄であるオフェリアのパートナー、シグルド

元クリプターで無気力無愛想な中国担当、芥ヒナコ

生真面目で優等生気質のヒナコのパートナー、蘭陵王

その他サーヴァントがあちこちで朝食を食べていた。

俺はアルトリアに引かれてから食券を買って頼む。

厨房には赤き弓兵こと、エミヤがいそいそと動き回っており、俺とアルトリアのものを見たらすぐに作ってくれた。

忙しそうなので声をかけることはしない。

空いている席に座る。

「「いただきます。」」

俺は毎日食うカツ丼を食べ、アルトリアは日本の典型的な和食を食べている。

「お、いたいた。嶺亜、後で局長室に来てくれ。話すことがあるからね。」

食堂から出ようとしていたDr.ロマンからそう言われた。

「?」

「?何か新たな任務でもあるのでしょうか?」

口にものを含んでいる俺は何も言えないが、思っていたことをアルトリアが代わりに言った。

 

食後

 

「先に戻ってていいぞ?」

「いえ、離れるとめんどくさい事になるので近くにいます。」

局長室に着き、すぐに入る。

「お、来たね。って、アルトリアさんも一緒か。まぁいいか。早速なんだけど……………………学校に通ってみないかい?」

来てそうそうとんでもないことを言い出すDr.ロマン。

「学校………………やて?なして今になって行かなあかん?」

「嶺亜、口調崩れてますよ。」

つい口調が崩れてアルトリアに指摘される。

「そう言われても行く必要なかよ。今ん生活で満足しとんやけ。」

「それがさ、藤丸くんは半拉致状態で連れてこられたから復学しなきゃ行けないんだよね。そのついでに元クリプターの彼らや君を学校に通わせようと思ったんだ。ゴルドルフも賛成してくれてる。どうだい?」

「通う場所は決まっているのですか?」

アルトリアが場所を聞く。

「場所かい?場所は決まってないよ。藤丸くんとマシュは秋穂原学園っていう冬木市だけど、他はバラバラ。あ、時計塔はダメだよ。色々とややこしくなるからね。」

時計塔がダメだと言われた。行くならぼろ出しても大丈夫なあそこにしようとしたのに。

「そか。んじゃ、キャン「行きます!!!!」…………アルトリア?」

キャンセルしようとしたらアルトリアが合意してしまった。

「いやぁ、1度でも通って見たかったんです。それに、嶺亜と二人きりになる大チャンスなので。」

「分かった。平々凡々な所にしておくね。」

「はい、では失礼しました。行きますよ嶺亜。」

なんか本人抜きで決まり、アルトリアが俺を引いてそそくさと局長室から出る。戸が締まりきる直前にDr.ロマンがハイライトを失った目でこちらを見て一言。

「末永く爆発しな。」

その一言と、顔を此方に向けずに、ふふふっ、と笑うアルトリアに何か分からないが怖気が走った。

 

それから2ヶ月後

 

「………………此処が新居か」

「はい!これからの生活が楽しみですね!」

やけに肌がつやつやしたアルトリアとやつれ気味な俺はロマンに用意された新居に引っ越してきた。

中を散策すると、地下1階に此処とカルデアを繋ぐ魔法陣があり、他にも工房用の部屋があったり、1階にキッチンとリビング、客間と風呂場がある。2階には幾つか部屋があり、俺は階段近くにアルトリアは階段の反対側が部屋にした。

その日の夜、またアルトリアに俺はくわれた。ナニをとは言わない。

 

次日

 

俺はやつれアルトリアはつやつやとして行くことになった高校に来た。

その日は丁度入学式で、俺とアルトリアは並んで歩く。視線がウザイが今は恋人繋ぎをされたこの手を話したいのだがアルトリアは一向に離さない。

会場に着いたら適当に座り、時間を待つ。

「はぁ、これからの(新婚(・・))生活が楽しみです。」

「まぁ、アルがいいなら(学校(・・))生活に文句は言わねぇよ。」

なんか噛み合ってないような気がするがとりあえずは特徴が無い校長のありふれた演説?が終え、クラスが発表される。俺とアルトリアは1-Aだということが分かった。

1-Aクラスに着いて自分の席に座る。それまでずっと恋人繋ぎをされていた。

女生徒の喚きと男生徒の怨嗟が凄いが。

暫く経って教室に子供(・・)が入ってきた。

皆が席に着いたまま疑問符を頭上に掲げていたら、その子は話し出した。

「皆さん入学おめでとうございます!!!!あ、私は1年このクラスを担当することになった畑山愛子(・・・・)です!これからよろしくお願いします!!!!」

『先生かよ!!!!!!!!』

「ひぅッ!?!?」

1-Aクラスの皆が驚愕し、畑山先生はその声量に飛び跳ねた。

色々としまらない第2の生の学校生活が始まった。

 

自己紹介も終えて下校となり、教室を出る。教室が4階なので階段で降りる。

そこに、

「うわちちちっ!!!!ッ!?!?ちょっ、そこどいてぇ!!!!!!!!!!!!」

1人の生徒がいそいで降りていたが足を踏み外して落ちてきた。それを俺は空いた片手でお姫様抱っこ(・・・・・・)という形でキャッチして1階玄関まで運んだ。

ちなみに空いてない方はアルトリアと何故か恋人繋ぎをしている。俺より小柄だったので難なく運ぶことが出来た。

「ほれ、急いでたんだろ?降ろすのもめんどかったからここまで連れてきたがよかったか?」

「………………はっ、あ、ああありがとう!!私は谷口鈴。1-Bクラスだよ。あ、これ連絡先ね。それじゃ、私急いでるから!」

何故か顔を真っ赤にしながら初めて会った相手に連絡先を教えてから去ったのだろうか?

「……………………あれは恋敵の予感。」

アルトリアが何か言っていたが気にしたらなんか色々とヤバそうなので気にすることなく、新居に帰ることにした。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。