戦姫絶唱シンフォギア×MASKED RIDER 『χ』 ~忘却のクロスオーバー~   作:風人Ⅱ

12 / 33
登場人物&設定一覧(随時更新予定)

 

 

【挿絵表示】

 

 

黒月蓮夜

 

性別:男

 

年齢:18(自己申告)

 

容姿:黒の長髪に切れ長の真紫の瞳。

 

 

解説:仮面ライダークロスに変身する記憶喪失の青年。

 

 

立花響達が暮らすシンフォギアの世界とはまた別の世界の住人であり、記憶を失う前は響達の世界に現れたイレイザーを追って来たのだと思われるが、何らかの理由でそれまでの記憶を全て失ってしまっている。

 

 

性格は一見物静かで何処となく冷たそうに見えるが、実際は記憶喪失の影響で感情表現が乏しいだけであり、わりと素直で他人想い。しかし偶にズレた発言や行動をしたりと何処か天然な面も。

 

 

異なる世界から訪れた為、響達の世界では行く宛もなく家無し金無しのホームレスのような生活を送っているが、今は所持金が底を尽いて行き倒れた所を救ってくれたクレープ屋の店長のご好意により、アルバイトとして雇わせてもらっている。

 

 

記憶を失ってから唯一残った『イレイザーを止めなければならない』という使命感、そして自分のような大切な何かを失う人間をこれ以上増やしたくないという一心から手元に残されたベルトとカードを使い、仮面ライダークロスとして人知れず都市伝説の怪物と戦い続けている。

 

 

 

 

仮面ライダークロス

 

 

解説:黒月蓮夜が変身ベルト、クロスベルトと変身カードを用いる事で変身する蒼と黒がメインカラーの仮面ライダーだが、その力の正体や出自は不明。

 

 

全ライダーの中でも平均的な強さを持ち、オールマイティに戦う事が出来る。

 

 

外見は黒のラインが入った丸みを帯びた蒼いボディと、ファイズに近い蒼のラインが入ったレッグ、カブトとアクセルトライアルを足して二で割ったような仮面と赤い複眼を持ち、ボディの様々な箇所にはXの意匠が用いられてる。

 

 

 

クロスベルト

 

 

解説:記憶を失って倒れていた蓮夜が意識を取り戻した際に手にしていた、クロスに変身する為の蒼いベルト。

 

 

ゼロノスベルトとマッハドライバー炎を足して二で割ったような外見をしており、変身時や必殺技発動時にもマッハドライバー炎と同様のギミックでバックル右部分を上げてカードを装填する為のスロットを露出させ、カードを装填した後にスロットを押し戻す事でその効果を発揮する事が出来る。

 

 

 

初期フォーム一覧

 

 

 

タイプスタンダード

 

 

解説:クロスの基本形態。手足に伸びたラインに光を通して瞬間的に身体能力を増加させる事が可能であり、パンチ力やキック力、跳躍力を一時的に強化する事も出来る。

 

 

必殺技は右足に収束させた蒼のエネルギーポインターを敵に放って捕縛し、全身を蒼い閃光へと変化させて捕えた敵にライダーキックを放つ『ライダーブレイク』

 

 

 

 

タイプスラッシュ

 

 

解説:近接戦闘と機動力に特化したフォーム。外見はシャープなラインが特徴の朱い鎧と緑の複眼、武器は金色のラインが走った双剣、『スパークスラッシュ』を用いて戦う。

 

 

必殺技は高速移動で生み出した分身で相手の目を欺きながらスパークスラッシュで連続で斬り裂き、トドメに渾身の刃を叩き込む『ライトニングスレイド』と、分身したスパークスラッシュの刃を相手に向けて雨の如く降り注がせる『スラッシュレイン』

 

 

 

 

タイプブラスター

 

 

解説:火力とパワー、防御力に特化したクロスの遠距離射撃形態。外見は青く角張った分厚い装甲と黄色い複眼が特徴であり、通常弾と砲撃を使い分ける事が出来る青白い銃剣、ウェーブブラスターを用いた射撃を得意とする。

 

 

必殺技は通常形態時に用いる一秒間に385発撃ち込む『ストライク・ブラスト』と、砲撃形態時に用いる収束したエネルギー弾、或いは砲撃を発射する『レイジング・ブラスト』

 

 

 

 

イレイザー

 

 

解説:物語から何かしらの理由、罪を問われて存在を許されなくなった者の成れ果て。

 

 

物語を追われた事で世界のルールに縛られないという性質を持っており、響達の操るシンフォギアは勿論、その他の世界の武器や能力でも傷付ける事が出来ない。

 

 

また、個体差はあれど物語を改竄する能力を持っており、人間の記憶や性格、歴史そのものを弄って全く別の物語に変えてしまう恐ろしい能力を持つ。

 

 

ただし、本来の物語の流れでそうなる筈がない登場人物の生死や物語の根底を揺るがすなどあまりに分かりやすい改竄は"世界"に探知されやすくなり、見付かれば為す術なく再び追放されるか、最悪その場で存在ごと消される可能性がある為、無茶な改竄を行う事は多くない。

 

 

唯一の例外としてクロスのベルトを持つ蓮夜は改竄の影響を受けずにイレイザーを倒す事が出来るが、その関連性は不明。

 

 

イレイザーの中にもクラスが存在しており、動物の姿を形取るイレイザーは下級、其処から更に進化し、数ある物語の中で最古とされる神話・伽噺上の生物の姿へと変貌した者を上級の『神話型』と呼ばれているが、本作にて登場する純粋なイレイザーは上級に位置する三人だけとなっている。

 

 

 

 

デュレン

 

 

解説:上級イレイザーの三人グループのリーダー格である男。

 

 

外見は黒い髪をオールバックに纏め、インテリアの眼鏡を掛けて黒いスーツを着込んでいるが、人間の温かみを感じさせない冷徹さから仲間の一人であるアスカからもあまり信用されていない。

 

 

シンフォギアの世界で暗躍を進める首謀者であり、仲間の二人と共に新たなイレイザーの進化を探りつつ、自分達の手駒となる存在を求めている。

 

 

また、記憶を失う前の蓮夜と何かしら関わりがあるらしい。

 

 

 

 

アスカ

 

 

解説:上級イレイザーの一人である、赤いジャンパーを羽織った金髪のツンツン頭が特徴の男。

 

 

ヤンキーのような見た目通り口調は乱暴だが、計画の始動前に始末したと思われた蓮夜の生存に誰よりも焦りを浮かべたりなど、見掛けに寄らず慎重派な模様。

 

 

 

イグニスイレイザー

 

 

アスカが変身する神話型と呼ばれる上級イレイザー。

 

 

仮面ライダーウィザードの敵幹部であるフェニックスに酷似した紅の身体とパイルバンカーのような杭が肘の部分から突き出た巨大な右腕を持ち、ビルすら一撃で倒壊させる程の強靱なパワーとクロスの必殺技すら弾く絶対的な防御力を誇る。

 

 

 

クレン

 

 

解説:上級イレイザーの一人である、青の革ジャンを着込んだ青い髪が特徴の青年。

 

 

飄々とした性格から掴み所のなく、普段は気怠そうにしているが、その裏では人知れず計画を進めていたりと抜け目がなく、デュレンに続いて底が見えない。

 

 

 

 

ノイズイーター

 

 

解説:数週間前から街で噂される『血のように赤い眼を持つ怪物』の都市伝説と、実際の事件の証言からS.O.N.G.が呼称する赤眼のイレイザー。

 

 

その正体はデュレン達がシンフォギアの世界の人間を人工的にイレイザーに変質させ、その上でノイズを喰らわせて短期間で力を付けさせようと試みるイレイザーの亜種。

 

 

ノイズを喰らえば喰らった分だけ力を増していき、その影響で瞳の色も禍々しい赤色に変質するようだが、ノイズを喰らい過ぎれば徐々に理性も失われて暴走する危険性が高まる模様(アスカ曰く、暴走すれば捨て駒にしか使い道がないらしい

 

 

しかし、戦いの中で追い詰められ感情を昂らせた際に謎の急激なパワーアップを果たしたりなど、その力の全貌は未だ謎が多い。

 

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。